日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS | HPE 日本

日本語 DECprint Supervisor for OpenVMS
システム管理者ガイド


前へ 次へ 目次 索引




4.2.2 システムおよびキューの省略時のテキスト・データ・タイプの指定

システム全体で有効な省略時のテキスト・データ・タイプと,キュー固有の省略時のテキスト・データ・タイプを指定することができます。 DCPS がファイルのデータ・タイプを判断できない場合には,そのファイルはユーザが指定した省略時のテキスト・データ・タイプとして処理されます。

システムの省略時のテキスト・データ・タイプは ANSI です。通常 ANSI ファイルではなく,PCL,Proprinter テキスト・ファイルを印刷している場合は,この省略時の設定を ANSI から PCL,Proprinter のいずれかに変更しなければなりません。

省略時のテキスト・データ・タイプを定義するには,次の論理名のどちらか一方または両方を定義します。

  • DCPS$DEFAULT_TRANSLATORはシステム全体で有効な省略時のテキスト・データ・タイプを決定します。
    システム全体で有効な省略時のテキスト・データ・タイプを定義するには,次のコマンドを使用します。


    $ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$DEFAULT_TRANSLATOR text_data_type
    

  • DCPS$queuename_DEFAULT_TRANSLATOR は,キュー固有の省略時のデータ・タイプを指定します。
    キュー固有の省略時のテキスト・データ・タイプを定義するには,次のコマンドを使用します。


    $ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$queuename_DEFAULT_TRANSLATOR text-data-type
    

text-data-typeに対して指定できる値と,省略時のテキスト・データ・タイプの対応は次のとおりです。

  • ANSI (省略時の値)

  • PCL

  • PROPRINTER

データ・タイプ名を短く省略することはできません。

システム全体で有効なデータ・タイプがキュー固有のデータ・タイプと異なる場合は,キュー固有のテキスト・データ・タイプが優先されます。

特定のキューをPATHWORKSクライアントが使用する場合には,キュー固有の論理名を設定しておくと便利です。たとえば,PC から印刷されるテキスト・ファイルが PCL ファイルであるとします。次の例では,PATHWORKSという名前のキューに対して省略時のテキスト・データ・タイプとしてPCLを設定する方法を示しています。


$ DEFINE/SYSTEM/EXECUTIVE DCPS$PATHWORKS_DEFAULT_TRANSLATOR PCL

DECprint Supervisor ソフトウェアは,PATHWORKSキューに送信された各ファイルごとにファイルのデータ・タイプを判断しようとします。ファイル・データ・タイプを判断できない場合には,そのファイルはPCLファイルとして処理されます。ファイルにPCLテキストとPostScriptデータが登録されている場合でも,そのファイルは正しく印刷されます。

4.2.3 ユーザがデータ・タイプの検出を制御する方法

プリント・ジョブが自動的なデータ・タイプ検出機能によって処理される方法は,ユーザが次のことを指定することにより制御できます。

  • PRINTコマンドの/PARAMETERS=DATA_TYPEパラメータに指定するデータ・タイプ
    このパラメータは自動的なデータ・タイプの検出を無効にします。ただし,DDIF ファイル・タグがついたファイルは,データ・タイプ指定の影響を受けません。ファイルにDDIFタグが登録されており,明示的に別のデータ・タイプを指定した場合には,そのファイルは印刷されません。その場合には,次のエラー・メッセージが表示され, DECprint Supervisor ソフトウェアはプリント・ジョブの次のファイルの処理を継続します。


    INVDDIFDATA, Invalid DDIF data, flushing to end of file 
    

  • PRINTパラメータによる自動的なデータ・タイプ検出


    /PARAMETERS=DATA_TYPE=AUTOMATIC[=text-data-type] 
    


