日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

$GETJPI 関数を使用して,空プロセスまたはスワッパ・プロセスの情報を要求する場合は,以下の項目を除いて, 表 1-7 にある任意の項目を指定できます。

ACCOUNT BYTLM ENQCNT ENQLM
EXCVEC FILCNT FILM FINALEXC
IMAGNAME LOGINTIM MSGMASK PAGFILCNT
PGFLQUOTA PRCCNT PRCLM PROCPRIV
SITESPEC TQCNT TQLM USERNAME
VIRTPEAK VOLUMES WSPEAK  


#1

$ NAME = F$GETJPI("3B0018","USERNAME")
$ SHOW SYMBOL NAME
  NAME = "JANE        "

この例は,F$GETJPI 関数を使用して, 3B0018 というプロセス番号の利用者名を得る方法を示しています。利用者名には,NAME というシンボルが割り当てられます。

#2

$ X=F$ENVIRONMENT("MESSAGE")
$ SHOW SYMBOL X
  X = "/FACILITY/SEVERITY/IDENTIFICATION/TEXT"
$ X=F$GETJPI("0","MSGMASK")
$ SHOW SYMBOL X
  X = 15   Hex = 0000000F  Octal = 00000000017
$ SET MESSAGE /NOFACILITY
$ X=F$ENVIRONMENT("MESSAGE")
$ SHOW SYMBOL X
  X = "/NOFACILITY/SEVERITY/IDENTIFICATION/TEXT"
$ X=F$GETJPI("0","MSGMASK")
$ SHOW SYMBOL X
  X = 7   Hex = 00000007  Octal = 00000000007
$ SET MESSAGE /FACILITY
$ X=F$ENVIRONMENT("MESSAGE")
$ SHOW SYMBOL X
  X = "/FACILITY/SEVERITY/IDENTIFICATION/TEXT"
$ X=F$GETJPI("0","MSGMASK")
$ SHOW SYMBOL X
  X = 15   Hex = 0000000F  Octal = 00000000017
$

この例は,F$GETJPI 関数の MSGMASK 項目の利用法を示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項