日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




プロセスの現在の状態を表示します。

形式

SHOW STATUS


説明

SHOW STATUS コマンドは,現在のプロセスが実行中かどうか確認します。 SHOW STATUS の情報により,プロセスに CPU 時間が異常にかかっていないか,オープンしているファイルが多すぎないか,ページ・フォルトが多すぎないかもわかります。次の情報が表示されます。

  • 現在の日時

  • 現在のプロセスによる経過 CPU 時間

  • バッファ付き入出力回数

  • 現在のワーキング・セット・サイズ

  • オープンされているファイル数

  • 直接入出力回数

  • 現在の物理メモリ占有量

  • ページ・フォルト数

SHOW STATUSで表示される情報は,Ctrl/T 機能で表示される情報と似ています (詳細は SET CONTROL コマンドを参照してください)。


#1

$ SHOW STATUS
Status on 14-DEC-2001 12:56:48.68    Elapsed CPU :   0 00:00:55.02
Buff. I/O :    5117    Cur. ws. :    300        Open files :     1
Dir. I/O :      458    Phys. Mem. :  162        Page Faults : 8323

この SHOW STATUS コマンドは,現在のプロセス状態を表示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