日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

F$LENGTH

指定した文字列の長さを戻します。

形式

F$LENGTH (文字列)



戻り値


文字列の長さを示す整数値


引数



文字列

長さを求める文字列を指定します。文字列式として指定します。

#1

$ MESSAGE = F$MESSAGE(%X1C)
$ SHOW SYMBOL MESSAGE
  MESSAGE = "%SYSTEM-F-EXQUOTA, exceeded quota"
$ STRING_LENGTH = F$LENGTH(MESSAGE)
$ SHOW SYMBOL STRING_LENGTH
  STRING_LENGTH = 33   Hex = 00000021  Octal = 000041
 

この例では,最初の割り当てステートメントでは, 16 進数の 1C に対応するメッセージを戻すために, F$MESSAGE 関数を使用しています。メッセージは,文字列式として戻され,MESSAGE というシンボルに割り当てられます。

次に,F$LENGTH 関数を使用して,シンボル MESSAGE に割り当てられた文字列の長さが戻されています。 F$LENGTH 関数に対する引数として,シンボル MESSAGE を使用する場合,引用符 (" ") で囲む必要はありません (シンボルを囲む引用符は,文字列式では使用されません )。

F$LENGTH 関数は,文字列の長さを戻し,その値をシンボル STRING_LENGTH に割り当てます。この例の最後で,シンボル STRING_LENGTH の値は,シンボル MESSAGE の値の文字数,つまり 33 になります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項