日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




大容量記憶ディスク・ボリュームから,1つまたは複数のファイルを削除します。

ファイルに対する削除 (D) アクセス権と,親ディレクトリに対する書き込み (W) アクセス権が必要です。削除するファイルがディレクトリである場合には,そのディレクトリは空でなければなりません。


形式

DELETE ファイル指定[,...]


パラメータ



ファイル指定[,...]

大容量記憶ディスク・ボリュームから削除する 1 つ以上のファイルの名前を指定します。最初のファイル指定には,ディレクトリ指定 (省略可) に加えて,ファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号を明示的に含めなければなりません。 2 番目以降のファイル指定では,バージョン番号のみが必須です。この場合,省略されたフィールドには先行するファイル指定のフィールドが適用されます。ファイル指定のどのフィールドにも,ワイルドカード文字 (* と %) が使用できます。

ディレクトリや装置名を省略する場合には,現在の省略時の装置および省略時のディレクトリが使用されます。

セミコロン (;) の後にファイル・バージョン番号が指定されていない場合や,バージョン番号が 0 の場合,あるいはファイル指定のバージョン番号に 1 つまたは複数のスペースが含まれている場合には,ファイルの最新バージョンが削除されます。

入力ファイル指定パラメータがシンボリック・リンクの場合,シンボリック・リンク自体が削除されます。

複数のファイルを削除するためには,ファイル指定を,コンマ (,),またはプラス記号 (+) で区切ります。


説明

DELETE コマンドは,1 つまたは複数のファイルを,マス・ストレージ・ディスク・ボリュームから削除します。このコマンドは,ファイルに対する削除 (D) アクセス権と,親ディレクトリに対する書き込み (W) アクセス権が必要です。削除したいファイルがディレクトリである場合には,そのディレクトリは空でなければなりません。

修飾子



/BACKUP

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新のバックアップの日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/CREATED,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/BEFORE[=時刻]

指定された時刻以前の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/BY_OWNER[=uic]

ファイルの所有者の利用者識別コード (UIC) が,指定した所有者 UIC と一致する場合に,ファイルを選択します。 /BY_OWNER 修飾子だけが指定されており,UIC が省略されている場合には,現在のプロセスの UIC が省略時の値として使用されます。

UIC は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』に説明されている標準的な UIC 形式で指定します。

/CONFIRM



/NOCONFIRM (省略時の設定)

各ファイルの削除操作の前に,そのファイルの削除について確認を求めるかどうかを制御します。確認に対する応答は次のいずれかです。

YES NO QUIT
TRUE FALSE Ctrl/Z
1 0 ALL
  [Return]  

単語で応答する場合には,大文字と小文字を任意に組み合わせることができます。また単語による応答は,1 文字または複数の文字に短縮できます ( たとえば, TRUE は T,TR,または TRU に省略できます ) が,短縮しても一意でなければなりません。肯定応答は,YES,TRUE,および 1 です。否定応答は,NO,FALSE,0,Return です。QUIT と入力するか Ctrl/Z を押した場合は,その時点でコマンドの処理が停止します。ALL と応答した場合には,コマンドは処理は継続しますが,その後プロンプトは表示されなくなります。上記のリストに示されていない応答を入力すると,エラー・メッセージが表示され,プロンプトが再表示されます。

/CREATED (省略時の設定)

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,作成日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/ERASE



/NOERASE (省略時の設定)

ファイルを削除すると,そのファイルが記憶されていた領域は,将来使用するためにシステムに戻されます。新しいデータがもう一度書き込まれるまで,その位置に記憶されていたデータは,まだシステムに存在したまま残ります。 /ERASE 修飾子を使用すると,データが記憶されていた場所にシステムが指定したパターンが上書きされるため,データはシステムから完全に消去されます。

/EXCLUDE=(ファイル指定[,...])

指定のファイルを削除操作から除外します。ファイル指定にディレクトリを含めることはできますが,装置を含めることはできません。ファイル指定ではワイルドカード文字 (* と %) が使用できます。ただし,相対バージョン番号を使って特定のバージョンを除外することはできません。ファイルを 1 つしか指定しない場合には,括弧は省略できます。

/EXPIRED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,満了日時をもとにファイルを選択します ( 満了日は,SET FILE/EXPIRATION_DATE コマンドで設定します )。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/GRAND_TOTAL (Alpha/I64 のみ)

削除されたファイルの数,およびブロック数 (またはバイト数) の合計を表示します。結果は,現在の省略時の設定に応じて,ブロック単位またはバイト単位で表示されます。現在の省略時の設定を表示するには,SHOW PROCESS/UNITS を使用します。省略時の設定を変更するには,DCL コマンド SET PROCESS/UNITS=BYTES または SET PROCESS/UNITS=BLOCKS を実行します。

/IGNORE=INTERLOCK (Alpha/I64 のみ)

書き込みアクセスしたファイルを削除用としてマークできます。これによってファイル名エントリが削除され,最後のユーザによってファイルが閉じられたときにファイルが削除されます。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

削除した後で,各ファイルのファイル指定を DELETE コマンドが表示するかどうかを制御します。

/MODIFIED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新の変更日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /EXPIRED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/SINCE[=時刻]

指定された時刻以降の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,JOB_LOGIN,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/STYLE=キーワード

