; hp; ヒューレット・パッカード;hewlett-packard; ヒューレット;コンパック;compaq; OS; OpenVMS;高い信頼性とスケーラビリティを提供するOS"> - OpenVMSのマニュアルページです。">
日本-日本語

 >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引


生成されたプロセスの特権を定義します。ユーザが所有している特権は,生成したプロセスに与えることができます。省略時には,生成されたプロセスは生成者と同じ特権を持ちます。特権を 1 つしか指定しない場合には括弧を省略できます。

プロセス特権についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

特権パラメータとして,NOSAME というキーワードを使用できます。 /PRIVILEGES=NOSAME を指定する場合には,生成されたプロセスには特権が与えられません。

/PROCESS_NAME=プロセス名

生成されるプロセスの名前を定義します。プロセス名は,1 〜 15 文字までの英数字で指定します。プロセス名は,プロセスの利用者識別コード (UIC) のグループ番号によって,暗黙に修飾されます。省略時には,生成されるプロセスの名前は空文字列になります。

/QUEUE_LIMIT=クォータ

生成されたプロセスが一度に未処理状態にしておくことができる,タイマー・キュー・エントリの最大数を指定します。この値には,タイマー要求とスケジューリングされたウェイクアップ ( 起動 ) 要求が含まれます。

このクォータを指定しない場合には,システム生成時に設定された省略時の値を使用します。プロセスの実行には,特にタイマー・キュー・クォータは必要でありません。

タイマー・キュー・エントリ・クォータは,プールされます。

/RESOURCE_WAIT (省略時の設定)



/NORESOURCE_WAIT

特定の機能に必要なリソースが得られない場合に,生成されたプロセスを待ち状態にします。

/NORESOUREC_WAIT 修飾子を指定すると,リソースを使用できないときに,プロセスにエラー状態コードが戻ります。

/SCHEDULE=絶対時刻

生成されたプロセスをハイバネート ( 休止 ) 状態にし,特定の時刻にウェイクアップ ( 起動 ) することを指定します。

絶対時刻は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』またはオンライン・ヘルプのトピック Date で説明されている絶対時刻の値の入力に関する規則に従って指定します。

/SERVICE_FAILURE



/NOSERVICE_FAILURE (省略時の設定)

システム・サービス要求中の障害に対する例外条件通知を,許可または禁止します。省略されている場合には,エラーを示す状態コードがプロセスに報告されます。

/SERVICE_FAILURE 修飾子を指定し,システム・サービス要求でエラーが発生した場合,プロセスは例外条件を検出します。

/SSLOG_ENABLE[=COUNT=n] [,FLAGS=[NO]ARG]

Alpha システムと I64 システムでのみ有効です。

引数の値をログに記録するためには,CMEXEC,CMKRNL, SETPRV 特権が必要です。 SYSGEN パラメータ SYSSER_LOGGING が有効になっていないと,コマンドは失敗します。

システム・サービス・ログが有効の状態でプロセスを作成します。

キーワードは次のとおりです。

キーワード 説明
COUNT= n ログで使用する P2 空間バッファの数を指定します (省略時の値: 2)。
FLAGS=[NO]ARG サービス引数値をログに記録するかどうかを指定します。省略時の設定は ARG で,特権が必要です。値が ARG であっても特権がなければ,引数値はログに記録されません。

プロセスの SSLOG を有効にするときには,ログで使用するバッファの数を指定することができます。バッファは P2 空間に割り当てられ,プロセスのページング・ファイル・クォータから差し引かれます。各バッファは,65,02410 バイト (つまり FE0016 バイト) です。バッファ領域は,プロセスが削除されるまで割り当てられたままで,クォータから差し引かれたままとなります。

プロセスを削除する前に,ログを停止し, SET PROCESS/SSLOG=STATE=UNLOAD コマンドを実行してログ・ファイルをクローズします。ログ・ファイルは,自動的にはクローズされません。

