日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


前へ 次へ 目次 索引




19.16 HP LaserJet 4MV プリンタ



19.16.1 用紙サイズ B5 のサポート

4MV プリンタは,JIS B5 および ISO B5 用紙サイズの両方をサポートします。このプリンタでは,JIS サイズは用紙として認識され,ISO サイズは封筒として認識されます。 DCPS では,B5 用紙サイズを指定するオプションは 1 つしかありません。 DCPS は,2 つの B5 サイズを次のように処理します。

パラメータ 構成 結果
SHEET_SIZE=B5 トレイ xxx に ISO が装着されている トレイ xxx の用紙に ISO イメージ領域のページが出力される
SHEET_SIZE=B5 トレイ xxx に JIS が装着されている DCPS は "B5 medium not loaded in printer_name" というメッセージを通知する
INPUT_TRAY=xxx, SHEET_SIZE=B5 (xxx は MANUAL_FEED) トレイ xxx に ISO あるいは JIS が装着されている B5 の種類に関わらず,トレイ xxx の用紙に ISO イメージ領域のページが出力される
INPUT_TRAY=xxx, SHEET_SIZE=B5 (xxx は MANUAL_FEED 以外の任意のもの) トレイ xxx に ISO あるいは JIS が装着されている トレイ xxx の用紙に B5 の種類に応じた正しいイメージ領域のページが出力される



19.17 HP LaserJet 5SiMX プリンタ



19.17.1 B5 用紙サイズのサポート

5SiMX プリンタは,JIS B5 および ISO B5 用紙サイズの両方をサポートします。 DCPS は 第 19.16.1 項 で説明しているように 2 つの B5 サイズを処理します。

19.17.2 オプション・メールボックス

DCPS は HP 5SiMX プリンタのオプション・メールボックス・ビンに 1 から 8 までの番号を付けます。この番号はビン側面のプラスチックに刻印された番号と一致します。 5SiMX コンソールでは,同一のビンを 2 から 9 の番号に対応付けします。

19.18 HP Color LaserJet 2500,LaserJet 2100 および 2200



19.18.1 用紙サイズの選択に関する制限事項

HP Color LaserJet 2500,LaserJet 2100 および 2200 プリンタは,トレイに入っている用紙のサイズを検知しません。このため,これらのプリンタで DCPS を使用する場合,以下の制限事項が適用されます。

  • 用紙サイズでメディアを選択することはできません。

  • デフォルトとは違うサイズの用紙がトレイに充填されている場合も, DCPS はそれらをデフォルトのサイズとして認識します。たとえばデフォルトの用紙サイズがレターの場合,リーガル・サイズのドキュメントをリーガル・サイズの用紙に印刷する際もデフォルトのレター・サイズに切り捨てられて印刷されます。



19.19 HP LaserJet 4200,4300,9000 および 9000 MFP



19.19.1 ホチキス止め機能

排紙トレイ STACKER および STAPLER は,プリンタのオプション・フィニッシャに含まれている同じトレイを指します。

ホチキス止め機能を指定する推奨方法は,DCPS パラメータの STAPLE を使用することです。このパラメータでは,4 つの異なるホチキス止めの位置が提供されており,ホチキス止め位置を決定する際にページの向きが考慮されます。したがって, STAPLE パラメータで出力のホチキス止めを指定する場合には, OUTPUT_TRAY=STACKER を使用します。

OUTPUT_TRAY=STAPLER を指定した場合,プリンタは省略時の設定により,省略時のホチキス止め位置にホチキス止めをし,出力します。ジョブ・バースト・ページおよびジョブ・フラグ・ページがある場合は,ジョブへホチキス止めされます。

指定されたプリンタの給紙方向およびページ方向によっては,一部のホチキス止めの位置を使用できません。また,HP LaserJet 9000 で使用可能なホチキス止めの位置は, LaserJet 4200 および 4300 の場合よりも多くなっています。LaserJet 4200 および 4 300 で使用可能な位置は,ポートレート出力では左上隅のみ,ランドスケープ出力では右上隅のみです。

19.20 HP LaserJet 8000,8100 および 8150



19.20.1 オプション・メールボックス

HP LaserJet 8000 プリンタのオプション設定に応じて,DCPS は,このプリンタのオプション・メールボックス・ビンに,1 から 5,1 から 7,または 1 から 8 のいずれかの番号を付けます。これは,ビン側面のプラスティックに刻印された数字に一致します。これに対し,プリンタのコンソールでは,これらのビンに 2 から 9 の番号を付けて参照します。使用しているプリンタ・モデルの番号付け,および異なるオプションと構成によるトレイの目的についての詳細は,『HP LaserJet User Guide』を参照してください。

