日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引


SHOW DISPLAY コマンドの説明も参照してください。

装置のモードの指定

作成している装置のモードを指定するには,/EXECUTIVE_MODE,/SUPERVISOR_MODE,または /USER_MODE 修飾子のいずれかを使用します。省略時の設定は,/SUPERVISOR_MODE 修飾子です。

詳細は, SHOW DISPLAY コマンドの説明も参照してください。




修飾子



/CREATE

DECwindows アプリケーションを表示するワークステーション表示デバイス (WSAn:) を作成します。最初の SET DISPLAY コマンドでは必ず /CREATE 修飾子を指定しなければなりませんが,引き続いて出力先を他のワークステーションに変更する場合は,以降の SET DISPLAY コマンドでこの修飾子を指定する必要はありません。

/CREATE 修飾子を /NODE 修飾子なしで指定すると,ワークステーション装置は省略時の設定で現在のノードになります。さらに,/TRANSPORT 修飾子を省略すると,トランスポートは省略時の設定で,DECW$SETDISPLAY_DEFAULT_TRANSPORT 論理名によって指定されている値 (この論理名が定義されている場合),または DECNET になります。

/DELETE

論理名 DECW$DISPLAY を取り消して出力先の設定を無効にし,表示デバイスを削除します。SET DISPLAY/CREATE コマンドで表示デバイス・パラメータを指定した場合は, SET DISPLAY/DELETE display-device コマンドで無効にできます。

DECwindows セッション・マネージャは,ターミナル (DECterm)・ウィンドウ作成時に DECW$DISPLAY をジョブ論理名で定義します。SET DISPLAY/CREATE コマンドで出力先を他のワークステーションに変えると,プロセス論理名で DECW$DISPLAY が定義されます。これはジョブ論理名に優先します。つまり, SET DISPLAY/CREATE を実行したプロセスで実行するアプリケーションの出力は,プロセス論理名 DEC$DISPLAY で参照されるワークステーションに出力されます。アプリケーションの出力がどこへ出力されるかは,SHOW DISPLAY コマンドで分かります。DECW$DISPLAY がどのように定義されているかは,SHOW LOGICAL DECW$DISPLAY コマンドで確認できます。

SET DISPLAY/DELETE コマンド実行後も DECW$DISPLAY がまだ定義されている (たとえば,ジョブ論理名にある)場合は,プロセスで実行する DECwindows アプリケーションの出力は,そのワークステーション装置に表示されます。どのノードに出力されているか調べたい場合には,SHOW DISLAY コマンドを使用してください。

警告

ジョブ論理名の DECW$DISPLAY が変更/削除されると,他のセッションを開始できなくなります。SET DISPLAY/CREATE コマンドを実行していないにもかかわらず, SET DISPLAY/DELETE コマンドを実行することがないようにしてください。

/DELETE と /CREATE 修飾子とは同時に指定できません。

/EXECUTIVE_MODE

エグゼクティブ・モードの装置を作成し,それを指すように論理名 DECW$DISPLAY を定義します。必ず,/CREATE とともに使用します。/EXECUTIVE_MODE 修飾子付きで作成された装置は,以下の場合にのみ削除されます。

  • /DELETE を指定して明示的に削除された場合

  • システムをリブートした場合

EXECUTIVE モードの装置を変更または削除するには,SYSNAM (システム論理名) 特権が必要です。

/GENERATE[=(キーワード[=値][,...]) (Alpha/I64 のみ)

X ディスプレイ・サーバにトラステッド・ネットワーク接続によって接続され,SECURITY 拡張がそのサーバで有効でなければなりません。

表示デバイスに対し,X ディスプレイ・サーバに接続し,新しい許可キー (許可プロトコル名とマジック・クッキーで構成される) を生成するように命令します。生成された許可キーは,現在使用している X 許可ファイルに格納されます。この表示デバイスの既存のキーを上書きしないようにするには, /XAUTHORITY 修飾子を使用して,生成されたキーを別の X 許可ファイルに書き込みます。

注意

MIT-KERBEROS-5 プロトコルは,SECURITY 拡張で定義されるキー生成を現在サポートしていません。Kerberos アクセス制御で保護されている X ディスプレイ・サーバに接続する場合は, /GENERATE 修飾子を使用しないでください。