ログ・ファイルを解析するには, DCL コマンド ANALYZE/SSLOG を使用します。このコマンドの説明は,オンライン・ヘルプと,『HP OpenVMS System Analysis Tools Manual』のシステム・サービス・ログの章を参照してください。

/SUBPROCESS_LIMIT=クォータ

生成されたプロセスが生成できる,サブプロセスの最大数を指定します。

クォータを指定しない場合には,システム生成時に設定された省略時の値を使用します。プロセスを実行するために,特にサブプロセス・クォータを指定する必要はありません。

サブプロセス・クォータは,プールされます。

/SWAPPING (省略時の設定)



/NOSWAPPING

プロセスのスワッピングを禁止するには, PSWAPM ( プロセス・スワップ・モード ) 特権が必要です。

プロセスのスワップを許可します。省略時の設定では,プロセスは他のプロセスが実行できるように,物理メモリのバランス・セットからスワップされます。

/NOSWAPPING が有効な場合には,待ち状態の時でもプロセスは,バランス・セットからスワップ・アウトされません。省略時には,プロセスは,待ち状態になった時にバランス・セットからスワップ・アウトされます。

/TIME_LIMIT=クォータ

生成されるプロセスが使用できる,CPU 時間の最大値 ( デルタ時間 ) を指定します。最小単位は 10 ミリ秒です。 CPU 時間のクォータを超えると,プロセスは削除されます。

省略時の値は,独立プロセスの場合は 0 です。この場合 CPU 時間は無制限です。

サブプロセスの場合は,省略時の値は,それを生成した親プロセスの半分です。

CPU 時間のクォータに 0 を指定した場合には,親プロセスの CPU 時間が無制限であれば無制限となり,そうでなければ親プロセスの半分になります。

CPU 時間のクォータは,プロセス,サブプロセス間で分割されるクォータです。つまり,生成したプロセスが削除されても,そのプロセスで使用された CPU 時間は,生成したプロセスに戻りません。

プロセスに対して CPU 時間を制限する場合には,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』またはオンライン・ヘルプのトピック Date で説明されているデルタ時間の指定に関する規則に従って上限を指定します。

/TRUSTED

作成するプロセスはトラステッド・コンピューティング・ベース (TCB) に属し,独自の機密監査機能を使用します。/DETACH 修飾子も指定しなければなりません。また IMPERSONATE 特権が必要です。

/UIC=利用者識別コード

生成されるプロセスが,指定した利用者識別コード (UIC) を持つ独立プロセスになるように指定します。UIC は『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』に説明されている,標準的な UIC 形式を使用して指定します。

/WORKING_SET=省略時の設定

生成されるプロセスのワーキング・セット・サイズを,ページ数で指定します。

省略時のワーキング・セット・サイズは,システム生成時に設定された省略時の値です。プロセスを実行するには,少なくとも 10 ページは必要です。 /MAXIMUM_WORKING_SET 修飾子によって指定される,ワーキング・セットの上限より大きな値は指定できません。

最大ワーキング・セット・クォータは,プロセス,サブプロセス間で分割されません。






#1

$ RUN/PROCESS_NAME=SUBA   SCANLINE
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 00010044.
 

この RUN コマンドは,SCANLINE.EXE というイメージを実行するために, SUBA という名前のサブプロセスを作成します。システムは,このサブプロセスに,00010044 という識別番号を与えます。

#2

$ RUN/DELAY=3:30/OUTPUT=BALANCE.OUT BALANCE

今から 3 時間 30 分後にイメージ BALANCE.EXE を実行する,サブプロセスを作成します。出力は,ファイル BALANCE.OUT に書き込まれます。

#3

$ RUN/INTERVAL=1:40/PROCESS_NAME=STAT   STATCHK
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 00050023
   .
   .
   .
$ CANCEL STAT
 

