日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS | HPE 日本

日本語HP DECprint Supervisor (DCPS) for OpenVMS
リリース・ノート


前へ 次へ 目次




3.1.2.3 スプール・エラー

スプール機能に関する次のようなエラーメッセージがあります。

表 3-1 スプール・ファイル・エラー・メッセージ
エラー・メッセージ 説明
SPOOLBADDEVICE DCPS$SPOOL_DIRECTORY デバイス名にエラーがある
SPOOLBADDIR DCPS$SPOOL_DIRECTORY ディレクトリが見つからない
SPOOLERROR DCPS$SPOOL_DIRECTORYでスプール・ファイル作成時にエラー発生
SPOOLFILENOOPEN スプール・ファイルのオープン・エラー
SPOOLNOLOGICAL 論理名DCPS$SPOOL_DIRECTORYが定義されていない
SPOOLNOPRIV DCPS$SPOOL_DIRECTORYへの書き込み特権がない
SPOOLNOWRITE DCPS$SPOOL_DIRECTORYデバイスが書き込み保護されている



3.1.3 インストレーション・プロシージャの改善

POLYCENTER Software Installation Utility (PCSI) で DCPS V2.4 をインストールする際,インストレーションを進める前にクラスタ内のすべての DCPS キューを停止させる必要がありました。本バージョンでは,インストレーションに影響を与えるキューのみ停止するというオプションを選択できるよう,インストレーション・プロシージャが変更されています。

3.1.4 フラグ・ページの改善

DCPS のセパレータ・ページの右下にはプリンタについての情報,すなわち製品名,および,もし異なる場合はプリンタ名を表示します (製品名はカスタマイズできませんが各プリンタのプリンタ名は変更できます)。

本リリースから,製品名と区別できるようにプリンタ名を括弧で囲って表示するように変更されました。

3.2 DCPS V2.5 での修正

以下の問題がDCPS V 2.5 で修正されています。

3.2.1 プリンタ・キューの開始とジョブの削除に関する問題

DCPS V2.3 および V2.4 では, Raw TCP ジョブが Starting 状態にある場合に以下のような問題が発生することがありました。

  • DELETE /ENTRY コマンドでジョブを中断した場合に DCPS がそのジョブを削除するのに時間がかる。

  • STOP /QUEUE /RESET コマンドでキューを停止した場合,このキューあるいは他のキューを起動した時に次のようなエラーで失敗する場合がある。


        %DCPS-F-STREAMUSE, Request 4 for Stream Id n ignored. 
        Not consistent with symbiont state 
    

開始した starting 状態のジョブは削除要求ですぐに停止されるようになり,キューの停止が原因でその後のキューの開始時に STREAMUSE エラーが発生することもなくなりました。

3.2.2 トレイ選択時のジョブの失敗

DCPS V2.4 では,INPUT_TRAY パラメータでトレイを指定すると, INTRAYNOTAVL エラー・メッセージを出力してジョブが失敗することがありました。たとえば, /PARAMETERS=INPUT_TRAY=TRAY_2 を指定して HP LaserJet 8150 プリンタに出力する場合に,次のようなエラー・メッセージを出力する場合があります。


    %DCPS-E-INTRAYNOTAVL, No tray_2 tray is installed on HP LaserJet 8150 
    -DCPS-I-JOB_ID, for job MYJOB (queue HP8150_RAW, entry 245) on HP8150_RAW 
 
    %DCPS-E-FLUSHING, Rest of Job (to EOJ) will be ignored 
    -DCPS-I-JOB_ID, for job MYJOB (queue HP8150_RAW, entry 245) on HP8150_RAW 

この問題は次のプリンタでトレイを選択した場合に発生します。

HP LaserJet 2100
HP LaserJet 2200
HP LaserJet 8000
HP LaserJet 8100
HP LaserJet 8150


3.2.3 ホチキス止めエラー

LaserJet 9000 プリンタでデフォルトでホチキス留めを行うように設定した場合, DCPS STAPLE=NONE パラメータが機能せず DCPS ジョブは常にホチキス留めを行っていました。本リリースでは,STAPLE=NONE を指定することによりそのプリンタのデフォルトのホチキス留め設定を変更すると,ホチキス留めを行わない正しいジョブを発行するようになりました。

