; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS<!--#include virtual="/comm/include/company_name_title.inc" -->

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
システム管理者ガイド


前へ 次へ 目次 索引




5.8 キューの起動

STOP /QUEUEコマンドを使用して一時停止したプリント・キューを再起動するには, START /QUEUEコマンドを使用します。 DCPS$STARTUP.COMでプリント・キューを変更した場合には, 第 3.7 節 の説明に従って,DCPS$STARTUP.COMファイルを実行することにより,キューを再起動しなければなりません。

たとえば,プリント・キューPS40$A15を再起動するには,次のコマンドを使用します。


$ START/QUEUE PS40$A15

キューを停止したときに印刷されていたプリント・ジョブが中断された場合には,キューを再起動することにより,そのプリント・ジョブが再起動されます。

論理名 DCPS$queuename_PID は,シンビオントの起動時に定義されます。これによりシステム管理者はどのシンビオントが特定のキューに割り当てられているかを判定することができ,特にマルチストリーム・シンビオントを使用する場合に有用です。 第 3.5.1 項 を参照してください。

注意

DCPS キューが起動する場合,キューが起動しない可能性を低くするために,シンビオントは直ちにプリンタに接続しません。これはシステムのブート時にキューを起動する際に,ブート・プロセスの遅延あるいはエラーを避けるために特に重要です。 DCPS がキューのジョブの処理を開始するまで, DCPS はプリンタの状態およびその接続状態を判定しません。



5.9 キュー属性の変更

プリント・キューの属性はSET QUEUEコマンドを使用して変更できます。このコマンドを使用してキュー属性を変更する場合には,DCPS$STARTUP.COMファイルを変更し,変更結果を永久的に設定しなければなりません。この操作を実行しなかった場合には,プリンティング・システムを再起動したときに,SET QUEUEコマンドによって設定したキュー属性は失われ,DCPS$STARTUP.COMに定義されているキュー属性が有効になります。

SET QUEUEコマンドに指定できる修飾子は 付録 A に示すとおりです。一部のプリント・キュー属性はSET QUEUEコマンドでは設定できません。

次のコマンドはPS$DRAFTキューに登録するプリント・ジョブを,1000ブロック以下のジョブに制限します。


$ SET QUEUE PS$DRAFT/BLOCK_LIMIT=1000

SET QUEUEコマンドを実行するには,特権が必要です。また,キュー名と適切な修飾子も指定しなければなりません。

5.10 キューのクローズとオープン

ユーザがプリント・ジョブをキューに登録することを禁止しなければならない場合には,SET QUEUE /CLOSEコマンドを使用してキューをクローズします。このコマンドを実行するには特権が必要であり,キュー名を指定しなければなりません。次の例を参照してください。


$ SET QUEUE /CLOSE PS$A4

このコマンドを入力した後,PS$A4キューはクローズされ,ユーザはプリント・ジョブをこのキューに登録できなくなります。ただし,キューに現在登録されているプリント・ジョブは正しく実行されます。クローズしたプリント・キューは次のコマンドを使用してオープンできます。


$ SET QUEUE /OPEN PS$A4



5.11 キューの削除

プリント・キューはDELETE /QUEUEコマンドを使用して削除できます。このコマンドを使用するには,特権が必要です。DCPS キューを削除するには,次の操作を実行します。

  1. SHOW QUEUE /FULLコマンドを使用してキューを表示することにより,削除するキューに実行中のジェネリック・キューが対応づけられていないかどうかを確認します。削除するキューにジェネリック・キューが対応づけられている場合には,最初にジェネリック・キューを削除してください。

  2. STOP /QUEUE /NEXTコマンドを使用してキューを停止します。キューを削除する前に,プリンタで印刷が停止するまで待ってください。

  3. キューに現在登録されているすべてのプリント・ジョブとそのキューに将来登録されるプリント・ジョブは,ASSIGN /MERGEコマンドを使用して別のキューに移動します ( 第 5.4.3 項 を参照)。

