日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


前へ 次へ 目次 索引




4.4 プリンタ固有の PostScript 文書の作成

各 PostScript プリンタには,標準 PostScript 言語として定義されていないオペレータが格納されています。各 PostScript プリンタ固有の PostScript 言語の拡張機能については,各プリンタのマニュアルを参照してください。

PC および Macintosh システムで動作する,市販されている多くのアプリケーションおよびプリンタ・ドライバを使用した場合,プリンタ固有の拡張機能に依存したプリンタ機能を指定することができます ( 第 4.3 節 を参照)。たとえば,特定のプリンタの上段給紙トレイを使用する PostScript ファイルを作成することができます。そのファイルを別のタイプのプリンタに印刷しようとした場合,別のトレイに印刷される可能性や,印刷に失敗する可能性もあります。

4.5 汎用的な PostScript 文書の作成

プリンタ・タイプに依存しない文書を作成する場合は, PostScript ファイルを作成するために使用するアプリケーションが DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアで指定する PRINT パラメータと矛盾していないことを確認してください。できるだけ PostScript 文書が汎用的なものとなるように,オプションの設定を行ってください。

広範囲の各種プリンタで印刷可能である汎用的な文書をアプリケーションで確実に作成するには,給紙トレイや排紙トレイなど,すべてのプリンタ固有のオプションに対して「プリンタの省略時の設定」を選択します。あるいは,汎用プリンタまたは両面印刷機能や複数の給紙トレイを持たないプリンタを選択します。その後,ファイルへの出力を可能とするアプリケーションの機能を選択します。

4.6 識別されない PostScript オペレータ・エラーの解決方法

プリンタで定義されていない PostScript 拡張オペレータを使用したファイルを印刷した場合には,次のエラー・メッセージが出力されます。


%DCPS-W-UNDEF, undefined: Name not known - offending command is operator

operator は,プリンタで識別できない PostScript 拡張オペレータです。

この問題は,次のいずれかの方法で解決することができます。

  1. アプリケーションで PostScript ファイルを再作成します。印刷設定オプションを調べ,すべての PostScript プリンタに汎用的なオプションでないオプションを無効とします ( 第 4.5 節 を参照)。

  2. 印刷に失敗する PostScript ファイルを印刷する必要がある場合は, 第 4.7 節 の説明を参照して,プリント・ジョブを変更してください。



4.7 PostScript オペレータを制限するためのサンプル・ファイルの使用

DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアでは,一般的に使用される PostScript 拡張オペレータを制限するためのサンプル・ファイルを提供しています。

4.7.1 デスクトップ・プリンタでの PostScript オペレータの制限

デスクトップ・プリンタを使用している場合,印刷に失敗する PostScript オペレータを制限するためのセットアップ・モジュールを作成することができます。次のサンプル・ファイルが DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアで提供されています。


SYS$COMMON:[SYSHLP.EXAMPLES.DCPS]LPS$STATUSDICT.PS 

これは多くの PostScript ルーチンの集合であり,特定の PostScript オペレータに関する問題を解決するルーチンだけを取り出して利用することができます。新たに作成したファイルは,セットアップ・モジュールとして指定することができ,印刷に失敗するファイルとともに印刷することができます。

セットアップ・モジュールについての詳細は,『日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS システム管理者ガイド』を参照してください。

4.7.2 PrintServer プリンタでの PostScript オペレータの制限

PS_SUPPLEMENT ファイルは PrintServer プリンタにロードでき,多くの識別されない PostScript 拡張オペレータを無視することができるようにするものです。 PrintServer Software V4.2 以降のバージョンでは,このファイルが自動的にプリンタにダウンロードされます。




第 5 章
ANSI ファイルの印刷

ANSIまたは ASCII テキスト・ファイルを PostScript プリンタで印刷するためにキューに登録すると,これらのファイルは PostScript に変換されます。 DECprint Supervisor ソフトウェアは,すべてのレベルの ANSI プリンティング・プロトコルに対応するすべての範囲の ANSI エスケープ・シーケンスを識別します。 ANSI に準拠する弊社のプリンティング・プロトコルおよび ANSIトランスレータの機能についての詳細は,『 Digital ANSI-Compliant Printing Protocol Level 3 Programming Reference Manual 』を参照してください。

5.1 プリント・ジョブでの複数のテキスト・ファイルの印刷

ANSI ファイルは他のタイプのファイルと異なる方法で処理されます。プリント・ジョブで複数の ANSI ファイルを印刷する場合には,最初のファイルに登録されているプリンタ・コマンドは 2番目のファイルに渡されません。したがって,ANSIセットアップ・モジュールを使用して印刷属性を渡すか,または各ファイルに印刷属性を登録しておかなければなりません。

