日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

時刻指定の詳細,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/SIZE[=オプション]



/NOSIZE (省略時の設定)

各ファイルのサイズをブロック数で表示します。オプション・パラメータを省略した場合は,使用済みブロック数 (USED) が表示されます。指定できるオプションは,次のとおりです。

ALL ファイル・サイズを,使用済みブロック数および割り当てブロック数の両方で表示します。
ALLOCATION ファイル・サイズを割り当てブロック数で表示します。
UNITS[=オプション] ファイル・サイズ表示の際の単位を指定します。この場合,SET PROCESS/UNITS で指定される現在の省略時の設定は使用されません。

有効なオプションは,BLOCKS (ブロック数) および BYTES (バイト数) です。

オプションを指定せずに UNITS だけを指定すると,省略時の設定が使用されます。

USED ファイル・サイズを使用済みブロック数で表示します。

このフィールドの幅は, /WIDTH 修飾子の SIZE キーワードに値を与えることにより変更できます。

/STYLE=キーワード,[キーワード]

ディレクトリ内容を表示する場合に,表示するファイル名の書式を指定します。

この修飾子のキーワードは CONDENSED および EXPANDED です。意味は次の表のとおりです。

キーワード 説明
CONDENSED
(省略時の設定)
ファイル名を 255 文字以内に収まる長さの文字列にして表示します。この場合,ファイル指定には DID 短縮形や FID 短縮形が含まれることがあります。
EXPANDED ファイル名をディスクに格納されているとおりに表示します。この場合,ファイル名には DID 短縮形や FID 短縮形は含まれません。

CONDENSED と EXPANDED の両方のキーワードを指定すると,ファイル指定は 2 列に表示されます。列のサイズは画面の幅に依存します。ファイル名は各列の内側で折り返されます。

EXPANDED キーワードが指定されていない場合,ファイル・エラーは CONDENSED ファイル指定で表示されます。

詳細は『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』を参照してください。

/SYMLINK (省略時の設定)



/NOSYMLINK

入力ファイル指定パラメータがシンボリック・リンクの場合,シンボリック・リンク自体のファイル属性が表示されます。ファイル属性を要求した場合は,ファイル名とその内容の間に矢印を使用して,シンボリック・リンクの内容も表示されます (たとえば,LINK.TXT -> FILE.TXT)。

/NOSYMLINK 修飾子は,入力ファイル指定がシンボリック・リンクの場合,シンボリック・リンクが参照しているファイルのファイル属性を表示するように指示します。表示される名前は,シンボリック・リンク自体の名前のままです。

/TIME[=オプション]



/NOTIME (省略時の設定)

/DATE 修飾子と同じです。指定されたファイルごとに,バックアップ日時,作成日時,満了日時,または変更日時を表示します。省略時の設定は /NOTIME です。 /TIME だけを指定し,オプションを省略すると,作成日時が表示されます。以下のオプションが指定できます。

オプション 説明
ALL CREATED(作成日),EXPIRED(満了日),BACKUP(バックアップ日),および MODIFIED(最終変更日)を指定する。
BACKUP 各ファイルの最新のバックアップ日を表示する。
CREATED 各ファイルの作成日を表示する。
EFFECTIVE ファイルの内容が正しい有効日を表示する。
EXPIRED 各ファイルの満了日を表示する。
MODIFIED ファイルが最後に変更された日を表示する。
RECORDING 記憶媒体上の記録日を表示する。



/TOTAL

ディレクトリ名とファイルの総数だけを表示します。

省略時には,出力形式は /BRIEF 修飾子によって決定されます。この場合には,総数だけでなくファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号もすべて表示されます。

/TRAILING



/NOTRAILING

以下の要約情報を示す末尾行が表示されるかどうかを制御します。

  • 表示されたファイルの総数

  • ディレクトリごとの使用済みブロックの総数

  • 割り当てブロックの総数

  • ディレクトリの総数と,すべてのディレクトリにおける使用済みブロックまたは割り当てブロックの総数 (複数のディレクトリが表示されている場合のみ)

