日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




GOSUB サブルーチン・プロシージャを終了し, GOSUB コマンドの次のコマンドに制御を返します。

形式

RETURN [状態コード]


パラメータ



状態コード

予約グローバル・シンボル $STATUS に数値を定義します。状態コードは,サブルーチンの終了状態を与える ( ロングワードの ) 整数値,または整数値に等しい式を指定することができます。値は,次の外側のコマンド・レベルでチェックすることができます。ロングワード整数値の下位 3 ビットは,予約グローバル・シンボル $SEVERITY の値を変更します。状態コードを指定すると, DCL は条件コードとしてそのコードを解釈します。偶数の数値は警告,エラーまたは重大エラーのメッセージを生成し,基数の数値はメッセージを表示しないか,成功または情報のメッセージを表示します。

状態コードを指定しない場合には,$STATUS の現在の値が保存されます。制御が外側のコマンド・レベルに返る時, $STATUS は最も最近実行されたコマンドまたはプログラムの状態を含みます。


説明

RETURN コマンドは GOSUB サブルーチンを終了し, GOSUB コマンドの次のコマンドに制御を返します。

DCL コマンド,ユーザ・プログラム,またはコマンド・プロシージャの実行が終了すると,コマンド・インタプリタはグローバル・シンボル $STATUS に状態コード値を保存します。システムは,この値を 16 進形式で保守します。 RETURN コマンドで明示的に $STATUS の値を設定しないと,コマンド・インタプリタは $STATUS の現在の値を使用してエラー状態を決めます。

$STATUS に含まれる状態値の下位 3 ビットは,状態の重大度を示します。予約グローバル・シンボル $SEVERITY には,状態コードのこの部分が含まれています。重大度は 0 から 4 までの値で示します。次の表を参照してください。

重大度
0 警告
1 成功
2 エラー
3 情報
4 重大(回復不可能)エラー

成功コードおよび情報コードは奇数値,警告コードおよびエラー・コードは偶数値である点に注意してください。


#1

$ SHOW TIME 
  14-DEC-2001 14:25:42 
$ GOSUB SYMBOL 
$ EXIT 
$ SYMBOL: 
$     SHOW SYMBOL RED 
      RED = "SET DEFAULT [LOWE.DCL]" 
$     RETURN 1 

GOSUB コマンドは,SYMBOL というラベルのサブルーチンに制御を移します。サブルーチンの実行後,RETURN コマンドは,$STATUS と $SEVERITY に 1 という値を与えて,GOSUB 文の次のコマンドに制御を返します。その後,プロシージャは終了します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項