日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

この例は,DQA0 という装置のエラー回数を調べるために, F$GETDVI 関数を使用する方法を示しています。 DQA0 という装置名と ERRCNT という項目は,文字列リテラルなので引用符で囲まなければなりません。

#2

$  LIBRARY/EXTRACT=$DCDEF/OUTPUT=$DCDEF.TXT SYS$LIBRARY:STARLET.MLB
                       

この例では,STARLET ライブラリの装置タイプと装置クラスの値のリストを含んでいるファイル $DCDEF.TXT を作成する方法を示しています。装置クラスは 'DC$' で始まり,装置タイプは 'DT$' で始まります。

今日の SCSI ディスクとテープの大部分は汎用の DEVTYPE コード (DT$_GENERIC_DK または DT$GENERIC_MK) を戻すので, DEVICE_TYPE_NAME 項目を使用するようにしてください。


$ X=F$GETDVI("XDELTA$DKA0:","DEVICE_TYPE_NAME") 
$ SHOW SYMBOL X 
  X = "RZ29B" 

#3

$  WRITE SYS$OUTPUT F$GETDVI ( "$1$DGA30", PATH_SWITCH_TO_TIME",
_$  "PGA0.5000-1FE1-0001=5782" )
19-MAY-2006 14:47:41.77
 

この例は,F$GETDVI でのオプションのパス名パラメータの使用を示しています。パスを指定しない場合は,マルチパスの現在のパスの情報が返されます。マルチパス・デバイスのパスを調べるには, F$MULTIPATH レキシカル関数を使用します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