日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor for OpenVMS
ユーザーズ・ガイド


前へ 次へ 目次 索引





第 3 章
給紙トレイおよび排紙トレイの選択



3.1 給紙トレイの選択

ほとんどのプリンタには複数の給紙トレイがあります。 OHP 用紙や封筒,通常の用紙など,常に複数の種類の用紙をプリンタに装着しておきたい場合には,この機能を使用することができます。

一部のプリンタでは,手差しトレイや封筒トレイなどの特殊なトレイがサポートされます。プリンタでサポートされる給紙トレイを表示するには, HELP PRINT_PARAMETER INPUT_TRAYコマンドを入力し,使用しているプリンタについて説明する項目を選択してください。

プリント・ジョブで使用する用紙が装着された給紙トレイを選択するには, PRINTコマンドにINPUT_TRAYパラメータを指定します。


$ PRINT /PARAMETERS=INPUT_TRAY=input-tray file-name

次に使用例を示します。


$ PRINT /PARAMETERS=INPUT_TRAY=TOP MYFILE.PS

一部のプリンタでは,複数の給紙トレイはサポートされません。このようなプリンタに対してプリント・ジョブで /PARAMETERS=INPUT_TRAYを指定した場合には,プリント・ジョブは終了し,次のメッセージが表示されます。


NOINPTRAY, INPUT_TRAY selection not supported for printer-name

特定のプリンタで誤った給紙トレイを選択すると,プリント・ジョブは終了します。プリンタでサポートされない給紙トレイを指定した場合には,次のエラー・メッセージが表示されます。


INTRAYNOTSUP, No tray-name on printer-name

一部のプリンタはオプションの給紙トレイを持っています。プリンタで現在使用できないオプションの給紙トレイを指定した場合,そのジョブは終了し,次のエラー・メッセージが表示されます。


INTRAYNOTAVL, No tray-name is installed on printer-name



3.1.1 用紙の指定



3.1.1.1 ページおよびシート・サイズによる選択

用紙サイズを指定するには,SHEET_SIZEパラメータまたは PAGE_SIZEパラメータを使用します。


$ PRINT /PARAMETERS=SHEET_SIZE=sheet-size file-name
$ PRINT /PARAMETERS=(SHEET_SIZE=sheet-size,INPUT_TRAY=input-tray) -
_$ file-name

次の例を参照してください。


$ PRINT /PARAMETERS=SHEET_SIZE=LEGAL FILE.PS
$ PRINT /PARAMETERS=(SHEET_SIZE=A4,INPUT_TRAY=TOP) FILE.PS

給紙トレイと用紙サイズの両方を指定した場合に,指定した給紙トレイに要求した用紙サイズが装着されていなければ,ジョブは印刷されません。給紙トレイと用紙サイズが一致しない場合には,プリント・ジョブは終了し,次のようなエラー・メッセージが表示されます。


SIZNOTRAY, paper-size size medium is not in the tray-name tray in 
 printer-name

たとえば次のエラー・メッセージが表示されます。


SIZNOTRAY, A4 size medium is not in the TOP tray in PS40$A14 



3.1.1.2 メディア・タイプの選択

メディア・タイプは,特定のトレイから給紙される用紙の種類を指定するために,プリンタで設定します。通常,省略時の設定は PLAIN です。その他の一般的なメディア・タイプとしては,COLOR, LETTERHEAD,PREPRINTED,PREPUNCHED, RECYCLED があります。給紙トレイが特定のメディア・タイプに設定されている場合は,そのメディア・タイプを要求するジョブだけがそのトレイの用紙を使用します。

DCPS ジョブでメディア・タイプを選択するには, MEDIA_TYPE パラメータを使用します。


    $ PRINT /PARAMETERS=MEDIA_TYPE=media-type file-name

DCPS では,MEDIA_TYPE パラメータに任意の値を指定できます。メディア・タイプは,プリンタのフロント・パネルや Web ページに省略形で示されることがあります。たとえば,LETTERHEAD の設定は LTRHEAD に省略されることがあります。ほとんどの場合,完全な名前を指定することも,省略した名前を指定することもできます。

