; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引





SHOW IMAGE (Alpha/I64 のみ)

指定された I64 イメージ・ファイルに関する情報を表示します。

注意

このコマンドは,Alpha システムと I64 システムで実行可能ですが, I64 イメージの属性だけを表示するように設計されています。これらの属性は,SET IMAGE コマンドを使用して変更することができます。




形式

SHOW IMAGE イメージ・ファイル指定




パラメータ



イメージ・ファイル指定

属性を表示したい OpenVMS I64 イメージ・ファイルの名前を指定します。ファイル指定では,アスタリスク (*) およびパーセント記号 (%) のワイルドカードを使用できます。ファイル・タイプの拡張子を省略すると,省略時のファイル・タイプ .EXE が使用されます。



説明

I64 イメージ・ファイルに関する情報を表示します。表示される情報には,イメージ識別子,リンカ識別子,リンク後にイメージが変更されているかどうかなどが含まれます。



修飾子



/OUTPUT[=ファイル指定]

SHOW IMAGE の出力を,現在の SYS$OUTPUT 装置ではなく,指定されたファイルに出力します。ファイル指定なしで /OUTPUT 修飾子を指定した場合は, SYS$OUTPUT に出力されます。ファイル指定のファイル・タイプを省略すると,省略時のファイル・タイプは .LIS となります。ファイル・タイプを指定してファイル名を省略した場合,省略時のファイル名は SHOW となります。ファイル指定ではワイルドカードは使用できません。

/PAGE[=キーワード]



/NOPAGE (省略時の設定)

画面上での SHOW IMAGE 情報の表示を制御します。

以下のキーワードを /PAGE 修飾子とともに指定できます。

キーワード 説明
CLEAR_SCREEN ページ・モードで表示 (毎回画面を消去する)。
SCROLL スクロール・モードで表示 (毎回画面を消去しない)。
SAVE[=n] n ページ分の履歴を保持する (前ページに戻ること等が可能)。

/PAGE 修飾子は /OUTPUT 修飾子と共存できません。

/PAGE=SAVE 修飾子を使用すると,画面上で移動することができます。 /PAGE=SAVE 修飾子では,最大5 画面(最大255 カラムまで) 分の履歴を保存できます。/PAGE=SAVE 修飾子を使用したときには,次のキーを使って画面の移動などができます。

キー・シーケンス 意味
↑矢印キー,Ctrl/B 1行スクロール・アップ
↓矢印キー 1行スクロール・ダウン
←矢印キー 1カラム左シフト
→矢印キー 1カラム右シフト
Find (E1) 文字列検索を起動
Insert Here (E2) 半画面右シフト
Remove (E3) 半画面左シフト
Select (E4) 80/132 カラム切り替え
Prev Screen (E5) 前ページに移動
Next Screen (E6), 次ページに移動
Return,Enter,Space,F10,Ctrl/Z 終了 (ユーティリティによっては異なることがあります)。
Help (F15) ヘルプ・テキストを表示
Do (F16) 最新 (現在) の画面と (履歴内で) 最古画面の切り替え
Ctrl/W 再表示






#1

$ SHOW IMAGE PATCH 
Show Image Version 1.2                   29-SEP-2004 07:52:08.41 
WORK1:[SWEENEY.CLIUTL]PATCH.EXE;65 
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file 
 
Image Identification Information 
 
                  Image name: PATCH 
    Global Symbol Table name: PATCH 
   Image file identification: X-6 
  Image build identification: <unavailable> 
         Link identification: Linker T02-14 
              Link Date/Time: 28-SEP-2004 07:49:17.57 
             Patch Date/Time: Never 
      Manipulation Date/Time: 29-SEP-2004 07:51:58.73 
  Image Dynamic Data Version: 1.1 
 