生成されたキーは,特に指定しない限り,省略時の設定になります。つまり,生成された許可キーは,省略時には次のように設定されます。

  • MIT-MAGIC-COOKIE-1 プロトコルに従う。

  • X サーバに非トラステッド接続を行う。

  • 特定のアプリケーション・グループに関連付けられていない。

  • 60 秒というタイムアウト時間があり,それが経過するまでに使用されなければならない (使用されない場合は,自動的に無効化される)。

キーワードには,次の値が使用できます。

説明
TRUSTED キーが,X サーバへの無制限アクセスを与えることを指定します。このキーワードを使用すると,クライアント・アプリケーションがすべてのアクションを実行できます。
UNTRUSTED キーが,X サーバへの制限付きアクセスを与えることを指定します。このキーワードを使用すると,クライアント・アプリケーションからのアクセスは,X サーバ拡張のサブセットのみに制限され,要求元アプリケーションが作成したウィンドウ以外のウィンドウにはアクセスできません。
TIMEOUT=秒 何秒間キーを使用しなければ,そのキーを自動的に無効化するかを指定します。タイムアウト期間は即座に開始し,このキーを使用したすべての接続が閉じるとリセットされます。
NOTIMEOUT キーには期限切れがないので,明示的に無効化する必要があることを指定します。
GROUP=グループ ID キーを特定のアプリケーション・グループに関連付けて,そのグループを削除すると無効になるように指定します。 DECwindows Motif は,XC-APPGROUP 拡張によってアプリケーション・グループの使用をサポートしていますが,このようなグループを作成するためのユーティリティやデスクトップ・アプリケーションを現在供給していません。アプリケーション・グループを作成するには, X ウィンドウ・システム・アプリケーションを使用するか, DECwindows Motif の外部にあるユーティリティを使用する必要があります。
PROTOCOL=名前 キーの認証に使用するプロトコルを指定します。有効な値は,サーバに依存します。 DECwindows X ディスプレイ・サーバの場合, 名前パラメータの有効な値は,MIT-MAGIC-COOKIE-1 のみです。サードパーティの X サーバに接続している場合,その X サーバで SECURITY 拡張とキー生成をサポートする許可プロトコルがその他にあれば,その名前も有効です。

修飾子 TRUSTED と UNTRUSTED,TIMEOUT と NOTIMEOUT は互いに排他的です。 1 つのコマンド行に両方の値を入力しないでください。

/LBXAUTHENTICATE=プロトコル名 (Alpha/I64 のみ)



/NOLBXAUTHENTICATE (Alpha/I64 のみ)

X ディスプレイ・サーバに LBX プロキシ・サーバ・アクセスを許可するための許可プロトコルを指定します。この修飾子は,最初の LBX プロキシ・サーバ接続で /PROXY および /CREATE 修飾子とともに使用されます。プロキシ・サーバの接続がすでに確立している場合,これらの修飾子は無視されます。 /LBXAUTHENTICATE を指定しない場合,現在の X 許可ファイルから許可プロトコルが取得されます。 /NOLBXAUTHENTICATE を指定すると,プロキシ・サーバは,プロキシ・マネージャ・アプリケーションを起動したユーザの X 許可ファイルを省略時の設定とします。

プロトコル名パラメータの有効な値は, MIT-MAGIC-COOKIE-1 および MIT-KERBEROS-5 です。 プロトコル名の値を MIT-MAGIC-COOKIE-1 に設定した場合は, /LBXDATA 修飾子を使用してマジック・クッキーの値も指定する必要があります。

/LBXDATA=値 (Alpha/I64 のみ)

LBX プロキシ・サーバと X ディスプレイ・サーバの間で使用する許可プロトコルのデータ値を指定します。この修飾子は,/LBXAUTHENTICATE,/PROXY,および /CREATE 修飾子とともに使用する必要があります。

SET DISPLAY/CREATE/PROXY/LBXAUTHENTICATE=MIT-MAGIC-COOKIE-1 コマンドを実行する場合,この修飾子を使用して,16 進数のマジック・クッキーの値を MIT-MAGIC-COOKIE-1 プロトコルに提供する必要があります。

/NODE=ワークステーション・ディスプレイ

DECwindows アプリケーションの出力先にするワークステーションのノード名を指定します。クラスタの別名 (OpenVMS Cluster を構成する複数のノードに対して付けられた代表名 ) は,指定できません。

