日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引


この例では,TESTALL.COM プロシージャをバッチ・ジョブとしてキューに登録し,後で処理するためにそのジョブを保留状態にします。このジョブは,SET QUEUE/ENTRY/RELEASE コマンドを実行するまで解放されません。 /NAME 修飾子は,バッチ・ジョブを BATCH24 として識別することを指定しています。

#4

$ SUBMIT TEST.COM
  Job TEST (queue SYS$BATCH, entry 493) pending
$ BATCH_JOB = $ENTRY
   .
   .
   .
$ DELETE/ENTRY='BATCH_JOB'

この例では,キュー・ファイル中の特定のジョブを識別するために,シンボル $ENTRY が使用されています。この SUBMIT コマンドは,コマンド・プロシージャ TEST.COM を実行するためのバッチ・ジョブを作成し,ジョブのエントリ番号 (この例では 493) を表すローカル・シンボル $ENTRY を割り当てています。 2 行目のコマンドは $ENTRY の値をローカル・シンボル BATCH_JOB に割り当て,最後のコマンドはシンボル BATCH_JOB を使用してバッチ・ジョブを削除しています。

#5

$ DEFINE JUNE WORKZ:[SCHREURS]ANNUAL_REPORT.COM
$ SUBMIT JUNE
Job ANNUAL_REPORT (queue SYS$BATCH, entry 229) started on ZOO_BATCH
 

この例では, DEFINE コマンドで論理名 JUNE を ANNUAL_REPORT.COM に定義しています。そして,この論理名を使用して ANNUAL_REPORT.COM をバッチ・キューに登録しています。ANNUAL_REPORT.COM がバッチ・キューに登録される前に,論理名 JUNE は ANNUAL_REPORT.COM に展開されます。また,ログ・ファイル名は JUNE.LOG ではなく, ANNUAL_REPORT.COM になります。

ジョブは汎用キュー SYS$BATCH に登録されていますが,実行キュー ZOO_BATCH で実行されている点に注意してください。

#6

$ SUBMIT/HOLD/QUEUE=ANYRADQ /RAD=1  TEST.COM
Job TEST (queue ANYRADQ, entry 23) holding
 
$ SHOW ENTRY/FULL 23
 Entry  Jobname      Username     Blocks  Status
 -----  -------      --------     ------  ------
    23  TEST         SYSTEM               Holding
  On idle batch queue ANYRADQ
  Submitted 24-JUL-2001 14:19:37.44 /KEEP /NOPRINT /PRIORITY=100 /RAD=0
  File: _$1$DKB200:[SWEENEY.CLIUTL]TEST.COM;1

この例では,TEST.COM がキュー ANYRADQ に対して発行されます。 ANYRADQ キューには RAD は設定されていません。

#7

$ SUBMIT/HOLD/QUEUE=BATCHQ1 /RAD=1  TEST.COM
Job TEST (queue BATCHQ1, entry 24) holding
 
$ SHOW ENTRY 24/FULL
 Entry  Jobname      Username     Blocks  Status
 -----  -------      --------     ------  ------
    24  TEST         SYSTEM               Holding
  On idle batch queue BATCHQ1
  Submitted 24-JUL-2001 14:23:10.37 /KEEP /NOPRINT /PRIORITY=100 /RAD=0
  File: _$1$DKB200:[SWEENEY.CLIUTL]TEST.COM;2

この例では,キュー BATCHQ1 は/RAD=0 と定義されています。したがって,SUBMIT コマンドを使用すると,RAD 1 が指定された場合でも, RAD 0 で実行するジョブが作成されます。




SUBROUTINE

コマンド・プロシージャ内のサブルーチンの開始を定義します。 SUBROUTINE コマンドは,サブルーチンで最初の実行可能文でなければなりません。

SUBROUTINE コマンドについての詳細は, CALL コマンドの説明を参照してください。




形式

SUBROUTINE




SYNCHRONIZE

指定したジョブの実行が終了するまで,このコマンドを発行したプロセスを保留します。

指定したジョブへの削除(D) アクセス権が必要です。




形式

SYNCHRONIZE [ジョブ名]




パラメータ



ジョブ名

ジョブをキューに登録した時に定義されたジョブ名を指定します。ユーザ名に対応するジョブ名だけを指定することができます。ジョブは,そのジョブをキューに登録したプロセスのユーザ名に対応付けられます。

一意な名前を持たないジョブを指定するには, /ENTRY 修飾子を使用してエントリ番号を指定します。 ジョブ名パラメータと /ENTRY 修飾子の両方を指定すると, ジョブ名パラメータは無視されます。

