日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


前へ 次へ 目次 索引




19.2.1.2 セパレータ・トレイの指定

1 ファースト・トレイ
2 セカンド・トレイ
4 フロント・トレイ
5 エンベロープ・フィーダ,オプション



19.2.2 OKI MICROLINE 703N3,701N3



19.2.2.1 制限事項

  • B4 DIN 用紙はサポートされません (B4 JISはサポートされます)。

  • B5 DIN 用紙はサポートされません (B5 JISはサポートされます)。



19.2.2.2 セパレータ・トレイの指定

1 トレイ1
2 トレイ2
4 フロント・フィーダ
5 エンベロープ・フィーダ,オプション



19.2.3 OKI MICROLINE 3020cV



19.2.3.1 制限事項

  • 丁合印刷はサポートされません。

  • 確認印刷はサポートされません。

  • 認証印刷はサポートされません。

  • 小冊子の作成はサポートされません。

  • パンチはサポートされません。

  • 印刷パラメータ SHEET_SIZE を指定した場合,PAGE_SIZE に ENV1 〜 ENV4 を指定しても正しく反映されないことがあります。

  • 次の用紙はサポートされません。

    • A3 ワイド

    • タブロイド・エクストラ

    • リーガル (13.5 インチ)

    • カスタム

  • 次の用紙に両面印刷することはできません。

    • A3 ノビ

    • A6

    • マルチパーパス・トレイから給紙した場合

  • ホチキス止めを使用する場合,出力トレイがフィニッシャ下段トレイでなければなりません。



19.2.3.2 セパレータ・トレイの指定

1 トレイ1
2 トレイ2
3 トレイ3
4 マルチパーパス・トレイ
6 トレイ4
7 トレイ5



19.2.4 OKI MICROLINE 3020c,3010c



19.2.4.1 制限事項

  • 丁合印刷はサポートされません。

  • 確認印刷はサポートされません。

  • 認証印刷はサポートされません。

  • 小冊子の作成はサポートされません。

  • 次の用紙はサポートされません。

    • A3 ワイド (3020c の場合)

    • タブロイド・エクストラ (3020c の場合)

    • リーガル (13.5 インチ)

    • カスタム



19.2.4.2 セパレータ・トレイの指定

3010cの場合:

1 トレイ1
2 トレイ2
3 トレイ3
4 マルチパーパス・トレイ

3020cの場合:

1 トレイ1
2 トレイ2
3 トレイ3
4 マルチパーパス・トレイ
6 トレイ4
7 トレイ5



19.2.5 OKI MICROLINE 2030N,2020N



19.2.5.1 制限事項

  • ウォーターマーク印刷はサポートされません。

  • 丁合印刷はサポートされません。

  • 確認印刷はサポートされません。

  • 認証印刷はサポートされません。

  • DCPS の OUTPUT_TRAY により排紙トレイの選択を行うことができません。

  • カスタム用紙はサポートされません。



19.2.5.2 セパレータ・トレイの指定

1 ファースト・トレイ
2 セカンド・トレイ
4 フロント・トレイ
5 エンベロープ・フィーダ,オプション



19.2.6 OKI MICROLINE 900PSIII LT,903PSIII



19.2.6.1 制限事項

  • B4 DIN,B5 DIN,Executive 用紙サイズはサポートされません。

  • オプションの Ethernet ボードによる DCPS から AppleTalk 経由の印刷はサポートされません。

  • 給紙トレイに A4 用紙を横置きに装着できる 903PSIII において, A4 用紙を横置きに装着した場合,SHEET_SIZE パラメータには A4L を指定してください。

  • 印刷実行時に INPUT_TRAY=MANUAL_FEED パラメータを指定する場合,プリント・ジョブに対してファイル・セパレータ・ページを指定することはできません。次のようなエラーが発生し,印刷できません。


    %DCPS-W-RANGECHK, rangecheck: Argument out of bounds - offending 
    command is setpapertray 
    %DCPS-E-FLUSHING, Rest of Job (to EOJ) will be ignored 
    



19.2.7 OKI MICROLINE 801PSIIV-LT,802PSIIV,803PSIIV



19.2.7.1 制限事項

  • B4 DIN,B5 DIN 用紙サイズはサポートされません。

  • オプションの Ethernet ボードによる DCPS から AppleTalk 経由の印刷はサポートされません。

  • 給紙トレイに A4 用紙を横置きに装着できる 803PSIIV において, A4 用紙を横置きに装着した場合,SHEET_SIZE パラメータには A4L を指定してください。