プリンタで現在使用されているメディア・タイプを指定する必要があります。プリンタでメディア・タイプを選択できない場合は,次のいずれかが可能です。

MEDIA_TYPE パラメータを使用してメディア・タイプを指定できます。メディア・タイプはプリンタで設定され,特定のトレイから給紙される用紙の種類を示します。通常,省略時の設定は PLAIN です。その他の一般的なメディア・タイプとしては, COLOR,LETTERHEAD,PREPRINTED,PREPUNCHED, RECYCLED があります。給紙トレイが特定のメディア・タイプに設定されていて,プリンタの省略時のメディア・タイプと異なる場合は,そのメディア・タイプを要求するジョブだけがそのトレイの用紙を使用します。

メディア・タイプの選択機能を使用すると,ジョブで使用する用紙が装着されているトレイの番号がわからなくても,用紙サイズとメディア・タイプによって用紙を選択できるという利点があります。

特定のメディア・タイプの用紙を選択するには,次のように指定します。


    $ PRINT /PARAMETERS=MEDIA_TYPE=media-type file-name

次の例を参照してください。


    $ PRINT /PARAMETERS=MEDIA_TYPE=COLOR FILE.PS

この例では,カラー用紙が装着されているトレイから給紙することを選択しています。

DCPS では,MEDIA_TYPE パラメータに任意の値を指定できます。メディア・タイプは,プリンタのフロント・パネルや Web ページに省略形で示されることがあります。たとえば,LETTERHEAD の設定は LTRHEAD に省略されることがあります。ほとんどの場合,完全な名前を指定することも,省略した名前を指定することもできます。

要求されたメディア・タイプの用紙がプリンタに装着されていない場合は,プリント・ジョブは終了し,次のエラー・メッセージが表示されます。


    MEDIATYPENOTAVL, No media-type type medium is loaded in 
     printer name

次の例を参照してください。


    MEDIATYPENOTAVL, No COLOR type medium is loaded in HP LaserJet 9050 

MEDIA_TYPE パラメータは,他のトレイ選択パラメータ INPUT_TRAY,PAGE_SIZE, SHEET_SIZE と組み合わせて使用できます。

給紙トレイとメディア・タイプの両方を指定した場合には,指定した給紙トレイに,ジョブをプリントするのに要求されたサイズの用紙が装着されている必要があります。適切な用紙が装着されていないと,プリント・ジョブは終了し,次のエラー・メッセージが表示されます。


    MEDIATYPENOTRAY, media-type type medium is not in the tray tray in printer name

たとえば,トレイ 2 にレターヘッド用紙が装着されていないときに,次のように入力すると,


    $ PRINT /PARAMETERS=(INPUT_TRAY=TRAY_2,MEDIA_TYPE=LETTERHEAD) -
    _$ /QUEUE=HP4650 FILE.PS

次のエラー・メッセージが表示されます。


    MEDIATYPENOTRAY, LETTERHEAD type medium is not in the TRAY_2 tray in 
     HP Color LaserJet 4650 

一部のプリンタでは, MEDIATYPENOTRAY エラー・メッセージではなく,要求されたメディア・タイプを装着するように求めるメッセージが表示されます。動作はプリンタの特性に応じて異なります。たとえば,Deferred Media Selection がオンに設定されている HP プリンタでは,指定したメディア・タイプを装着するように求めるメッセージが表示されます。他の大部分のプリンタでは,DCPS はジョブをプリントせず,エラー・メッセージを表示します。

メディア・タイプの選択は,PostScript レベル 2 以上のプリンタでのみサポートされます。 PostScript レベル 1 プリンタでメディア・タイプを指定すると,プリント・ジョブは終了し,次のエラー・メッセージが表示されます。


    MEDIATYPENOSUP, Media type selection not supported for PostScript 
     Level 1 printers 



3.1.2 手差しトレイの選択

手差しトレイはINPUT_TRAY=MANUAL_FEEDパラメータで選択します。 SHEET_SIZEパラメータまたはPAGE_SIZEパラメータを使用して用紙サイズを指定しなければなりません。次の例を参照してください。