この問題は,他のプリンタに関してはDCPS V2.4 で修正されていますが, LaserJet 9000 に関しては問題が残っていました。

3.2.4 PostScript エラーで LPD ジョブが失敗する問題

LPD キューに対して論理名 DCPS$queue-name_PRODUCT_NAME が定義されていない場合,プリント・ジョブが PostScript の"checkconfiguration"エラーで失敗する場合がありました。 PostScriptエラーの報告が有効になっていないプリンタでは, LPD ジョブでどのような PostScript エラーが発生しても,何もエラーを表示せずにジョブが失敗していました。

本リリースでは, この論理名が定義されていないと DCPS はそのプリンタを認識できない "unrecognized" プリンタと判断し,このエラーでジョブは失敗しません。

3.2.5 キットからの AppleTalk ファイルの欠落

OpenVMS Alpha および VAX 用の DCPS V2.4 PCSI キットから AppleTalk ファイル DCPS$BE_APPLETALK.EXE が間違って削除されていました。 DCPS V2.5 のキットにはこのファイルが含まれています。

3.2.6 Integrity サーバの性能

OpenVMS I64 で実行する場合,DCPS V2.4 シンビオント・プロセスが印刷時に厖大な CPU 時間を消費することがありました。 DCPS V2.5 では,性能が大幅に改善されています。

3.2.7 起動時の間違った OLDSETUP メッセージ

"setup" モードで DCPS を起動する場合,スタートアップ・コマンド・プロシージャがセットアップ・ファイルよりも新しいことを示す間違ったメッセージを受け取る場合がありました。セットアップ・ファイルが作成された後にスタートアップ・ファイルが変更されていなくても,次のようなメッセージが表示されることがありました。


    %DCPS-W-OLDSETUP, setup file older than startup file 

この結果,新しいセットアップ・ファイルが作成され, DCPS$STARTU でキューを起動するコマンドが実行されていました。すべてのキューは正しく起動されていましたが,そのセットアップ・ファイルの情報を使用した望ましい動作と比べると,起動に時間がかかっていました。本リリースでは,正しく処理されるようになりました。




第 4 章
プリンタ固有の情報

この章では,特定のプリンタに対して適用される DCPS の使用方法について説明します。なお,『 DCPS システム管理者ガイド』および『 DCPS ユーザーズ・ガイド』にもプリンタ固有の情報が含まれてますので適宜参照してください。

4.1 プリンタのファームウェア

HP 製プリンタの場合,ファームウェアのバージョンは,そのプリンタの Web ページあるいは WebJetAdmin プリンタ管理ユーティリティの configuration page に "Firmware Datecode" として表示されます。

プリンタのファームウェアに関する情報とプリンタへのダウンロード手順は, HP のWeb ページ(http://www.hp.com/jp/)から入手できます。 プリンタのリンクをクリックした後, サポート&ドライバをクリックしてください。

4.1.1 プリンタのサービス・エラー

HP 製プリンタで PostScript ファイルを印刷する際に, 49.4C02 サービス・エラーが発生する場合があります。この問題は,プリンタのファームウェアで修正されています。 表 4-1 に,この問題が発生するプリンタと問題を修正するためのファームウェア・バージョンを示します。

表 4-1 ファームウェアによるサービスエラーの修正
プリンタ ファームウェア・バージョン
HP Color LaserJet 4650 20050524 07.003.3
HP Color LaserJet 5550 20050524 07.007.3
HP LaserJet 4250 20050831 08.009.3
HP LaserJet 4350 20050831 08.009.3
HP LaserJet 9050 20050617 08.102.2
HP LaserJet 9055 MFP 20050601 07.004.0
HP LaserJet 9065 MFP 20050601 07.004.0



4.1.2 キューの起動に関する問題

いくつかの HP プリンタは,ジョブの最初の DCPS 同期要求に応答しません。このため,これらのプリンタのキューを起動する前に,プリンタのファームウェアを 表 4-2 に示すバージョンにアップグレードするか,あるいは論理名 DCPS$queuename_NO_SYNC を定義しておく必要があります。この処理を行っていないと,DCPS ジョブは開始されません。詳細は,本書の 第 6.3 節 ,あるいは『 DCPS システム管理者ガイド』を参照してください。

