日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




指定された論理名を検索し,最初に検索された等価名を表示します。検索する論理名テーブルを指定できます。

論理名テーブル内の論理名カタログを表示するには,論理名テーブルに対する読み込み(R)アクセス権が必要です。


形式

SHOW TRANSLATION 論理名


パラメータ



論理名

等価名を表示する論理名を指定します。

説明

SHOW TRANSLATION コマンドは,指定された論理名を,1 つまたは複数の論理名テーブルで検索し,最初に一致したものの等価名を返します。検索したいテーブルを指定することができます。テーブルを指定しない場合は,論理名 LNM$DCL_LOGICAL で定義されたテーブルが検索されます。

論理名 LNM$DCL_LOGICAL には,論理名テーブルのリストとその検索順序が含まれます。LNM$DCL_LOGICAL を再定義しない限り,プロセス論理名テーブル,ジョブ論理名テーブル,グループ論理名テーブル,システム論理名テーブルが,この順序で検索されます。最初に一致したものが表示されます。 SHOW LOGICAL /TABLE=LNM$DIRECTORIES LNM$DCL_LOGICA Lコマンドを実行すると, LNM$DCL_LOGICAL の現在の定義を確認できます。

テーブルに同じ名前を持つ 2 つ以上のエントリがあり,それぞれのモードが異なる場合は,一番外側の ( 最も特権が少ない ) モードを持つ名前の変換が返されます。

SHOW TRANSLATION コマンドは,SHOW LOGICAL コマンドに似ています。ただし,SHOW TRANSLATION コマンドは,DCL コマンド・インタプリタ内部で実行されます。これに対し,SHOW LOGICAL コマンドは,イメージを呼び出します。したがって,SHOW TRANSLATION コマンドは現在のイメージを終了させません。また,ユーザ・モード論理名を取り消しません。名前の反復変換も表示されません。


修飾子



/TABLE=名前

検索される論理名テーブルの名前を指定します。省略時の値は,LNM$DCL_LOGICAL です。

複数の論理名テーブルに変換される論理名を使用して,論理名テーブル名を指定した場合には,論理名に一致するものが見つかるまで,各テーブルが指定された順に検索されます。


#1

$ SHOW TRANSLATION PAYROLL
PAYROLL = DISK1:[ACCOUNTS.WORKING]FACTOR1.DAT;37 (LNM$PROCESS_TABLE)

この SHOW TRANSLATION コマンドは,論理名 PAYROLL の等価名と,この論理名が検索された論理テーブル名を表示しています。この例では PAYROOL は,プロセス論理名テーブル LNM$PROCESS_TABLE から検索されています。

#2

$ DEFINE DISK  DKA1:
$ DEFINE/GROUP DISK  DKA2:
$ SHOW TRANSLATION DISK
  DISK = DKA1:(LNM$PROCESS_TABLE)

この DEFINE コマンドは,DISK という論理名を,プロセス論理名テーブルとグループ論理名テーブルの両方に登録します。そのあと,SHOW TRANSLATION コマンドは,DISK という論理名に対応する等価名を表示します。省略時の設定では SHOW TRANSLATION コマンドは,プロセス・テーブル,ジョブ・テーブル,グループ・テーブル,およびシステム・テーブルをこの順序で検索し,最初に検出された等価名を表示します。この例では論理名 DISK は,グループ論理名テーブルより前にプロセス論理名テーブル (LNM$PROCESS_TABLE) から検索され,その等価名が表示されています。

#3

$ RUN ORION
[Ctrl/Y]
$ SHOW TRANSLATION TERMINAL
  TERMINAL = _TTT3: (LNM$PROCESS_TABLE)
$ CONTINUE

この RUN コマンドは,ORION.EXE というイメージを実行します。 CTRL/Y によってイメージに割り込みをかけたあとで,SHOW TRANSLATION コマンドで論理名の割当てを表示します。CONTINUE コマンドは,イメージの実行を再開します。

#4

$ SHOW TRANSLATION/TABLE=LNM$SYSTEM USER
  USER = "DKA2:"  (LNM$SYSTEM_TABLE)

この例では,USER という論理名の等価名を表示します。論理名テーブルが指定されているので,論理名テーブルの省略時の検索順序にはしたがわず,指定された LNM$SYSTEM という論理名テーブルだけが検索されます。 LNM$SYSTEM は,システム論理名テーブルです。

#5

$ DEFINE/TABLE=LNM$PROCESS_DIRECTORY MYPROC -
_$ TEST_TABLE, LNM$PROCESS
$ SHOW TRANSLATION/TABLE=MYPROC FILER
  FILER = "[SMITH.FILER]"   (TEST_TABLE)

この例では,検索したい論理名テーブルのリストを,論理名 MYPROC に割り当てています。まず,ユーザが定義した TEST_TABLE という論理名テーブルを検索し,次にプロセス論理名テーブル LMN$PROCESS を検索するよう指定しています。論理名 MYPROC は,プロセス・ディレクトリ・テーブルである LNM$PROCESS_DIRECTORY に登録されます。 MYPROC 論理名テーブル内で論理名 FILER を検索すると, TEST_TABLE と LNM$PROCESS がこの順に検索されます。最初に一致したものが表示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項