  4. DELETE /QUEUEコマンドを使用してキューを削除します。このコマンドに引数としてキュー名を指定してください。たとえば,次のコマンドはPS$A4キューを削除し,そのキューで待ち状態のプリント・ジョブも削除します。


    $ DELETE /QUEUE PS$A4
    

キューを永久に削除するには,DCPS$STARTUP.COMファイルも変更しなければなりません。この操作を実行しなかった場合には,プリンティング・システムを再起動するときに,削除したプリント・キューが再び定義されます。

5.12 "Stalled" 状態のキューへの応答

DECprint Supervisor が,指定された時間内にプリンタから情報を受信しなかった場合には,プリンタは "Stalled" 状態として報告されます。 "Stalled" 状態になるまでの時間切れの値を超えると,次のメッセージが表示されます。


PRINTERSTALLED, Printer printer-name is stalled 

"Stalled" 状態となる時間切れの値は次の論理名に割り当てることができます。


$ DEFINE /SYSTEM /EXECUTIVE DCPS$queuename_STALL_TIME "0 hh:mm:ss.00"

ここで hh:mm:ss.00 は,時間切れとなる時間を指定する OpneVMS のデルタ時間です。

ストール状態となる時間切れの値は4分に設定されています。この値は変更しないでください。

プリンタが "Stalled" 状態になったことを示すメッセージを受信した場合には,処置が必要かどうかを判断しなければなりません。 "Stalled" 状態を示すメッセージがネットワーク接続されたプリンタ (たとえば PrintServer プリンタ) から送信された場合には, "Stalled" 状態メッセージはおそらく,ネットワーク通信が終了してから次の通信が開始されるまで長い時間が経過したことを示す可能性が高く,したがって "Stalled" 状態を示すメッセージは無視しても構いません。

しかし, "Stalled" 状態を示すメッセージの後に他のプリンタ関連メッセージを受信した場合には,このように長い時間が経過する理由として別の理由が考えられます。プリンタで紙切れが発生したか,または紙詰まりが発生した可能性があります。したがって,プリント・キューが "Stalled" 状態となった場合には, OPCOMメッセージを調べ,プリンタの状態がその前に報告されていないかどうかを確認しなければなりません。詳細は, 第 11 章 を参照してください。

DCPS は,キューが "Stalled" 状態となった理由を示す,システム全体で有効な論理名を一時的に定義することも可能です。この論理名を調べるには,実行キューが稼動しているシステムで次のコマンドを実行します。キューが VMScluster 上にある場合は,適当なクラスタ・メンバを使用してください。


$ SHOW LOGICAL DCPS$queuename_STALLED



5.13 キュー・マネージャの停止と起動

システムでキューに関するすべての処理を停止および起動するには,キュー・マネージャを停止および起動します。システム・シャットダウン・プロシージャとスタートアップ・プロシージャはこれらの操作を自動的に実行します。キュー・マネージャを停止および起動するためのコマンドでは,特権が必要です。

キュー・マネージャは次のコマンドを使用して停止できます。


$ STOP /QUEUE /MANAGER /CLUSTER

キュー・マネージャを起動できる状態になった場合には,次のコマンドを入力してください。


$ START /QUEUE /MANAGER




第 6 章
セパレータ・ページ,ログ・ページ,エラー・ページの指定



6.1 セパレータ・ページとは何か

セパレータ・ページは,プリント・ジョブの先頭および最後に印刷される用紙です。セパレータ・ページには, 次のものがあります。

  • バースト・ページ - プリント・ジョブの先頭に印刷されます。

  • フラグ・ページ - プリント・ジョブの先頭に印刷されます。

  • トレーラ・ページ - プリント・ジョブの最後に印刷されます。

ジョブ・フラグ・ページはジョブ・バースト・ページに似ていますが,枠が印刷されません。ジョブ・トレーラ・ページはジョブ・フラグ・ページに似ていますが,上部に "END OF JOB" というメッセージとジョブに関する付加的な情報 (たとえば,どのような PRINT 修飾子が使用されたか,および何枚の用紙が印刷されたかなどの情報) が印刷されます。ファイル・セパレータ・ページは類似した形式であることで相互に区別されます。また,ジョブ・セパレータ・ページとは,ファイル固有の情報 (たとえば,ファイル指定,ファイル・サイズ,修正日付) があることによって区別されます。