ジョブ名パラメータを指定すると,SYNCHRONIZE コマンドは, SYS$BATCH キューを検索して指定された名前のジョブを探します。 SYS$BATCH 以外のキューにあるジョブを指定するためには, /QUEUE 修飾子を使用してキューの名前を指定しなければなりません。




説明

SYNCHRONIZE コマンドを使用すると,指定したジョブの実行が終了するまでプロセスを待ち状態にして,ジョブを同期させることができます。指定したジョブがシステムで現在処理中のジョブでない場合,SYNCHRONIZE コマンドは,エラー・メッセージを表示します。

SYNCHRONIZE コマンドで指定したジョブが終了すると,プロセスは待ち状態から解放されます。SYNCHRONIZE コマンドの終了状態は,ジョブの最後に実行されたコマンドの終了状態と同じです。 SYNCHRONIZE コマンドがコマンド・プロシージャの一部である場合に,終了状態を確実に知るためには,SYNCHRONIZE コマンドの前に SET NOON コマンドを, SYNCHRONIZE コマンドの直後に SHOW SYMBOL $STATUS を記述します。

ジョブ名パラメータまたは /ENTRY 修飾子のいずれかを指定しなければなりません。




修飾子



/ENTRY=エントリ番号

システムが割り当てたエントリ番号で,ジョブを識別します。

システムは,システム内のキューに登録されたプリント・ジョブおよびバッチ・ジョブに,一意なエントリ番号を割り当てます。省略時の設定では,PRINT および SUBMIT コマンドは,処理するジョブのキュー登録に成功した場合に,エントリ番号を表示します。これらのコマンドはローカル・シンボル $ENTRY を作成または更新して,最後にキューに登録されたジョブのエントリ番号を反映させます。 SHOW ENTRY または SHOW QUEUE コマンドを実行すると,ジョブのエントリ番号を確認することができます。 ジョブ名パラメータと /ENTRY 修飾子の両方を指定した場合,ジョブ名パラメータは無視されます。

/QUEUE=キュー名[:]

ジョブを含んでいるキュー名を指定します。 /QUEUE 修飾子を使用する場合は, ジョブ名パラメータまたは /ENTRY 修飾子のいずれかを指定しなければなりません。 ジョブ名パラメータを指定する場合,省略時の設定のキューは SYS$BATCH です。 /ENTRY 修飾子を指定する場合は,省略時の設定のキューはありません。汎用キューを指定すると,SYNCHRONIZE コマンドは,汎用キュー内および汎用キューが対象とする実行キュー内でジョブを検索します。

/TIME_OUT=n

ターゲット・ジョブが実行中のときに, SYNCHRONIZE コマンドが終了するまでに待つ時間 (秒数) を指定します。





#1

$ SUBMIT/NAME=PREP FORMAT/PARAMETERS=(SORT,PURGE)
  Job PREP (queue SYS$BATCH, entry 219) started on queue SYS$BATCH
$ SUBMIT PHASER
  Job PHASER (queue SYS$BATCH, entry 223) started on queue SYS$BATCH

この例で最初の SUBMIT コマンドは,コマンド・プロシージャ FORMAT.COM を実行するためにキューに登録し,そのジョブに PREP という名前をつけます。 2 番目の SUBMIT コマンドは,プロシージャ PHASER.COM をキューに登録します。 PHASER.COM は次の行を含んでいます。


$ SYNCHRONIZE PREP 

この行が処理される時,システムは,PREP という名前のジョブが省略時の設定のキュー SYS$BATCH 内にあるかどうか確認します。プロシージャ PHASER.COM は,ジョブ PREP の実行が終了するまで強制的に待ち状態になります。

#2

$ SUBMIT/NAME=TIMER       COMP.COM
  Job TIMER (queue SYS$BATCH, entry 214) started on queue SYS$BATCH
$ SYNCHRONIZE /ENTRY=214

この例では TIMER という名前のバッチ・ジョブがキューに登録されます。その後 SYNCHRONIZE コマンドを会話形式で実行します。これにより,エントリ番号 214(TIMER) が終了するまで,会話型プロセスは待ち状態になります。SYNCHRONIZE コマンドが終了しプロセスが待ち状態から解放されるまで,SYNCHRONIZE コマンドを発行した端末セッションから他のコマンドを実行することはできません。

#3

$ SUBMIT/NAME=TIMER COMP.COM/QUEUE=BUILD_QUEUE
$ SYNCHRONIZE/QUEUE=BUILD_QUEUE TIMER

この例では,TIMER という名前のバッチ・ジョブが,キュー BUILD_QUEUE に登録されます。その後 SYNCHRONIZE コマンドを会話形式で実行します。 TIMER という名前のジョブは省略時の設定のキュー SYS$BATCH にないので, SYNCHRONIZE コマンドで /QUEUE 修飾子を使用して,ジョブが存在するキューを指定します。




TYPE

1 つまたは複数のファイルの内容を,現在の出力装置に表示します。



形式

TYPE ファイル指定[,...]




