日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




1 つまたは複数のファイルの内容を,現在の出力装置に表示します。

形式

TYPE ファイル指定[,...]


パラメータ



ファイル指定[,...]

内容を表示する,1 つまたは複数のファイルを指定します。ファイル名だけを指定してファイル・タイプを指定しない場合には,TYPE コマンドは,省略時のファイル・タイプとして LIS を使用します。ただし,論理名 TYPE$DEFAULT_FILESPEC の定義を変更すれば,省略時のファイル・タイプを変更することができます。 TYPE コマンドは,ファイル指定を満たすすべてのファイルを表示します。

ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプ,ファイル・バージョン番号のフィールドに,それぞれワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) を使用できます。複数のファイルを指定する場合には,ファイル指定をコンマ (,) またはプラス記号 (+) で区切ります。ファイルは,指定した順に表示されます。


説明

TYPE コマンドで出力を表示する場合,次の方法で表示を制御できます。

  • Ctrl/C を押すと,表示されている現在のファイルに対する TYPE コマンドが停止します。TYPE コマンドでファイルを1つだけ指定した場合や, TYPE コマンドがリストの最後のファイルを表示している場合, Ctrl/C を押すと TYPE コマンドが取り消されます。TYPE コマンドで 2 つ以上のファイルを指定した場合,Ctrl/C を押すと,リスト内の次のファイルが表示されます。

  • Ctrl/S を押すと,出力が一時停止します。 Ctrl/Q を押すと,一時停止した位置から出力表示が再開します。

  • Ctrl/O を押すと表示は一時停止しますが,コマンド処理は一時停止しません。TYPE コマンドが終了する前にもう一度 Ctrl/O を押すと,現在のコマンド処理の位置から出力が再開します。ただし,リスト内のファイルの表示中に Ctrl/O を押すと,現在のファイルの表示が中止され,リスト内の次のファイルの表示が始まります。この動作は,正常な Ctrl/O 処理の例外です。

  • Ctrl/Y を押すと,コマンド実行が中断されます。途中で新しいイメージを呼び出すコマンドを入力していない場合は,Ctrl/Y を押した後で CONTINUE コマンドを入力すると,中断されたファイル表示を再開できます。 Ctrl/Y を押してコマンド実行を完全に停止させる場合,EXIT コマンド ( またはイメージを起動する他の DCL コマンド ) を入力してイメージを実行できます。

また,/PAGE 修飾子を使用すると,一度に 1 画面ずつテキストを表示できます。

TYPE コマンドは,共有読み込み (R) および共有書き込み (W) アクセスで,指定されたファイルをオープンします。したがって,その時点で他のユーザがオープンしている場合でも,属性が共有書き込みに設定されたファイルが表示されます。

また TYPE コマンドを使用して,リモート・ノードでコマンド・プロシージャを実行することもできます。たとえば OpenVMS Cluster システムで,キューなどのクラスタ全体のサービスの状態を表示したい場合や,クラスタ内の他のノードにログインしているユーザを表示したい場合などは,この機能は便利です。次に,コマンド・プロシージャの例を示します。


$ @ SHOWUSERS.COM 
$ if f$mode() .eqs. "NETWORK" then define/user sys$output sys$net 
$ show users 

このコマンド・プロシージャを TYPE コマンドとともに使用すると,コマンド・プロシージャが存在するリモート・ノードにログオンしているユーザを,このコマンドを発行したユーザのローカル・ノードに表示できます。

次のように,TYPE コマンドのパラメータとして,コマンド・プロシージャを指定します。


$ TYPE ノード名::"TASK=コマンド・プロシージャ"

ここでノード名およびコマンド・プロシージャは,次のように指定します。

ノード名 コマンド・プロシージャが存在するリモート・ノードの名前を指定します。
コマンド・
プロシージャ
実行するコマンド・プロシージャのファイル名を指定します。

この形式のコマンドは,リモート・ノードの省略時の DECnet アカウントで,コマンド・プロシージャを検索します。

特定のアカウントの SYS$LOGIN ディレクトリにあるコマンド・プロシージャを実行するには,次のようにコマンドでアクセス制御文字列を使用します。


$ TYPE ノード名"ユーザ名パスワード"::"TASK=コマンド・プロシージャ"

ここでユーザ名およびパスワードは,次のように指定します。

ユーザ名 リモート・ノード上のアカウントの利用者名を指定します。
パスワード リモート・ノード上のアカウントのパスワードを指定します。


修飾子



/BACKUP

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新のバックアップの日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/CREATED,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/BEFORE[=時刻]

指定された時刻以前の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/BY_OWNER[=利用者識別コード(UIC)]

ファイル所有者の利用者識別コード (UIC) が,指定した UIC と一致する場合にだけ,ファイル ( 複数可 ) を選択します。 /BY_OWNER 修飾子だけを指定し UIC を省略する場合には,現在のプロセスの UIC が省略時の値として使用されます。

UIC は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』に説明されている,標準的な UIC 形式を使用して指定します。

/CONFIRM



/NOCONFIRM (省略時の設定)

