日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引


時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。






#1

$  SHOW SECURITY LNM$SYSTEM_TABLE /CLASS=LOGICAL_NAME_TABLE
LNM$SYSTEM_TABLE object of class LOGICAL_NAME_TABLE
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RWC, Owner: RWC, Group: R, World: R)
     Access Control List:
          (IDENTIFIER=[USER,SVENSEN],ACCESS=CONTROL)
 

この例は,オブジェクトの機密エレメントを表示する典型的な例です。論理名テーブル (LNM$SYSTEM_TABLE) が,機密エレメント所有者,保護コード, ACL とともに表示されています。

#2

$ SHOW SECURITY/CLASS=DEVICE $99$DUA22
_$99$DUA22: object of class DEVICE
  Owner: [SALES,TSUTTER]
  Protection: (System: RWPL, Owner: RWPL, Group: R, World)
  Access Control List: <empty>
RES17SEP object of class VOLUME
  Owner: [FEAST,FY93]
  Protection: (System: RWCD, Owner: RWCD, Group: RWCD, World: RWCD)
  Access Control List: <empty>
$ SHOW DEVICE $99$DUA22
Device              Device    Error    Volume      Free  Trans Mnt
 Name               Status    Count     Label     Blocks Count Cnt
$99$DUA22:  (KUDOS) Mounted       0  RES17SEP     649904     1   2
 
 

この例は,ディスクの機密プロファイルを表示しています。ディスク $99$DUA22 の情報とともに,マウントされているボリューム RES17SEP の情報も表示されています。次の SHOW DEVICE コマンドでボリュームがマウントされていることを確認しています。

#3

$  SHOW SECURITY LOGICAL_NAME_TABLE /CLASS=SECURITY_CLASS
LOGICAL_NAME_TABLE object of class SECURITY_CLASS
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RWCD, Owner: RWCD, Group: R, World: R)
     Access Control List: <empty>
  Template: GROUP
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RWCD, Owner: R, Group: R, World: R)
     Access Control List: <empty>
  Template: JOB
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RWCD, Owner: RWCD, Group, World)
     Access Control List: <empty>
  Template: DEFAULT
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RW, Owner: RW, Group: R, World: R)
     Access Control List: <empty>
 
 

この例は,機密クラス・オブジェクトの特殊な例を示しています。機密クラス・オブジェクト LOGICAL_NAME_TABLE が機密プロファイルとともに表示され,さらに 3 つのテンプレートが表示されています。

#4

$  SHOW SECURITY * /CLASS=SECURITY_CLASS
SECURITY_CLASS object of class SECURITY_CLASS
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RWCD, Owner: RWCD, Group: R, World: R)
     Access Control List:  <empty>
LOGICAL_NAME_TABLE object of class SECURITY_CLASS
     Owner: [SYSTEM]
     Protection: (System: RWCD, Owner: RWCD, Group: R, World: R)
     Access Control List:  <empty>
               .
               .
               .
 

この例は,現在登録されているすべての機密クラスを表示しています。アスタリスク (*) が使用されているので,他のワイルドカード文字は使用できません。機密クラスの機密プロファイルが表示されています。ただし,テンプレートは表示されません。




SHOW SERVER ACME_SERVER (Alpha/I64 のみ)

ACME サーバと ACME エージェントについての情報を表示します。

SYSPRV 特権が必要です。




形式

SHOW SERVER ACME_SERVER




説明

SHOW SERVER ACME_SERVER コマンドは,システム管理者用のコマンドで, ACME サーバと 1 つ以上の ACME エージェントの情報を表示します。

関連情報については,SET SERVER ACME_SERVER コマンドの項を参照してください。




修飾子



/AGENT[=(エージェント,...エージェント)] (省略時の設定)



/NOAGENT

ACME エージェントの情報を表示するかどうかを指定します。

/BRIEF (省略時の設定)

要約情報を表示します。

/CLUSTER

クラスタの全メンバでコマンドを実行します。

/FULL

情報をすべて表示します。

/NODE=(ノード名[,...])

