日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引

Analyze は,/SELECT 修飾子で選択可能なすべての情報に対して DCL シンボルを作成します。シンボル名は,接頭辞 ANALYZE$ と,格納されている情報を示す名前からなります。シンボルの値は選択した情報であり,通常は SYS$OUTPUT に出力されます。実際には,出力される情報はすべて各シンボルにそのまま入ります。選択しなかった情報については,対応するシンボルに空文字列が入ります。

キーワードは次のとおりです。

キーワード 説明
ARCHITECTURE アーキテクチャ情報を DCL シンボル ANALYZE$ARCHITECTURE に書き込む。ファイルが OpenVMS I64 のイメージ・ファイルである場合は, "OpenVMS IA64" を戻す。ファイルが OpenVMS Alpha のイメージ・ファイルである場合には "OpenVMS Alpha" を戻す。ファイルが OpenVMS VAX のイメージ・ファイルの場合には, "OpenVMS VAX" を戻す。
BUILD_IDENTIFICATION 構築識別情報を DCL シンボル ANALYZE$BUILD_IDENTIFICATION に書き込む。 OpenVMS I64 および Alpha のイメージ・ファイルでは,イメージ・ファイルに格納されているイメージ構築識別を二重引用符で囲んで戻す。OpenVMS VAX のイメージ・ファイルでは,隣接する二重引用符で表現されるヌル文字列が戻される。
FILE_TYPE ファイル・タイプ情報を DCL シンボル ANALYZE$FILE_TYPE に書き込む。ファイルが OpenVMS I64,Alpha,または VAX のイメージ・ファイルの場合, "Image" を戻す。
IDENTIFICATION
[=キーワード]
キーワードは次のとおり。

  • IMAGE (省略時の設定) --- イメージ識別情報を DCL シンボル ANALYZE$IDENTIFICATION に書き込む。イメージ・ファイルに格納されているイメージ識別を二重引用符で囲んで戻す。それ以外の場合は "Unknown" を戻す。

  • LINKER --- リンカ識別情報を DCL シンボル ANALYZE$LINKER_IDENTIFICATION に書き込む。イメージをリンクするために使用するリンカの識別を戻す。

IMAGE_TYPE イメージ種別情報を DCL シンボル ANALYZE$IMAGE_TYPE に書き込む。ファイルが共用可能イメージ・ファイルである場合には "Shareable" を戻す。ファイルが OpenVMS I64,Alpha,または OpenVMS VAX の実行可能 (共用可能でない) イメージ・ファイルである場合には "Executable" を戻す。
LINK_TIME リンク時刻情報を DCL シンボル ANALYZE$LINK_TIME に書き込む。イメージ・ファイルに格納されているイメージ・リンク時刻を二重引用符で囲んで戻す。
NAME イメージ名を DCL シンボル ANALYZE$NAME に書き込む。イメージ・ファイルの場合は,イメージ・ヘッダに格納されているイメージ名を二重引用符で囲んで戻す。
VERSION_NUMBERS (Alpha/I64 のみ) イメージがシステム・ベース・イメージおよびシステム・コンポーネントに依存している場合は,ANALYZE はイメージから得たバージョン番号を DCL シンボルに書き込む。シンボル名にはコンポーネント名が付けられる。シンボルの値にはマイナー・バージョン番号とメジャー・バージョン番号が含まれる。イメージが,ANALYZE が動作しているプラットフォームと同じプラットフォーム用なら,動作中のシステムから得たバージョン番号も書き込まれ比較される。

注意

Analyze ユーティリティは,複数のファイルを処理することが可能です。しかし,DCL シンボルは一組しかないため,シンボルには最後に分析したファイルの情報だけが入ります。エラーが起きると,シンボルの値は未定義となります。まず Analyze のエラーを確認し,その後シンボルを使用してください。


#1

$ ANALYZE/IMAGE  LINEDT

この例の ANALYZE/IMAGE コマンドは説明を作成し,イメージ LINEDT.EXE のエラー分析を行います。出力は,現在の SYS$OUTPUT 装置に送られます。

#2

$ ANALYZE/IMAGE/OUTPUT=LIALPHEX/FIXUP_SECTION/PATCH_TEXT 
 LINEDT, ALPRIN (VAX および Alpha のみ)
 