また,プリンタのパーソナリティ設定は PS (PostScript) に設定することをお勧めします。ただし,プリンタのパーソナリティを PS (PostScript) に設定するだけではこれらのプリンタの問題は解決できません。

この問題は,以下のバージョンのプリンタ・ファームウェアで解決されます。

表 4-2 推奨される最小ファームウェア・バージョン
Printer Firmware
HP Color LaserJet 5500 20030605 04.016.2
HP LaserJet 2300 20030530 04.047.2
HP LaserJet 4200 20030530 04.016.1
HP LaserJet 4300 20030530 04.016.1

なお,HP Color LaserJet 2500 プリンタにはこの制限事項が残っています。




第 5 章
日本語 DCPS の使用上の注意事項および制限事項

この章では,日本語版のDECprint Supervisor に固有の注意事項および制限事項について説明します。

5.1 HP LaserJet プリンタにおける日本語ファイルの出力に関する注意事項

HP LaserJet および HP Color LaserJet プリンタで日本語を含んだデータ (テキストあるいは PostScript) を印刷するには,日本語 PostScript フォントをプリンタにインストールする必要があります (日本語PCLフォントでは印刷できません)。

LaserJet の日本語 PostScript フォントは,プリンタの機種ごとに別売のメモリ・モジュール (DIMM) またはコンパクト・フラッシュ・メモリ・カードで提供されています。

注文番号や購入方法など,詳細は弊社営業担当までお問い合わせください。

5.1.1 LaserJetプリンタでの日本語出力に関する制限事項

日本語フォントをインストールした LaserJet プリンタには次の制限事項があります。

  • 縦書きフォントはサポートされません。

  • Shift JIS (RKSJ)エンコーディングの PostScript フォントは提供されていないため,正しく出力できません。

  • 日本語フォントを使用した場合,ページ範囲を指定した印刷はサポートされません。



5.2 A4用紙にランドスケープ・モードで印刷する場合

日本語 DECprint Supervisor V1.2 以前のANSIトランスレータは, A4用紙へのランドスケープ・モードで66行出力する場合に次のような問題がありました。

サポートされているプリンタの中には, A4用紙への印刷可能領域が平均的な印刷領域よりも少し狭いものがあります。このようなプリンタでプリント・パラメータが PAGE_SIZE=A4, PAGE_ORIENTATION=LANDSCAPE に設定されていると,印刷時に66行目の内容が失われてしまったり,切れてしまう場合があります。

日本語 DECprint Supervisor V1.2 以降に添付される ANSIトランスレータは, A4用紙へのランドスケープ・モードでの印刷で66行目も正しく出力します。これを行うために,ANSI トランスレータが使用するフォント(SGR 15)の縦方向のスペーシングが変更され, A4用紙の最大印刷可能領域の値が修正されています。

従来のトランスレータの出力結果の方を使いたい場合,DCPSキュー論理名を次の例のように定義します。


$ DEFINE/SYSTEM  DCPS$<queue-name>_OLD_ANSI_PAGE_SIZES TRUE 

なお,漢字 ANSI トランスレータに対しては,この修正は行なわれていません。漢字トランスレータ使用時に 66行目が正常に印刷されない場合は, FULL_A4_LANDSCAPE のレイアップ定義ファイルを使用して印刷してください。

5.3 半角英数字フォント

Ryumin-Light.Roman および GothicBBB-Medium.Roman などの日本語フォントには,JISローマ字セット以外の文字は含まれていません。このため,装置制御ライブラリ DCPS$DEVCTL.TLB の拡張された findfont オペレータで,これらのフォントに対してISOLatin1 および DEC マルチナショナル文字セットを使用することはできません。

5.4 テキスト・トランスレータ

  1. フォーム定義
    漢字LN05の標準設定では,フォーム・データ用のメモリは 16 ページあわせて 64 Kバイトとなっています。この値は,グラフィック・オプションなどの使用で増やすことができます。トランスレータによるフォーム・オーバーレイでは,1 ページあたり 64 Kバイトまでのフォーム・データを登録することができます。1 ページあたり 64 Kバイトを越えるフォーム・データを登録しようとすると,DECLKF シーケンスそのものが無効になります。PRINT コマンドでマルチファイル指定をした場合,あるファイル内で登録したフォーム・データを他のファイルで使用することはできません。複数のファイルで共通のフォームを使用したい場合は,フォーム・データをセットアップ・モジュールとして登録し,そのモジュールをPRINTコマンドの /SETUP修飾子で指定してください。