$ PRINT /QUEUE=PS40$A14 /PARAMETERS=(SHEET_SIZE=A4,INPUT_TRAY=MANUAL_FEED) FILE.PS

手差しトレイを指定したプリント・ジョブに対して, SHEET_SIZEパラメータと PAGE_SIZEパラメータのいずれも指定しなかった場合には,プリント・ジョブは終了し,次のエラー・メッセージが表示されます。


NO_SHEET_SIZE, Sheet_size must be specified for Manual_Feed 

手差しトレイを指定した場合には,ジョブ・セパレータ・ページはプリンタの省略時の給紙トレイに装着されている用紙に印刷されます。その後,ファイルを印刷するために手差しトレイに変更されます。

3.1.3 封筒トレイの使用

ENVELOPE_FEEDER給紙トレイを指定する場合には,SHEET_SIZEまたは PAGE_SIZEパラメータに用紙サイズを指定しなければなりません。封筒トレイを使用するプリント・ジョブに対して用紙サイズを指定しなかった場合には,プリント・ジョブは終了し,次のメッセージが表示されます。


NO_SHEET_SIZE, Sheet_size must be specified for Envelope_Feeder 



3.2 排紙トレイの選択

一部のPostScriptプリンタには複数の排紙トレイがあります。

使用しているプリンタで使用できる排紙トレイを表示するには, HELP PRINT_PARAMETER OUTPUT_TRAYコマンドを入力し,そのプリンタを説明する項目を選択してください。

これらのプリンタで印刷されるプリント・ジョブの排紙トレイは, PRINTコマンドにOUTPUT_TRAYパラメータを指定することにより選択することができます。


$ PRINT /PARAMETERS=OUTPUT_TRAY=output-tray file-name

次の例を参照してください。


$ PRINT /PARAMETERS=OUTPUT_TRAY=SIDE MYFILE.PS

サポートされない排紙トレイを選択した場合には,プリント・ジョブは印刷されますが,別の排紙トレイに出力され,次のメッセージが表示されます。


TRAYSUBST, Output will be delivered to the output-tray tray on printer-name

あるいは,プリント・ジョブが終了し,次のメッセージが表示されます。


NOOUTTRAY, OUTPUT_TRAY, tray-name, not supported on printer-name

一部のプリンタはオプションの排紙トレイを持っています。プリンタで現在使用できないオプションの排紙トレイを指定した場合,類似したトレイが存在している場合はそのトレイに印刷されます。類似したトレイが存在していない場合は,そのジョブは終了し,次のエラー・メッセージが表示されます。


OUTTRAYNOTAVL, No tray-name is installed on printer-name



3.2.1 排紙トレイのマニュアル操作による選択

プリンタの排紙トレイをマニュアル操作で選択した場合, OUTPUT_TRAY パラメータを使用してトレイを変更することはできません。プリンタ上のコントロール・パネルを使用して排紙トレイを選択しなければなりません。排紙トレイの選択についての詳細は,各プリンタのオペレータ・ガイドを参照してください。

この種のプリンタに対してOUTPUT_TRAYパラメータを指定する場合には,適切な排紙トレイをマニュアル操作で確実に選択してください。排紙トレイをマニュアル操作で選択しなかった場合には,プリント・ジョブは終了し,次のメッセージが表示されます。


OUTTRAYMISMATCH, Printer printer-name output tray setting does not 
match requested output-tray on printer-name




第 4 章
PostScript ファイルの印刷



4.1 複数のPostScriptファイルの印刷

アプリケーションで作成した PostScript ファイルは,プリンタの PostScript インタプリンタの状態を変更します。 DECprint Supervisor ソフトウェアでは,プリント・ジョブ内の各ファイルに対してではなく,プリント・ジョブごとにプリンタの状態をクリアします。したがって,アプリケーションのプロローグやフォントを含むデータ・ファイルなど,最初から同時に印刷する予定のファイルは正しく印刷されます。しかし,相互に無関係な複数のファイルを含むプリント・ジョブでは,ファイルを印刷した後のプリンタの状態が後続のファイルの印刷に悪影響を与える可能性があります。