各ファイルの内容を出力装置に表示する前に,そのファイルに対する TYPE 操作実行の確認プロンプトを表示するかどうかを指定します。システムがプロンプトを表示した時に,次の応答のいずれかを入力します。

YES NO QUIT
TRUE FALSE Ctrl/Z
1 0 ALL
  [Return]  

単語による応答には,大文字と小文字を自由に組み合わせることができます。また,1 文字または複数の文字に短縮することもできます ( たとえば,TRUE は T,TR,TRU に短縮できます )。ただし,応答は一意に認識できなければなりません。肯定応答は,YES,TRUE,1 です。否定応答は,NO,FALSE,0,Return です。QUIT または Ctrl/Z は,その時点でコマンドの処理を中止することを示します。 ALL と応答すると,コマンドの処理は継続されますが,その後プロンプトは表示されなくなります。上記に示されていない応答を入力すると,DCL はエラー・メッセージを発行し,同じプロンプトがもう一度表示されます。

/CONTINUOUS/INTERVAL=n

EOF 検出時に,入力ファイルにレコードが追加されたかを指定秒数 (省略時の設定は 30 秒) 間隔で調べ,もし追加されていれば表示します。この場合,Ctrl/C または Ctrl/Y で終了してください。

/CREATED (省略時の設定)

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,作成日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/EXACT

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,大文字と小文字を区別した文字列検索を指定します。この場合,検索文字列は二重引用符 (" ") で囲まなければなりません。

/SEARCH 修飾子を指定せずに /EXACT 修飾子を指定した場合は, "Find キー" (E1) キーを押すと文字列検索が有効になります。

/EXCLUDE=(ファイル指定[,...])

ファイル指定と一致する 1 つまたは複数のファイルを,TYPE 操作から除外します。ファイル指定にはディレクトリ指定を含むことができますが,装置名を含むことはできません。ファイル指定には,ワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) を使用できます。しかし,特定のバージョンを除外するために,相対バージョン番号を指定することはできません。ファイルを 1 つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。

/EXPIRED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,満了日時をもとにファイルを選択します ( 満了日は,SET FILE/EXPIRATION_DATE コマンドで設定します )。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/HEADER



/NOHEADER

TYPE /PAGE=SAVE コマンドでヘッダ行を表示するかどうかを指定します。

/HIGHLIGHT[=キーワード]

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,一致した検索文字列の強調表示方法を指定します。一致した検索文字列があった場合は,行全体が強調されます。 BOLD,BLINK,REVERSE,UNDERLINE のキーワードを指定できます。省略時の設定は BOLD です。

/MODIFIED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新の変更日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /EXPIRED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

ファイル内容の出力先を指定します。 /OUTPUT=ファイル指定修飾子を指定すると,現在の出力装置(SYS$OUTPUT)ではなく,指定されたファイルに出力が送られます。修飾子を指定しなかった場合や, /OUTPUT 修飾子だけを指定してファイル指定を省略した場合には,出力は SYS$OUTPUT に送られます。

/OUTPUT 修飾子に部分的なファイル指定 ( たとえば /OUTPUT=[VAKHRAMEEV]) を指定した場合には, TYPE という省略時のファイル名と .LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。ファイル指定には,ワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) は使用できません。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,どこにも出力されません。

/OUTPUT 修飾子は /PAGE 修飾子と同時に指定することはできません。

/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)

画面上の情報の表示を制御します。

/PAGE 修飾子では,次のキーワードを使用できます。

CLEAR_SCREEN ページモードで表示(毎回画面を消去する)
SCROLL スクロールモードで表示(毎回画面を消去しない)
SAVE[= n] nページ分の履歴を保持する(前ページに戻ること等が可能)

/PAGE=SAVE 修飾子を指定すると最大 5 画面(最大 255 カラムまで)分の履歴を保存できます。ページャ内では以下のキーを使って画面の移動などができます。

キー・シーケンス 意味
Up arrow key, Ctrl/B 1 行スクロールアップ
Down arrow key 1 行スクロールダウン
Left arrow key 1 カラム左シフト
Right arrow key 1 カラム右シフト
Find (E1) 文字列検索を起動
Insert Here (E2) 半画面右シフト
Remove (E3) 半画面左シフト
Select (E4) 80/132 カラム切替え
Prev Screen (E5) 前ページに移動
Next Screen (E6), Return, Enter, Space 次ページに移動
F10, Ctrl/Z 終了 ( 他のコマンドでは違うものもあります )
Help (F15) ヘル・テキストを表示
Do (F16) 最新(現在)画面と(履歴内で)最古画面の入れ換え
Ctrl/W 再表示
N 次ファイル ( 複数ファイルを指定した場合 )
Q 終了

/PAGE 修飾子は /OUTPUT 修飾子と同時に指定することはできません。

/SEARCH="文字列"

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,表示される情報内で検索したい文字列を指定します。スペース文字等を含む場合,検索文字列は二重引用符で囲まなければなりません。

情報が表示されている時に Find キー(E1) を押すと,検索文字列を動的に変更することができます。この場合,二重引用符は必要ありません。

/SINCE[=時刻]