19.2.8 OKI MICROLINE 7300PS



19.2.8.1 制限事項

  • リーガル用紙 (13.5インチ) はサポートされません。

  • カスタム用紙はサポートされません。

  • 丁合印刷はサポートされません。

  • 確認印刷はサポートされません。

  • 認証印刷はサポートされません。

  • 小冊子の作成はサポートされません。

  • A6,はがき,往復はがき,封筒(全種類)は両面印刷ができません。

  • A6,はがき,往復はがき,封筒(全種類)は標準トレイへの排紙ができません。



19.2.8.2 セパレータ・トレイの指定

セパレータページを給紙するトレイを指定する論理名, DCPS$queue-name_SEPARATOR_TRAY に指定する等価名は次のとおりです。

1 トレイ1
2 トレイ2
3 トレイ3
4 マルチパーパストレイ



19.2.9 OKI MICROLINE 9300PS



19.2.9.1 制限事項

  • SHEET_SIZEを指定した場合, PAGE_SIZEにENV1〜ENV4を指定しても正しく反映されない場合があります。

  • 以下の用紙はサポートされません。

    • A3ワイド

    • タブロイドエクストラ

    • リーガル(13.5インチ)

    • カスタム

  • 以下の用紙は両面印刷できません。

    • A6,はがき,往復はがき,封筒全種類

  • OKI MICROLINE 9300PS が持つ機能のうち,次のものはサポートされません。

    • 丁合印刷

    • 確認印刷

    • 認証印刷

    • 小冊子の作成

    • パンチ

    • A6,はがき,往復はがき,封筒全種類は,フェイスアップ・トレイに排紙する必要があります。

  • OKI MICROLINE 9300PS のホチキス止め機能については弊社では動作確認していません。



19.2.10 セパレータ・トレイの指定

セパレータページを給紙するトレイを指定する論理名, DCPS$queue-name_SEPARATOR_TRAY に指定する等価名は次のとおりです。

1 トレイ1
2 トレイ2
3 トレイ3
4 マルチパーパストレイ
6 トレイ4
7 トレイ5



19.3 セイコーエプソン製日本語プリンタ



19.3.1 InterLaser LP-9600SPD



19.3.1.1 制限事項

  • Government Letter用紙はサポートされません。

  • F4用紙はサポートされません。

  • シフト出力機能はサポートされません。

  • ソータ機能はサポートされません。

  • マルチソータ機能はサポートされません。

  • 10 ビン・マルチビン・ユニットの大容量 (スタッカ) モード機能はサポートされません。

  • ホチキス止め機能はサポートされません。

  • 両面印刷ユニットが必須です。



19.3.1.2 セパレータ・トレイの指定

1 カセット1
2 カセット2
3 カセット3,オプション
4 カセット4,オプション
5 カセット5,オプション



19.3.2 InterLaser LP-8700PS3



19.3.2.1 制限事項

  • スタンプ・マーク印刷はサポートされません。

  • 製本印刷はサポートされません。

  • 洋形0号の用紙サイズを指定した場合,「ヨウシサイズエラー」と表示されることがあります。

  • 次の用紙はサポートされません。

    • F4

    • 不定形

    • 角形2号

    • GovernmentLetter



19.3.2.2 セパレータ・トレイの指定

0 手差し
1 用紙カセット1
2 増設トレイ,オプション
3 増設トレイ,オプション



19.3.3 ESPER-LASER LP-9200PS3



19.3.3.1 制限事項

  • A3W用紙はサポートされません。

  • Government Letter用紙はサポートされません。

  • F4用紙はサポートされません。

  • 往復はがきはサポートされません。



19.3.3.2 セパレータ・トレイの指定

0 標準トレイ
1 カセット1
2 カセット2,オプション
3 カセット3,オプション



19.3.4 ESPER-LASER LP-8400PS3



19.3.4.1 制限事項

  • 往復はがきはサポートされません。



19.3.4.2 セパレータ・トレイの指定

0 標準トレイ
1 上カセット
2 下カセット (オプション)



