日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS

リリース・ノート


2006 年 7 月

本書では,日本語DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS の制限事項,使用方法に関するヒント,その他有用な情報について説明します。

ソフトウェア・バージョン: 日本語HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS, V2.5
   
オペレーティング・システム: 日本語OpenVMS Alpha V6.2, V7.3-2, V8.2
  日本語OpenVMS I64 V8.2, V8.2-1
  日本語OpenVMS VAX V5.5-2, V6.2, V7.3


2006 年 7 月

© 2006 Hewlett-Packard Development Company, L.P.

Microsoft および Windows は米国 Microsoft 社の商標です。

このドキュメントに記載されているその他の会社名および製品名は,各社の商標または登録商標です。

次へ 目次




まえがき



本書の対象読者

このドキュメントでは,本バージョンの日本語 DECprint Supervisor における新機能,問題点の修正,使用上のヒント,制限事項,およびその他の情報について説明します。このドキュメントは, DCPS をインストールするシステム管理者,および実際に使用する一般ユーザを対象としています。

本書の構成

本書の構成は以下のとおりです。

  • 第 1 章 , DCPS の英語版と日本語版の関係について説明しています。

  • 第 2 章 ,日本語版 DCPS V2.5 の新機能および変更点について説明しています。

  • 第 3 章 ,英語版 DCPS V2.5 における変更点について説明しています。

  • 第 4 章 , DCPS で特定のプリンタを使用する場合の注意事項について説明します。

  • 第 5 章 ,日本語 DCPS V2.5 の制限事項について説明します。

  • 第 6 章 ,英語版 DCPS V2.5 の制限事項について説明します。

  • 第 7 章 , DCPS に影響を与えることが判明している OpenVMS オペレーティング・システムの問題について説明します。

  • 付録 A , IP プリンタを設定する際に使用されるポート番号を示します。



関連資料

DCPS については次のドキュメントを参照してください。

表 1 日本語 DECprint Supervisorドキュメント
『リリース・ノート』 DCPS の使用上の注意事項について説明しています。
『インストレーション・ガイド』 DCPS のインストール方法について説明しています。
『システム管理者ガイド』 システム管理者,データセンタ・オペレータ,アプリケーション・プログラマが, DCPS プリント・キューをどのように作成/管理し,印刷に関する問題を解決するかを説明します。
『ユーザーズ・ガイド』 DCPS を使用して PostScript プリンタに印刷する方法について説明しています。
『ソフトウェア仕様書 (SPD 48.27.xx) 』 DCPS がサポートするプリンタの一覧, DCPS V2.5 の機能と動作環境について説明しています。

HP OpenVMS の製品およびサービス情報については,下記のURLの Web サイトを参照してください。


//www.hpe.com/jp/openvms (日本語) 
http://www.hp.com/go/openvms/ (英語) 



本書の表記法

このドキュメントでは以下の表記法を使用します。

表記法 意味
Ctrl/ x Ctrl/ x という表記は,Ctrl キーを押しながら別のキーまたはポインティング・デバイス・ボタンを押すことを示します。
[Return] 例の中で,キー名が四角で囲まれている場合には,キーボード上でそのキーを押すことを示します。テキストの中では,キー名は四角で囲まれていません。

HTML 形式のドキュメントでは,キー名は四角ではなく,括弧で囲まれています。

... 例の中の水平方向の反復記号は,次のいずれかを示します。

  • 文中のオプションの引数が省略されている。

  • 前出の 1 つまたは複数の項目を繰り返すことができる。

  • パラメータや値などの情報をさらに入力できる。

.
.
.
垂直方向の反復記号は,コードの例やコマンド形式の中の項目が省略されていることを示します。このように項目が省略されるのは,その項目が説明している内容にとって重要ではないからです。
( ) コマンドの形式の説明において,括弧は,複数のオプションを選択した場合に,選択したオプションを括弧で囲まなければならないことを示しています。
[ ] コマンドの形式の説明において,大括弧で囲まれた要素は任意のオプションです。オプションをすべて選択しても,いずれか 1 つを選択しても,あるいは 1 つも選択しなくても構いません。ただし, OpenVMS ファイル指定のディレクトリ名の構文や,割り当て文の部分文字列指定の構文の中では,大括弧に囲まれた要素は省略できません。
[|] コマンド形式の説明では,括弧内の要素を分けている垂直棒線はオプションを 1 つまたは複数選択するか,または何も選択しないことを意味します。
{ } コマンドの形式の説明において,中括弧で囲まれた要素は必須オプションです。いずれか1のオプションを指定しなければなりません。
太字 太字のテキストは,新しい用語,引数,属性,条件を示しています。
italic text イタリック体のテキストは,重要な情報を示します。また,システム・メッセージ ( たとえば内部エラー number),コマンド・ライン ( たとえば /PRODUCER= name),コマンド・パラメータ ( たとえば device-name) などの変数を示す場合にも使用されます。
UPPERCASE TEXT 英大文字のテキストは,コマンド,ルーチン名,ファイル名,ファイル保護コード名,システム特権の短縮形を示します。
Monospace type モノスペース・タイプの文字は,コード例および会話型の画面表示を示します。

