日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引





PURGE

指定したファイル(1つまたは複数)の最新バージョンを除いた,すべてのバージョンを削除します。



形式

PURGE [ファイル指定[,...]]




パラメータ



ファイル指定[,...]

最新バージョンのみを残したいファイルを指定します。ファイル指定は複数でも構いません。複数のファイルを指定する場合には,各ファイル指定をコンマ (,) またはプラス記号 (+) で区切ってください。ディレクトリ,ファイル名,およびファイル・タイプの指定には,ワイルドカード文字 (* と %)を使用できます。ファイル指定には,バージョン番号は指定できません。ファイル指定を省略すると, PURGE コマンドは,現在のディレクトリに含まれるすべてのファイルの古いバージョンを削除します。PURGE コマンドでは,ファイル名やファイル・タイプを省略しても省略時の設定はありません。入力ファイル指定がシンボリック・リンクの場合,シンボリック・リンク自体がパージされます。シンボリック・リンクは 1 バージョンしか存在できないため,このコマンドでは,シンボリック・リンクに対する影響はありません。



説明

PURGEコマンドは,古いバージョンのファイルを削除します。 PURGEコマンドは,ファイルのすべてのバージョンを削除することはありません。省略時の設定では,PURGEコマンドは,最高バージョンのファイルのみを残します。 PURGEコマンドに明示的にファイルを指定しないと,カレント・ディレクトリのすべてのファイルが影響を受けます。



修飾子



/BACKUP

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新のバックアップの日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/CREATED,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/BEFORE[=時刻]

指定された時刻以前の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/BY_OWNER[=利用者識別コード]

ファイル所有者の利用者識別コード (UIC) が指定した UIC と一致する場合にだけ, 1つまたは複数のファイルを選択します。/BY_OWNER 修飾子だけを指定し UIC を省略した場合には,現在のプロセスの UIC が,省略時の値として使用されます。

UIC は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』に説明されている,標準的な UIC 形式を使用して指定します。

/CONFIRM



/NOCONFIRM (省略時の設定)

そのファイルに対するパージ操作の実行を確認するために,各ファイルに対する操作の前に,プロンプトを表示するかどうかを指定します。システムがプロンプトを表示したら,次のいずれかの応答を入力します。

YES NO QUIT
TRUE FALSE Ctrl/Z
1 0 ALL
  [Return]  

単語による応答の場合には,大文字と小文字を任意に組み合わせることができます。この応答は,1 文字または数文字に短縮できます ( たとえば,TRUE は T,TR,または TUR に省略できます )。ただし,短縮しても一意でなければなりません。肯定応答は,YES,TRUE,1 です。否定応答は,NO,FALSE,0,Return です。 QUIT あるいは Ctrl/Z は,その時点で,コマンドの処理を停止するということを示します。ALL を応答する場合には,コマンドの処理は継続されますが,その後プロンプトは表示されなくなります。上記に表示されていない応答を入力した場合には, DCL はエラー・メッセージを発行し,同じプロンプトがもう一度表示されます。

/CREATED (省略時の設定)

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,作成日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/ERASE



/NOERASE (省略時の設定)

ファイルをディスクから物理的に消去し,パージされたデータが,解放されたディスク・ブロックに残らないようにします。

ファイルを単に削除すると,そのファイルが記憶されていた領域は,将来使用するためにシステムに戻されます。しかし,その位置に記憶されていたデータは,新しいデータが書き込まれるまでそのまま存在します。 /ERASE 修飾子を使用すると,システムは特定のパターンをその位置に書き込み,データをシステムから物理的に消去します。

/EXCLUDE=(ファイル指定[,...])