    ユーザは/PARAMETERS=DATA_TYPE=AUTOMATIC修飾子を指定することにより,自動的なデータ・タイプ検出を指定できます(たとえば,プリント・キューに省略時のデータ・タイプが割り当てられている場合)。
    ユーザがDATA_TYPE=AUTOMATICパラメータに省略時のテキスト・データ・タイプ (text-data-type)を指定した場合には, DECprint Supervisor ソフトウェアはプリント・ファイルのデータ・タイプを判断できないときに,その指定をファイルのデータ・タイプであると解釈します。
    text-data-type の値は省略可能です。省略時の設定については, 第 4.2.2 項 を参照してください。
    DECprint Supervisor ソフトウェアは,省略時のテキスト・データ・タイプの後に PostScriptデータが続くファイルを印刷できます。たとえば,PCLテキストから始まり,その後にPostScriptデータの続くファイルを印刷しなければならない場合には,ユーザは次のPRINTコマンドを使用して省略時のテキスト・データ・タイプをPCLに設定できます。


    $ PRINT/QUEUE=PS20$A10 PIC.MSG/PARAMETERS=(DATA_TYPE=AUTOMATIC=PCL)
    


    この機能は電子メール・システムで作成されたファイルを印刷するときに役立ちます。たとえば,メール・システムを使用して他のユーザから送信されたPostScriptファイルの先頭にテキスト・メッセージ・ヘッダがあり,その後にPostScriptデータが付加されている場合には,このファイルを印刷できます。




第 5 章
プリント・ジョブおよびプリント・キューの操作

この章では,プリント・ジョブ,プリント・キュー,キュー・マネージャを管理し制御するためのコマンドについて説明します。

この章で説明する一部のコマンドでは,特権が必要です。

5.1 プリント・ジョブの状態の表示

SHOW ENTRYコマンドを使用すれば,プリント・ジョブの状態を表示できます。このコマンドを使用して自分のプリント・ジョブを表示する場合には,特権は必要ありません。しかし,他のユーザのプリント・ジョブを表示する場合は,特権が必要です。

SHOW ENTRYコマンドはすべての自分のプリント・ジョブを表示します。別のユーザのプリント・ジョブの状態を表示するには,SHOW ENTRYコマンドにジョブ番号を指定しなければなりません。あるいは,/USER 修飾子を使用してユーザを指定しなければなりません。ジョブ番号は,PRINTコマンドを入力したときに送信されるメッセージに表示されます。次に示すように,SHOW QUEUE /ALLコマンドを使用すれば,指定したキューに登録されているすべてのプリント・ジョブのジョブ番号を表示できます。


$ SHOW QUEUE /ALL PS40$A12


Printer queue PS40$A12, busy, on LEVEL::PS40, mounted form DCPS$DEFAULT 
(stock=DEFAULT) 
 
  Entry  Jobname         Username     Blocks  Status 
  -----  -------         --------     ------  ------ 
   304      MEMO         MSMITH            5  Printing 

特定のプリント・ジョブに関する情報を表示するには,SHOW ENTRY /FULLコマンドを使用します。次の例を参照してください。


$ SHOW ENTRY 304 /FULL


Entry  Jobname         Username     Blocks  Status 
-----  -------         --------     ------  ------ 
  304  MEMO            MSMITH            5  Printing 
       On busy printer queue PS40$A12 
       Submitted 14- MAR-  2006    10:41 
       /FORM=DCPS$DEFAULT (stock=DEFAULT) /NOTIFY 
       /PRIORITY=100 
       File: _$1$DUA10:[MSMITH]MEMO.TXT;1 (printing) 

注意

ファイルの印刷がプリンタで実際にまだ開始されていない場合でも,プリント・ジョブの状態として "Printing" と表示されることがあります。



5.2 プリント・ジョブの削除

プリント・ジョブはDELETE /ENTRYコマンドを使用して削除できます。このコマンドは特権を必要としません。したがって,プリント・ジョブの所有者は必要に応じてこのコマンドを使用し,自分のプリント・ジョブを削除できます。しかし,別のユーザのプリント・ジョブを削除する場合は,特権が必要です。

