日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




指定されたイメージ・ファイルの現在の属性を変更します。このコマンドを使用すると,OpenVMS I64 Linker が特定のイメージ属性に対して設定した初期値を変更することができます。

注意

このコマンドは,Alpha システムと I64 システムで実行可能ですが,操作できるのは I64 のイメージだけです。


形式

SET IMAGE イメージ・ファイル指定


パラメータ



イメージ・ファイル指定

変更対象の OpenVMS I64 イメージ・ファイルの名前を指定します。このコマンドでは,現在のイメージ・ファイルに上書きし,新しいバージョンのイメージ・ファイルは作成しません。

/RESTORE 修飾子を指定する場合は,ファイル指定の中でアスタリスク (*) とパーセント記号 (%) のワイルドカード文字が使用できます。ファイル・タイプの拡張子を省略した場合は,省略時のファイル・タイプ .EXE が使用されます。


修飾子



/FLAGS=(キーワード[,...])

どのイメージ属性フラグをオンまたはオフにするかを指定します。元のフラグは,リンク時に OpenVMS I64 Linker が設定したものです。指定可能なキーワードとその簡単な説明を以下に示します。イメージ・リンク・フラグについての詳細は,『HP OpenVMS Version 8.2 リリース・ノート [翻訳版]』を参照してください。

警告

イメージの内部仕様に詳しくない場合には,注意してフラグの値を変更してください。

キーワード 説明
[NO]CALL_DEBUG 起動時にデバッガを呼び出す。
[NO]DBG_IN_DSF デバッグ・シンボル・ファイル内にデバッグ・レコードがある。
[NO]DBG_IN_IMG イメージ・ファイル内にデバッグ・レコードがある。
[NO]EXE_INIT イメージは EXE$INITIALIZE へのポインタを持っている。
[NO]IMGSTA SYS$IMGSTA を呼び出す。
[NO]INITIALIZE イメージは LIB$INITIALIZE へのポインタを持っている。
[NO]MAIN イメージは main への転送アドレスを持っている。
[NO]MKTHREADS 複数のカーネル・スレッドの使用を有効にする。
[NO]NOP0BUFS RMS イメージ入出力用の P0 バッファがない。
[NO]P0IMAGE イメージは P0 空間だけにロードされる。
[NO]SIGNATURES TIE シグネチャがある。
[NO]TBK_IN_DSF デバッグ・シンボル・ファイル内にトレースバック・レコードがある。
[NO]TBK_IN_IMG イメージ・ファイル内にトレースバック・レコードがある。
[NO]UPCALLS ユーザ・スレッドのアップコールが有効。



/LOG

イメージが正しく変更されたかどうかを示すメッセージを出力装置に表示します。

/RESTORE

ファイルの元のイメージ属性を復元します。つまり,OpenVMS I64 Linkerが設定した初期属性となります。 /RESTORE を使用する場合は,修飾子 /FLAGS や /SUCCESS は指定できません。

/SUCCESS

イメージ・リンク完了コードの値を SUCCESS に変更します。イメージの実行時の動作は元のイメージと同じです。

#1

$ SHOW IMAGE WARNING
Show Image Version 1.2                   29-SEP-2004 10:15:52.61
WORK1:[SWEENEY.CLIUTL]WARNING.EXE;1
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: WARNING
    Global Symbol Table name: WARNING
   Image file identification: X-6
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker T02-14
              Link Date/Time: 12-JUN-2004 10:15:16.46
             Patch Date/Time: Never
      Manipulation Date/Time: Never
  Image Dynamic Data Version: 1.2
Image Completion Code Value: WARNING  State: Original
Image Link Flags state: Original
               Image Link Flags
     --------------------------------------------
     CALL_DEBUG      : Call debugger
     IMGSTA          : Call SYS$IMGSTA
     MAIN            : Image has main transfer
     TBK_IN_IMG      : Traceback records in image file
     DBG_IN_IMG      : Debug records in image file
$!
$ SET IMAGE/SUCCESS WARNING.EXE
$ SHOW IMAGE WARNING.EXE
Show Image Version 1.2                       29-SEP-2004 11:41:54.93
WORK1:[SWEENEY.CLIUTL]WARNING.EXE;1
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: WARNING
    Global Symbol Table name: WARNING
   Image file identification: X-6
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker T02-14
              Link Date/Time: 12-JUN-2004 10:02:53.51
             Patch Date/Time: Never
      Manipulation Date/Time: 29-SEP-2004 11:26:31.57
  Image Dynamic Data Version: 1.2
Image Completion Code Value: SUCCESS  State: Manipulated
Image Link Flags state: Original
               Image Link Flags
     --------------------------------------------
     CALL_DEBUG      : Call debugger
     IMGSTA          : Call SYS$IMGSTA
     MAIN            : Image has main transfer
     TBK_IN_IMG      : Traceback records in image file
     DBG_IN_IMG      : Debug records in image file
 

