日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




カード・リーダからバッチ・ジョブをキューに登録する際に, JOB カードに指定したユーザ名に対応するパスワードを与えます。 PASSWORD カードは省略できませんが,そのアカウントが空文字列のパスワードを持つ場合には,カード上のパスワードは省略できます。

PASSWORD コマンドは,カード・リーダからジョブをキューに登録する場合にのみ有効です。カード上の PASSSWORD コマンドの前には,ドル記号($) が必要です。


形式

PASSWORD [パスワード]

注意

パスワードを変更する場合は,SET PASSWORD コマンドを使用します。 SET PASSWORD コマンドについて詳細は,SET PASSWORD の説明を参照してください。


パラメータ



パスワード

JOB コマンドに指定されているユーザ名に対応するパスワードを指定します。パスワード・パラメータは,1 文字から 31 文字までの長さです。

空文字列のパスワードを持つアカウントから,ジョブをキユーに登録する場合には, PASSWORD カード上のパスワードは省略します。


説明

PASSWORD コマンドは,JOB コマンドとともに使用されます。 JOB カードはカード・リーダからバッチ・ジョブをキューに登録したユーザを識別します。その後,パスワードを与える PASSWORD コマンドを実行します。ここで指定したパスワードが,JOB カードでのユーザ名に対応するパスワードと一致するかどうか,システムがチェックします。パスワードが一致しない場合,ジョブは拒否されます。

PASSWORD カードを使用する時に他のユーザにパスワードを見られないように, PASSWORD カードに最初に穴を開ける時,プリンティングを抑止したい場合もあります。


#1



JOB および PASSWORD コマンドを実行してから,カード・リーダからバッチ・ジョブをキューに登録しています。 EOJ コマンドは,ジョブの終了を示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項