DELETE/ENTRYコマンドは引数としてプリント・ジョブ番号を受け付けます。次の例を参照してください。


$ DELETE /ENTRY=569

このコマンドでは,プリント・ジョブ569が削除されます。プリント・ジョブが正しく削除されると,そのことを示すメッセージが出力されます。

プリント・ジョブが終了する方法は,DELETE /ENTRYコマンドを入力したときにプリント・ジョブがどの状態であったかに応じて異なります。

DELETE /ENTRYコマンドを入力したときの状態 DECprint Supervisor ソフトウェアの動作
プリント・ジョブが印刷を実行している場合 数秒後にプリント・ジョブは停止する。プリンタはバッファに格納されているデータを印刷し,要求されたジョブ・トレーラ・ページとジョブ・ログ・ページも印刷する。この時点で,SHOW QUEUEコマンドはジョブの状態を Aborting (強制終了)として表示する。
ネットワーク・プリンタとの接続を確立する前 印刷はまったく実行されない。
接続が確立された後 ジョブ・トレーラ・ページが印刷され,プリント・ジョブを削除したことを示すメッセージも表示される。
ジョブ・バースト・ページまたはジョブ・フラグ・ページを印刷する前 ジョブ・バースト・ページまたはジョブ・フラグ・ページは印刷されない。しかし,ジョブ・トレーラ・ページとジョブ・ログ・ページを印刷するようにキューを設定した場合には,これらのページは印刷される。



5.3 保留状態のプリント・ジョブの保留解除

プリント・ジョブが保留状態(Holding)の場合には,印刷のために保留を解除しなければなりません。ユーザはPRINT /AFTERコマンドを使用してジョブを保留状態に設定できます。一方,ユーザまたはシステム管理者はSET ENTRY /HOLDコマンドを使用してプリント・ジョブを保留状態に設定できます。

プリント・ジョブの保留を解除し,印刷を実行するには,SET ENTRY /RELEASEコマンドを使用します。SET ENTRYコマンドにはジョブ番号を指定しなければなりません。自分でキューに登録したプリント・ジョブの保留を解除する場合には,このコマンドを実行するために特権は必要ありません。他のユーザのプリント・ジョブの保留を解除するには,特権が必要です。

次の例を参照してください。


$ SET ENTRY /RELEASE 569

この例では,保留状態に設定されているプリント・ジョブ569が,印刷のために保留解除されます。

5.4 プリント・ジョブの転送

この節では,1つ以上のプリント・ジョブのプリント・キューの変更について説明します。

5.4.1 待ち状態のプリント・ジョブを別のキューに再登録する操作

まだ印刷を開始していないプリント・ジョブはSET ENTRY /REQUEUEコマンドを使用して別のキューに再登録できます。特権のないユーザは,そのユーザがキューに登録したプリント・ジョブだけを移動できます。特権を持つユーザの場合には,印刷をまだ開始していないすべてのプリント・ジョブを別のキューに移動できます。SET ENTRY コマンドにはジョブ・エントリ番号を指定しなければなりません。/REQUEUE修飾子には新しいプリント・キューの名前を指定しなければなりません。次の例を参照してください。


$ SET ENTRY /REQUEUE=POSTSCRIPT$DUPLEX 596

このコマンドはジョブ596のプリント・キューを変更します。プリント・ジョブは POSTSCRIPT$DUPLEXキューに送信されます。

5.4.2 現在印刷中のジョブを別のキューに移動する操作

プリンタで問題が発生したために,プリント・ジョブを最後まで正しく実行できない場合には,プリント・ジョブを別のプリンタに移動できます。プリント・ジョブを別のプリント・キューに送信するには,STOP /QUEUE /REQUEUEコマンドを使用します。このコマンドには,元のキュー名と新しいキュー名をどちらも指定しなければなりません。次の例を参照してください。


$ STOP /QUEUE /REQUEUE=POSTSCRIPT$DUPLEX POSTSCRIPT$SIMPLEX

この例では,POSTSCRIPT$SIMPLEXキューで現在印刷中のプリント・ジョブが停止され, POSTSCRIPT$DUPLEXに移動されます。POSTSCRIPT$SIMPLEXキューは停止されず,キューに登録されている次のジョブの印刷を継続します。

5.4.3 キュー内のすべてのプリント・ジョブを別のキューへ移動する操作

ASSIGN/MERGEコマンドを使用すれば,特定のキューに登録されているすべてのプリント・ジョブと,そのキューに後で登録されたプリント・ジョブを別のキューに送信することを指定できます。ASSIGN /MERGEコマンドを実行するには,特権が必要です。元のキュー名と新しいキュー名をどちらも指定しなければなりません。次の例を参照してください。

