日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


前へ 次へ 目次 索引




14.5 解像度についてのセットアップ・モジュール

次の解像度についてのセットアップ・モジュールを使用することにより,複数の解像度を持つプリンタの解像度を一時的に変更することができます。

  • RES_300X300 --- 横 300 dpi,縦 300 dpi

  • RES_600X300 --- 横 600 dpi,縦 300 dpi

  • RES_600x600 --- 横 600 dpi,縦 600 dpi

  • RES_1200x600 --- 横 1200 dpi,縦 600 dpi

  • RES_1200x1200 --- 横 1200 dpi,縦 1200 dpi

注意

すべての解像度がすべてのプリンタでサポートされているわけではありません。




第 15 章
ファイル・セパレータ・ページの制御

プリンティング・システムはジョブ・セパレータ・ページ (ジョブ・フラグ・ページ,ジョブ・バースト・ページ,ジョブ・トレーラ・ページ)とファイル・セパレータ・ページの両方を作成することができます。システム管理者はキューに対して省略時のジョブ・セパレータ・ページとファイル・セパレータ・ページを定義することができます。一般ユーザはジョブ・セパレータ・ページを制御することはできませんが,ファイル・セパレータ・ページを印刷するかどうかを制御することはできます。

プリント・ジョブ内の各ファイルは次のページで分離されます。

  • ファイル・バースト・ページ

  • ファイル・フラグ・ページ

  • ファイル・トレーラ・ページ

一般ユーザは,次の PRINT コマンド修飾子を使用することにより,ファイル・セパレータ・ページの挿入を制御することができます。

  • プリント・ジョブ内の各ファイルの先頭にファイル・バースト・ページを印刷する場合は,/BURSTを指定します。ファイル・バースト・ページを印刷しない場合は,/NOBURSTを指定します。

  • プリント・ジョブの各ファイルの先頭にファイル・フラグ・ページを印刷する場合は, /FLAGを指定します。ファイル・フラグ・ページを印刷しない場合は,/NOFLAGを指定します。

  • プリント・ジョブ内の各ファイルの後にファイル・トレーラ・ページを印刷する場合は, /TRAILERを指定します。ファイル・トレーラ・ページを印刷しない場合は,/NOTRAILERを指定します。



15.1 すべてのファイルに対するファイル・セパレータ・ページの制御

PRINT コマンドと最初のファイル指定との間に /[NO]BURST,/[NO]FLAG,/[NO]TRAILER 修飾子を指定することにより,プリント・ジョブ内のすべてのファイルに対する省略時のファイル・セパレータ・ページの動作を指定することができます。

たとえば,次のコマンドは各ファイルの前にファイル・バースト・ページを印刷します。


$ PRINT /BURST FIRST.TXT, SECOND.TXT

ファイル・セパレータ・ページの特定のタイプの動作を指定しない場合 (たとえば,上記のコマンドではフラグ・ページとトレーラ・ページを指定していません),省略時の動作はキューの /DEFAULT 修飾子で指定されます。 /DEFAULT に特定のタイプのセパレータ・ページを指定していない場合,どのセパレータ・ページも印刷されません。

否定型の修飾子 (たとえば,/NOTRAILER) は,キューの省略時の修飾子 (たとえば,/DEFAULT=TRAILER) を無効とするために有用です。

15.2 個別のファイルに対するファイル・セパレータ・ページの制御

各ファイル指定の後に修飾子を指定することにより,プリント・ジョブ内の個々のファイルに対する省略時のファイル・セパレータ・ページの動作を変更することができます。

たとえば,次のコマンドを使用すると,キューの /DEFAULT=BURST 修飾子を無効とし,ジョブ内の 2 番目のファイルを除くすべてのファイルに対してファイル・フラグ・ページを印刷することができます。


$ PRINT /NOBURST /FLAG FIRST.TXT, SECOND /NOFLAG, THIRD



15.3 キューについての省略時のセパレータ・ページの表示

キューの省略時のセパレータ・ページを表示するには,次のコマンドを実行します。


$ SHOW QUEUE /FULL PS20$A14


Printer queue PS20$A14, on STAR::LPS, mounted form DCPS$DEFAULT 
(stock=DEFAULT) 
    /BASE_PRIORITY=4 /DEFAULT=(FLAG,FORM=DCPS$DEFAULT (stock=DEFAULT)) 
    /NOENABLE_GENERIC /LIBRARY=DCPS_LIB Lowercase /OWNER=[SYS,SYSTEM] 
    /PROCESSOR=DCPS$SMB /PROTECTION=(S:E,O:RD,G,W:W) 
    /SCHEDULE=(NOSIZE) 
    /SEPARATE=(BURST,TRAILER) 