パラメータ



ファイル指定[,...]

内容を表示する,1 つまたは複数のファイルを指定します。ファイル名だけを指定してファイル・タイプを指定しない場合には,TYPE コマンドは,省略時のファイル・タイプとして LIS を使用します。ただし,論理名 TYPE$DEFAULT_FILESPEC の定義を変更すれば,省略時のファイル・タイプを変更することができます。 TYPE コマンドは,ファイル指定を満たすすべてのファイルを表示します。

ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプ,ファイル・バージョン番号のフィールドに,それぞれワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) を使用できます。複数のファイルを指定する場合には,ファイル指定をコンマ (,) またはプラス記号 (+) で区切ります。ファイルは,指定した順に表示されます。




説明

TYPE コマンドで出力を表示する場合,次の方法で表示を制御できます。

  • Ctrl/C を押すと,表示されている現在のファイルに対する TYPE コマンドが停止します。TYPE コマンドでファイルを1つだけ指定した場合や, TYPE コマンドがリストの最後のファイルを表示している場合, Ctrl/C を押すと TYPE コマンドが取り消されます。TYPE コマンドで 2 つ以上のファイルを指定した場合,Ctrl/C を押すと,リスト内の次のファイルが表示されます。

  • Ctrl/S を押すと,出力が一時停止します。 Ctrl/Q を押すと,一時停止した位置から出力表示が再開します。

  • Ctrl/O を押すと表示は一時停止しますが,コマンド処理は一時停止しません。TYPE コマンドが終了する前にもう一度 Ctrl/O を押すと,現在のコマンド処理の位置から出力が再開します。ただし,リスト内のファイルの表示中に Ctrl/O を押すと,現在のファイルの表示が中止され,リスト内の次のファイルの表示が始まります。この動作は,正常な Ctrl/O 処理の例外です。

  • Ctrl/Y を押すと,コマンド実行が中断されます。途中で新しいイメージを呼び出すコマンドを入力していない場合は,Ctrl/Y を押した後で CONTINUE コマンドを入力すると,中断されたファイル表示を再開できます。 Ctrl/Y を押してコマンド実行を完全に停止させる場合,EXIT コマンド ( またはイメージを起動する他の DCL コマンド ) を入力してイメージを実行できます。

また,/PAGE 修飾子を使用すると,一度に 1 画面ずつテキストを表示できます。

TYPE コマンドは,共有読み込み (R) および共有書き込み (W) アクセスで,指定されたファイルをオープンします。したがって,その時点で他のユーザがオープンしている場合でも,属性が共有書き込みに設定されたファイルが表示されます。

また TYPE コマンドを使用して,リモート・ノードでコマンド・プロシージャを実行することもできます。たとえば OpenVMS Cluster システムで,キューなどのクラスタ全体のサービスの状態を表示したい場合や,クラスタ内の他のノードにログインしているユーザを表示したい場合などは,この機能は便利です。次に,コマンド・プロシージャの例を示します。


$ @ SHOWUSERS.COM 
$ if f$mode() .eqs. "NETWORK" then define/user sys$output sys$net 
$ show users 

このコマンド・プロシージャを TYPE コマンドとともに使用すると,コマンド・プロシージャが存在するリモート・ノードにログオンしているユーザを,このコマンドを発行したユーザのローカル・ノードに表示できます。

次のように,TYPE コマンドのパラメータとして,コマンド・プロシージャを指定します。


$ TYPE ノード名::"TASK=コマンド・プロシージャ"

ここでノード名およびコマンド・プロシージャは,次のように指定します。

ノード名 コマンド・プロシージャが存在するリモート・ノードの名前を指定します。
コマンド・
プロシージャ
実行するコマンド・プロシージャのファイル名を指定します。

この形式のコマンドは,リモート・ノードの省略時の DECnet アカウントで,コマンド・プロシージャを検索します。

特定のアカウントの SYS$LOGIN ディレクトリにあるコマンド・プロシージャを実行するには,次のようにコマンドでアクセス制御文字列を使用します。


$ TYPE ノード名"ユーザ名パスワード"::"TASK=コマンド・プロシージャ"

