日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




スタンドアロン・ノードまたは OpenVMS Cluster 上にあるキュー・マネージャをシャットダウンします。/QUEUE 修飾子は省略できます。ただし,スタンドアロン・システムの場合も VMScluster の場合も, /MANAGER および /CLUSTER 修飾子は必須です。省略時の設定では,このコマンドを実行すると,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER をシャットダウンします。SYS$QUEUE_MANAGER 以外のキュー・マネージャをシャットダウンするには,/NAME_OF_MANAGER 修飾子を使用して指定します。

OPER( オペレータ ) 特権および SYSNAM( システム論理名 ) 特権が必要です。


形式

STOP/QUEUE/MANAGER/CLUSTER


説明

STOP/QUEUE/MANAGER/CLUSTER コマンドを実行すると,キュー・マネージャによって,スタンドアロン・ノードまたはクラスタ上のすべてのノードで次の操作が行われます。

  • キュー・マネージャにある現在処理中のジョブのうち,再起動できないものをすべて強制終了し,再起動できるものはすべてキューに再登録します。

  • キュー・マネージャにあるすべての実行キューを終了します。

  • キュー・マネージャにあるすべての自動起動キューの,自動起動機能を禁止します。

  • キュー・マネージャのキュー・ファイルとジャーナル・ファイルをクローズします。

いったん STOP/QUEUE/MANAGER/CLUSTER コマンドを実行すると,シャットダウンされたキュー・マネージャ・プロセスは終了状態のままになります。そして,キュー登録システムへの要求は, DCL コマンド START/QUEUE/MANAGER を実行するまで受け付けられません。


修飾子



/NAME_OF_MANAGER=名前

終了するキュー・マネージャ・プロセスの名前を指定します。 /NAME_OF_MANAGER 修飾子を省略すると,省略時の設定のキュー・マネージャ名 SYS$QUEUE_MANAGER が使用されます。詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のキュー・マネージャに関する章を参照してください。

#1

$ STOP/QUEUE/MANAGER/CLUSTER
 

この例で STOP/QUEUE/MANAGER/CLUSTER コマンドは,キュー・マネージャ・プロセス SYS$QUEUE_MANAGER を停止します。このプロセスは終了状態のままになり,SYS$QUEUE_MANAGER への要求は, START/QUEUE/MANAGER コマンドを実行するまで受け付けられません。

/NAME_OF_MANAGER 修飾子が指定されていないため,このコマンドで終了するのは,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