情報を表示するクラスタ・メンバを 1 つ以上指定します。

/OUTPUT=ファイル指定

指定されたファイルに出力情報を送信します。

/PAGE

一度に 1 スクリーンの情報を表示します。

/SERVER (省略時の設定)



/NOSERVER

ACME サーバ情報を表示するかどうかを指定します。





#1

$ SHOW SERVER ACME_SERVER
 

この例は,Alpha システムでの SHOW SERVER ACME/BRIEF の出力を示しています。


 
 
ACME Information on node TSINOD  29-JUN-2004 10:08:12.32  Uptime 000:05:45 
 
ACME Server id: 5  State: Processing New Requests (1)
   Agents Loaded:        2   Active:      2 (2)
   Thread Maximum:       4   Count:       4 
   Request Maximum:      8   Count:       0 
 
ACME Agent id: 1  State: Active (3)
   Name: "VMS" (4)
   Image: "DISK$AXP_721:[VMS$COMMON.SYSLIB]VMS$VMS_ACMESHR.EXE;1" (5)
   Identification: "VMS ACME built  3-JUN-1999" (6)
   Information: "No requests completed since the last startup" (7)
   Domain of Interpretation: Yes (8)
   Execution Order:      1 (9)
 
ACME Agent id: 2  State: Active 
   Name: "MSV1_0" 
   Image: "DISK$AXP_721:[SYS0.SYSLIB]PWRK$MSV1_0_ACMESHR.EXE;2" 
   Identification: "MSV1_0 ACME X-22" 
   Information: "MSV1_0 ready to process requests." 
   Domain of Interpretation: Yes 
   Execution Order:      2 

例の中の数字の付いた項目について以下に説明します。

サーバ状態
サーバ・エージェント/スレッド/ 要求スロット統計
エージェント状態
エージェント名
エージェント・ファイル指定
エージェント定義の識別文字列 (静的)
エージェント定義の情報文字列 (動的)
Domain-of-interpretation (DOI) インジケータ
実行順序 (それぞれの要求についてエージェントが呼び出される順序)



SHOW SERVER REGISTRY_SERVER (Alpha/I64 のみ)

レジストリ・サーバについての情報を表示します。

SYSPRV 特権が必要です。




形式

SHOW SERVER REGISTRY_SERVER




説明

SHOW SERVER REGISTRY_SERVER コマンドは,システム管理者用のコマンドで,レジストリ・サーバの情報を表示します。

関連情報については,SET SERVER REGISTRY_SERVER コマンドの項を参照してください。




修飾子



/CLUSTER

クラスタ内の各サーバについての情報を表示します。

/MASTER または /NODE 修飾子と同時に使用することはできません。

/MASTER

SYSLCK 特権が必要です。

レジストリ・マスタ・サーバのみについての情報を表示します。

/CLUSTER または /NODE 修飾子と同時に使用することはできません。

/NODE=(ノード名[,...])

指定されたノード上のレジストリ・サーバの情報を,指定された順序で表示します。指定されたノードは,現在のクラスタ内に存在している必要があります。

/CLUSTER または /MASTER 修飾子と同時に使用することはできません。

/OUTPUT=ファイル指定

指定されたファイルに出力情報を送信します。





#1

$ SHOW SERVER REGISTRY_SERVER

このコマンドは,現在のノードについての情報を表示します。以下に例を示します。


Registry Information on node OPNEYE  29-JUN-2004 16:37:26.52  Uptime 20 04:10:55 

#2

$ SHOW SERVER REGISTRY_SERVER/MASTER    

このコマンドは,レジストリ・マスタ・サーバについての情報を表示します。以下に例を示します。


Registry Master Server is running on OPNEYE, Pid: 20A0021A 




SHOW SHADOW (Alpha/I64 のみ)

システム上の指定されたシャドウ・セットのステータスを表示します。

修飾子を指定しない場合は,装置の要約が表示されます。




形式

SHOW SHADOW [DSAn[:]]




パラメータ



DSAn[:]

情報が表示されるシャドウ・セットの仮想装置名を指定します。

仮想装置名を指定しない場合,マウントされているすべてのシャドウ・セットについての情報が表示されます。




修飾子



/ACTIVE

次の 3 つの状態のいずれかを表示します。

  • マージもコピーも不要

  • ノード node-name でコピーが進行中,n% 完了

  • ノード node-name でマージが進行中,n% 完了



/BY_PRIORITY



/BY_PRIORITY DSAn:

システム上のシャドウ・セットの一覧を,回復動作 (コピー,フル・マージ,またはミニマージ) がスケジュールされている順でソートして表示します。コピーまたはマージが実行中の場合,どのシステムで実行中かが表示されます。一覧はコマンドを実行したシステムに固有のもので,クラスタの各システムで異なる可能性があります。番号が大きい方が,優先順位が高いことを示します。

ヒント: コマンドで仮想ユニット (DSAn:) を指定すると,この仮想ユニットについてのみ現在の優先順位と状態が表示されます。コピーまたはマージ動作が進行中の場合は,動作を実行しているシステムと,動作の進行状況も表示されます。

/COPY

次の 3 つの状態のいずれかを表示します。

  • コピーは不要

  • コピーは保留中

  • ノード node-name でコピーが進行中, n% 完了



/FULL

指定された装置 (装置を指定しない場合はすべての装置) に関する情報をすべて表示します。 /FULL と同時に指定できる修飾子は,/OUTPUT だけです。

/MERGE

次の 3 つの状態のいずれかを表示します。

  • マージは不要

  • マージは保留中

  • ノード node-name でマージが進行中, n% 完了



/NAME[=ポリシー名]

特定の名前付きのホスト・ベース・ミニマージ (HBMM) ポリシーについての属性を表示するために,/POLICY=HBMM とともに使用します。ポリシー名を指定しない場合,クラスタ上のすべての名前付き HBMM ポリシーの属性が表示されます。

/OUTPUT[=ファイル指定]

すべてのメッセージを指定されたファイルに出力します。

/POLICY=HBMM

指定された装置に関連付けられているホスト・ベース・ミニマージ (HBMM) ポリシーを表示します。

HBMM は /POLICY に対して唯一サポートされる値であり,必ず指定する必要があります。

装置を指定せずにコマンドを実行すると,すべての装置の情報が出力されます。装置情報が表示されるまで,または DCL コマンド・プロンプトに戻るまでに,ある程度の時間がかかる場合がありますが,正常です。

/SITE=n

シャドウ・セットのメンバ (および仮想デバイス) のうち,n で指定したサイト値を持つすべての装置を表示します。





#1

$ SHOW SHADOW DSA112:
_DSA112:  Volume Label: DSA112
  Virtual Unit State:   Steady State
  No Enhanced Shadowing Features in use
  VU Timeout Value      1200    VU Site Value          0
  Copy/Merge Priority   5000    Mini Merge      Disabled
  Served Path Delay     30
  Device $1$DGA112              Master Member
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        180
  Device $1$DGA113
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        180
 

この表示は,安定状態にあるシャドウ・セットに対するものです。すなわち,このシャドウ・セットに対しては,実行中または保留中のマージ操作やコピー操作がなく,HBMM は無効になっています。

#2

$ SHOW SHADOW DSA112:
_DSA112:  Volume Label: DSA112
  Virtual Unit State: MiniMerge Active (5%), Copy Pending (32%) on NODE1
  Enhanced Shadowing Features in use:
      Host-Based Minimerge (HBMM) 
  VU Timeout Value      1200    VU Site Value          0
  Copy/Merge Priority   5000    Mini Merge       Enabled
  Served Path Delay     30
  HBMM Policy
    HBMM Reset Threshold: 50000
    HBMM Master lists:
      Up to any 6 nodes in the cluster
    HBMM bitmaps are active on NODE1,NODE2
    Modified blocks since bitmap creation: 137033
  Device $1$DGA112              Master Member, Merging (5%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        180
  Device $1$DGA113              Copy Target (32%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        180
 

この表示は,HBMM が有効になっているシャドウ・セットに対するものです。このシャドウ・セットに対して,シャドウ・セット・メンバのコピーおよびシャドウ・セットのマージが必要です。マージが必要になった時点で,シャドウ・メンバのコピーは 32% 完了していました。マージはミニマージであったため,マージがコピーに取って代わり,コピーの状態は保留中として表示されています。

#3

$ SHOW SHADOW DSA12
 
_DSA12:   Volume Label: DGA12 
  Virtual Unit State: Merge Active (23%), Copy Pending (3%) on NODE1
  Enhanced Shadowing Features in use:
      Host-Based Minimerge (HBMM) 
 