各ジョブについてセパレータ・ページを有効とすることもできますし,プリント・ジョブ内の各ファイルについてセパレータ・ページを有効とすることもできます。以降の各節でその方法を説明します。

6.2 ジョブ・セパレータ・ページの有効化

ジョブのセパレータ・ページは,各プリント・ジョブを分離します。 図 6-1 にジョブ・セパレータ・ページの 1 つのタイプであるジョブ・バースト・ページを示します。

図 6-1 ジョブ・バースト・ページ


システム管理者は DCPS$STARTUP.COM ファイルを編集することでジョブ・セパレータ・ページを有効あるいは無効とすることができます。一般ユーザはこの設定を無効とすることはできません。

次に示すように,DCPS$STARTUP.COM 内の実行キュー・エントリのパラメータ 5 に /SEPARATE 修飾子を入力します。


@sys$startup:dcps$execution_queue -          
    DCPS_TTB4 -                    ! P1 - Execution queue name        
    "SERIAL/TTB4" -                ! P2 - Device name 
    DCPS_LIB -                     ! P3 - Logical name for /LIBRARY 
    "" -                           ! P4 - Default queue parameters 
    "/SEPARATE=(BURST,NOFLAG,TRAILER)"   
                                   ! P5 - Default queue qualifiers 

注意:

  • いくつかの別の OpenVMS プリント・シンビオントについてはジョブ・バースト・ページがジョブ・フラグ・ページを意味することはありますが, DCPS についてはジョブ・バースト・ページがジョブ・フラグ・ページを意味することはありません。

  • たとえば次のように, SET QUEUE コマンドを使用してジョブ・セパレータ・ページを一時的に指定することができます。


    $ SET QUEUE /SEPARATE=(BURST,NOFLAG,TRAILER) queuename
    

  • ジョブ・セパレータ・ページは, PRINT /PARAMETERS コマンドあるいは出力されている PostScript ファイルで設定されているパラメータによって影響を受けることはありません。このページは,ユーザ・ジョブのコンテキストではなく,プリンタの省略時の PostScript コンテキストを使用します。

  • セパレータ・ページを無効に設定している場合であっても,プリント・ジョブでエラーが発生した場合は, DCPS はジョブ・トレーラ・ページを出力します。ジョブ・トレーラ・ページには,プリンタ・ジョブのエラーについてのメッセージが出力されます。



6.2.1 トレーラ・ページのエラー・メッセージ

プリント・ジョブにエラーがある場合には,プリント・ジョブの何が問題なのかをユーザが判断するのに役立つメッセージが項目番号17とともに出力されます。次の例はこれらのメッセージを示しています。


    28- MAR-  2006    11:03  %DCPS-I-TRAYSUBST, Output will be delivered to the 
    only tray on printer-name
 
    28- MAR-  2006    11:03  %DCPS-W-INVACC, invalidaccess: Attempt to access 
    restricted object or capability - offending command is get 

プリント・ジョブに対してPRINTコマンドに/NOTIFYを指定した場合には,これらのメッセージはユーザのターミナルにも表示されます。

次のメッセージはジョブ・トレーラ・ページには印刷されません。

  • 開始メッセージと終了メッセージ

  • 紙切れなどのハードウェア・プリンタ・エラー・メッセージ

  • 通信に関連するメッセージ

  • プリンタ内の資源を管理するためにソフトウェアが使用するメッセージ



6.2.2 ジョブ・トレーラ・ページの禁止

第 6.2 節 および 第 6.2.1 項 で説明したように,キューに /SEPARATE=TRAILERが指定されていない場合であっても,ジョブにエラーが発生した場合,通常 DCPS はジョブ・トレーラ・ページを出力します。高価な媒体に出力している場合,特に通知されるエラーが重要でない場合などは,この動作は望ましくないことがあります。