5.2 ANSI プリンタのエミュレート

システムで使用するプリンティング・システムが ANSI プリンタから PostScript プリンタに変更された場合には, DECprint Supervisor ソフトウェアを利用することにより, ANSI プリンタ用に作成された ANSI ファイルを新しい PostScript プリンタで印刷することができます。

DECprint Supervisor ソフトウェアでは, ANSI プリンタでの印刷をエミュレートすることにより, ANSI ファイルの印刷を自動的に処理します。 ANSI ファイルの印刷結果を変更したい場合には, 表 5-1 の修飾子を使用することにより,印刷した文書を見やすくすることができます。

表 5-1 ANSI プリンタの修飾子
以下の要素を変更する場合 使用する修飾子 結果
通常,テキスト文書の各ページの最後に挿入されるフォームフィード /NOFEED 自動的なフォームフィードの挿入は実行されません。
各ページのヘッダ行 /HEADER 1 各ページの先頭にファイル名,ページ番号,ファイル作成日を印刷します。
マージン,ヘッダ,タブの処理 /PASSALL 印刷全体でファイルの状態がそのまま使用され,印刷した文書でマージン,ヘッダ,またはタブのエミュレーションは実行されません。
シングル・スペースで印刷した文書 /SPACE 1 各テキスト行の後にブランク行を挿入し,ダブルスペースの出力を作成します。
処理中のタブの展開 /PARAMETERS=[NO]TAB 1
タブの処理方法を制御します ( 第 5.3 節 を参照)。
印刷のために使用できるフォント /PARAMETERS=FONTS_USED
フォント・カートリッジをエミュレートするソフトウェア・フォントを登録した1つ以上のSoftFontモジュールを指定します ( 第 5.4 節 を参照)。
キューに対して指定された省略時のフォームによるテキストのフォーマッティング /FORM プリント・ジョブに対して要求されるフォーム定義を指定します。


1この修飾子を指定した場合には,キューに割り当てられている省略時のフォームがプリント・ジョブに適用されます。詳細については, 第 13 章 を参照してください。



5.3 ANSI ファイル内のタブの処理

[NO]TABパラメータを使用すれば, ANSI プリンタがタブ文字を処理する方法をエミュレートすることができます。 TABパラメータをプリント・ジョブに指定した場合には,その動作は ANSI プリンタでSET TERMINAL/TABコマンドを使用した場合と同じになります。

1 インチ当たり 10 文字のピッチを使用しない場合,あるいは ANSI タブが文字の位置ではなくインチ単位で定義されている場合には, [NO]TABパラメータを使用すると便利です。文字サイズを変更しても,PARAMETERS=TABを指定すれば,タブ・サイズは変更されません。文字サイズを変更するときにタブ・サイズも変更する場合には, /PARAMETERS=NOTABを指定してください。

[NO]TABを指定した場合には,ソフトウェアは省略時のフォームとして, DCPS$DEFAULTをジョブに対して有効に設定します。省略時のフォーム定義についての詳細は, 第 13 章 を参照してください。

省略時の設定では, DECprint Supervisor ソフトウェアはタブ・ストップが 8文字おきに設定されているものとしてタブ文字を処理します
(/PARAMETERS=NOTAB)。

システム管理者はキューの省略時の設定としてこの操作を変更でき,その結果,ユーザはPRINTコマンド行にこの修飾子を指定する必要がなくなります。同じプリンタを使用する複数の異なるジェネリック・キューを作成し,キューの省略時の設定としてこのパラメータを異なる値に設定することができます。このようにすれば,アプリケーション・プログラムからプリント・ジョブをキューに登録するときに,プリント・パラメータではなく,キュー名を指定することにより,タブの展開方法を指定することができます。

5.4 プリンタ・フォント・カートリッジのエミュレート

文書をANSIプリンタで印刷するために,フォント・カートリッジが必要な場合があります。PostScriptプリンタで文書を印刷する場合には,ANSIプリンタのフォント・カートリッジをエミュレートするためにFONTS_USEDパラメータを使用できます。ファイルにはフォントを呼び出すエスケープ・シーケンスが登録されていなければなりません。

注意

これらのフォント・モジュールは DECprint Supervisor ソフトウェアの標準モジュールではありません。システム管理者は弊社から別途 SoftFontキットを購入し,それをフォント・ライブラリにインストールしなければなりません (SoftFont キットは製造中止になっており,現在 HP からは販売されていません)。システムにインストールされているフォント・モジュールを表示するには,次のコマンドを使用します。