サブプロセス STAT を作成し,イメージ STATCHK.EXE を実行します。イメージを実行するプロセスは,1 時間 40 分毎にスケジュールされます。プロセスは休止しますが,/DELAY も /SCHEDULE も指定されていないため,最初の実行は直ちに開始されます。

CANCEL コマンドは,/INETRVAL 修飾子で設定された周期的な起動を無効にします。プロセスは,イメージ実行中であればその実行終了後に休止状態となります。

#4

$ RUN/PROCESS_NAME=LYRA  LYRA -
_$/OUTPUT=_TTB3: -
_$/ERROR=_TTB3:
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 000A002F
 

サブプロセス LYRA を作成し,LYRA.EXE を実行します。 /OUTPUT と /ERROR 修飾子で SYS$OUTPUT,SYS$ERROR に等価名を割り当てています。サブプロセスが省略時の装置に書き込むメッセージは,ターミナル TTB3 に表示されます。

#5

$ RUN/UIC=[100,4]/PRIVILEGES=(SAME,NOPSWAPM) -
_$/NORESOURCE_WAIT   OVERSEER
%RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 0001002C
 

UIC [100,4] で実行する独立プロセスを作成し,イメージ OVERSEER.EXE を実行します。このプロセスには,スワップ・モードの変更以外のすべての特権が引き継がれ, /NORESOURCE_WAIT 修飾子でリソース待ちが禁止されています。




RUNOFF

DIGITAL Standard Runoff (DSR) テキスト編集ユーティリティを起動して, 1 つまたは複数の ASCII ファイルを編集します。 DSR (.RNO) ファイルから書式整形処理したファイル,未処理の目次ファイル (.RNT),および未処理の索引ファイル(.RNX) を作成します。オプションで,RUNOFF/CONTENTS または RUNOFF/INDEX コマンドで使用可能な,中間ファイル (.BRN) も作成します。

RUNOFF コマンド,RUNOFF/CONTENTS コマンド,RUNOFF/INDEX コマンド,および DSR フォーマッタについての詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』および『OpenVMS DIGITAL Standard Runoff Reference Manual』 ( ドキュメンテーション CD-ROM に用意されています ),またはオンライン・ヘルプを参照してください。




形式

RUNOFF ファイル指定[,...]




SEARCH

1 つまたは複数のファイルから,指定された文字列(1つまたは複数)を検索し,その文字列を含むすべての行を表示します。



形式

SEARCH ファイル指定[,...] 検索文字列[,...]




パラメータ



ファイル指定[,...]

検索される,1 つまたは複数のファイルの名前を指定します。少なくとも,1 つのファイル名を指定しなければなりません。ファイル名を 2 つ以上指定する場合には,各ファイル名をコンマ (,) で区切らなければなりません。

ファイル指定にワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) を使用することができます。

検索文字列[,...]

指定されたファイルから検索される,1 つまたは複数の文字列を指定します。検索文字列に小文字や空白, ( スペースを含む英数字以外の文字が含まれている場合には,文字列を引用符 (" ") で囲まなければなりません。

/MATCH 修飾子と /EXACT 修飾子を使用すると, SEARCH コマンドの検索文字列の照合方法を変更することができます。




説明

SEARCH コマンドは,ファイル内で特定の文字列を検索します。検索文字列を含むすべての行が表示されます。検索処理を特定の要求に適合させるには,SEARCH 修飾子を使用します。

SEARCH コマンドは,共有読み込み (R) および書き込み (W) アクセスでファイルをオープンします。したがって,その時点で他のユーザがオープンしていても,属性が共有書き込みに設定されているファイルが検索されます。




修飾子



/BACKUP

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新のバックアップの日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/CREATED,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/BEFORE[=時刻]

指定された時刻以前の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/BY_OWNER[=利用者識別コード]

ファイル所有者の利用者識別コード(UIC)が,指定された UIC に一致するファイルのみを選択します。 UIC を省略した場合には,現在のプロセスの UIC が省略時の値として使用されます。

