日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




Alpha システムと I64 システムでは,現在のプロセスに割り当てられている,ワーキング・セットの下限値,クォータ値,超過値(ページレット単位および CPU 固有のページ単位)を表示します。この情報は,バイト単位で出力することもできます。

VAX 上では,現在のプロセスに割り当てられている,ワーキング・セットの下限値,クォータ値,超過値(ページ単位)を表示します。


形式

SHOW WORKING_SET


修飾子



/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

コマンドの出力先を指定します。この修飾子を指定しなかった場合や, /OUTPUT 修飾子だけを指定してファイル指定を省略した場合には,出力は論理名 SYS$OUTPUT 割り当てられている,現在のプロセスにおける省略時の出力ストリーム,または装置に出力されます。

/OUTPUT 修飾子に,部分的なファイル指定 ( たとえば,ディレクトリだけ ) を指定した場合,SHOW という省略時のファイル名と,.LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。ファイル指定には,ワイルドカード文字は使用できません。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,どこにも出力されません。


#1

$ SHOW WORKING_SET
Working Set (pagelets)  /Limit= 2000  /Quota= 4000 /Extent= 6000
Adjustment enabled  Authorized Quota= 4000  Authorized Extent= 6000
 
Working Set (8Kb pages) /Limit= 125   /Quota= 250  /Extent= 375
                    Authorized Quota= 250  Authorized Extent= 375
 

この例は,Alpha 上での SET WORKING_SET コマンドを示しています。プロセスのワーキング・セット下限値は 2000 ページレット (125 ページ ),クォータは 4000 ページレット (250 ページ ) であり,現在のクォータは許可されている値 (4000 ページレット,つまり 250 ページ ) になっています。また,現在のプロセスのワーキング・セット超過値には 6000 ページレット(375 ページ)であり,現在の超過値も許可された値 (6000 ページレット,つまり 375 ページ ) になっています。1 ページレットは,512 バイトです。

#2

$ SHOW WORKING_SET
  Working Set (pagelets)  /Limit=3632  /Quota=8192  /Extent=524288
  Adjustment enabled      Authorized Quota=8192  Authorized Extent=524288
  Working Set (8Kb pages) /Limit=227  /Quota=512  /Extent=32768
                          Authorized Quota=512  Authorized Extent=32768
$ SET PROCESS/UNITS=BYTES
$ SHOW WORKING_SET
  Working Set (bytes)     /Limit=1.77MB  /Quota=4MB  /Extent=256MB
  Adjustment enabled      Authorized Quota=4MB  Authorized Extent=256MB

この例では,同じ内容を最初はページレット単位で,次にバイト単位で表示しています。

#3

$ SHOW WORKING_SET
Working Set      /Limit= 180   /Quota= 350           /Extent=1200
Adjustment enabled  Authorized Quota= 350  Authorized Extent=1200
 

この例は,VAX 上での SHOW WORKING_SET コマンドを示しています。現在のプロセスのワーキング・セット下限値は 180 ページであり,クォータ値は,許可されている上限値と同じである 350 ページであることを示しています。現在のプロセスのワークキング・セット超過値は 1200 ページで,これは許可されている超過値と同じです。VAX 上での1ページは,512 バイトです。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項