出力先を変更するためには,前もって SET DISPLAY/CREATE コマンドを使用して表示デバイスを作成しておかなければなりません。 SET DISPLAY/CREATE コマンドを実行せずに, SET DISPLAY/NODE=ワークステーション・ディスプレイ コマンドを使用しないでくだい。

/NODE 修飾子を指定せずに /CREATE 修飾子を指定した場合,ワークステーションは現在のノードになります。

指定するワークステーション上で,ユーザの DECwindows アプリケーションの出力が許可されていなければなりません。DECwindows セッション・マネージャを使用して他のノードからの出力を許可する方法についての詳細は, DECwindows のマニュアルを参照してください。

出力先と出力元の両ノードが,お互いのネットワーク・ノード・データベースで定義されていなければなりません。たとえば,ノード ZEPHYR から HUBBUB へ出力しようとする場合, HUBBUB のネットワーク・ノード・データベースには ZEPHYR が, ZEPHYR のネットワーク・ノード・データベースには HUBBUB が,それぞれ定義されていなければなりません。さらに,ZEPHYR のユーザは, HUBBUB の DECwindows セッション・マネジャにアプリケーションの出力を許可されていなければなりません。ネットワーク・ノード・データベースへのノード登録方法は, OpenVMS のマニュアルで「DECnet-Plus」を参照してください。

/PMPORT=[ポート番号] (Alpha/I64 のみ)

プロキシ・マネージャがリスン処理を行うプロキシ・マネージャのポート番号を指定します。この修飾子は,/PROXY および /CREATE 修飾子とともに使用します。省略時のポート番号は 6500 です。

/PMTRANSPORT=トランスポート名 (Alpha/I64 のみ)

プロキシ・マネージャへの接続に使用するネットワーク・トランスポートを指定します。この修飾子は,/PROXY および /CREATE 修飾子とともに使用します。

トランスポート名パラメータの有効な値は, /TRANSPORT 修飾子のパラメータと同じです。トランスポートを指定しない場合は,/TRANSPORT 修飾子で指定したネットワーク・トランスポートが使用されます。

/PROXY[=ノード] (Alpha/I64 のみ)

表示デバイスのためのクライアント/サーバ接続の中継機能を提供する LBX プロキシ・サーバの場所を確認するのに,プロキシ・マネージャ・アプリケーションを使用することを指定します。インターネットなどの低帯域幅ネットワーク接続経由でリモート・ノードに接続する場合は,LBX プロキシ・サーバを使用します。プロキシ・マネージャは,ローカル・ネットワークで実行する必要があります。この修飾子は,/CREATE 修飾子とともに使用します。

SET DISPLAY/CREATE/PROXY コマンドを使用して表示デバイスを作成すると,作成した装置を使用して,他の表示デバイスとまったく同じように X ディスプレイ・サーバに接続することができます。クライアントは,プロキシ・マネージャによって戻された LBX プロキシ・サーバに接続し,その LBX プロキシ・サーバが X ディスプレイ・サーバに接続します。

/PROXY 修飾子の値は,プロキシ・サーバが動作しているノードを指定します。プロキシ・マネージャは,トランスポート,ノード,およびサーバの値によって指定された X ディスプレイ・サーバにアクセスできるように,プロキシ・サーバの起動と場所の確認を行います。プロキシ・マネージャは,選択されたプロキシ・サーバのトランスポート,ノード,およびサーバの値を表示デバイスに戻します。 ノードパラメータの値を指定しない場合,省略時の場所は現在のノードになります。

/PMPORT および /PMTRANSPORT 修飾子を使用すると,プロキシ・マネージャの位置をさらに詳細に指定することができます。

/QUOTA=(クォータ名=値[,...]) (Alpha/I64 のみ)

SYSPRV (システム特権) 特権または DECW$WS_QUOTA 権の識別子が必要です。エグゼクティブ・モードの装置を使用している場合は, SYSNAM (システム名) 特権も必要です。

表示デバイスに関係する名前カウントまたはデータ領域クォータの値を変更します。これらのクォータを変更すると,名前付きプロパティを格納できる非ページング・プールの量が変わります。

クォータ名パラメータの有効な値は,次のとおりです。

  • NAME_COUNT --  名前カウント・クォータは,装置の名前付きプロパティの合計数を制限します。省略時の名前カウント・クォータは,論理名 DECW$WS_DEFAULT_NAME_COUNT の値,または論理名が定義されていない場合は 12 です。