19.21 Lexmark Optra Rt+



19.21.1 B5 用紙サイズのサポート

Optra Rt+ プリンタは,JIS B5 および ISO B5 用紙サイズの両方をサポートします。 DCPS は 第 19.16.1 項 で説明しているように 2 つの B5 サイズを処理します。

19.22 Lexmark Optra S



19.22.1 Otherenvelope および Universal 用紙サイズの印刷

Lexmark Optra S プリンタでは,Otherenvelope および Universal の用紙サイズに印刷することができます。 Otherenvelopetray (612 x 996) および Universal (612 x 1020) は, Legal (612 x 1008) とは異なるページ・サイズです。しかし,Legal (600 x 996) と同じイメージ領域を持っているため,これらは同じサイズとして処理されます。これらのサイズが必要なユーザは, PAGE_SIZE=LEGAL と指定します。

19.23 Xerox Phaser 4500,6250,7300,7750 および 8400



19.23.1 サポートするプロトコル



19.23.2 メディア・タイプ・セレクション機能の制限

これらのプリンタでは,メディア・タイプで用紙を選択することはできません。 MEDIA_TYPE パラメータに値を指定した場合,その要求は無視されます。




付録 A
システム・メッセージとエラーからの回復

ここでは,DPCS ソフトウェアが出力するシステム・メッセージについて説明します。これらのメッセージは,DCPS の機能コードによって識別されます。 OpenVMSオペレーティング・システムが出力するその他のメッセージについては,『 HP OpenVMS System Messages: Companion Guide for Help Message Users 』を参照するか,HELP/MESSAGE コマンドでオンライン・ヘルプ・メッセージ・ユーティリティを使用してください。

この付録には,次の節が含まれています。



A.1 システム・メッセージの概要

DECprint Supervisor システム・メッセージは,その宛先をもとにシステム・オペレータに送信されるメッセージと,ユーザに送信されるメッセージの2種類に分類されます。

ユーザ・メッセージを受信するには,PRINTコマンドに/NOTIFY修飾子を指定します。メッセージはプリント要求に対する応答として送信され,また,プリント要求に影響を与えるシステム条件への応答として送信されます。

オペレータ・メッセージを受信するには,オペレータ (OPER) 特権が必要であり, REPLY /ENABLE=PRINTER コマンドを実行する必要があります。以上で,ホスト・システムに通知されるオペレータ・メッセージを受信することができます。

注意

システム管理者は,オペレータ・メッセージを受信できるよう, OPCOM が起動されていることを確認してください。次のコマンドを実行して OPCOM を起動します。


$ @SYS$SYSTEM:STARTUP OPCOM

REPLY /ENABLE=PRINTER コマンドを実行する前に, OPCOM を起動してください。

DECprint Supervisor システム・メッセージは次のいずれかの形式です。

%fac-s-ident, text
-fac-s-ident, text

コード 意味
% すべての主メッセージの接頭辞
- すべての継続メッセージの接頭辞
fac 機能コード,DCPSでなければなりません
s メッセージの重大度レベル
ident メッセージ・テキストの省略形
text メッセージの完全なテキスト

DECprint Supervisor システム・メッセージの重大度レベルは次のとおりです。

コード 意味
S Success (正常終了) --- 要求は正常終了しました。
I Informational (情報) --- ユーザの対処を必要とする場合があります。
W Warning (警告) --- 要求は終了していない可能性があり,ユーザの処置を必要とする場合があります。
E Error (エラー) --- システムで回復可能なエラーが検出されました。
F Fatal (致命的なエラー) --- システムで回復不可能なエラーが検出され,この要求の処理を継続できません。



A.2 メッセージの説明

ここに示すメッセージの説明は,メッセージ・コードの ident の部分のアルファベット順にならべられています。メッセージの接頭辞,機能コード,および重大度コードは示されていません。機能コードがDCPS以外の場合には,『 HP OpenVMS System Messages: Companion Guide for Help Message Users 』を参照するか,HELP/MESSAGE コマンドでオンライン・ヘルプ・メッセージ・ユーティリティを使用してください。

対処法にSPR (Software Performance Report)の提出が要求されている場合には,提出方法について『 Introduction to HP OpenVMS System Management 』を参照してください。

BAD_DATA TYPE, Unexpected data type data-type at line n in DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE file
説明: ファイルSYS$LIBRARY:DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE.DAT[_DEFAULT]に指定されているデータ・タイプは,期待されるデータ・タイプと異なります。ファイル・タイプとデータ・タイプの照合は実行されません。
対処法: システム管理者はファイル内で問題のデータ・タイプを修正しなければなりません。新しいファイルを読み込むには,キューを停止し(STOP /QUEUE /RESET),その後で起動しなければなりません(START /QUEUE)。