指定するファイル指定(1つまたは複数)と一致するファイルが,パージ操作から除外されることを指定します。ファイル指定にはディレクトリ指定を含むことができますが,装置名を含むことはできません。ファイル指定には,ワイルドカード文字 (* と %) を使用できます。しかし,特定のバージョンを除外するために,相対バージョン番号を指定することはできません。ファイルを1つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。

/EXPIRED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,満了日時をもとにファイルを選択します ( 満了日は,SET FILE/EXPIRATION_DATE コマンドで設定します )。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/GRAND_TOTAL (Alpha/I64 のみ)

削除されたファイルの数,ブロック数,またはバイト数の合計を表示します。現在の省略時の設定に応じて,ブロック単位またはバイト単位で表示されます。現在の省略時の設定を表示するには,SHOW PROCESS/UNITS を使用します。省略時の設定を変更するには,DCL コマンド SET PROCESS/UNITS=BYTES または SET PROCESS/UNITS=BLOCKS を実行します。

/IGNORE=INTERLOCK (Alpha/I64 のみ)

書き込みアクセスしたファイルを削除用としてマークできます。これによってファイル名エントリが削除され,最後のユーザによってファイルが閉じられたときにファイルが削除されます。

/KEEP=バージョン数

指定したファイルの,ディレクトリに残すバージョン数を指定します。 /KEEP 修飾子を指定しない場合は,指定したファイルの最新バージョン以外のすべてがディレクトリから削除されます。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

ファイル削除時に, PURGE コマンドがそのファイル名を表示するかどうかを制御します。

/MODIFIED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新の変更日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /EXPIRED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/SINCE[=時刻]

指定された時刻以降の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,JOB_LOGIN,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/STYLE=キーワード

ファイルのパージ中に表示するファイル名の書式を指定します。

この修飾子のキーワードは CONDENSED および EXPANDED です。意味は次の表のとおりです。

キーワード 説明
CONDENSED
(省略時の設定)
ファイル名を 255 文字長の文字列に適合するように表示します。このファイル名の場合,ファイル指定に DID あるいは FID 短縮形を含むことが可能です。
EXPANDED ファイル名をディスクに格納されているとおりに表示します。このファイル名の場合,ファイル指定に DID あるいは FID 短縮形は含みません。

キーワード CONDENSED と EXPANDED を同時に指定することはできません。この修飾子は,確認が要求された場合に,出力メッセージに表示されるファイル名の書式を指定します。

EXPANDED キーワードが指定されていない場合,ファイル・エラーは CONDENSED ファイル指定で表示されます。

詳細は『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。






#1

$ PURGE

この PURGE コマンドは,現在のディレクトリに含まれるすべてのファイルの最新バージョンを除く,すべてのバージョンを削除します。

#2

$ PURGE *.COM

この PURGE コマンドは,ファイル・タイプが .COM である各ファイルの最新バージョンを除く,すべてのバージョンを削除します。

#3

$ PURGE/KEEP=3  [WILDER.JOB308]ACCOUNT.COB

この PURGE コマンドは,[WILDER.JOB308] というディレクトリに含まれる ACCOUNT.COB というファイルの最新の3つのバージョンを除く,すべてのバージョンを削除します。

#4

$ PURGE/ERASE/SINCE=YESTERDAY [.MEMOS]

この PURGE コマンドは,サブディレクトリ MEMOS 下のファイルのうち,昨日以降に作成または変更されたファイルすべてに対してパージを行い,削除されるファイルは物理的に削除します。

#5

$ PURGE [BROD.TESTFILES]/LOG
%PURGE-I-FILPURG, DISK1:[BROD.TESTFILES]AVE.OBJ;1 deleted (3 blocks)
%PURGE-I-FILPURG, DISK1:[BROD.TESTFILES]BACK.OBJ;2 deleted (5 blocks)
%PURGE-I-TOTAL, 2 files deleted (8 blocks)

この PURGE コマンドは,サブディレクトリ [BROD.TESTFILES] 下のファイルすべてに対してパージを行います。/LOG 修飾子を指定しているので,削除されたファイルのファイル指定と,その総数が表示されます。

#6

$ PURGE/GRAND_TOTAL STATUS.TXT
%PURGE-I-TOTAL, 6 files deleted (600KB)

この例の出力では,6 個のファイル,合計 600KB が削除されたことが表示されています。プロセスは現在,ファイル・サイズをバイト単位で表示するように設定されています。ブロック単位で表示するように変更するには, SET PROCESS/UNITS=BLOCKS コマンドを使用します。

#7

$ PURGE/KEEP=2 TAMPA::DISK1:[EXAMPLE]*.LIS

この PURGE コマンドは,TAMPA というリモート・ノードの EXAMPLE というディレクトリに含まれるファイルの中で,ファイル・タイプが .LIS であるファイルのすべてのバージョンを,最新の2つのバージョンを除いて削除します。