  2. 複数ファイルの印刷
    複数ファイルを1つのプリント・ジョブで印刷する場合,各ファイルの先頭で初期設定が行われます。このため,あるファイルの中で行った設定を,次のファイルで利用することはできません。このようなときは,セットアップ・モジュールに必要なエスケープ・シーケンスを登録しておくことにより,各ファイルの初期状態を制御することができます。

  3. LN82R での外字と斜体(イタリック)属性の混在
    LN82R に印刷されるファイルに外字が含まれ,かつイタリック属性が漢字に対して指定されると,PostScript の FATAL エラーになる場合があります。この場合,プリント・キューを停止し,キューからジョブを削除し,プリンタの電源を入れ直してください。

  4. テキスト・トランスレータの性能
    テキスト・トランスレータで日本語文書を印刷する場合,必ずしもプリンタ・ハードウェアの最高速度では印刷できません。白黒反転や網かけ,倍角文字,縦書き,外字があるとき,および 1 バイト文字と 2 バイト文字が頻繁に交互に現われるような場合には,印刷速度はさらに遅くなります。

  5. テキスト・トランスレータの外字と内蔵フォント
    日本語 PostScript プリンタの内蔵漢字フォントは,PostScript のアウトライン・フォントです。外字は日本語 VMS の FEDIT ユーティリティ,または CHARACTER_MANAGER ユーティリティで作成することができますが,このフォントは,40 ドット× 40 ドットまたは 32 ドット× 32 ドットのビットマップ・フォントです。したがって,外字の倍角文字は内蔵フォントの倍角文字に比べて,印字品質が劣ります (ギザギザが見えます) 。

  6. 罫線文字
    テキスト・トランスレータで使用している罫線文字は,文字間隔/行間隔が文字サイズに比べてかなり大きいときにはつながりません。
    また,この罫線は PostScript フォントを使用して表示しているため,表示される位置やサイズによっては装置上で 1 ピクセル程度のずれを生じることがあり,結果として,罫線が一直線にならない場合があります。

  7. SIXEL と文字の重ね合わせ
    SIXEL とテキストを座標指定 (VPA,HPA など) で位置を指定して,同じページ上で重ね合わせるとき,印刷可能領域上端付近 (通常トップ・マージンの位置) の座標を指定した場合,結果として表示される文字や SIXEL の縦方向 (Y座標) の位置が LN03/漢字LN03 とテキスト・トランスレータでは異なります。SIXEL では,どちらも通常は SIXEL の上端の座標が,指定されたY座標から 70 ピクセル上になるように表示しますが, LN03/漢字LN03 では,この表示方法を取ったときに SIXEL が印刷可能領域上端を超える場合には,SIXEL の上端の座標が,印刷可能領域上端になるように位置を下げて表示します。このため,印刷可能領域上端付近の座標を指定して文字と SIXEL を重ねた場合に,LN03/漢字LN03 とテキスト・トランスレータの出力を比べると,LN03/漢字LN03 の SIXEL はテキスト・トランスレータよりもやや下にずれます。印刷可能領域上端から離れた位置を指定した場合には,両者に違いは見られません。

  8. テキスト・トランスレータのプロローグ処理
    テキスト・トランスレータは,印刷ジョブの開始時に,大量の PostScript プロローグ処理 (初期設定) を行います。この処理は印刷ジョブの内容によらず常に同じなので,初めからプリンタに常駐させておけば,ジョブの最初の 1 ページが出力されるまでの時間を短縮することができます。デフォルトでは,プロローグを常駐させることにしていますが,このことはテキスト・トランスレータ以外の印刷ジョブにとっては,利用できる PostScript VM (Virtual Memory) が減少していることを意味します。弊社では,PostScript アプリケーションが VM を 400KB 以上使わないようにお勧めしますが,もしもこの制限を守っていないソフトウェアがあると,PrintServerプリンタでは VM が足りないというエラーで実行できなくなる場合があります。PrintServerプリンタとシリアル・プリンタではプロローグを常駐させる処理が異なります。