この例の ANALYZE/IMAGE コマンドは説明を作成し,また,ファイル LIALPHEX.ANL 内の LINEDT.EXE と ALPRIN.EXE のフィックスアップ・セクションおよびパッチ・レコード・テキストのエラー分析を作成します。出力は,LIALPHEX.ANL ファイルに送付されます。

#3

$ ANALYZE/IMAGE/SELECT=(ARCH,FILE,NAME,IDENT,BUILD,LINK) *.EXE
DISK:[DIRECTORY]ALPHA.EXE;1 
OpenVMS ALPHA 
Image 
"Test image ALPHA" 
"A11-27" 
"X5SC-SSB-0000" 
14-JUN-2004 07:16:19.24 
DISK:[DIRECTORY]VAX.EXE;1 
OpenVMS VAX 
Image 
"Test image VAX" 
"V11-27" 
"" 
15-JUN-2004 13:18:40:70 
 

この例は,Alpha システムでの実行ファイル ALPHA.EXE および VAX.EXE について要求された情報を表示しています。

#4

$ ANALYZE/IMAGE/SELECT=(ARCHITECTURE,IDENT,NAME) HELLO (1)
USER:[JOE]HELLO.EXE;1 
OpenVMS IA64 
"V1.0" 
"HELLO" 
$ 
$ SHOW SYMBOL ANALYZE$* 
  ANALYZE$ARCHITECTURE = "OpenVMS IA64" 
  ANALYZE$BUILD_IDENTIFICATION = "" 
  ANALYZE$FILE_TYPE = "" 
  ANALYZE$IDENTIFICATION = ""V1.0"" 
  ANALYZE$IMAGE_TYPE = "" 
  ANALYZE$LINKER_IDENTIFICATION = "" 
  ANALYZE$LINK_TIME = "" 
  ANALYZE$NAME = ""HELLO"" 
$ 
$ ANALYZE/IMAGE/SELECT=(IDENT=(IMAGE,LINKER),IMAGE,LINK) HELLO (2)
USER:[JOE]HELLO.EXE;1 
"V1.0" 
"Linker I01-54" 
Executable 
 7-JUN-2004 11:47:08.10 
$ 
$ SHOW SYMBOL ANALYZE$* 
  ANALYZE$ARCHITECTURE = "" 
  ANALYZE$BUILD_IDENTIFICATION = "" 
  ANALYZE$FILE_TYPE = "" 
  ANALYZE$IDENTIFICATION = ""V1.0"" 
  ANALYZE$IMAGE_TYPE = "Executable" 
  ANALYZE$LINKER_IDENTIFICATION = ""Linker I01-54"" 
  ANALYZE$LINK_TIME = " 7-JUN-2004 11:47:08.10" 
  ANALYZE$NAME = "" 
$ 
$ ANALYZE/IMAGE/SELECT=FILE HELLO.* (3)
USER:[JOE]HELLO.C;1 
%ANALYZE-E-ILLFIL, Illegal file format encountered 
USER:[JOE]HELLO.EXE;1 
Image 
USER:[JOE]HELLO.MAP;1 
%ANALYZE-E-ILLFIL, Illegal file format encountered 
USER:[JOE]HELLO.OBJ;1 
Object 
$ 
$ SHOW SYMBOL ANALYZE$* 
  ANALYZE$ARCHITECTURE = "" 
  ANALYZE$BUILD_IDENTIFICATION = "" 
  ANALYZE$FILE_TYPE = "Object" 
  ANALYZE$IDENTIFICATION = "" 
  ANALYZE$IMAGE_TYPE = "" 
  ANALYZE$LINKER_IDENTIFICATION = "" 
  ANALYZE$LINK_TIME = "" 
   ANALYZE$NAME = 
$ 
 
 
 
 

この I64 の例では,実行可能ファイル HELLO.EXE について要求された情報が表示されています。以下の説明は,例の中の各 ANALYZE/IMAGE コマンド行の右端にある番号に対応しています。

  1. 選択した情報だけが DCL シンボルに設定されます。シンボル内の情報は,SYS$OUTPUT に出力される情報と同じであり,引用符付きの文字列が出力される場合には,引用符付きの文字列がシンボルに設定されます。

  2. 新しいリンカ識別を選ぶ場合には, IDENT とキーワード・リストを使用する必要があります。

  3. ワイルドカードを使用すると,分析対象のファイルにエラー (たとえば,ファイル形式不正エラーなど) があっても, Analyze は停止しません。 DCL シンボルには,最後に分析したファイルの情報だけが入ります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項