READ

指定した入力ファイルから1つのレコードを読み込み,レコードの内容を指定されたシンボル名に割り当てます。



形式

READ 論理名[:] シンボル名




パラメータ



論理名[:]

レコードを読み込む入力ファイルの論理名を指定します。ファイルのオープン時に OPEN コマンドで割り当てた論理名を使用します (OPEN コマンドは,論理名を割り当て,その名前をプロセス論理名テーブルに登録します )。

さらに SYS$INPUT,SYS$OUTPUT,SYS$ERROR,SYS$COMMAND という論理名によって示される,プロセス・パーマネント・ファイルも指定できます。

シンボル名

読み取られるレコードの内容に割り当てられる,1 〜 255 文字までの英数字シンボル名を指定します。シンボル名の 1 文字目はアルファベット,アンダースコア (_),ドル記号 ($) のいずれかでなければなりません。

READ コマンドに対してシンボル名を指定すると,コマンド・インタプリタは,そのシンボル名を現在のコマンド・レベルのローカル・シンボル・テーブルに登録します。シンボルがすでに定義されている場合には,READ コマンドは,そのシンボルを読み込んだ新しい値に再定義します。




説明

READ コマンドは,順編成ファイル,相対編成ファイル,または索引編成ファイルから,データを読み込むことができます。指定されたファイルから各レコードが読み込まれるたびに,レコードポインタがファイル内の次のレコードに移動します。ただし,索引編成ファイルを読み込んでいる場合,/INDEX および /KEY 修飾子を使用すると,レコードをランダムに読み込むことができます。

単一の READ コマンドで読み込むことができるレコードの最大サイズは, 2048 バイトです。DCL によってオープンされたリモート・ファイルから 2048 バイトのレコードを読み込むには,システムの省略時のネットワーク・ブロック・カウントを少なくとも 25 に増加する必要があります (DCL SET RMS_DEFAULT/NETWORK=25)。

ファイルを読み込むには,/READ 修飾子を指定した OPEN コマンドを使用して,ファイルをオープンする必要があります。論理名 SYS$INPUT,SYS$OUTPUT, SYS$ERROR,および SYS$COMMAND で識別されるプロセス・パーマネント・ファイルは,読み込むために明示的にオープンする必要はありません。

READ コマンドを会話型で実行し,論理名をプロセス・パーマネント・ファイル SYS$INPUT,SYS$OUTPUT,SYS$COMMAND,または SYS$ERROR のうちいずれか 1 つとして指定した場合,コマンド・インタプリタから入力データを求めるプロンプトが表示されます。 READ コマンドは,入力したとおりにデータを受け付けます。READ コマンドは,文字を大文字に変換したり,余分なスペースとタブを削除したり,二重引用符 (" ") を削除しません。また,シンボルの置換は行われません。READ コマンドでプロンプトを表示する場合についての詳細は,/PROMPT 修飾子を参照してください。




修飾子



/DELETE

レコードが索引順編成ファイルから読み込まれた後,それをファイルから削除することを指定します。 READ/DELETE コマンドを使用するには, /READ 修飾子と /WRITE 修飾子の両方を使用して,索引順編成ファイルをオープンしなければなりません。

/END_OF_FILE=ラベル

ファイルの最後のレコードを読み込んだ後に制御を渡すべき,現在のコマンド・プロシージャ内のラベルを指定します。ファイルの最後のレコードが読み込まれると,OpenVMS レコード管理サービス (RMS) は,ファイルの終わり (EOF) を示すエラー状態を返します。 /END_OF_FILE 修飾子が指定されていると,コマンド・インタプリタは,指定したラベルのコマンド行に制御を移します。

/END_OF_FILE を指定していない場合には,ファイルの最後に到達した時に,制御は /ERROR 修飾子で指定されているエラー・ラベルに渡されます。 /ERROR 修飾子も /END_OF_FILE 修飾子も指定していない場合には,現在の ON 条件動作が実行されます。

/ERROR=ラベル

読み込み要求でエラーが発生した時に制御が移される,コマンド・プロシージャ内のラベルを指定します。エラー・ルーチンが指定されていない時に,ファイルの読み込みでエラーが発生した場合には,現在の ON 条件動作が実行されます。