Image Completion Code Value: SUCCESS  State: Original 
 
Image Link Flags state: Manipulated 
 
     Current Image Flags        Original Link Flags 
     -------------------        ------------------- 
     IMGSTA                     CALL_DEBUG 
     MAIN                       IMGSTA 
     TBK_IN_IMG                 MAIN 
     DBG_IN_IMG                 TBK_IN_IMG 
                                DBG_IN_IMG 
 
     Image Link Flag   Description 
     ---------------   ------------------------------------- 
     CALL_DEBUG      : Call debugger 
     IMGSTA          : Call SYS$IMGSTA 
     MAIN            : Image has main transfer 
     TBK_IN_IMG      : Traceback records in image file 
     DBG_IN_IMG      : Debug records in image file 
 

この例では,SHOW IMAGE コマンドは,現在の作業ディレクトリにあるファイル PATCH.EXE の属性を表示しています。イメージは 2004 年 9 月 29 日に元の属性から変更されています。

イメージ・リンク・フラグの出力から,イメージ起動時にデバッガを呼び出さないように変更されていることが分かります。また,トレースバック・シンボルとデバッガ・シンボルがイメージ・ファイル内に存在することも分かります。

出力の最初の行は,システムにインストールされている SHOW IMAGE のバージョンを示します。 "Image Dynamic Data Version" という行は,イメージがリンクされた時に使用可能だった SHOW IMAGE のバージョンを示します。将来 I64 の ELF イメージ形式が更新され,イメージのダイナミック・データ・バージョンが大きくなる可能性があります。イメージのバージョンが SHOW IMAGE のバージョンと一致しない場合は,新しい ELF 形式のデータを表示するために,新しいバージョンの SHOW IMAGE が必要になる可能性があります。

#2

$ SHOW IMAGE SYS$LIBRARY:DCLTABLES
Show Image Version 1.2                   29-SEP-2004 07:59:48.07 
SYS$COMMON:[SYSLIB]DCLTABLES.EXE;928 
This is an OpenVMS IA64 (Elf format) executable image file 
 
Image Identification Information 
 
                  Image name: DCLTABLES 
    Global Symbol Table name: DCLTABLES 
   Image file identification: 0-0 
  Image build identification: XAAU-BL1-0000 
         Link identification: Linker T02-02 
              Link Date/Time: 12-MAY-2004 14:39:38.30 
             Patch Date/Time: Never 
      Manipulation Date/Time: Never 
  Image Dynamic Data Version: <unavailable> 
 
Image Completion Code Value: SUCCESS  State: Original 
 
Image Link Flags state: <unavailable> 

この例では,SYS$LIBRARY の中の DCLTABLES.EXE ファイルのイメージ情報を表示しています。イメージのダイナミック・データ・バージョンの行の <unavailable> という文字列は,このイメージが,SET IMAGE コマンドで操作できないことを示しています。




SHOW INTRUSION

侵入データベースの内容を表示します。

SECURITY 特権が必要です。




形式

SHOW INTRUSION




説明

OpenVMS システムは,さまざまな失敗の理由 ( 無効パスワード,失効アカウント,不明な利用者名 ) による特定のソースからのログイン失敗についての情報を,侵入データベースに保管します。機密保護管理者は,SHOW INTRUSION コマンドを使用して侵入データベースの内容を表示すると,不法侵入の可能性を特定できます。

侵入データベースのエントリの形式は,次のとおりです。


Intrusion      Type      Count      Expiration      Source 

各エントリのフィールドには,次の情報が提供されます。

フィールド 説明
Intrusion 侵入のクラス。OpenVMSシステムの回避処置は,侵入のクラスに依存します。
Type ログイン失敗回数のしきい値で定義した侵入の重大度
Count 特定のソースに関連したログイン失敗回数
Expiration OpenVMS がログイン失敗をカウントしなくなる絶対時刻。システム・パラメータ LGI_BRK_TMO は, OpenVMS システムがログイン失敗を追跡する時間を制御します。
Source ログイン失敗のソース。このフィールドが提供する情報は,侵入のクラスに依存します。