  1. 現在のプリント・ジョブが終了した後で, STOP /QUEUE /NEXTコマンドを使用して誤動作するプリント・キューを停止します。

  2. STOP /QUEUE /REQUEUEコマンドを使用してプリント・ジョブを別のキューに移動します。

  3. ASSIGN/MERGEコマンドを使用して待ち状態のすべてのプリント・ジョブと将来キューに登録されるプリント・ジョブをすべて,別のキューに移動します。次の例を参照してください。


    $ STOP /QUEUE /NEXT PRINTER$NOTABLE
    $ STOP /QUEUE /REQUEUE=PRINTER$ABLE PRINTER$NOTABLE
    $ ASSIGN /MERGE PRINTER$ABLE PRINTER$NOTABLE
    



5.5 プリント・ジョブの属性の変更

SET ENTRYコマンドを使用すれば,ユーザは待ち状態のプリント・ジョブの属性を変更できます。すでに印刷を開始したプリント・ジョブを変更することはできません。特権がある場合には,他のユーザがキューに登録したプリント・ジョブの属性も変更できます。SET ENTRYコマンドにはジョブ番号を指定しなければならず,また, 1つ以上のPRINTコマンド修飾子を指定できます。 付録 A を参照してください。次の例を参照してください。


$ SET ENTRY 596 /PARAMETERS=PAGE_ORIENTATION=LANDSCAPE

この例は,ポートレート(縦長)方向の印刷からランドスケープ(横長)方向の印刷に印刷の方向を変更するときに役立ちます。元のプリント・ジョブにPRINTパラメータが定義されていた場合には,SET ENTRY /PARAMETERSコマンドを使用してPRINTパラメータを変更するときに,もともと定義されていたパラメータを指定しなければなりません。 PRINTパラメータを再度指定しなかった場合には,SET ENTRYコマンドに指定されていないパラメータ値に対しては,プリント・ジョブを印刷するときに省略時のパラメータ値が使用されます。

5.6 キューの表示

SHOW QUEUEコマンドを使用すれば,プリント・キューを表示できます。そのとき,キューの状態,属性,およびキューに登録されているプリント・ジョブも表示できます。キューのセキュリティ情報あるいは別のユーザのプリント・ジョブを表示しない場合は,このコマンドを実行するための特権は必要ありません。

特定のキューを表示する場合はキュー名を指定します。すべてのキューを表示する場合は,SHOW QUEUEコマンドでキュー名を省略します。キューに関する情報を表示するには, 表 5-1 に示すコマンドを使用します。

表 5-1 キューを表示するためのコマンド
表示の対象 入力するコマンド
すべてのプリント・キューとバッチ・キューの名前と説明 SHOW QUEUE
すべてのプリント・キューの名前 SHOW QUEUE /DEVICE=PRINTER
すべてのキューに登録されているすべてのジョブ SHOW QUEUE /ALL
指定したキューに登録されているすべてのジョブ SHOW QUEUE /ALL queue-name
すべてのキューの属性 SHOW QUEUE /FULL
特定のキューの属性 SHOW QUEUE /FULL queue-name



5.7 キューの一時停止

キューを一時停止するには,STOP /QUEUEコマンドを使用します。STOP/QUEUEコマンドを使用するには,特権が必要であり,キュー名を指定しなければなりません。

STOP /QUEUE /NEXTコマンドを使用すれば,現在のプリント・ジョブが終了した後でキューを一時停止できます。このコマンドを使用すれば,キューを一時停止する前に現在印刷中のジョブを終了できます。次の例を参照してください。


$ STOP /QUEUE /NEXT PS$A4

このコマンドは現在のジョブが印刷を終了した後,PS$A4キューを一時停止します。

現在のジョブが終了するのを待たずにキューを一時停止しなければならない場合には, STOP /QUEUE /RESETコマンドを使用します。次の例を参照してください。


$ STOP /QUEUE /RESET PS$A4

このコマンドはPS$A4キューを一時停止し,印刷をただちに中止します。

注意

シリアル接続あるいは raw TCP/IP 接続で通信に問題が発生した場合,シンビオントはプリンタとの接続を切断する前に最大 4 秒応答を待ちます。したがって, STOP /QUEUE /RESETコマンドを実行した直後には,その装置が開放されない場合があります。

STOP/QUEUE 修飾子についての詳細は, 付録 A を参照してください。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項