  • DATA_SPACE -- データ領域クォータは,プロパティ値の格納に使用できる総容量 (バイト) を制限します。この領域には,データ・オーバヘッドが含まれるので,値の長さの合計に一致しない場合があります。省略時のデータ領域クォータは,論理名 DECW$WS_DEFAULT_DATA_SPACE の値,または論理名が定義されていない場合は 10752 です。



/REVOKE (Alpha/I64 のみ)

X ディスプレイ・サーバにトラステッド・ネットワーク接続で接続され,そのサーバで SECURITY 拡張が有効になっている必要があります。

/GENERATE 修飾子を使用して作成された許可キーを無効化します。

/REVOKE 修飾子を指定すると,SET DISPLAY コマンドのどのアクションよりも先に無効化の操作が行われます。たとえば,同じコマンド行で /REVOKE と /GENERATE 修飾子を使用する場合,どのような順序で指定しても,1 つのキーを無効化してから,別のキーが生成されます。

/CREATE 修飾子とは併用できません。

/SCREEN=スクリーン番号

表示デバイスに対応づけられるスクリーンを定義します。ハードウェア構成によっては複数のスクリーンをサポートしています。このような場合に,出力が表示されるスクリーンを指定します。

/SERVER=サーバ番号

SET DEVICE コマンドの表示デバイスパラメータで指定した,表示デバイスに対応づけられるサーバを定義します。サーバは,トランスポート・メカニズムを用いてユーザとアプリケーション間のデータ転送を行います。ハードウェア構成によっては複数のサーバをサポートしています。このような場合に,出力が表示されるサーバを指定します。

LBX プロキシ・サーバ構成の Alpha システムと I64 システムでは,この修飾子によって X ディスプレイ・サーバまたはスタンドアロンの LBX プロキシ・サーバのいずれかを指定します。スタンドアロンの LBX プロキシ・サーバはプロキシ・マネージャによって管理されないので,起動時に手動でサーバ番号を割り当てます。

表示デバイスをコマンド・パラメータで指定しなかった場合,論理名 DECW$DISPLAY の示す表示デバイスとサーバを対応づけます。

/SUPERVISOR_MODE (省略時の設定)

スーパバイザ・モードの装置を作成し,それを指すように論理名 DECW$DISPLAY を定義します。必ず,/CREATE とともに使用します。ログアウト時に,装置は削除されます。

/TRANSPORT=トランスポート名

DECwindows アプリケーションとワークステーション間で情報転送を行うトランスポート・メカニズム (DECnet または LOCAL) を指定します。トランスポート・メカニズムは,ユーザからのアプリケーションへの入力,およびアプリケーションからディスプレイ装置への出力の転送方法です。プロキシ・マネージャ構成では,この修飾子で指定される値が, /PMTRANSPORT 修飾子の省略時の値としても使用されます。

トランスポート名 は次の値のうちの 1 つになります。

  • TCPIP または DECNET
    異なるノード上で実行,表示されるアプリケーションに割り当てる適切なネットワーク・トランスポートを指定します。ジョブ,プロセス,またはシステム・テーブルの中で DECW$SETDISPLAY_DEFAULT_TRANSPORT 論理名を定義することで,SET DISPLAY/CREATE コマンドで使用される省略時のトランスポート値を指定することができます。その後,この論理名の値は, SET DISPLAY/CREATE コマンドを /TRANSPORT 修飾子なしで実行するたびに使用されるようになります。修飾子も論理名も指定しなければ,値 DECNET が省略時の値として使用されます。

  • LOCAL
    同じノード上で実行,表示されるアプリケーションの性能を最適化します。

Alpha システムと I64 システムでは, トランスポート名パラメータに対する有効な値は, DECwindows の論理名 DECW$IPV6_SUPPORT でも決まります。この論理名は,インターネット・プロトコルのどのバージョン (IPv4 または IPv6) をサポートするかを指定します。 DECW$IPV6_SUPPORT 論理名と IPv6 プロトコルのサポートの詳細は, DECwindows Motif のマニュアルを参照してください。

Alpha システムおよび I64 システムでプロキシ・マネージャを使用する場合,この修飾子は,選択した LBX プロキシ・サーバが X サーバへの接続に使用するトランスポートを指定します