  VU Timeout Value      300     VU Site Value          5
  Copy/Merge Priority   5000    Mini Merge       Enabled
  Served Path Delay     0
  HBMM Policy
    HBMM Reset Threshold: 50000
    HBMM Master lists:
      Up to any 2 of the nodes: NODE1,NODE2
    HBMM bitmaps are active on the following nodes: NODE2,NODE1
  Modified blocks since bitmap creation: 254
  Device $1$DGA12               Master Member, Merging (23%)
    Read Cost             2     Site 5
    Member Timeout        180
 
  Device $1$DGA22               Copy Target (3%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        180
 
 
  Device $1$DGA32               Merging (23%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        180
 

この例は,シャドウ・セット DSA12 の状態情報を表示しています。ミニマージ操作はコピー操作より優先されるため,コピーは 3 % で停止し,マージが実行中になって 23 % 完了しています。

デバイス $1$DGA12 の VU サイト値とサイト値が,どちらも 5 である点に注意してください。このため,このシステム上の DSA12 への読み込み入出力は, $1$DGA12 に対して行われます。

#4

$ SHOW SHADOW /BY_PRIORITY
Device    Mbr                                        Active
 Name     Cnt  Priority Virtual Unit State          on Node
_DSA30:    2     5000   Steady State
_DSA12:    3     4000   Steady State
_DSA234:         3000   Not Mounted on this node
Total of 2 Operational shadow sets; 0 in Mount Verification; 1 not mounted

このコマンドの表示結果は,装置 DSA30 (優先順位は 5) が, DSA12 (優先順位は 4) よりも前にこのシステム上でコピーまたはマージ操作を開始することを示しています。また,DSA30 は 2 つのメンバを持つシャドウ・セットで, DSA12 は 3 つのメンバを持つシャドウ・セットであることが分かります。

表示の最後の行で,マウント・チェックのタイムアウト制限を超えたシャドウ・セットを含め,全シャドウ・セットとその状態の要約を示しています。 Operational shadow set (使用可能なシャドウ・セット) とは,マウントされ,1 つ以上のメンバを持つシャドウ・セットです。コピーまたはマージ操作は進行中であってもなくてもかまいません。アプリケーションは,これらのシャドウ・セットを使用して読み書きをします。

#5

$ SHOW SHADOW /BY_PRIORITY
Device  Mbr                                               Active
 Name   Cnt Priority Virtual Unit State                  on Node
_DSA30: 2+1   5000   Merge Pending (23%), Copy Active (5%) NODE1
_DSA12:  2    4000   Steady State
_DSA234:      3000   Not Mounted on this node
Total of 2 Operational shadow sets; 0 in Mount Verification; 1 not mounted

この表示は,システム NODE1 でコピーを実行中で, 5 % が完了していることを示しています。 Mbr Cnt (メンバ・カウント) の 2+1 は,シャドウ・セット内に 2 つのソース・メンバがあり,ほかのメンバを追加中であることを示しています。 3 つ目のメンバが追加された時,シャドウ・セットのマージは 23 % 完了していました。コピー操作が完了すると,マージはその位置から再開します。

#6

$ SHOW SHADOW /BY_PRIORITY DSA11
Device    Mbr                                           Active
 Name     Cnt  Priority  Virtual Unit State            on Node
_DSA11:    3     5000    Merge Active (29%)              NODE3

このコマンドは,DSA11 の状態だけを表示します。 NODE3 上でマージ操作が 29 % 完了しています。

#7

$ SHOW SHADOW /MERGE
Device    Volume Name Status
_DSA1010: FOOBAR      Merge Pending (23%), Copy Active (77%) on NODE1

このコマンドは,マージ操作の状態を要求します。マージの状態が表示されるだけでなく,コピー操作が現在アクティブであることも分かります。

#8

$ SHOW SHADOW DSA1010 /ACTIVE
Device     Volume Name   Status
_DSA1010:  FOOBAR        Merge Active (25%) on NODE1

