日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
付録 A:廃止されたコマンド
索引
PDF    Vol.1   Vol.2
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


目次 索引




1 つあるいは複数のエラー・ログ・ファイルを選択して内容を報告する Error Log Viewer (ELV) を起動します。このユーティリティは OpenVMS Version 7.3 以降が稼動しているシステム上で書き込まれたエラー・ログを扱う場合に最も便利なツールです。 Error Log Viewerについての詳細は,『OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』またはオンライン・ヘルプを参照してください。

OpenVMS Version 7.2* システムで書き込まれたエラー・ログに関しては, DECevent ユーティリティを起動する DIAGNOSE コマンドを使用する必要があります。 DECevent はサポートされなくなりましたが,必要なユーザは,ソフトウェアと関連マニュアルを次の Freeware の Web サイトからダウンロードできます。


http://h71000.www7.hp.com/openvms/freeware/ 

OpenVMS Version 7.2 よりも前のバージョンで書き込まれたエラー・ログに関しては,ANALYZE/ERROR_LOG コマンドを使用します。このコマンドは,Error Log Report Formatter (ERF) を起動します。 ERF のマニュアルは,次の Freeware の Web サイトにあります。


http://h71000.www7.hp.com/openvms/freeware/ 


形式

ANALYZE/ERROR_LOG/ELV [コマンド]


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