スタンドアロンのプロキシ・サーバで使用する場合 (/SERVER 修飾子によって指定),この修飾子は,クライアントがプロキシ・サーバへの接続に使用するトランスポートを指定します。

/USER_MODE

ユーザモードの装置を作成し,それを指すように論理名 DECW$DISPLAY を定義します。必ず,/CREATE 修飾子とともに使用します。ユーザ・モード装置は, 1 つの DECwindows イメージだけで使用できます。つまり,ユーザモード装置は, DECwindows イメージ終了時に削除されます。

/VALUE=(NAME=プロパティ名,アクション[=データ]) (Alpha/I64 のみ)

表示デバイスに関連付けられた名前付きプロパティの値を設定,削除,または変更します。名前付きプロパティの値は,セッション・マネージャのネットワーク・アドレスなど,表示デバイスに関連付けられた構成情報を格納します。

次のオプションを使用して,実行するアクションを指定します。

  • DELETE -- 指定したプロパティの値を削除します。

  • SET=データ -- 指定したプロパティに,指定した値を設定します。

  • APPEND=データ -- プロパティが存在する場合は,そのプロパティに関連付けられた値のリストの末尾に,指定した値を追加します。プロパティが存在しない場合は,プロパティが作成された後に,指定した値が設定されます。

SHOW DISPLAY/VALUES コマンドは,既存の名前付きプロパティとその値を表示するために使用します。プロパティ名は,31 文字以下という制限があります。ドル記号 ($) を含む名前は,弊社が OpenVMS 製品および機能で使用するために予約しています。たとえば,文字列 DECW$ は,DECwindows Motif 用に予約されています。

/XAUTHORITY=[ファイル指定] (Alpha/I64 のみ)



/NOXAUTHORITY (Alpha/I64 のみ)

表示デバイスが,X ディスプレイ・サーバに接続する際に,特定の X 許可ファイルを使用するように設定します。 X 許可ファイルには,使用するプロトコルに応じて,X ディスプレイ・サーバへのアクセスを許可または禁止するデータが入っています。この修飾子でファイル指定を入力しない場合,省略時の設定である SYS$LOGIN:DECW$XAUTHORITY.DECW$XAUTH が使用されます。ファイル指定を入力したが,現在そのファイルが存在しない場合,最初のエントリがファイルに入力されたときに,ファイルが自動的に作成されます。

この修飾子では,他の独立プロセスでも利用できるように,すべての X 許可ファイル指定が (論理装置ではなく) 物理装置に解決されることに注意してください。検索リストを指定したが,ファイルが見つからない場合, X 許可ファイル指定は,検索リストの最初のディレクトリに解決されます。

/NOXAUTHORITY は,設定をクリアして論理名 DECW$XAUTHORITY によって参照されるファイルに戻る際,あるいはこの論理名が未定義の場合は省略時のファイルに戻る際に使用します。






#1

$ SHOW DISPLAY
  Device:     WSA1: [super]
  Node:       0
  Transport:  LOCAL
  Server:     0
  Screen:     0
 
$ SET DISPLAY/CREATE/NODE=ZEPHYR/EXECUTIVE_MODE
$ SHOW DISPLAY
  Device:     WSA2:  [exec]
  Node:       ZEPHYR
  Transport:  DECNET
  Server:     0
  Screen:     0
$ SPAWN/NOWAIT/INPUT=NL: RUN SYS$SYSTEM:DECW$CLOCK
 
$ SET DISPLAY/DELETE
 
$ SHOW DISPLAY
  Device:     WSA1:  [super]
  Node:       0
  Transport:  LOCAL
  Server:     0
  Screen:     0
 

この例では,ユーザはワークステーション (装置 WSA1:) にログインしています。 ( これは 0 によりわかります。0 は自ノードを参照する標準略記です。) その後 DECwindows Clock を起動して,その出力を他のワークステーション ZEPHYR に表示しようとしています。

ZEPHYR での表示が許可されているので,SET DISPLAY コマンドで ZEPHYR に出力先を変更できます。ZEPHYR 上に作成された装置は,エグゼクティブ・モード装置です。また,SHOW DISPLAY コマンドで,出力先を確認しています。そして Clock を起動します。Clock を終了した後,SET DISPLAY/DELETE コマンドで出力先の設定を無効にしています。最後に,SHOW DISPLAY コマンドで,その後に実行するアプリケーションが再びその実行ノードに表示されることを確認しています。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項