BAD_DEVCTL, Bad library device control specification --- string.
説明: 装置制御ライブラリで string によって示される構成要素の指定に誤りがある場合には,このメッセージが表示されます。
対処法: 指定を変更し,キューを再起動してください。

BAD_FILETYPE, Unexpected file type file-extension at line n in DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE
説明: ファイルSYS$LIBRARY:DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE.DAT[_DEFAULT]に指定されているファイル・タイプは期待されるファイル・タイプと異なります。ファイル・タイプとデータ・タイプの照合は実行されません。
対処法: システム管理者は問題のファイル・タイプを修正しなければなりません。新しいファイルを読み込むには,キューを停止し(STOP /QUEUE /RESET),その後で起動しなければなりません(START /QUEUE)。

BADLAYDEF, condition on line line-number in layup definition
説明: プリント・ジョブに指定されているレイアップ定義ファイルにエラーがあります。
対処法: BADLAYDEFレイアップ定義エラー・メッセージに condition として表示される可能性のあるテキストについての説明は, 付録 A.3 節 を参照してください。エラー・メッセージに示されたレイアップ定義ファイル内の行を確認してください。

BADLIBNAM_IGNOR, Bad library name library-name; ignored
説明: プリント・シンビオントがライブラリ検索リストから library-name を見つけることができなかったか,またはライブラリの構文が正しくありませんでした。
対処法: プリンタ・スタートアップ・ファイル,
SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.COMの検索リストに定義されている装置制御ライブラリのリストを確認してください。指定されているライブラリがSYS$LIBRARYに登録されているかどうかを確認してください。

BAD_LIBRARY_NAME, Bad library name library-name; used qualified-library-specification
説明: 指定された library-name にライブラリ・ファイル名と異なる情報が登録されています。
対処法: SYS$STARTUP:DCPS$STARTUP.COMのライブラリ検索リストの要素を確認してください。このファイルにはライブラリ・ファイル名だけを指定することができます。ノード名,装置名,ディレクトリ名,ファイル・タイプは指定できません。

BADOPC, OPC belt is bad
説明: OPCベルトを交換しなければなりません。
対処法: 『LN03R ScriptPrinter Operator's Guide』の説明に従って, OPCカートリッジを注意深く交換してください。

BADOPCTONERUFL, OPC belt is bad and or toner empty
説明: トナー・カートリッジが空であるか,またはOPCベルトを交換しなければなりません。
対処法: トナー・カートリッジとOPCカートリッジの両方を交換してください。それぞれの交換キットに示されている指示に従うか,または『LN03R ScriptPrinter Operator's Guide』の説明に従ってください。

BAD_PUNCTUATION_GETTOKEN, Unexpected punctuation for a file type punctuation at line n in DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE file
説明: ファイルSYS$LIBRARY:DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE.DAT[_DEFAULT]の構文が期待される構文でありません。ファイル・タイプの後にカンマ(,)またはコロン(:)が必要です。ファイル・タイプとデータ・タイプの照合は実行されません。
対処法: システム管理者はファイル内の問題の句読点を修正しなければなりません。新しいファイルを読み込むには,キューを停止し(STOP /QUEUE /RESET),その後で起動しなければなりません(START /QUEUE)。

BAD_PUNCTUATION_READDEF, Unexpected punctuation following a data type punctuation at line n in DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE file
説明: ファイルSYS$LIBRARY:DCPS$FILE_EXTENSION_DATA_TYPE.DAT[_DEFAULT]の構文が期待される構文と異なります。ファイル・タイプとデータ・タイプの照合は実行されません。
対処法: システム管理者はファイル内で問題の句読点を修正しなければなりません。データ・タイプの後にコロン(:)が必要です。新しいファイルを読み込むには,キューを停止し(STOP /QUEUE /RESET),その後で起動しなければなりません (START /QUEUE)。

BADVMSVER, This product requires VMS version x.x or later to install
説明: DCPS ソフトウェアは,現在システムで実行されている OpenVMS オペレーティング・システムのバージョンより新しいバージョンを必要とします。
対処法: オペレーティング・システムを適切なバージョンにアップグレードしてください。

CANTCHECKPNT, Checkpointed job job-number is requeued
説明: プリント・ジョブが停止され,キューに再登録されました。ジョブは先頭から印刷されます。
対処法: 印刷された出力を確認してください。出力が不完全な場合には,ジョブをキューに再登録してください。

CANTUSETRN, Translator from data-type to PostScript is unusable
説明: トランスレータで重大なエラーが発生し,使用不可能としてマークされました。データ・タイプが data-type である後続のジョブでもこのメッセージが出力され,シンビオントによって保留状態に設定されます。
対処法: プリント・キューを再起動してください。この処理を実行すると,トランスレータの新しいイメージがロードされます。キューを再起動するときに,保留状態のジョブの保留を解除してください。この問題は,弊社のサポート担当に報告してください。

