日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




仮想メモリの内容を表示します。

内容を確認する仮想メモリの記憶位置へのユーザ・モード読み取り(R)アクセス権が必要です。


形式

EXAMINE 記憶位置[:記憶位置]


パラメータ



記憶位置[:記憶位置]

内容を確認する仮想アドレスまたは仮想アドレスの範囲 ( 最初に小さいアドレスを, 2 番目に大きいアドレスを指定 ) を指定します。アドレスの範囲を指定する場合には,開始アドレスと終了アドレスをコロン (:) で区切ります。

記憶位置には算術演算子,論理演算子,または事前に割り当てられたシンボルを含む任意の有効な計算式を指定できます。基数修飾子を使用して,アドレスを解釈するための基数を決めます。省略時の設定は 16 進数です。シンボル名は常に,それらが定義されたときの基数で解釈されます。記憶位置の前には,基数演算子 %X,%D,または %O を付けることができます。 16 進数は,数字(または %X)で開始する必要があります。

DEPOSIT および EXAMINE コマンドは,現在のメモリ記憶位置のポインタを保持します。EXAMINE コマンドは,EXAMINE コマンドを指定したときに表示した最後の記憶位置にこのポインタを設定します。 EXAMINE または DEPOSIT コマンドにピリオド (.) を付けて実行すれば,この記憶位置を参照できます。


説明

EXAMINE コマンドは,仮想メモリの内容を表示します。アドレスは 16 進形式で表示され,内容は指定した基数で表示されます。次の例を参照してください。


address:  contents 

指定したアドレスにユーザ・モードでアクセスできない場合は,内容のフィールドに 4 つのアスタリスク (*) が表示されます。

基数修飾子: DEPOSIT または EXAMINE コマンドの基数の省略時の設定によって,コマンドによる数値リテラルの解釈方法が決まります。省略時の設定の基数は 16 進数値なので,コマンド行のすべての数値リテラルは, 16 進数値であると仮定されます。 EXAMINE コマンドに基数修飾子を指定した場合は,別の修飾子によって上書きされるまで,その基数が以降の EXAMINE コマンドおよび DEPOSIT コマンドの省略時の設定になります。次の例を参照してください。


$ EXAMINE/DECIMAL 900
00000384:  0554389621

EXAMINE コマンドは,記憶位置 900 を 10 進数として解釈し,その記憶位置の内容を 10 進数で表示します。以降のすべての DEPOSIT コマンドおよび EXAMINE コマンドでは,アドレスやデータに入力される数を 10 進数であると仮定します。 EXAMINE コマンドは常に,アドレス記憶位置を 16 進数で表示する点に注意してください。

= (代入文) コマンドによって定義されたシンボルは常に,それらが定義されたときの基数で解釈されます。

表示する記憶位置または格納するデータとして入力する 16 進数値は,数字 (0 〜 9) で始まらなければなりません。数字 (0 〜 9) 以外で始めるとコマンド・インタプリタは,シンボル名を入力したか,またはシンボルの置換を行うものと仮定します。

現在の省略時の設定を変更するには, EXAMINE コマンドを入力する時に基数演算子 %X,%D,または %O を使用します。次の例を参照してください。


$ EXAMINE/DECIMAL %X900
00000900:  321446536

このコマンドは,16 進数値の 900 として指定された記憶位置にあるデータを 10 進数形式で表示することを要求しています。

長さ修飾子: EXAMINE コマンドの省略時の設定の長さの単位はロングワードです。 EXAMINE コマンドは,各ロングワードの間にブランクを入れて,一度に 1 ロングワードずつデータを表示します。EXAMINE コマンドで長さ修飾子を使用した場合は,別の修飾子によって上書きされるまで,その長さが以降の EXAMINE コマンドおよび DEPOSIT コマンドでの,メモリ記憶位置の省略時の設定の長さになります。

修飾子の配置に関する制約: EXAMINE コマンドは,算術的に式を解釈します。そのため,コマンド名の直後に指定された場合のみ,修飾子は正しく解釈されます。


修飾子



/ASCII

指定した記憶位置のデータを ASCII 形式で表示します。

対応する ASCII コードがない 2 進値は,ピリオド(.) として表示されます。

/ASCII 修飾子を指定した場合,または ASCII モードが省略時の設定である場合は,コマンド行で指定される数値リテラルの省略時の設定の基数として, 16 進数が使用されます。

/BYTE

指定された記憶位置にあるデータを一度に 1 バイトずつ表示します。

/DECIMAL

指定された記憶位置の内容を 10 進形式で表示します。

/HEXADECIMAL

指定された記憶位置の内容を 16 進形式で表示します。

/LONGWORD

指定された記憶位置にあるデータを一度に 1 ロングワードずつ表示します。

/OCTAL

指定された記憶位置の内容を 10 進形式で表示します。

/WORD

指定された記憶位置にあるデータを一度に 1 ワードずつ表示します。

#1

$ RUN   MYPROG
[Ctrl/Y]
$ EXAMINE   2678
0002678:  1F4C5026
$ CONTINUE

この例で RUN コマンドは,イメージ MYPROG.EXE の実行を開始します。 MYPROG の実行中に Ctrl/Y を押して実行を中断します。EXAMINE コマンドによって,仮想メモリ記憶位置 2678(16 進値)の内容が表示されます。

#2

$ BASE = %X1C00
$ READBUF = BASE + %X50
$ ENDBUF = BASE + %XA0
$ RUN   TEST
[Ctrl/Y]
$ EXAMINE/ASCII READBUF:ENDBUF
00001C50:  BEGINNING OF FILE MAPPED TO GLOBAL SECTION
   .
   .
   .

この例では,プログラム TEST.EXE を実行する前に,プログラムの基底アドレスならびにラベル READBUF と ENDBUF のシンボリック名が定義されます。これらのシンボリック名は,すべて基数演算子 %X を使用して 16 進形式で表されます。READBUF および ENDBUF は,プログラムの基底アドレスからのオフセットを定義しています。

プログラムの実行中に Ctrl/Y を押してプログラムを中断します。 EXAMINE コマンドによって,指定されたメモリ記憶位置にあるすべてのデータが ASCII 形式で表示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項