ファイル削除中に表示するファイル名の書式を指定します。

この修飾子のキーワードは CONDENSED および EXPANDED です。意味は次の表のとおりです。

キーワード 説明
CONDENSED
(省略時の設定)
ファイル名を 255 文字長の文字列に適合するように表示します。この場合,ファイル指定には DID あるいは FID 短縮形が含まれることがあります。
EXPANDED ファイル名をディスクに格納されているとおりに表示します。この場合,ファイル指定には DID あるいは FID 短縮形は含まれません。

キーワード CONDENSED と EXPANDED を同時に指定することはできません。この修飾子は,確認が要求された場合に,出力メッセージに表示されるファイル名の書式を指定します。

EXPANDED キーワードが指定されていない場合,ファイル・エラーは CONDENSED ファイル指定で表示されます。

詳細は『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。


#1

$ DELETE   COMMON.SUM;2

この DELETE コマンドは,現在の省略時のディスクおよびディレクトリから, COMMON.SUM;2 というファイルを削除します。

#2

$ DELETE *.OLD;*

この DELETE コマンドは,ファイル・タイプが OLD であるすべてのファイルの,すべてのバージョンを,省略時のディスク・ディレクトリから削除します。

#3

$ DELETE  ALPHA.TXT;*, BETA;*, GAMMA;*

この例は,ファイル ALPHA.TXT,BETA.TXT と GAMMA.TXT の全バージョンを削除します。ファイル・タイプは,最初のファイルのものが一時的な省略時の設定として使用されますが,バージョン番号は必ず指定しなければなりません ( ここではワイルドカードとして指定されています )。

#4

$ DELETE /BEFORE=15-APR/LOG *.DAT;*
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]ASSIGN.DAT;1 deleted (5 block)
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]BATCHAVE.DAT;3 deleted (4 blocks)
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]BATCHAVE.DAT;2 deleted (4 blocks)
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]BATCHAVE.DAT;1 deleted (4 blocks)
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]CANCEL.DAT;1 deleted (2 blocks)
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]DEFINE.DAT;1 deleted (3 blocks)
%DELETE-I-FILDEL, DISK2:[MAIN]EXIT.DAT;1 deleted (1 block)
%DELETE-I-TOTAL, 7 files deleted (23 blocks)

この例では,ファイル・タイプが DAT で,今年の 4 月 15 日より以前に作成もしくは更新された,全ファイルの全バージョンを削除しています。 /LOG 修飾子を指定すれば,ファイル名だけでなく,削除されたファイルの総数も表示されます。

#5

$ DELETE A.B;

この DELETE コマンドは,ファイル A.B の最新バージョンを削除します。

#6

$ DELETE/CONFIRM/SINCE=TODAY [MEIER.TESTFILES]*.OBJ;*
DISK0:[MEIER.TESTFILES]AVERAG.OBJ;1, delete? [N]:Y
DISK0:[MEIER.TESTFILES]SCANLINE.OBJ;4, delete? [N]:N
DISK0:[MEIER.TESTFILES]SCANLINE.OBJ;3, delete? [N]:N
DISK0:[MEIER.TESTFILES]SCANLINE.OBJ;2, delete? [N]:N
DISK0:[MEIER.TESTFILES]WEATHER.OBJ;3, delete? [N]:Y

この DELETE コマンドは,[MEIER.TESTFILES] というサブディレクトリに含まれる,ファイル・タイプが .OBJ であるファイルのすべてのバージョンを調べ,その中で今日作成または変更されたファイルを見つけます。各ファイルを削除する前に,そのファイルを削除するかどうかを確認するプロンプトを表示します。省略時の応答である N が,かぎ括弧に囲まれて示されます。

#7

$ DIRECTORY [.SUBTEST]
%DIRECT-W-NOFILES, no files found
$ SET SECURITY/PROTECTION=(OWNER:DELETE) SUBTEST.DIR
$ DELETE SUBTEST.DIR;1

ディレクトリ・ファイル SUBTEST.DIR の削除前に, DIRECTORY コマンドでディレクトリ下にファイルがないことを確認しています。 SET SECURITY/PROTECTION コマンドでディレクトリ・ファイルの保護を再定義し,削除可能にしています。その後,DELETE コマンドで削除しています。

#8

$ DELETE DALLAS"THOMAS SECRET"::DISK0:[000,000]DECODE.LIS;1

この DELETE コマンドは,リモート・ノード DALLAS の,装置 DISK0 上の [000,000] というディレクトリから,ファイル DECODE.LIS;1 を削除します。リモート・ノード名の後に,ユーザ名とパスワードが指定されています。

#9

$ DELETE NODE12::"DISK1:DEAL.BIG"
$ DELETE NODE12::DISK1:DEAL.BIG;

この 2 つの DELETE コマンドは,ともにリモート・ノード NODE12 上の装置 DISK1 のファイル DEAL.BIG を削除します。 DELETE コマンドはそのファイル指定にバージョン番号を必要としますが,バージョン番号をサポートしないノード上にファイルがあるため (NODE12 は,RT-11 ノードです ),ファイル指定を二重引用符で囲む (" ") かセミコロン (;) だけを指定します。

#10

$ DELETE/GRAND_TOTAL *.txt;*
%DELETE-I-TOTAL, 61 files deleted (274KB)

この例の出力では,61 個のファイル,合計 274KB が削除されたことが表示されています。プロセスは現在,ファイル・サイズをバイト単位で表示するように設定されています。ブロック単位で表示するように変更するには, SET PROCESS/UNITS=BLOCKS コマンドを使用します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項