CFGERROR, configuration error: invalidmediumcode --- offending command is string
説明: string によって表現されるPostScriptコマンドを実行しようとしたときに,PostScriptインタプリタがこのエラーを検出しました。
対処法: PostScript以外のデータ・タイプのファイルの印刷でエラーが発生した場合には,エラーの原因は変換処理にあります。弊社が提供したトランスレータを使用している場合には,弊社のサポート担当にこの問題を報告してください。

PostScriptファイルの印刷でエラーが発生した場合には,PostScriptファイルまたはその PostScriptファイルを作成したプログラムにエラーがあります。エラーの原因を突き止めるには,『ページ記述言語PostScriptリファレンス・マニュアル 第3版』を参照してください。修正したファイルをキューに再登録してください。

CMEMERR, Internal controller memory error
説明: DECprint Supervisor がプリンタ・コントローラからメモリ障害を検出しました。
対処法: 弊社カスタマ・サービスに連絡してください。また,『LN03R ScriptPrinter Operator's Guide』も参照してください。

CONAPPLICATION, Connection request is not to a LAT applications port
説明: システムが認識しないLATアプリケーション・ポートへの接続が要求されました。
対処法: SYS$STARTUP:LAT$SYSTARTUP.COMに正しいアプリケーション・ポート名を指定し,キューを再起動してください。

CONTERMINATED, Connection abnormally terminated
説明: ローカル・エリアEthernetへの接続が異常終了しました。PrintServerプリンタの場合には,プリンタの電源が切断されたか,またはケーブルが切断されました。
対処法: DECserver装置に電源が投入されていることと,プリンタに接続している DECserverポートの属性が『 DCPS インストレーション・ガイド』に示されている属性と一致することを確認してください。その後,キューを再起動してください。

CONTIMEOUT, Connection timed out, server not available, or incorrect server name specified
説明: 接続時間切れが発生しました。使用不可能なサーバを選択したか,または指定したサーバ名が誤っています。時間切れの値は5秒です。
対処法: 使用可能な状態のサーバの正しいサーバ名を指定してください。その後,キューを再起動してください。

DATAOVERUN, Data overrun
説明: このメッセージは通信エラーを示します。
対処法: プリンタに対して現在より遅い通信速度を設定してください。

DATA_TYPE_MISMATCH, file-tag tagged file being processed as data-type
説明: DATA_TYPEパラメータに指定したデータ・タイプと異なるデータ・タイプを示すインストラクションがファイルに登録されています。
対処法: ファイルは省略時のデータ・タイプを使用して処理されます。それが正しいデータ・タイプである場合には,プリント・ジョブは正しく処理されます。プリント・ジョブが異常終了した場合には,印刷のためにファイルをキューに再登録し, DATA_TYPEパラメータに適切なデータ・タイプを指定してください。

DICTFULL, dictfull: No more room in dictionary --- offending command is string
説明: string によって示されるPostScriptコマンドを実行しようとしたときに, PostScriptインタプリタがエラーを検出しました。
対処法: PostScript以外のデータ・タイプのファイルの印刷でこのエラーが発生した場合には,変換処理にエラーがあります。弊社から提供されたトランスレータを使用している場合には,弊社のサポート担当にこの問題を報告してください。

PostScriptファイルを印刷しているときにこのメッセージが表示された場合には, PostScriptファイル自体またはPostScriptファイルを作成したアプリケーションにエラーがあります。弊社から提供されたアプリケーションを使用している場合には,弊社のサポート担当に障害レポートを提出してください。

DICTSTKOV, dictstackoverflow: Too many begins
説明: PostScriptインタプリタが,対応する end のない begin を検出しました。
対処法: PostScript以外のデータ・タイプのファイルを印刷しているときにこのエラーが発生した場合には,変換処理にエラーがあります。弊社が提供したトランスレータを使用している場合には,弊社のサポート担当に障害レポートを提出してください。

PostScriptファイルの印刷でエラーが発生した場合には,PostScriptファイル自体または PostScriptファイルを作成したアプリケーションにエラーがあります。弊社が提供したアプリケーションを使用している場合には,弊社のサポート担当に障害レポートを提出してください。

DICTSTKUF, dictstackunderflow: Too many ends
説明: PostScriptインタプリタが,対応する begin のない end を検出しました。
対処法: PostScript以外のデータ・タイプのファイルを印刷しているときにこのエラーが発生した場合には,変換処理にエラーがあります。弊社が提供したトランスレータを使用している場合には,弊社のサポート担当に障害レポートを提出してください。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項