侵入データベースでは,オペレーティング・システムがソースに従ってログイン失敗を分類します。システム侵入には,次の 4 つのクラスがあります。

侵入クラス 説明
NETWORK 有効なユーザ名を使用したリモート・ノードからのログイン失敗
TERMINAL ある端末からのログイン失敗
TERM_USER 有効なユーザ名を使用したある端末からのログイン失敗
USERNAME 独立プロセスを作成しようとするログイン失敗

侵入のクラスにより,エントリのソース・フィールドに入る情報のタイプが決まります。ソース・フィールドに入る情報は,次の形式のいずれかです。

侵入クラス 形式
NETWORK ノード::ユーザ名
TERMINAL 端末:
TERM_USER 端末:ユーザ名
USERNAME ユーザ名

機密保護管理者が取ることができる回避処置のタイプは,提供された情報のタイプに基づきます。この情報の使用方法についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

侵入データベースには,容疑者および侵入者という 2 つのレベルの侵入エントリがあります。エントリの重大度は,エントリのタイプ・フィールドに表示されます。特定のソースに関連したログイン失敗が発生すると, OpenVMSシステムはログイン失敗を容疑者と分類します。同じソースからの後続のログイン失敗がカウントされます。ログイン失敗回数は,エントリのカウント・フィールドに表示されます。ログイン失敗のカウントを停止する絶対時刻は,エントリの満了フィールドに表示されます。ログイン失敗回数がシステム・パラメータ LGI_BRK_LIM で指定された回数を超えると,エントリは侵入者に分類されます。ただし,LGI_BRK_LIM パラメータを 0 に設定すると,最初のログイン失敗は侵入者に分類されません。結果は,LGI_BRK_LIM パラメータを1に設定した場合と同じです。

エントリが侵入者に分類されると,OpenVMS システムは,その特定のソースからのすべてのログインを禁止して,回避処置を取ります。

回避処置の存続時間は,システム・パラメータ LGI_HID_TIM によって決まります。回避処置を終了する絶対時刻は,エントリの満了フィールドに表示されます。

侵入の検出,防止,および回避処置についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

侵入データベースのエントリがユーザのエラーによるもので,侵入の試みが原因でないと判断した場合は,DELETE/INTRUSION コマンドを使用すると,侵入データベースからエントリを削除できます。詳細は,DELETE/INTRUSION コマンドを参照してください。




修飾子



/NODE[=(ノード名[,...])]

/NODE 修飾子は,ノード情報をサポートしている各侵入レコードを表紙します。

個々のノードを指定する場合,サポート・ノード情報は,リストされたノードのみ表示します。

/OLD

VAX システムでは,旧版のカーネルモードの侵入データベースの内容を表示します。旧版のデータベースは,バージョン 6.1 以前の OpenVMS VAX で使用されていたものです。ただし,アプリケーションの中には,侵入データベース・アクセス用のシステム・サービスを使用せず,この旧版のデータベースを参照しているものがあるため,引き続き更新されています。アプリケーションによって直接旧版データベースに ( のみ ) 追加されたレコードは /OLD 修飾子を指定しないかぎり検索できません。

/OUTPUT[=ファイル指定]

SHOW INTRUSION コマンドからの出力を,修飾子で指定されるファイルに出力します。省略時の設定では,コマンドからの出力は SYS$OUTPUT に表示されます。

/TYPE=キーワード

侵入データベースから表示される情報のタイプを選択します。指定できるキーワードは,次のとおりです。

ALL すべての侵入エントリ。省略時には,すべてのエントリが表示されます。
SUSPECT すでに発生しているが,侵入者として識別するのに必要なしきいには達していない,ログイン失敗に対するエントリ。
INTRUDER ログイン失敗の発生頻度が非常に高く,回避対策が必要とされるエントリ。