$ LIBRARY /LIST /TEXT SYS$LIBRARY:CPS$ANSI_FONTS

このファイルが存在しない場合には,フォント・モジュールはインストールされていません。

1つ以上のフォント・モジュールをプリント・ジョブに指定するには, PRINTコマンドに/PARAMETERS=FONTS_USED修飾子を指定します。たとえば, ITC SouvenirカートリッジがインストールされているANSIプリンタでこれまでファイルを印刷していた場合には,次のコマンドを入力することにより, DECprint Supervisor ソフトウェアを使用するPostScriptプリンタでこのファイルを印刷することができます。


$ PRINT /PARAMETERS=(FONTS_USED=ITC_SOUV_MCS) file-name

注意

2つ以上のカートリッジ名を指定する場合には,全体を引用符で囲んでください。次の例を参照してください。


$ PRINT /PARAMETERS="FONTS_USED=(ITC_SOUV_MCS,BARCODE)" file-name

提供されるSoftFontキットの一覧については, 付録 D を参照してください。

5.5 PostScript オペレータによるトレイの変更

DCPS ソフトウェアは,ANSIファイルに含まれているプリンタ給紙トレイを選択するためのエスケープ・シーケンスを識別します。これにより,特定の給紙トレイ上の紙に印刷するように作成された ANSI ファイルを扱うことができます。

存在しない給紙トレイを選択するように設定されたANSI ファイルを印刷しようとした場合,そのプリント・ジョブは実行できず,次のようなエラー・メッセージが表示されます。


%DCPS-W-RANGECHK, rangecheck: Argument out of bounds - 
offending command is setpapertray. 

この場合には,PostScript セットアップ・モジュールを作成して,それをプリント・ジョブとともにキューに登録し,給紙トレイの設定を再定義してください。たとえば,次のような PostScript セットアップ・モジュールを作成します。


/settoptray {statusdict begin 2 setpapertray end} def 
 
/setbottomtray {statusdict begin 1 setpapertray end} def 

この例では,上段給紙トレイ(settoptray)の代わりにプリンタのトレイ2を選択し,下段給紙トレイ(setbottomtray)の代わりにトレイ1を選択しています。 PostScript セットアップ・モジュールを作成するときに, ANSI ファイルで指定されている給紙トレイに対応するオペレータを 表 5-2 から選択し,そのオペレータを使用してください。また,プリンタの給紙トレイに対応する setpapertray 引数の値を選択してください。プリンタでサポートされる給紙トレイ番号については,プリンタのオーナーズ・マニュアルを参照してください。

PRINTコマンドを使用してANSIファイルとともにセットアップ・モジュールをジョブに指定します。たとえば,OVERHEAD.TXTというファイルを印刷するためにTRAYDEF.PS というセットアップ・モジュールを使用するには,次のコマンドを入力します。


$ PRINT /NOTIFY /SETUP=TRAYDEF OVERHEAD.TXT

ANSI給紙トレイ選択シーケンス,および対応する PostScript オペレータについては, 表 5-2 を参照してください。 setpapertrayの省略時の値は,他の値が定義されていないときにトランスレータで使用される値です。セットアップ・モジュールに別の値を指定した場合には,その値の方が省略時の値より優先します。

表 5-2 給紙トレイの変換用のオペレータ
ANSIシーケンス ユーザ定義オペレータ setpapertrayの省略時の値
CSI ! v [なし] [なし]
CSI 0 ! v [なし] [なし]
CSI 1 ! v settoptray 1
CSI 2 ! v setbottomtray 2
CSI 3 ! v setlcittray 3
CSI 4 ! v setmanualfeedtray 0
CSI 99 ! v setmanualfeedtray 0



5.6 ANSI シーケンスを使用した両面あるいは片面印刷

片面あるいは両面印刷を行うには,ファイルに ANSI エスケープ・シーケンスを追加します。 ANSI 両面印刷シーケンスは, 表 5-3 に示すとおりです。エスケープ・シーケンスをANSIファイルに追加する場合には,この表の sp をスペース・コード(10進数の32)に置き換えてください。

表 5-3 片面あるいは両面印刷用の ANSI シーケンス
ANSIシーケンス 両面印刷
CSI 0 sp x true simplex normal
CSI 1 sp x true simplex normal
CSI 2 sp x true simplex tumbled
CSI 3 sp x true duplex normal
CSI 4 sp x true duplex tumbled
CSI 5 sp x duplex master normal
CSI 6 sp x duplex master tumbled
CSI 7 sp x simplex compressed normal
CSI 8 sp x compressed tumbled


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項