指定された時刻以降の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,JOB_LOGIN,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/STYLE=キーワード

ファイルの内容を表示する場合のファイル名の書式を指定します。

この修飾子のキーワードは CONDENSED および EXPANDED です。意味は次の表のとおりです。

キーワード 説明
CONDENSED
(省略時の設定)
ファイル名を 255 文字長の文字列に適合するように表示します。このファイル名の場合,ファイル指定に DID あるいは FID 短縮形を含むことが可能です。
EXPANDED ファイル名をディスクに格納されているとおりに表示します。このファイル名の場合,ファイル指定に DID あるいは FID 短縮形は含みません。

キーワード CONDENSED と EXPANDED を同時に指定することはできません。この修飾子は,確認が要求された場合に,出力メッセージに表示されるファイル名の書式を指定します。

EXPANDED キーワードが指定されていない場合,ファイル・エラーは CONDENSED ファイル指定で表示されます。

詳細は『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/TAIL[=n]

ファイルの最後から指定行を表示します。省略時の設定では,端末のページ行数 --2 行になります。次の条件をすべて満たす時のみ,TYPE/TAIL コマンドを使用できます。

  • 順編成ファイル

  • 最大レコード長が 512 バイト以下

  • レコード形式が,VAR,VFC,STM,STRCM,STMLF のいずれか ( 詳細は,『OpenVMS Record Management Services Reference Manual』のFAB$B_RFMの説明を参照してください。)

  • 入力されたファイルがランダムアクセスを使用する装置。 TYPE/TAIL コマンドは,磁気テープ・ドライブでは機能しません。

これらの条件を満たしていても,なんらかのファイルの状態によっては,ファイルの終わりの数行が表示できない可能性があります。その場合は,次のようなエラー・メッセージが表示されます。


%TYPE-W-READERR, error reading DEVICE:[DIRECTORY]FILE.EXT;1 
-SYSTEM-E-UNSUPPORTED, unsupported operation or function 



/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し,画面の幅より長い行を改行表示するかどうかを指定します。ラップを指定した場合は,はみ出す部分は次行に表示されます。

/NOWRAP 修飾子を指定した場合は,はみ出した部分は左右にスクロールしながら見ることができます。


#1

$ TYPE  COMMON.DAT
 

この例では,ターミナルに COMMON.DAT というファイルを表示することを指定しています。

#2

$ TYPE *.DAT
This is the first line in the file AA.DAT.
   .
   .
   .
[Ctrl/O]
This is the first line in the file BB.DAT.
   .
   .
   .
 
[Ctrl/Y]
Interrupt
$ STOP

この例では,ファイル名にアスタリスク・ワイルドカード文字 (*) が含まれています。したがって,.DAT というファイル・タイプを持つすべてのファイルが,表示のためにスケジューリングされます。 Ctrl/O が押されると,現在表示されているファイルの出力は停止し, TYPE コマンドは次のファイルの表示を開始します。 Ctrl/Y は,このコマンドに割り込みをかけます。そして,STOP コマンドにより TYPE コマンドを終了します。

#3

$ TYPE LETTER*.MEM
December 14, 2002
   .
   .
   .
 
[Ctrl/Y]
Interrupt
$ SHOW TIME
 14-DEC-2002 15:48:07 
$ CONTINUE
Sincerely yours,
   .
   .
   .

この例では,LETTER という文字列で始まるファイル名を持ち,ファイル・タイプが .MEM である,すべてのファイルを表示することを指定しています。ファイルの表示中に,Ctrl/Y を押して処理を中断し時刻を表示しています。SHOW TIME コマンドを実行した後, CONTINUE コマンドを入力すると,TYPE コマンドの操作が再開されます。

#4

$ TYPE/OUTPUT=SAVETEXT.TXT *.TXT

この例では,現在の省略時のディレクトリ内で,ファイル・タイプが .TXT であるすべてのファイルを,SAVETEXT.TXT に書き込みます。

#5

$ TYPE MEXICO::NOTICE.TEXT/OUTPUT=TEMP.TEXT

この例では,MEXICO というリモート・ノードの NOTICE.TEXT というファイルを, SYS$OUTPUT ではなく,ユーザ自身のノードの TEMP.TEXT という出力ファイルに書き込むことを指定しています。

#6

$ TYPE SECSYS"FILES OFFICEFIL"::"TASK=SHOWUSERS"
 
        VAX/VMS Interactive Users 
           14-DEC-2002 17:20:13.30 
    Total number of interactive users = 5 
 Username     Process Name      PID     Terminal 
 MIRANDA      Sec1           00536278   TXA1: 
 JESSICA      Sec2           00892674   VTA2: 
 EMILY        Sec3           00847326   TXA3: 
 ANDREW       Sec4           02643859   RTA1: 
 BRIAN        System Mangr   00007362   VTA1: 
 

リモート・ノード SECSYS のユーザ FILES の SYS$LOGIN ディレクトリにある,コマンド・プロシージャ SHOWUSERS.COM を実行しています。 TYPE コマンドの出力は,ローカル・ノードで表示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項