    • 日本語DEC PrintServer サポーティング・ホスト・ソフトウェア V4.2 または日本語 PrintServer Software V5.0, V5.1 を使用している場合
      このサポーティング・ホスト・ソフトウェアを使ってブートされた PrintServer では, DCPS と互換性のあるプロローグが常駐しているので,特別に処理をする必要はありません。また,このサポーティング・ホストでは,プロローグは必ず常駐していなければなりません。

    • PostScript シリアル・プリンタの場合
      PostScript シリアル・プリンタでは,プリンタの電源投入後の最初のプリント・ジョブで,プロローグが常駐しているかどうかをチェックし,していなければダウンロードします。この時,PostScript パスワードがプリンタ出荷時の設定になっていない場合 (LN82R では 0 でない場合),プロローグは常駐されません。つまり, PostScript パスワードをデフォルト以外の値に設定することによって,常駐をやめることができます。

  9. PostScript フォント UniqueID
    テキスト・トランスレータでは,使用する PostScript フォントに対して, UniqueID を指定しています。3658490 から 4194312 の UniqueID は他の PostScript アプリケーションでは使用しないでください。

  10. 半角ローマ字フォントの制限
    PrintServerでは,内蔵 PostScript フォントの Ryumin-Light.Roman および GothicBBB-Medium.Roman の半角ローマ字フォントは,JIS ローマ字以外の文字セットをサポートしません。このため,テキスト・トランスレータでは明朝体半角ローマ字フォントを PostScript Courierフォントで代用しています。
    ゴシック体半角ローマ字は PostScript の半角ローマ字を使用しているため, JISローマ字または ASCII 文字セット以外の文字セットを指定した場合,存在しない文字は空白 (スペース) 文字で置き換えられます。

  11. SETUPモジュールでの印刷
    ANSI(ASCII),KANJI,KANJI78 または LA_KANJI データ・タイプの SETUP モジュールを作成し,その中で文字を印刷することができますが,この文字を PRINT コマンドで指定したファイルの先頭ページに印刷することはできません。SETUP モジュールの中で印刷した場合には,PRINT コマンドのファイルを印刷する前に改ページが行われます。 ANSI(ASCII),KANJI,KANJI78 または LA_KANJI データ・タイプで SETUP モジュールを作成し,その中でフォント・ローディング命令またはピッチ指定命令を使用したときには,空白 (スペース) 文字を含む実際の文字の印刷を SETUP モジュールの中で行うことはできません。

  12. DECVPFS とマージン
    可変ページ・フォーマット選択命令 (DECVPFS) でページ・オリエンテーションを変更する場合,オリエンテーション変更後のページ・マージン (上下マージン,左右マージン) も同時に指定してください。
    マージンを新たに指定しない場合,従来のマージンの値が採用され,シートの外にマージンが設定された状態になることがあります。

  13. DECVERP,DECSHORPのパラメータPs=0
    漢字LN05とテキスト・トランスレータの8ポイント・フォントの高さは,それぞれ 768 centipoint と 922 centipoint として定義されています。このため,フォントの高さをもとに位置を制御する命令を使うと,出力結果が異なってしまいます。これを避けるため,行ピッチの指定はSPIなどで明示的に行うようにしてください。また,8ポイント・フォントを使っていないファイルでも GSM (文字サイズ指定命令)の後に,DECVERP,DECSHORPのパラメータで0を指定すると,漢字LN05とテキスト・トランスレータで行ピッチ/文字ピッチの違いが生じることがあります。この場合もSPIなどで行ピッチ/文字ピッチを明示的に指定する事により,同様に互換性を保つことができます。

  14. A4 ページ・サイズでの文字ピッチ
    A4 ページ・サイズに対して,デフォルト状態での文字属性指定命令(SGR)で,Ps=10 または 11 によりフォント指定後,文字ピッチ指定命令(DECSHORP)の Ps=0 を指定した時の文字ピッチは, 10cpi でなく 10.3cpi となります。