C プログラミング言語では,テキスト中のモノスペース・タイプの文字は,キーワード,別々にコンパイルされた外部関数およびファイルの名前,構文の要約,または例に示される変数または識別子への参照などを示します。

-- コマンド形式の記述の最後,コマンド・ライン,コード・ラインにおいて,ハイフンは,要求に対する引数がその後の行に続くことを示します。
数字 特に明記しない限り,本文中の数字はすべて 10 進数です。10 進数以外 (2 進数,8 進数,16 進数) は,その旨を明記してあります。




第 1 章
英語版 DCPS と日本語 DCPS との対応

日本語 DECprint Supervisor V2.4 for OpenVMS は,英語版 DECprint Supervisor V2.4 for OpenVMS を日本語用に拡張した製品です。本製品によって,さまざまな日本語 PostScript プリンタがサポートされます。

なお,英語版 DECprint Supervisor V2.4 は,現時点では日本でサポートされていないプリンタ製品もサポートしています。日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS ではそれらのプリンタをサポートするための機能を削除してはいませんが,それらの機能に対する弊社からのサポートは受けられません。また,日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS には,HP PCL トランスレータなど,日本語に対応していないコンポーネントもそのまま含まれています。今後,サポートされるプリンタ製品および日本語機能が追加された場合には,その時点の『ソフトウェア仕様書』および『リリース・ノート』に記述します。




第 2 章
日本語 DCPS V2.5 について

この章では,日本語 DCPS V2.5 で変更された機能について概要を説明します。いくつかの変更点については,本書の別の箇所でも詳しく説明しています。

日本語 DCPS V2.5 は英語版 DCPS V2.5をもとに開発されており,英語版 V2.5 の機能に加えて,日本語機能の拡張が行なわれてます。

英語版 DCPS V2.5の機能変更については, 第 3 章 を参照してください。

2.1 新しいプリンタのサポート

日本語 DCPS V2.5 では,新たに次のプリンタがサポートされます。

  • HP LaserJet 4240

  • HP LaserJet 5200

  • HP Color LaserJet 4700

  • RICOH IPSiO NX860e

  • RICOH IPSiO CX8800

注意

HP LaserJet プリンタまたは HP Color LaserJet プリンタで日本語を印字するためには,日本語 PostScript フォントを提供する別売のコンパクト・フラッシュ・メモリ・カードが必要になります。詳細は 第 5.1 節 を参照してください。



2.2 日本語DCPS V2.5 で修正された問題点

日本語 DCPS V2.5 では,次の問題点が修正されています。

  • HP LaserJet OCR-B フォント指定時の印刷エラー
    HP LaserJet OCR-B フォント指定時に印刷できない問題 (文字化け,異常終了) が修正されています。



2.3 日本語 DCPS V2.5 に含まれない機能

次の機能は,日本語 DCPS V2.5 では提供しません。

  • セパレータ・ページへの日本語ファイル名の印刷

  • パンチ機能のサポート



2.4 対応ソフトウエア

日本語 DCPS V2.5は下記のソフトウェアバージョンに対応します。

  • オペレーティングシステム

    • 日本語OpenVMS Alpha V6.2, V7.3-2, V8.2

    • 日本語OpenVMS I64 V8.2,V8.2-1

    • 日本語OpenVMS VAX V5.5-2, V6.2, V7.3

  • 日本語PrintServer構成の場合:
    日本語PrintServerソフトウェア V5.0 以降と,次のいずれかのソフトウエア:

    • HP DECnet for OpenVMS

    • HP DECnet-Plus for OpenVMS

    • HP TCP/IP Services for HP OpenVMS

    • Process Software MultiNet for OpenVMS3

    • Process Software TCPware for OpenVMS3

  • TCP/IP構成の場合:
    次のいずれかのTCP/IPソフトウエア

    • HP TCP/IP Services for HP OpenVMS

    • Process Software MultiNet for OpenVMS3

    • Process Software TCPware for OpenVMS3

  • AppleTalk構成の場合:

    • PATHWORKS for OpenVMS (Macintosh) V1.3 以降 (AlphaおよびVAX)