この例では,SET IMAGE/SUCCESS コマンドを使用して,イメージ中のリンク完了コードの値を SUCCESS に変更しています。 2 つ目の SHOW IMAGE コマンドの出力は,リンク完了コードの値が変更されたことを示しています。

#2

$ SHOW IMAGE SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE
Show Image Version 1.2                       29-SEP-2004 12:40:04.32
SYS$COMMON:[SYSEXE]DCE$DCED.EXE;199
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: DCE$DCED
    Global Symbol Table name: DCE$DCED
   Image file identification: DCE T3.2-040610
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker I01-68
              Link Date/Time: 11-JUN-2004 01:50:11.71
             Patch Date/Time: Never
      Manipulation Date/Time: Never
  Image Dynamic Data Version: 1.1
Image Completion Code Value: SUCCESS  State: Original
Image Link Flags state: Original
               Image Link Flags
     --------------------------------------------
     MAIN            : Image has main transfer
$ SET IMAGE/FLAGS=(MKTH,UPCALL) SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE
$!
$ SHOW IMAGE SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE
Show Image Version 1.2                       29-SEP-2004 12:43:34.90
SYS$COMMON:[SYSEXE]DCE$DCED.EXE;1
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file
Image Identification Information
                  Image name: DCE$DCED
    Global Symbol Table name: DCE$DCED
   Image file identification: DCE T3.2-040610
  Image build identification: <unavailable>
         Link identification: Linker I01-68
              Link Date/Time: 11-JUN-2004 01:50:11.71
             Patch Date/Time: Never
         Manipulation Date/Time: 29-SEP-2004 12:43:02.14
  Image Dynamic Data Version: 1.1
Image Link Flags state: Manipulated
     Current Image Flags        Original Link Flags
     -------------------        -------------------
     MKTHREADS                  MAIN
     UPCALLS
     MAIN
     Image Link Flag   Description
     ---------------   -------------------------------------
     MKTHREADS       : Multiple kernel threads enabled
     UPCALLS         : Upcalls enabled
     MAIN            : Image has main transfer

この SET IMAGE コマンドの例では,イメージ SYS$SYSTEM:DCE$DCED.EXE に対して複数のカーネル・スレッドとスレッドのアップコールを有効にする方法を示しています。

#3

$ SHOW IMAGE PATCH.EXE;61
Show Image                               30-SEP-2004 09:06:39.57 
WORK1:[SWEENEY.PATCH]PATCH.EXE;61 
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file 
 
                  Image name: PATCH 
    Global Symbol Table name: PATCH 
              Link Date/Time: 23-SEP-2004 10:22:07.04 
      Manipulation Date/Time: Never 
 
            Link flags state: Original 
 
         Link Flags 
     ------------------ 
     CALL_DEBUG 
     IMGSTA 
     MAIN 
     TBK_IN_IMG 
     DBG_IN_IMG 
$ DEFINE PATCH WORK1:[SWEENEY.PATCH]PATCH.EXE;61
$ PATCH X.LIS
         OpenVMS I64 Debug64 Version 8.2 
 
%DEBUG-I-INITIAL, Language: BLISS, Module: PATMAIN 
 
DBG>Exit 
$ SET IMAGE/FLAGS=NOCALL_DEBUG PATCH.EXE 
$ PATCH X.LIS 
 
 
  OpenVMS PATCH Version 8.2 
 
%PATCH-I-NOGBL, some or all global symbols not accessible 
%PATCH-I-NOLCL, image does not contain local symbols 
PATCH> 

この例では,イメージが起動された時にデバッガが呼び出されないようにイメージを変更する方法を示しています。イメージ PATCH.EXE は,デバッグを有効にしてリンクされていました。 SET IMAGE /FLAGS=NOCALL_DEBUG コマンドにより,イメージを実行するときにデバッガが迂回されるようになります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項