前の例で進行中として表示されたコピーが完了し,マージが再開され,25 % 完了しています。マージを行っているのは NODE1 です。

#9

$ SHOW SHADOW DSA1010
 
_DSA1010: Volume Label: FOOBAR
  Virtual Unit State:   Merge Pending (0%)
  Enhanced Shadowing Features in use:
      Host-Based Minimerge (HBMM) 
 
  VU Timeout Value      3600    VU Site Value          0
  Copy/Merge Priority   5000    Mini Merge      Disabled
  Served Path Delay     30
  Device $252$DUA610            Master Member Merging (0%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        10
  Device $252$DUA1010     Merging (0%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        10
  Device $252$DUA716      Merging (0%)
    Read Cost             2     Site 0
    Member Timeout        10

この例では,ほかの事象によりシャドウ・セットはマージ状態となっています。しかし,このシャドウ・セットは現在動作中ではありません。これはおそらく, SHADOW_MAX_COPY に対応できるだけのスレッドがシステムにないか,このシャドウ・セットの相対的な優先順位が低いためで,ほかのマージが先に完了するようになっています。システムがマージを実行できるようになると,Active と表示され,Merging のパーセント値が増え始めます。

#10

$ SHOW SHADOW DSA12 /POLICY=HBMM
  HBMM Policy for device _DSA12:
    HBMM Reset Threshold: 50000 
    HBMM Master lists:
      Up to any 2 of the nodes: NODE1,NODE2,NODE3
    HBMM bitmaps are active on the following nodes: NODE2,NODE1
  HBMM Reset Count      4      Last Reset  9-JAN-2004 13:40:11.45
  Modified blocks since last bitmap reset: 142367
 

このコマンドは,装置 DSA12 に対するホスト・ベース・ミニマージ (HBMM) 情報を表示します。

この例では,DSA12 に対して HBMM ポリシーが 1 つ定義されています。 DSA12 に対するマスタ・ビットマップを持つことができるシステムは, NODE1,NODE2,NODE3 のうち常に 2 つまでです。合計 50000 ブロックが DSA12 に書き込まれたことを示すビットが設定されると,ビットマップはリセットされます。このコマンドを入力した時点では,NODE1 と NODE2 の両方にマスタ・ビットマップがありました。

"modified blocks" の値は,リセットしきい値を超えていることに注意してください。これは,ビットマップがリセットしきい値を超えてもすぐにはリセットされないために起こります。リセットしきい値は定期的にチェックされ,リセットしきい値のチェック間隔は,システム・パラメータ SHADOW_HBMM_RTC で決まります。省略時の値は 150 秒です。

#11

$ SHOW SHADOW/POLICY=HBMM/NAME=PEAKS_ISLAND
   HBMM Policy PEAKS_ISLAND
     HBMM Reset Threshold: 50000
     HBMM Master lists:
       Up to any 2 of the nodes: NODE1,NODE2,NODE3
       Any 1 of the nodes: NODE4,NODE5
       Up to any 2 of the nodes: NODE6,NODE7,NODE8

このコマンドは,名前付き HBMM ポリシー PEAKS_ISLAND を表示します。

#12

$ SHOW SHADOW /POLICY=HBMM
   HBMM Policy for device _DSA12:
     HBMM Reset Threshold: 50000
     HBMM Master lists:
       Up to any 2 of the nodes: NODE1,NODE2
     HBMM bitmaps are active on NODE1,NODE2
   Modified blocks since bitmap creation: 254
   HBMM Policy for device _DSA30:
     HBMM Reset Threshold: 50000
     HBMM Master lists:
       Up to any 2 of the nodes: FLURRY,FREEZE,HOTTUB
   HBMM Policy for device _DSA99:
     HBMM Reset Threshold: 50000
     HBMM Master lists:
       Up to any 2 of the nodes: NODE1,NODE2,NODE3
       Any 1 of the nodes: NODE4,NODE5
       Up to any 2 of the nodes: ICEBAR,SWEDEN,MILANO
   HBMM Policy for device _DSA999:
     HBMM Reset Threshold: 50000
     HBMM Master lists:
       Up to any 2 of the nodes: NODE1,NODE2,NODE3
       Any 1 of the nodes: NODE4,NODE5
       Up to any 2 of the nodes: ICEBAR,SWEDEN,MILANO


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項