この修飾子に対して指定されているエラー・ルーチンは,ON コマンドに指定されている条件動作に優先します。

エラーが発生し,指定されたラベルに制御が正しく渡されると,予約されている $STATUS というグローバル・シンボルに,そのエラーを示すコードがセットされます。このコードによって,それぞれのエラーに対応する処理を行うことができます。

/INDEX=n

索引順編成ファイルを読み込む時に,キーの参照に使用する,索引番号 (n) を指定します。

/INDEX 修飾子を省略した場合には,最後に明示的に指定された値が使用されます。値を指定せずに /INDEX 修飾子を使用すると,主キー(/INDEX=0)が使用されます。

/KEY=文字列

指定した文字列と一致するキーを持つレコードを読むように指定します。 2 進キーと整数キーを使用することはできません。この修飾子を /INDEX 修飾子とともに使用すれば,索引順編成ファイルをランダムにアクセスすることができます。

キーの照合は,/KEY 文字列に指定されている文字と,レコード・キーに含まれる文字を,比較することによって行われます。

索引順編成ファイルのレコードをランダムに読むには, /KEY 修飾子を指定しなければなりません。レコードをランダムに読み込んだ後,後続の読み込み操作で /KEY 修飾子を指定しなかった場合には,索引順編成ファイルのレコードは,順にアクセスされます。

/MATCH=オプション

一致するキーの照合時に使用される,キー照合アルゴリズムを指定します。下記のオプションを指定することができます。

EQ 指定したキーに等しいキーを選択するように指定します (省略時の設定)
GE 指定したキーに等しいか,またはそれより大きなキーを選択するように指定します。
GT 指定したキーより大きいキーを選択するように指定します。
LE 指定したキーに等しいか,またはそれより小さなキーを選択するように指定します。
LT 指定したキーより小さいキーを選択するように指定します。

索引順編成ファイルを読み込む時に,MATCH 修飾子を省略した場合には, /MATCH=EQ が用いられます。

/NOLOCK

読み込まれるレコードがロックされないように指定し,また,他のユーザがすでにロックしているレコードを,読み込むことができるようにします。

この修飾子を省略した場合,各レコードは読み込まれるときにロックされ,そのファイルに対する次の I/O でロックが解除されます。

/PROMPT=文字列

ターミナルから読み込まれる時に表示される,代替プロンプト文字を指定します。省略時の設定では,DATA: というプロンプト文字列が表示されます。

/TIME_OUT=n



/NOTIME_OUT (省略時の設定)

入力が与えられない時に,READ コマンドが終了するまでの秒数を指定します。 /TIMEOUT 修飾子を入力する場合には,必ず値を指定しなければならず,値は 0 から 255 までの範囲でなければなりません。

/ERROR= ラベル修飾子と /TIME_OUT 修飾子の両方を指定すると,指定時間制限が満了したときに,/ERROR で指定したラベルに分岐します。

/WAIT

RAB$V_WAT を設定し,プロセスがファイル内のレコードを待つようにします。 /TIME_OUT とともに使用して,レコードを見つけることができずにタイムアウトするまでに,プロセスが待機する時間を制限することもできます。





#1

$ OPEN IN NAMES.DAT 
$ LOOP: 
$ READ/END_OF_FILE=ENDIT IN NAME 
   .
   .
   .
$ GOTO LOOP 
$ ENDIT: 
$ CLOSE IN 

OPEN コマンドは,入力のために NAMES.DAT というファイルをオープンし,そのファイルに IN という論理名を割り当てます。READ コマンドは,ファイル IN からレコードを読み込み,その内容を NAME というシンボルに割り当てます。ファイルの最後のレコードが読み込まれた時に, ENDIT というラベルに制御を移すことを,READ コマンドは要求しています。このプロシージャは,ファイルに含まれるすべてのレコードが処理されるまで繰り返します。

#2

$ READ/ERROR=READERR/END_OF_FILE=OKAY  MSGFILE  CODE 
   .
   .
   .
$ READERR: 
$ CLOSE MSGFILE 
   .
   .
   .
$ OKAY: 
$ CLOSE MSGFILE 
$ EXIT 
 


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