この例では,このキューに登録されたプリント・ジョブに対してジョブ・バースト・ページとジョブ・トレーラ・ページが印刷されることが指定されています(/SEPARATE=(BURST,TRAILER))。また,/DEFAULT=FLAG によって指定されているため,ファイル・フラグ・ページは省略時の設定により印刷されます。ただし,フラグ・ページは PRINT コマンド修飾子により無効とすることができます。

15.4 エラー時の省略時の排紙トレイへのジョブ・ログおよびジョブ・トレーラ・ページの出力

ジョブ・ログおよびジョブ・トレーラ・ページがある場合は,OUTPUT_TRAY パラメータで指定した排紙トレイに通常出力されます。しかし,DCPS が最初に指定された排紙トレイに出力しようとした場合に, NOOUTTRAY,OUTTRAYNOTAVL,OUTTRAYMISMATCH エラーなどが検出されると,ジョブ・ログおよびジョブ・トレーラ・ページは代わりにプリンタの省略時の排紙トレイに出力され,排紙トレイに問題があることを通知します。




第 16 章
仕上げオプションの選択

プリンタの中には,出力にパンチ穴をあけたり,ホチキス止めをしたりするフィニッシャが装着されている (ほとんどの場合オプションとして販売) ものがあります。この章では,DCPS からこれらのプリンタ機能を選択する方法について説明します。

16.1 パンチ機能

DCPS では,プリンタにパンチ機能が装備されている場合,ジョブにパンチ穴をあけることができます。 DCPS では次のプリンタでパンチ機能をサポートしています。

GENICOM Intelliprint mL450
GENICOM LN45
HP 9085 MFP
HP LaserJet 9055 MFP
HP LaserJet 9065 MFP
Lexmark W820


16.1.1 PUNCH DCL 構文

パンチ機能は,PRINT パラメータの PUNCH で指定します。


 
$ PRINT /PARAMETERS=(..., [ PUNCH | NOPUNCH ] ,...) file_name 
 

PUNCH パラメータに対する値はありません。パンチ穴の位置は,プリンタでの給紙方向によって決定され,穴の数と間隔は,プリンタによって決定されます。 NOPUNCH が指定された場合には,プリンタの省略時の穴あけ設定を無効にして,ジョブはパンチ穴をあけずに出力されます。

16.2 ホチキス止め機能

プリンタにホチキス止め機能が装着されている場合は,これらのプリンタで DCPS ジョブをホチキス止めすることができます。 DCPS でのホチキス止めは,次のプリンタでサポートされています。

Compaq Laser Printer LN32
Compaq Laser Printer LNM40
GENICOM Intelliprint mL450
GENICOM LN45
GENICOM LNM40
GENICOM microLaser 320
GENICOM microLaser 401
HP 9085 MFP
HP Color LaserJet 9500
HP Color LaserJet 9500 MFP
HP LaserJet 4200
HP LaserJet 4250
HP LaserJet 4300
HP LaserJet 4345 MFP
HP LaserJet 4350
HP LaserJet 8000
HP LaserJet 8100
HP LaserJet 8150
HP LaserJet 9000
HP LaserJet 9000 MFP
HP LaserJet 9050
HP LaserJet 9050 MFP
HP LaserJet 9055 MFP
HP LaserJet 9065 MFP
Lexmark W820
Xerox DocuPrint N24
Xerox DocuPrint N32
Xerox DocuPrint N40
Xerox Phaser 7750

日本語 DCPS では下記のプリンタでホチキス止め機能をサポートします。

RICOH IPSiO NX800
RICOH IPSiO NX810
RICOH IPSiO NX900
RICOH IPSiO NX910
RICOH IPSiO NX920
RICOH IPSiO Color 6500
RICOH IPSiO Color 7100
RICOH IPSiO Color 8000
RICOH IPSiO Color 8100
RICOH IPSiO CX8800
OKI MICROLINE 3020cV
OKI MICROLINE 9300PS
Compaq Laser Printer LN32
Compaq Laser Printer LNM40

注意

OKI MICROLINE 9300PS のフィニッシャー・オプションについては弊社では動作確認を行っていないため,サポート対象外です。

また,日本語 DCPS は,GENICOM LNM40,mL320,mL401 にオプションのホチキス止め機能が装着されている場合は, DECprint Supervisor ジョブをホチキス止めすることができます。

16.2.1 STAPLE DCL 構文

ホチキス止めは,PRINT パラメータの STAPLE を使用して指定します。


$ PRINT /PARAMETERS=(..., STAPLE = [ LEFT_CENTER | 
                                     TOP_CENTER  | 
                                     TOP_LEFT    | 
                                     TOP_RIGHT   | 
                                     NONE ] 
                                     ,...) file_name 
 

