日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




現在処理中のプロセスから,指定したプロセスへ制御を移します (元のプロセスは,この後ハイバネートします)。

使用している端末にメールボックスが対応づけられている場合は, ATTACH および SPAWN コマンドは使用できません。


形式

ATTACH [プロセス名]


パラメータ



プロセス名

制御を移す親プロセス,またはサブプロセスの名前を指定します。ここで指定するプロセスは既に存在し,現在処理中のジョブの一部で,現在処理中のプロセスと同じ入力ストリームを共有していなければなりません。ただし現在のプロセス,または /NOWAIT 修飾子を使用して作成したサブプロセスは指定できません。

プロセス名は,1 から 15 文字の英数字で指定します。指定したプロセスに接続できない場合は,エラー・メッセージが表示されます。

プロセス名 パラメータは,/IDENTIFICATION 修飾子と同時に指定できません。


説明

ATTACH コマンドを使用すると,入力ストリームを別のプロセスに接続できます。また,1 つのサブプロセスから別のサブプロセス,または親プロセスに制御を移すことができます。

ATTACH コマンドを入力すると,親プロセス,または "アタッチ元" プロセスはハイバネート状態になり,入力ストリームは指定した "アタッチ先" プロセスに接続されます。 ATTACH コマンドを使用すると,同一ジョブ内のサブプロセス (SPAWN/WAIT または別の ATTACH コマンドによりハイバネート状態になっている ) に,制御を移すことができます。現在処理中のプロセス,現在処理中のジョブの一部ではないプロセス,存在しないプロセスに制御を移すことはできません。これらのプロセスに制御を移そうとすると,エラー・メッセージが表示されます。

また SPAWN/WAIT コマンドと ATTACH コマンドを使用すると,作成したサブプロセスを終了しなくても親プロセスに制御を戻すことができます。詳細は,SPAWN コマンドの説明を参照してください。


修飾子



/IDENTIFICATION=pid

端末制御を移すプロセスのプロセス ID(PID) を指定します。先行の 0 は省略できます。/IDENTIFICATION 修飾子は, プロセス名 と同時に指定できません。

/IDENTIFICATION 修飾子を省略した場合は,プロセス名を指定しなければなりません。


#1

$ ATTACH JONES_2

この例で ATTACH コマンドは,端末制御をサブプロセス JONES_2 に移しています。

#2

$ ATTACH/IDENTIFICATION=30019

この例で ATTACH コマンドは,現在処理中のプロセスから, PID が 30019 であるプロセスに制御を移します。 /IDENTIFICATION 修飾子が指定されているので, プロセス名 は省略されています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