日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




DEFINE/KEY コマンドによって設定されたキー定義を削除します。 /KEY 修飾子は省略できません。

形式

DELETE/KEY [キー名]


パラメータ



キー名

定義を削除するキーの名前を指定します。このパラメータは,/ALL 修飾子と同時に指定することはできません。

修飾子



/ALL

指定された状態のすべてのキー定義が削除されることを指定します。省略時には,現在の状態のすべてのキー定義が削除されます。 /ALL 修飾子を使用した場合には,キー名は指定できません。 /STATE 修飾子を使用すれば,1つまたは複数の状態を指定できます。

/LOG (省略時の設定)



/NOLOG

指定されたキー定義が削除されたことを示すメッセージが,表示されるかどうかを制御します。

/STATE=(状態名[,...])



/NOSTATE (省略時の設定)

どの状態のキー定義を削除するかを,状態名で指定します。省略時には,現在の状態のキー定義が削除されます。状態名を1つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。状態名は,任意の英数字文列です。

#1

$ DELETE/KEY/ALL
%DCL-I-DELKEY, DEFAULT key PF1 has been deleted
%DCL-I-DELKEY, DEFAULT key PF2 has been deleted
%DCL-I-DELKEY, DEFAULT key PF3 has been deleted
%DCL-I-DELKEY, DEFAULT key PF4 has been deleted
$
 

この例では,状態 DEFAULT において PF1 から PF4 までのキーがすでに定義されているものとします。この DELETE/KEY コマンドは,現在の状態(この場合は DEFAULT 状態)におけるすべてのキー定義を削除しています。

#2

$ DEFINE/KEY PF3 "SHOW TIME" /TERMINATE
%DCL-I-DEFKEY, DEFAULT key PF3 has been defined
$ [PF3]
$ SHOW TIME
 14-DEC-2001 14:43:59 
   .
   .
   .
$ DELETE/KEY PF3
%DCL-I-DELKEY, DEFAULT key PF3 has been deleted
$ [PF3]
$
 

この DEFINE/KEY コマンドは,キーパッドの PF3 キーに SHOW TIME コマンドを定義しています。その後で,DELETE/KEY コマンドの使用により,PF3キーに対する定義を削除します。したがって,この後 PF3 キーを押しても,システム・プロンプトが表示されるだけです。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項