#1

$ SHOW INTRUSION/OUTPUT=INTRUDER.LIS

このコマンドは,侵入データベースに現在含まれているすべてのエントリを, INTRUDER.LIS というファイルに出力します。

#2

$ SHOW INTRUSION/TYPE=INTRUDER
                                                   
Intrusion   Type      Count    Expiration    Source
TERMINAL    INTRUDER    9      10:29:39.16   AV34C2/LC-1-15:
NETWORK     INTRUDER    7      10:47:53.12   NODE22::RONNING

この SHOW INTRUSION コマンドは,現在の侵入データベースに含まれているすべての INTRUDER エントリを表示します。

#3

$ SHOW INTRUSION/NODE
 NETWORK      SUSPECT       5   26-JUL-2001 08:51:25.66  POPEYE::WONG
    Node: TSAVO      Count:    2
    Node: FROGGY     Count:    2
    Node: KITTY      Count:    1

このコマンドは,全てのノードに対して各々の侵入レコードを表示しています。

#4

$ SHOW INTRUSION/NODE=(FROGGY,KITTY)
 NETWORK      SUSPECT       5   26-JUL-2001 08:51:25.66  POPEYE::HAMMER
    Node: FROGGY     Count:    2
    Node: KITTY      Count:    2

このコマンドは, FROGGY ノードおよび KITTY ノードの侵入レコード情報を表示しています。

#5

$ SHOW INTRUSION/NODE=EVMSA
$ 

このコマンドは,EVMSA ノードに侵入レコードがないことを示しています。




SHOW KEY

DEFINE/KEY コマンドによって作成されたキー定義を表示します。



形式

SHOW KEY [キー名]




パラメータ



キー名

定義を表示したいキーの名前を指定します。指定できるキー名については,DEFINE/KEY コマンドを参照してください。



説明

DEFINE/KEY コマンドを使用してキーパッド・キーを定義した場合, SHOW KEY コマンドを使用してキー定義を表示できます。 SHOW KEY コマンドで /DIRECTORY 修飾子を指定すると,キー定義を作成したすべての状態の名前をリストできます。キー状態を変更するには,SET KEY コマンドを使用します。



修飾子



/ALL

現在の状態 ( または /STATE 修飾子で指定された状態 ) における,すべてのキー定義を表示します。 /ALL 修飾子を使用した場合には,キー名を指定できません。

/BRIEF (省略時の設定)



/NOBRIEF

キー定義と状態だけを表示することを要求します。 /BRIEF 修飾子と/NOFULL 修飾子は同じです。

/DIRECTORY

キーが定義されている,すべての状態の名前を表示することを指定します。キー定義に状態を指定しない場合には,SHOW KEY/DIRECTORY コマンドは,状態として DEFAULT の値を表示します。

/DIRECTORY 修飾子は, SHOW KEY コマンドの他の修飾子とともに使用することはできません。

/FULL



/NOFULL (省略時の設定)

キー定義に関係するすべての情報を表示します。省略した場合には,定義の状態と定義自体が表示されます。/FULL 修飾子と /NOBRIEF 修飾子は同じです。

/STATE=(状態名[,...])



/NOSTATE

指定した状態のキー定義を表示します。状態名を1つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。状態名は,任意の英数字文字列です。状態名は,DEFINE/KEY コマンドによって作成されます。

/STATE 修飾子を省略する場合や,/NOSTATE 修飾子を使用する場合には,現在の状態のキー定義が表示されます。






#1

$ DEFINE/KEY/TERMINATE PF1 "ATTACH BOB"
%DCL-I-DEFKEY, DEFAULT key PF1 has been defined
$ SHOW KEY PF1
DEFAULT keypad definitions:
  PF1 = "ATTACH BOB"
$ SHOW KEY/FULL PF1
DEFAULT keypad definitions:
  PF1 = "ATTACH BOB"  (noecho,terminate,noerase,nolock)

この例は,PF1 キーの定義と状態を標準形式で表示しています。 SHOW KEY/FULL コマンドは,キー定義の全情報を表示します。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項