省略時の出力形式には,この要約情報のほとんどが含まれます。どの要約情報が含まれるかは,/SIZE 修飾子および /FULL 修飾子の指定の有無によってより正確に決まります。

/TRAILING 修飾子が単独で使用されると,ディレクトリ内のファイルの数が表示されます。 /TRAILING 修飾子が /SIZE 修飾子とともに指定されると,ファイル数と ( /SIZE 修飾子のオプション USED または ALLOCATION に応じた ) ブロック数が表示されます。/TRAILING 修飾子が /FULL 修飾子とともに指定されると,ファイル数,使用済みブロック数,割り当てブロック数が表示されます。複数のディレクトリがリストされる場合には,要約情報にはディレクトリの総数,使用済みブロックの総数,割り当てブロックの総数が含まれます。

/VERSIONS=n

選択された各ファイルの最新の n バージョンが表示されることを指定します。 /VERSIONS 修飾子を省略した場合には,各ファイルのすべてのバージョンが表示されます。指定できる値は,1以上の値です。

/WIDTH=(キーワード[,...])

表示の幅を規定します。キーワードを 1 つだけしか指定しない場合には,括弧を省略できます。次のキーワードを指定できます。

DISPLAY= n 表示の全体の幅を 1 〜 256 の範囲の整数で指定します。省略時の設定は 0 (表示幅はターミナルの幅に設定される) です。表示幅がターミナルの幅を越えている場合,情報は途中で切り捨てられます。
FILENAME= n ファイル名を表示するフィールドの幅を指定します。省略時は 19 文字です。ファイル名とともにそれ以外の情報も各カラムに表示されるように要求すると,ファイル名がパラメータ n を超える場合には,その行はファイル名フィールドの直後で折り返されます。 (/COLUMNS 修飾子を参照してください。)
OWNER= n 所有者を表示するフィールドの幅を指定します。省略時は 20 文字です。所有者のユーザ識別コード(UIC) が所有者フィールドの長さを超える場合には,情報は途中で切り捨てられます。
SIZE= n サイズを表示するフィールドの幅を指定します。省略時は,OpenVMS V6.0 より前のバージョンのシステムでは 6 文字, OpenVMS V6.0 以降では 7 文字です。ファイル・サイズがサイズ・フィールドの長さを超える場合,そのフィールドにはアスタリスク列が表示されます。



/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)

/PAGE=SAVE 修飾子とともに使用し, 1 行の長さを画面の幅に制限して,それより長い行を次行に折り返します。

/NOWRAP 修飾子を指定した場合,画面の幅より長い行は /PAGE=SAVE 修飾子の横スクロール機能を使って見ることができます。


#1

$ DIRECTORY AVERAGE.*
 
Directory DISK$DOCUMENT:[SOUDER]
 
AVERAGE.EXE;6    AVERAGE.FOR;6    AVERAGE.LIS;4   AVERAGE.OBJ;12
 
Total of 4 files.  

この例では,ファイル・タイプが何であるかにかかわらず,ファイル名が AVERAGE であるファイルをすべて表示します。

#2

$ DIRECTORY/SIZE=USED/DATE=CREATED/VERSIONS=1/PROTECTION -
_$ AVERAGE
 
Directory DISK$DOCUMENT:[SLOUGH] 
 
AVERAGE.EXE;6       6        19-DEC-2001 15:43:02.10 (RE,RE,RWED,RE)
AVERAGE.FOR;6       2        19-DEC-2001 10:29:53.37 (RE,RE,RWED,RE)
AVERAGE.LIS;4       5        19-DEC-2001 16:27:27.19 (RE,RE,RWED,RE)
AVERAGE.OBJ;6       2        19-DEC-2001 16:27:44.23 (RE,RE,RWED,RE)
                                  
Total of 4 files, 15 blocks.  