『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』で説明されている, UIC の標準形式を使用して指定します。

/CONFIRM



/NOCONFIRM (省略時の設定)

それぞれの指定ファイルに対する検索処理を開始する前に,処理を実行するかどうかの確認をします。プロンプトに対して,次のいずれかで応答します。

YES NO QUIT
TRUE FALSE Ctrl/Z
1 0 ALL
  [Return]  

単語による応答の場合には,大文字と小文字を任意に組み合わせることができます。単語による応答は,1 文字,または複数の文字に短縮できます ( たとえば,TRUE は T,TR および TRU に短縮することができます )。肯定応答は,YES,TRUE,1 です。否定応答は,NO,FALSE,0,Return です。 QUIT または Ctrl/Z は,その時点でコマンドの処理を停止するということを示します。 ALL と応答した場合には,コマンドの処理は継続されますが,その後プロンプトは表示されなくなります。上記以外の応答を入力した場合には, DCL がエラー・メッセージを出力し,同じプロンプトがもう一度表示されます。

/CREATED (省略時の設定)

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,作成日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/EXACT



/NOEXACT (省略時の設定)

SEARCH コマンドが,検索文字列の中の大文字と小文字を同じ文字として取り扱うのかどうかを制御します。省略時の設定では,SEARCH コマンドは大文字と小文字を区別しません。

/EXACT 修飾子を指定すると,システムが使用する CPU 時間は短くなります。したがって,文字列に含まれる文字の大文字と小文字の区別が分かっている場合には, /EXACT を使用する方が効率的です。

/EXCLUDE=(ファイル指定[,...])

指定されたファイルを,検索操作から除外します。ファイル指定にはディレクトリ指定を含むことができますが,装置名は指定できません。ファイル指定には,ワイルドカード文字 ( アスタリスク (*) とパーセント記号 (%)) を使用することができます。ただし,特定のバージョンを除外するために,相対バージョン番号を使用することはできません。ファイルを 1 つだけ指定する場合には,括弧を省略できます。

/EXPIRED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,満了日時をもとにファイルを選択します ( 満了日は,SET FILE/EXPIRATION_DATE コマンドで設定します )。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/FORMAT=オプション

出力の書式を指定します。次の書式化オプションの中から,1つのオプションを指定します。

DUMP 制御文字(<HT>,<CR>,<LF> を含む)と印字不能文字はすべて,ANSI ニーモニックとして表示します。
NOFF 制御文字を ANSI ニーモニックで置き換えます(たとえば,Ctrl/C は <ETX> に置き換えられます)。 <HT> や <CR>,<LF>,<VT> 等のターミナル書式化文字は,変更されずに出力されます。改頁文字は,<FF> に置き換えられます。
NONULLS DUMP オプションと同じですが,書式化する前に,入力ファイルからすべての空文字が削除される点が異なります(DUMPオプションでは,空文字は <NUL> として表示されます)。 EXE ファイルや OBJ ファイルなどのように,一般に多くのゼロ・バイトを含むバイナリ形式のファイルを検索する場合に便利です。
PASSALL 制御文字や印字不能文字も変換せずに,出力装置に出力します。ターミナル・ドライバは,SET TERMINAL/PASSALL または SET TERMINAL/EIGHT_BIT と設定されていない限り,ターミナルに 8 ビット文字を送ることはできません。

SEARCH コマンドで,制御文字を ANSI ニーモニックと置き換えたくない場合(たとえば,CTRL/G を <BEL> に置き換えない)には, /FORMAT=PASSALL を使用します。

TEXT テキストに含まれる制御文字を,ANSI ニーモニックと置き換えます(たとえば,CTRL/C は <ETX> に置き換えられます)。 <HT> や <CR>,<LF>,<VT>, <FF> 等のターミナル書式は,変更されずに出力されます。 TEXT は,省略時の書式です。