ジョブにエラーが発生した場合でも DCPS がジョブ・トレーラ・ページを出力することを禁止するには,システム全体で有効な次の論理名を定義してください。


$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queue-name_SUPPRESS_JOBTRAILER 1

注意

上記の設定をして DCPS を使用すると,重要な問題が発生した場合の自己診断が難しくなります。メッセージを禁止するよりも,問題を解決する方を優先することをお勧めします。



6.2.3 ジョブ・バースト・ページおよびジョブ・フラグ・ページ用の特別な給紙トレイの指定

高価な媒体や特殊な媒体にジョブを印刷する場合には,ジョブ・フラグ・ページとジョブ・バースト・ページを特殊な給紙トレイから印刷することが適切な場合があります。この機能はまた,プリント・ジョブを分離するために色の違う用紙を指定するときも役立ちます。

ジョブ・フラグ・ページおよびジョブ・バースト・ページに特殊な給紙トレイを指定することができます。次のコマンドを使用して,論理名を定義してください。


$ DEFINE /EXECUTIVE_MODE /SYSTEM DCPS$queue-name_SEPARATOR_TRAY n

このコマンドで,queue-name は実行キュー名で, n は PostScript の給紙トレイ番号です。トレイ番号はプリンタ・モデル固有の番号であり,プリンタのオーナーズ・マニュアルに記載されています。この機能はすべてのプリンタで動作するとは限りません。特に,新しいモデルや, PostScript Level 1 setpapertray オペレータで給紙トレイを選択しないプリンタでは動作しない可能性があります。

HP,Compaq,および DIGITAL プリンタについての値は,次のとおりです。

表 6-1 トレイ番号の値
プリンタ トレイ トレイ番号
HP LaserJet (大半のモデル) トレイ 1 (マルチパーパス) 3
  トレイ 2 0
  トレイ 3 1
  トレイ 4 4 または 5
  トレイ 5 6
  エンベロープ・フィーダ 6
Compaq Laser Printer LN16 上段トレイ 0
  下段トレイ 1
  マルチパーパス・トレイ 3
Compaq Laser Printer LN32 および LNM40 マルチパーパス・トレイ 0
  トレイ 1 1
  トレイ 2 2
  トレイ 3 3
  トレイ 4 4
  トレイ 5 5
  エンベロープ・フィーダ 6
Compaq および DIGITAL Laser Printer LNC02 上段トレイ 1
  下段トレイ 5
DEClaser 1150 および 1152 マルチパーパス・トレイ 0
  給紙カセット 1
DEClaser 2150 および 2250 手差し 0
  下段トレイ 1
  上段トレイ 2
  エンベロープ・フィーダ 3
DEClaser 3250 マルチパーパス・トレイ 0
  上段トレイ 1
  下段トレイ 2
  大容量トレイ 3
DEClaser 3500 上段トレイ 0
  下段トレイ 2
  マルチパーパス・トレイ 3
DEClaser 5100 マルチパーパス・トレイ 0
  上段トレイ 1
  下段トレイ 2
DIGITAL Colorwriter 1000 上段トレイ 0
  下段トレイ 1
DIGITAL Colorwriter LSR 2000 および 2000 + 上段トレイ 1
  下段トレイ 2
DIGITAL Laser Printer LN15 および LN15+ 上段トレイ 0
  下段トレイ 1
  マルチパーパス・トレイ 3
DIGITAL LN17ps および Laser Printer LN17+ps メイン 0
  マルチパーパス・トレイ 1
  下段トレイ 1 2
  下段トレイ 2 3
  エンベロープ・フィーダ 4
DIGITAL Laser Printer LN20 マルチパーパス・トレイ 1
  上段トレイ 2
  下段トレイ 5
DIGITAL Laser Printer LN40 上段トレイ 1
  中段トレイ 2
  下段トレイ 3
  LCIT 5
DIGITAL PrintServer 17 および 17/600 上段トレイ 1
  下段トレイ 2
DIGITAL PrintServer 20, 32, 32 plus および 40 上段トレイ 1
  下段トレイ 2
  LCIT 3


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項