この結果,PostScriptエラーが発生したり,文書の印刷結果が期待しないものとなる可能性があります。複数のPostScriptファイルを印刷する場合や, PostScriptファイルを2部以上印刷しなければならない場合には,別々のプリント・ジョブとしてキューに登録してください。

4.2 テキストおよび PostScript を含むファイルの印刷

DECprint Supervisor ソフトウェアはファイルの先頭のテキスト・ファイルに続く PostScript データを検出することができます。これは,電子メッセージ・システムで PostScript ファイルを受信した場合など, PostScript ファイルの前にテキストが置かれているものを印刷する際に有用です。

たとえば,ANSI テキストを作成するソフトウェア・ユーティリティでメッセージを受信し,そのメッセージに PostScript ファイルが含まれている場合は,データ・タイプを指定することなくそのファイルを印刷することができます。

4.3 他のオペレーティング・システムで作成されたファイルの印刷

最終的に DECprint Supervisor for OpenVMS ソフトウェアを使用して印刷する PostScript ファイルを,他のオペレーティング・システムが稼動しているシステムで作成している場合は,次の事項に注意してください。

  1. プリンタ固有のコードの使用
    Windows および Macintosh プリンタ・ドライバは,ドライバを構成したプリンタおよびプリンタ・オプションに固有の PrintScript コード (たとえば,プリンタのブランド名,モデル名,使用可能なトレイ,両面印刷が可能かどうか,プリンタ内の使用可能なメモリなど) を作成します。そのファイルを異なるタイプのプリンタあるいは異なるオプションを持つプリンタに印刷した場合,正しく印刷されない可能性があります。
    最終的に使用するプリンタおよびプリンタ・オプションに固有なファイルを作成するようにしてください。そうでない場合は,移植性を最適化し,オプションを指定せずに汎用プリンタを選択して,複数のプリンタ構成にそのファイルを印刷することができるようにしてください ( 第 4.5 節 を参照)。

  2. 固有の機能に対する PostScript コードの使用
    Windows および Macintosh アプリケーションおよびプリンタ・ドライバは,ファイル作成時に選択したプリンタ機能に固有の PostScript コード (たとえば,使用するトレイ,ソートされない部数,片面印刷か両面印刷かなど) を作成します。 PostScript ファイルにそのような機能を明示的に指定している場合,それに対応した DCPS パラメータ (たとえば,INPUT_TRAY,OUTPUT_TRAY, SHEET_COUNT,SIDES など) はそのプリント・ジョブに影響を与えません。
    アプリケーションおよびプリンタ・ドライバが現在のプリンタ・ジョブに対して省略時の特定の設定値 (たとえば,給紙トレイ) を使用できるようになっている場合は, DCPS パラメータを使用して必要な設定を指定してください。そうでない場合は,アプリケーションおよびプリンタ・ドライバを使用して特定の機能を指定し,対応する DCPS パラメータを指定しないようにしてください。

  3. プリンタ固有の設定についての仮定
    プリンタの物理的な設定は,プリンタにより,また時間により異なる可能性があります。たとえば,プリンタの上段のトレイに黄色の用紙が装着されていることを知っていて,黄色の用紙に印刷したい場合は,上段給紙トレイに印刷することで PostScript ファイルを作成することができます。しかし,そのファイルを同一ブランドの同一モデルの別のプリンタに送信した場合,あるいは以前と同一のプリンタであっても後日に送信した場合は,上段トレイには別の用紙が装着されている可能性があります。
    DCPS で指定することができないプリンタ機能,あるいはアプリケーションおよびプリンタ・ドライバでも指定することができないプリンタ機能 (たとえば,用紙のタイプ) については,ファイルを送信する前に,印刷を行うプリンタの物理設定が必要とする設定となっていることを確認してください。そうでない場合は,上記の 1 および 2 の項目に示す理由のため,ファイルを再度作成する必要があります。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項