この例では,現在の省略時のディレクトリにあるファイルのうち,ファイル名が AVERAGE であるものすべてについて,その最新バージョンの使用済みブロック数,作成日,およびファイル保護コードを表示します。

#3

$ DIRECTORY/FULL DISK$GRIPS_2:[VMS.TV]DEMO.EXE
 
Directory DISK$GRIPS_2:[VMS.TV]
 
DEMO.EXE;1                      File ID:  (36,11,0)     
Size:           390/390         Owner:    [0,0]
Created:  12-NOV-2001 11:45:19.00
Revised:  14-DEC-2001 15:45:19.00 (34)
Expires:   <None specified>
Backup:   28-NOV-2001 04:00:12.22
Effective: <None specified>
Recording: <None specified>
File organization:  Sequential
Shelved state:      Online
Caching attribute:  Writethrough
File attributes:    Allocation: 390, Extend: 0, Global buffer count: 0, 
                    Version limit: 0, Backups disabled, Not shelvable
Record format:      Fixed length 512 byte records
Record attributes:  None
RMS attributes:     None
Journaling enabled: None
File protection:    System:RE, Owner:RE, Group:RE, World:RE
Access Cntrl List:  None
Client attributes:  None
 
Total of 1 file, 390/390 blocks.

この例は,DIRECTORY/FULL コマンドの表示内容を例示しています。

#4

$ DIRECTORY/VERSIONS=1/COLUMNS=1 AVERAGE.*

この DIRECTORY コマンドは,現在の省略時のディレクトリにあるファイルのうち,ファイル名が AVERAGE であるものについて,それぞれの最新バージョンだけを表示します。出力は簡略形式で,1 カラムに制限されます。見出し行と要約行も表示されます。

#5

$ DIRECTORY BLOCK%%%

この DIRECTORY コマンドは,省略時の装置およびディレクトリに含まれるファイルの中から,名前が BLOCK から始まり,その後に任意の 3 文字が続くファイルのすべてのバージョンとすべてのファイル・タイプを表示します。省略時の出力形式は簡略形式であり, 4 つのカラムが表示され,見出し行と要約行も表示されます。

#6

$ DIRECTORY/EXCLUDE=(AVER.DAT;*,AVER.EXE;*) [*...]AVER

この DIRECTORY コマンドは,省略時の装置のすべてのディレクトリおよびサブディレクトリにあるファイルのうち,ファイル名が AVER であるものについて,すべてのファイル・タイプおよびバージョンを表示します。ただし,AVER.DAT と AVER.EXE とは除きます。

#7

$ DIRECTORY/SIZE=ALL FRESNO::DISK1:[TAMBA]*.COM

このコマンドは,ノード FRESNO の装置 DISK1 上のディレクトリ TAMBA からファイル・タイプが COM であるすべてのファイルのすべてのバージョンを表示します。各ファイルのサイズも使用済みブロック数および割り当てブロック数によって表示します。

#8

$ DIRECTORY-
_$ /MODIFIED/SINCE=14-DEC-2001:01:30/SIZE=ALL/OWNER-
_$ /PROTECTION/OUTPUT=UPDATE/PRINTER [A*]

このコマンドは,省略時の装置上の名前が A で始まるディレクトリから,更新日時が 2004年 12 月 14 日午前 1 時 30 分以降であるファイルをすべて検索します。出力には,すべてのバージョン,使用済みサイズと割り当てサイズ,最終更新日時,所有者,保護コードが含まれます。出力は UPDATE.LIS に書き出されます。このファイルは,省略時のプリンタ・キューに自動的に登録された後,削除されます。

#9

$ DIRECTORY/SHELVED_STATE
Directory MYDISK:[THOMPSON]
MYFILE.TXT;2            Online
NOT_SHELVED.TXT;1       Online
SHELVED.TXT             Shelved
Total of 3 files.

この例では,省略時のディレクトリのすべてのファイルについて,シェルブド,プリシェルブド,オンライン,リモートのどれであるかを表示しています。

#10

$ DIRECTORY *.PS
Directory MYDISK:[TEST]
REPORT.PS;1            1197
Total of 1 file, 1197 blocks.
$ DIRECTORY/SIZE=UNITS=BYTES *.PS
Directory $1$DKC600:[TEST]
REPORT.PS;1           598KB
Total of 1 file, 598KB

省略時の設定により,最初の DIRECTORY コマンドはファイル・サイズをブロック単位で表示しています。 2 番目の DIRECTORY コマンドでは,ファイル・サイズがバイト単位で表示されるよう指示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項