ここでユーザ名およびパスワードは,次のように指定します。

ユーザ名 リモート・ノード上のアカウントの利用者名を指定します。
パスワード リモート・ノード上のアカウントのパスワードを指定します。




修飾子



/BACKUP

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新のバックアップの日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/CREATED,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/BEFORE[=時刻]

指定された時刻以前の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/BY_OWNER[=利用者識別コード(UIC)]

ファイル所有者の利用者識別コード (UIC) が,指定した UIC と一致する場合にだけ,ファイル ( 複数可 ) を選択します。 /BY_OWNER 修飾子だけを指定し UIC を省略する場合には,現在のプロセスの UIC が省略時の値として使用されます。

UIC は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』に説明されている,標準的な UIC 形式を使用して指定します。

/CONFIRM



/NOCONFIRM (省略時の設定)

各ファイルの内容を出力装置に表示する前に,そのファイルに対する TYPE 操作実行の確認プロンプトを表示するかどうかを指定します。システムがプロンプトを表示した時に,次の応答のいずれかを入力します。

YES NO QUIT
TRUE FALSE Ctrl/Z
1 0 ALL
  [Return]  

単語による応答には,大文字と小文字を自由に組み合わせることができます。また,1 文字または複数の文字に短縮することもできます ( たとえば,TRUE は T,TR,TRU に短縮できます )。ただし,応答は一意に認識できなければなりません。肯定応答は,YES,TRUE,1 です。否定応答は,NO,FALSE,0,Return です。QUIT または Ctrl/Z は,その時点でコマンドの処理を中止することを示します。 ALL と応答すると,コマンドの処理は継続されますが,その後プロンプトは表示されなくなります。上記に示されていない応答を入力すると,DCL はエラー・メッセージを発行し,同じプロンプトがもう一度表示されます。

/CONTINUOUS/INTERVAL=n

EOF 検出時に,入力ファイルにレコードが追加されたかを指定秒数 (省略時の設定は 30 秒) 間隔で調べ,もし追加されていれば表示します。この場合,Ctrl/C または Ctrl/Y で終了してください。

/CREATED (省略時の設定)

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,作成日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/EXACT

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,大文字と小文字を区別した文字列検索を指定します。この場合,検索文字列は二重引用符 (" ") で囲まなければなりません。

/SEARCH 修飾子を指定せずに /EXACT 修飾子を指定した場合は, "Find キー" (E1) キーを押すと文字列検索が有効になります。

/EXCLUDE=(ファイル指定[,...])

ファイル指定と一致する 1 つまたは複数のファイルを,TYPE 操作から除外します。ファイル指定にはディレクトリ指定を含むことができますが,装置名を含むことはできません。ファイル指定には,ワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) を使用できます。しかし,特定のバージョンを除外するために,相対バージョン番号を指定することはできません。ファイルを 1 つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。

/EXPIRED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,満了日時をもとにファイルを選択します ( 満了日は,SET FILE/EXPIRATION_DATE コマンドで設定します )。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/HEADER



/NOHEADER

TYPE /PAGE=SAVE コマンドでヘッダ行を表示するかどうかを指定します。

/HIGHLIGHT[=キーワード]

/PAGE=SAVE および /SEARCH 修飾子とともに使用し,一致した検索文字列の強調表示方法を指定します。一致した検索文字列があった場合は,行全体が強調されます。 BOLD,BLINK,REVERSE,UNDERLINE のキーワードを指定できます。省略時の設定は BOLD です。

/MODIFIED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新の変更日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /EXPIRED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/OUTPUT[=ファイル指定]



/NOOUTPUT

ファイル内容の出力先を指定します。 /OUTPUT=ファイル指定修飾子を指定すると,現在の出力装置(SYS$OUTPUT)ではなく,指定されたファイルに出力が送られます。修飾子を指定しなかった場合や, /OUTPUT 修飾子だけを指定してファイル指定を省略した場合には,出力は SYS$OUTPUT に送られます。

/OUTPUT 修飾子に部分的なファイル指定 ( たとえば /OUTPUT=[VAKHRAMEEV]) を指定した場合には, TYPE という省略時のファイル名と .LIS という省略時のファイル・タイプが使用されます。ファイル指定には,ワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) は使用できません。

/NOOUTPUT 修飾子を指定した場合は,どこにも出力されません。

/OUTPUT 修飾子は /PAGE 修飾子と同時に指定することはできません。

/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)

画面上の情報の表示を制御します。

/PAGE 修飾子では,次のキーワードを使用できます。

CLEAR_SCREEN ページモードで表示(毎回画面を消去する)
SCROLL スクロールモードで表示(毎回画面を消去しない)
SAVE[= n] nページ分の履歴を保持する(前ページに戻ること等が可能)


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項