19.3.5 ESPER-LASER LP-9200PS2



19.3.5.1 制限事項

  • A3ノビ+,GOVT LEGAL,GOVT LETTER 用紙サイズはサポートされません。

  • Ethernet インタフェースを使用しての DCPS から AppleTalk 経由の印刷はサポートされません。

注意

+ DCPS V1.3 で新たに追加された A3NOBI 用紙サイズは LP-9200PS2 では A3W に相当します。



19.4 富士ゼロックス製日本語プリンタ



19.4.1 FUJI XEROX DocuPrint 201PS



19.4.1.1 制限事項

  • 封筒用紙はサポートされません。

  • ユーザ定義用紙はサポートされません。

  • セパレータ・トレイの指定はサポートされません。



19.4.2 FUJI XEROX DocuPrint C1250



19.4.2.1 制限事項

  • 12x18" 用紙はサポートされません。

  • 8x10" 用紙はサポートされません。

  • SRA3 用紙はサポートされません。

  • 非定型用紙はサポートされません。



19.4.2.2 セパレータ・トレイの指定

0 トレイ1
1 トレイ2
2 トレイ3
3 トレイ4



19.4.3 FUJI XEROX Laser Press 4410



19.4.3.1 制限事項

  • 八開用紙はサポートされません。

  • 非定形用紙はサポートされません。

  • ホチキス止め機能はサポートされません。

  • オフセット・キャッチ機能はサポートされません。

  • パラレル・ポートによる接続はサポートされません。



19.4.3.2 セパレータ・トレイの指定

0 トレイ1
1 トレイ2 (オプション)
2 トレイ3/大容量給紙トレイ3 (オプション)
3 トレイ4/大容量給紙トレイ4 (オプション)



19.5 DIGITAL Colorwriter LSR 2000+ プリンタ

DIGITAL Colorwriter LSR 2000+ プリンタは, DIGITAL Colorwriter LSR 2000 のアップグレード機種です。 DCPS ドキュメントの DIGITAL Colorwriter LSR 2000 についての記述は, DIGITAL Colorwriter LSR 2000+ プリンタについても適用されます。

19.5.1 装着されていない用紙サイズへの印刷要求

プリンタでサポートされていても,現在給紙トレイに装着されていない用紙サイズを指定した場合,プリンタは指定した用紙サイズを装着するよう要求します。別のプリンタの場合は,SIZNOTAVL エラーを表示して要求を拒否します。

19.5.2 INPUT_TRAY および PAGE_SIZE あるいは SHEET_SIZE パラメータ

Colorwriter LSR 2000 プリンタの制限により, DCPS では用紙サイズと給紙トレイの両方を指定することはできません。両方を指定しようとした場合,NOSHEETANDTRAY エラーが表示されます。いずれか一方だけであれば指定することができます。

19.5.3 ANSI トランスレータの 64 行出力の制限

Colorwriter LSR 2000 プリンタの上部マージンの最小値は 0.5 インチです。このため,A4 サイズの用紙に省略時のフォント・サイズで表示する場合に必要な 66 行よりも短い行に印刷領域を制限します。各ページの先頭行が印刷領域からはずれることを避けるために, ANSI トランスレータは通常の出力を 64 行に制限します。

(NUMBER_UP=1) あるいは (LAYUP=COLORWRITER-2000-FULL-PAGE)パラメータを指定することにより,66 行を出力することができます。これらのパラメータにより,DCPS はイメージを縮小して印刷領域に収まるようにします。

19.6 DIGITAL DECcolorwriter 1000 プリンタ



19.6.1 プリンタ固有のセットアップ・モジュール

次の表に示すセットアップ・モジュールを使用することにより,各種プリンタの属性をユーザのプリント・ジョブ用に変更することができます。

セットアップ・モジュール 説明
DCW1000_STANDARD 300 x 300 dpi,2 ppm の最速印刷
DCW1000_ENHANCED 300 x 300 dpi,ディザ拡張,1.5 ppm
DCW1000_HIGHRES 300 x 600 dpi,ディザ拡張,1 ppm
DCW1000_VIVDBLUE 紫よりも青
DCW1000_DISPLAY 写真輝度,モニタ表示のシミュレーション
DCW1000_SIMPRESS 新聞印刷シミュレーション
DCW1000_NOCORECT 色補正なし,省略時の設定

たとえば,次のコマンドでは,300 x 600 DPI で鮮明な青色を印刷します。


$ PRINT /NOTIFY /SETUP=(DCW1000_VIVDBLUE,DCW1000_HIGRES) filename



19.7 DIGITAL DEClaser 1152 プリンタ



19.7.1 AppleTalk 使用時のジョブ削除後のプリンタのハング

DEClaser 1152 プリンタに印刷中のジョブを削除した場合に,次のすべての条件が存在すると,その次のジョブがハングします。

  • DEClaser 1152 の AppleTalk (LocalTalk) ポートが使用されている場合。

  • 削除されたジョブの多くのページがまだプリンタ・バッファに残っていて,ジョブの削除後もプリンタが継続して印刷中である場合。

  • 前のジョブのすべてのページの印刷が完了する前に,次のジョブの印刷が始まった場合。

次のジョブは印刷されず,"Printing" 状態でキューに残り,キューは "Stalled" 状態となります。この問題は,プリンタが AppleTalk 接続がレディ状態となる前に AppleTalk 接続を受け付けたためです。ハングしたジョブは一度削除した後に,再度登録しなければなりません。ジョブを削除するために,最大 90 秒かかります。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項