各ソフトウェアのサポート・バージョンについては次の表を参照してください。

OpenVMS TCP/IP Services DECnet DECnet-Plus
Alpha V6.2 V4.2 V6.2 V6.3
Alpha V7.3-2 V5.4 V7.3-2 V7.3-2
Alpha V8.2 V5.5 V8.2 V8.2
I64 V8.2 V5.5 V8.2 V8.2
I64 V8.2-1 V5.5 V8.2-1 V8.2-1
VAX V5.5-2 V4.0 V5.5-2 --
VAX V6.2 V4.2 V6.2 V6.3
VAX V7.3 V5.3 V7.3 V7.3

注意

3 MultiNet for OpenVMS および TCPware for OpenVMS は,米国 Process Software 社の製品です。



2.5 日本語ドキュメント

日本語 DCPS V2.5 では以下のドキュメントを改訂しています。

  • 『ソフトウェア仕様書』(SPD)

  • 『リリース・ノート』

  • 『インストレーション・ガイド』

  • 『ユーザーズ・ガイド』

  • 『システム管理者ガイド』

  • オンライン・ヘルプ

本リリースでは,以下のドキュメントについては改訂していません。前バージョンのものがそのままご利用いただけます。

  • 『日本語トランスレータ・リファレンス・マニュアル』




第 3 章
英語版 DCPS Version 2.5 について

ここでは, DCPS V2.5 における変更点について説明します。これらの変更点のいくつかは本書の別の章でも説明していますので適宜参照してください。

3.1 DCPS V2.5 の変更点



3.1.1 新しいプリンタのサポート

DCPS V2.5 では新たに以下のプリンタをサポートします。

HP Color LaserJet 3000
HP Color LaserJet 3800
HP Color LaserJet 4610
HP Color LaserJet 4700
HP Color LaserJet 4730 MFP
HP LaserJet 1300
HP LaserJet 1320
HP LaserJet 4240
HP LaserJet 5200
Xerox DocuPrint N4525


3.1.2 LPD サポートの拡張

DCPS でリモートの LPD キューをサポートようになり, LPD サポート・プリンタと動作するようになりました。

3.1.2.1 スプール機能の概要

リモートの LPD キューおよび多くの LPD プリンタは,実際にジョブが送信される前にジョブのサイズを認識しておく必要があります。本リリースでは,サイズを判断できるように DCPS が一時スプール・ファイルを作成できるようになりました。ただし,デフォルトでは DCPS の LPD ジョブは V2.4 以前と同じ動作をするため, LPD ジョブをリモートの LPD キューあるいは LPD プリンタへ送信するために特別な操作が必要になります。論理名を定義することにより,システム全体に対してスプールを指定することも個々のキューに対して指定することも可能です。

スプール機能を使用するためには一時的なスプール・ファイルを作成するための特別な処理を必要とするため,プリンタで必要とする場合のみスプール機能を有効にしてください。一般的には,以下のような場合にスプール機能を利用します。

  • 別のシステム上のリモート LPD キューに印刷する場合。

  • スプール機能なしで DCPS LPD を使用するとプリンタが何も印刷しない場合。

  • プリンタに大規模なマルチ機能オプションを追加しており,スプール機能なしで Raw TCP プロトコルあるいは LPD プロトコルを使用たときに DCPS がそれらの装置をサポートしない場合 (オプション装置によっては,後続の印刷ジョブを受け取るための独自の内部キューを持っているものがあります)。



3.1.2.2 スプール機能の有効化

スプール機能を有効にするには,以下のいずれかの論理名を定義してください。デフォルトではどちらも定義されていません。

  • DCPS$SPOOL
    この論理名を定義すると,すべてのキューからのすべての LPD ジョブがプリンタあるいはリモート・キューに送られる前に,一時的なスプール・ファイルが作成されます。

  • DCPS$queue-name_SPOOL
    この論理名を定義すると,指定したキューからの LPD ジョブがプリンタあるいはリモート・キューに送られる前に,一時的なスプール・ファイルが作成されます。

一時的なスプール・ファイルを作成する場所を指定するには,次の論理名を使用します。この論理名は常に定義されています。

  • DCPS$SPOOL_DIRECTORY
    指定したディレクトリにスプール・ファイルが作成され,ジョブがプリンタあるいはリモート・キューに送られた後にスプール・ファイルが削除されます。上記のいずれかの論理名でスプール機能が有効になっていないと,プリント・ジョブはスプールされません。
    DCPS のインストール時に DCPS スプール・ディレクトリの場所が定義されていない場合は,インストール時にプロンプトが表示されます。デフォルトのスプール・ディレクトリは SYS$COMMON:[DCPS$SPOOL] ですが,スプールが有効になっているすべてのキューに利用可能な,システム・ディスク以外のディレクトリを指定する必要があります。このディレクトリは, DCPS プリント・シンビオント・プロセスと特権ユーザだけがスプール・ファイルを参照できるように保護されます。


次へ 目次



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項