日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




コマンド・インタプリタが,コマンド・プロシージャの各コマンドの実行後に,エラー・チェックをするかどうかを制御します。

形式

SET [NO]ON


説明

コマンド・プロシージャの実行中,コマンド・インタプリタは,通常, DCL コマンドまたはプログラム・イメージの終了時に返された状態コードをチェックし, $STATUS という予約されているシンボルにこのコードの数値を保存します。また,この値の下位3ビットは,予約されているシンボル $SEVERITY に保存されます。エラーまたは回復不能エラーが検出された場合,コマンド・プロシージャの実行は強制終了されます。

SET NOON コマンドを使用して,省略時のエラー・チェックを無効にします。 SET NOON が有効な場合,コマンド・インタプリタは引き続き状態コード値を $STATUS にいれ,重大度を $SEVERITY にいれますが,値に応じた処理は実行しません。その結果,返されるエラーの数にかかわらず,コマンド・プロシージャは実行を続けます。

例外

CALL,GOSUB,または GOTO コマンドで現在のコマンド・プロシージャに存在しないラベルを指定すると,コマンド・プロシージャは警告メッセージを表示して終了します。

SET ON または SET NOON コマンドは,現在のコマンド・レベルだけに適用されます。別のプロシージャを実行するコマンド・プロシージャで SET NOON コマンドを使用すると, 2番目のプロシージャの実行中に省略時の SET ON が確立されます。


#1

$ SET NOON 
$ DELETE  *.SAV;* 
$ SET ON 
$ COPY  *.OBJ  *.SAV 
 

このコマンド・プロシージャは,ファイル・タイプが SAV である新しいファイルに,すべてのオブジェクト・モジュールをコピーします。DELETEコマンドはまず,ファイル・タイプが SAV であるすべての既存のファイルを削除します。 SET NOON コマンドは,ファイル・タイプが SAV であるファイルが現在のディレクトリに存在しない場合でも,プロシージャが実行を継続できるようにしています。 DELETE コマンドを実行した後,SET ON コマンドは,エラー・チェックをする状態に戻します。その後,COPY コマンドは,ファイル・タイプが OBJ のすべての既存のファイルのコピーを作成します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項