  15. SS2 と SS3
    SS2 または SS3 に続いてコントロール・コードがあった時の処理が,LN05 などと異なる場合があります。 SS2 または SS3 は,対象となる文字コードの直前に入れるようにしてください。

  16. SUB
    SUB コードが漢字コードの 1/2 バイト間に割り込んだ場合の処理が,LN05 などと異なります。LN05 では SUB コードを漢字の 2 バイト目とみなして全角のリバース・クエスチョンを出力しますが,テキスト・トランスレータは SUB コードを先に処理するため,漢字は正常に出力されます。

  17. DEC DUTCH と DEC FRENCH
    DEC DUTCH 文字セットの 4/0 と 7/11 および DEC FRENCH 文字セットの 7/14 は,マニュアルの記述と違う文字が出力されます。

  18. PLD と PLU
    下線,上線,二重下線は,PLD,PLU を行っても移動しません。

  19. 垂直タブ
    VT によって次の垂直タブ位置まで移動する場合,行間隔が狭すぎるとさらに次の垂直タブ位置まで移動することがあります。このときには,行間隔をひろげるか,または今より小さいフォントを使うことにより,所要のタブ位置に移動することができます。

  20. DECVERP と垂直タブ位置
    DECVERP (行ピッチ選択命令) を行った場合,垂直タブはホーム・ポジションを基準とした位置にすべて再設定されます。このため,最初の VT による垂直方向の移動量は,現在の位置によって変化しますが,次の VT からは DECVERP によって設定された行ピッチと等しくなります。

  21. DECDHLT と DECDWL の組み合せ
    LA_KANJI データ・タイプで,DECDHLT (行拡大命令・4倍角)がすでに有効となっている行でDECDWL (行拡大命令・横倍角) を指定した場合,DECDWL は無視されます。同じ行のなかで行拡大命令を組み合わせることは避けてください。

  22. DECSTBM と DECVERP
    LA_KANJI データ・タイプでは,DECSTBM (上下マージン設定命令) で設定されたマージンはDECVERP (行ピッチ選択命令)ではクリアされません。この場合,DECSTBM によってマージンを再設定してください。

  23. SHS と DECSHORP または GSM と DECSHORP
    SHS (水平ピッチ選択命令) と DECSHORP (水平ピッチ選択命令) の組み合わせ,または GSM (文字サイズ指定命令) と DECSHORP の組み合わせで,水平タブ位置が LN05 などと合わないことがあります。この場合,水平タブのかわりにスペースを使うことにより,同じ出力を得ることができます。

  24. JFY
    JFY (行揃え) をオフに設定した行は,その 1 行すべてが行揃えされなくなります。

  25. DECVERP と DECSLPP
    DECVERP (行ピッチ選択命令) によって行ピッチが指定されていた場合,DECSLPP (用紙長設定命令) で設定した行数より 1 行早く改ページする場合があります。このときには,行間隔をひろげるか,または今より小さいフォントを使うことにより,指定した行数で改ページするようになります。

  26. DECVERP による縦倍角のクリア
    LA_KANJI データ・タイプでは,GSM(文字サイズ変更命令)による縦倍角指定は, DECVERP (行ピッチ選択命令)によって解除されます。

  27. ファイルの先頭にある改ページまたは改行+改ページ
    テキスト・ファイルの先頭が,改ページ・コードまたは改行+改ページで始まる場合,漢字LN03に比べて余分な白紙が1枚多く出力されることがあります。このようなときは,先頭の不要な改ページ・コードを取り除くか,またはファイル・フォーマットを stream_LFに変更することにより,漢字LN03と同様な動きになります。

  28. DEClaser2400 (漢字LN10) との違い
    DEClaser 2400 で提供されている以下の機能は,テキスト・トランスレータでは利用できません。

    • 漢字アウトライン・フォント・オプションによる,フォントのスケーリング

  29. 文字属性
    文字属性にアンダーライン,二重アンダーライン,抹消ライン,反転,または網かけが設定されている場合,文字ピッチの設定およびそのときに使用される文字フォントの組み合せによっては漢字と英数字との間で文字属性に 1 ピクセル程度のずれを生じることがあります。


前へ 次へ 目次



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項