日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

SLP 修飾子によって作成される出力ファイルは,第 1 入力ファイルを更新するために,SLP への入力として使用できます ( 第 1 入力ファイルを第 2 入力ファイルと一致するように変更できます )。

/SLP だけを指定し,/OUTPUT 修飾子を指定しない場合には,DIFFERENCES は,第 1 入力ファイルと同じファイル名でファイル・タイプが DIF であるファイルに,出力ファイルを書き込みます。

/WIDTH=n

出力リストの 1 行の幅を桁数で指定します。省略時の設定では 132 桁です。出力がターミナルに送られる場合は /WIDTH 修飾子は無視され,ターミナルの行の幅が使用されます。

ターミナルの 1 行の幅を変更するには,SET TERMINAL コマンドを使用します。

/WINDOW=サイズ

一致しないレコードを示す前に,サイズ・パラメータで指定された数のレコードを検索します。省略時の設定では,一致しないレコードをリストする前に両方の入力ファイルを最後まで検索します。

ウィンドウ・サイズは,相違点をもつセクションの最小サイズで,これのために DIFFERENCES コマンドが 2 つの入力ファイル間の同期を失うことがあります。

/WRAP



/NOWRAP (省略時の設定)

/PAGE=SAVE 修飾子とともに指定して,1 行の桁数を画面の幅に制限し,画面幅より長い行は次の行に折り返します。

/NOWRAP 修飾子を指定した場合,画面の幅より長くても行が折り返されることはありませんが,画面をはみだした部分は /PAGE=SAVE 修飾子の横スクロール機能を使えば見ることができます。


#1

$ DIFFERENCES EXAMPLE.TXT
************
File DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2
    1   DEMONSTRATION 
    2   OF V7.3 DIFFERENCES
    3   UTILITY
******
File DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;1
    1   DEMONSTRETION 
    2   OF VMS DIFFERENCES
    3   UTILITY
************
Number of difference sections found: 1
Number of difference records found: 2
DIFFERENCES/ IGNORE=()/MERGED=1-
       DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2-
       DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;1

この DIFFERENCES コマンドは,現在の省略時のディレクトリの EXAMPLE.TXT というファイルの, 2 つの最新バージョンの内容を比較します。 DIFFERENCES は,各レコードのすべての文字を比較し,その結果をターミナルに表示します。

#2

$ DIFFERENCES/PARALLEL/WIDTH=80/COMMENT_DELIMITER="V" EXAMPLE.TXT
-------------------------------------------------------------------------------
File DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2  |  File DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;1
------------------- 1 ------------------------------------- 1 -----------------
DEMONSTRATION                          |  DEMONSTRETION                    
-------------------------------------------------------------------------------
Number of difference sections found: 1
Number of difference records found: 1
DIFFERENCES/IGNORE=(COMMENTS)/COMMENT_DELIMITER=("V")/WIDTH=80/PARALLEL-
       DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2-
       DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;1

上記の例と同様にファイルを比較します。ただし,行の最初に "V" のつくすべての文字列は無視されます。また,違いのパラレル・リストを 80 桁で表示します。

#3

$ DIFFERENCES/WIDTH=80/MODE=(HEX,ASCII) EXAMPLE.TXT/CHANGE_BAR
************
File DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2
    1 ! DEMONSTRATION 
    2 ! OF V7.3 DIFFERENCES
    3   UTILITY
************
************
File DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2
RECORD NUMBER 1 (00000001) LENGTH 14 (0000000E)  ***CHANGE***
     204E 4F495441 5254534E 4F4D4544 DEMONSTRATION .. 000000
RECORD NUMBER 2 (00000002) LENGTH 19 (00000013)  ***CHANGE***
 4E455245 46464944 20302E33 5620464F OF V7.3 DIFFEREN 000000
                              534543 CES............. 000010
RECORD NUMBER 3 (00000003) LENGTH 7 (00000007) 
                     595449 4C495455 UTILITY......... 000000
************
Number of difference sections found: 1
Number of difference records found: 2
DIFFERENCES /WIDTH=80/MODE=(HEX,ASCII) 
       DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;2/CHANGE_BAR-
       DISK1:[CHRIS.TEXT]EXAMPLE.TXT;1

例 1 と同様にファイルを比較します。ただし,違いを 16 進形式と ASCII 形式でリストします。また,省略時の設定の変更バーを出力で使用するよう指定しています。 16 進形式での省略時の設定の変更バーは,***CHANGE*** です。 ASCII 形式での省略時の設定の変更バーは,感嘆符です。

#4

$ DIFFERENCES/OUTPUT BOSTON::DISK2:TEST.DAT OMAHA::DISK1:[PGM]TEST.DAT

この DIFFERENCES コマンドは,リモート・ノードにある 2 つのファイルを比較し違いを表示します。第 1 ファイルは,リモート・ノード BOSTON にある TEST.DAT です。第 2 ファイルは,リモート・ノード OMAHA にある TEST.DAT です。出力ファイルは DISK1:[PGM]TEST.DIF です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