これらの値は,用紙上のイメージ方向に対するホチキス止めを行う位置を指定します。 NONE が指定された場合,プリンタの省略時のホチキス止め設定を無効とし,ジョブはホチキス止めされません。

16.2.2 ホチキス止めの位置

用紙が給紙される方向によっては, STAPLE パラメータのいくつかの値は使えない場合があります。ジョブ・ページの方向およびプリンタの給紙方向に応じたホチキス止め可能な位置については, 表 16-1 を参照してください。表中の "Port" および "Land" はそれぞれポートレイト (縦長) およびランドスケープ (横長) のページ方向を指し,"LEF" および "SEF" はそれぞれプリンタの横方向給紙 (long-edge-feed) および縦方向給紙 (short-edge-feed) を指します。

表 16-1 ホチキス止め位置と給紙の方向
  ホチキス止め位置とイメージ方向
  TOP_LEFT TOP_CENTER TOP_RIGHT LEFT_CENTER
プリンタ Port Land Port Land Port Land Port Land
Compaq, GENICOM, Lexmark, Xerox LEF, SEF LEF, SEF SEF LEF SEF LEF LEF SEF
HP Color LaserJet 9500 LEF, SEF     LEF, SEF   LEF LEF SEF
HP LaserJet 4200, 4250, 4300, 4350 SEF         SEF    
HP LaserJet 8000, 8100, 8150, 9000, 9050 LEF, SEF   SEF LEF   LEF LEF SEF
HP 9085 MFP, LaserJet 9055 MFP, 9065 MFP LEF, SEF SEF SEF LEF LEF, SEF   LEF SEF

日本語 DCPS でジョブ・ページの方向およびプリンタの給紙方向に応じたホチキス止め可能な位置については, 表 16-2表 16-3 ,および 表 16-5 を参照してください。

表 16-2 IPSiO NX900,NX910,NX920,Color 7100,Color 8000,Color 8100,および LN32,LNM40,mL320,mL401でのホチキス止め可能な位置
イメージおよび給紙の方向 TOP_LEFT TOP_CENTER TOP_RIGHT LEFT_CENTER
ポートレート        
横方向給紙 (LEF)    
縦方向給紙 (SEF)  
ランドスケープ        
横方向給紙 (LEF)  
縦方向給紙 (SEF)    

表 16-3 IPSiO NX800,NX810,Color 6500 でのホチキス止め可能な位置
イメージおよび給紙の方向 TOP_LEFT TOP_CENTER TOP_RIGHT LEFT_CENTER
ポートレート        
横方向給紙 (LEF)      
縦方向給紙 (SEF)      
ランドスケープ        
横方向給紙 (LEF)      
縦方向給紙 (SEF)      

表 16-4 IPSiO CX8800 でのホチキス止め可能な位置
イメージおよび給紙の方向 TOP_LEFT TOP_CENTER TOP_RIGHT LEFT_CENTER
ポートレート        
横方向給紙 (LEF)  
縦方向給紙 (SEF)  
ランドスケープ        
横方向給紙 (LEF)        
縦方向給紙 (SEF)  

表 16-5 OKI MICROLINE 3020cV,9300PS でのホチキス止め可能な位置
イメージおよび給紙の方向 TOP_LEFT TOP_CENTER TOP_RIGHT LEFT_CENTER
ポートレート        
横方向給紙 (LEF)      
縦方向給紙 (SEF)      
ランドスケープ        
横方向給紙 (LEF)        
縦方向給紙 (SEF)        

サポートされないホチキス止め位置を指定した場合, DCPS は STPPOSNOSUP エラーを表示し,そのジョブは出力されません。 DCPS のホチキス止めに関するメッセージの一覧については, 第 16.3 節 を参照してください。

16.2.3 排紙トレイ

ホチキス止めした用紙は,フィニッシャに装着された排紙トレイにのみ出力することができます。 表 16-6 に,各プリンタでサポートされている排紙トレイを示します。

表 16-6 ホチキス止めがサポートされている排紙トレイ
プリンタのブランド 排紙トレイ
Compaq, GENICOM, Xerox STACKER / BIN_1
  BIN_2
  BIN_3
HP, Lexmark STACKER / BIN_2

ホチキス止めがサポートされていないトレイを指定した場合,またはプリンタの省略時の排紙トレイでホチキス止めがサポートされていないときにトレイを指定しなかった場合, DCPS は STPOUTTRAY エラーを表示し,そのジョブは出力されません。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項