/HEADING (省略時の設定)



/NOHEADING

ファイル名を出力し,異なるファイルに属する出力行を区分するためのウィンドウ分離線として, 30 文字のアスタリスク (*) からなる行を表示します。省略時の見出し形式は,複数のファイルが指定されている場合や,ワイルドカード文字が使用されている場合にだけ,ファイル名が出力されます。

/WINDOW 修飾子を指定すると,15 文字のアスタリスクから構成される行によって,ファイル内の各ウィンドウが区切られます。

/HIGHLIGHT[=キーワード] (省略時の設定)



/NOHIGHLIGHT

BOLD,BLINK,REVERSE,および UNDERLINE のいずれか 1 つをキーワードとして指定することができます。アドバンスト・ビデオ型の ANSI ビデオ・ターミナルでは, BOLD が省略時の強調表示です。一方,非アドバンスト・ビデオ型の ANSI ビデオ・ターミナルでは, REVERSE が省略時の強調表示です。

ハードコピー出力では, HARDCOPY=OVERSTRIKE および HARDCOPY=UNDERLINE キーワードを指定できます。このキーワードは,大部分のハードコピー・プリンタに対して有効な,文字列の強調方法を指定します。 OVERSTRIKE を指定すると,一致した文字列が二重印字されて濃く見えます。一方,UNDERLINE を指定すると,一致した文字列がアンダースコア文字で下線付けされます。

同一行上で,キャリッジ・リターンやバック・スペース文字を使用して二重印字や下線付けを実現しています。そのため,1 行の長さは,最大 2 倍になる可能性があります。装置のバッファが非常に小さい場合は,行が切り捨てられることがあるので注意してください。

LN01 プリンタでは,/HIGHLIGHT=HARDCOPY=UNDERLINE修飾子ではなく, /HIGHLIGHT=UNDERLINE 修飾子を使用することをおすすめします。 LN01 プリンタは,OVERSTRIKE 強調は無視します。

LN03 プリンタでは,/HIGHLIGHT=HARDCOPY=UNDERLINE修飾子ではなく, /HIGHLIGHT=BOLD あるいは /HIGHLIGHT=UNDERLINE 修飾子を使用することをおすすめします。LN03 プリンタは,OVERSTRIKE 強調は無視します。

注意

/WILDCARD_MATCHING と /HIGHLIGHT を同時に指定することはできません。同時に指定するとエラーになります。



/KEY=(POSITION=n,SIZE=n)

各レコードの指定された長さの部分のみを (指定した位置から) 検索します。

POSITION キーワードの値は,1 から 32,767 までを指定できます。レコードの中の最初のバイトは,1 とみなされます。

注意

/KEY 修飾子はファイル名の前,または指定された検索文字列の後ろに置かれなくてはなりません。修飾子がこれらのパラメータの間にある場合は,無視されます。



/LIMIT=n (Alpha/I64 のみ)

検索結果の表示件数を,n で指定された数に制限します。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

検索された各ファイルのファイル名とレコード数,および一致した文字列の数を表示します。これらの情報は,現在の SYS$OUTPUT 装置に出力されます。

/MATCH=オプション

複数の検索文字列を,どのように照合するかを指定します。次に示すオプションのいずれか 1 つを指定します。

AND レコードに検索文字列のすべてが含まれている場合にだけ,一致すると判断される。
EQV レコードに検索文字列が 1 つも含まれていないか,あるいはすべてが含まれている場合にだけ,一致すると判断される。
NOR レコードに検索文字列が 1 つも含まれていない場合にだけ,一致すると判断される。
NAND レコードに検索文字列のすべてが含まれていない場合にだけ,一致すると判断される。
OR 1 レコードに検索文字列のどれか 1 つでも含まれている場合に,一致すると判断される。
XOR 1 レコードに検索文字列のどれか 1 つでも含まれているか,すべてが含まれていない場合に,一致すると判断される。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項