日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引


AlphaServer GS シリーズ・システム上でのみサポートされます。

/RECORD_BLOCKING (省略時の設定)



/NORECORD_BLOCKING

シンビオントが,出力装置へ転送する出力レコード連結 ( ブロック化 ) できるかどうかを決めます。/NORECORD_BLOCKING 修飾子を指定すると,シンビオントは,入出力要求ごとに各レコードを出力装置に送信します。標準の OpenVMS プリント・シンビオントの場合は,レコードをブロック化すれば,シングル・レコード・モードよりも性能を大幅に向上させることができます。

/RETAIN[=オプション]



/NORETAIN (省略時の設定)

実行後のジョブを保持状態でキューに保留します。/NORETAIN 修飾子を使用すると,そのキューを省略時の設定に再設定できます。使用可能なオプションは,次のとおりです。

ALL (省略時の設定) 実行後,キューのジョブをすべて保留します。
ERROR 正常に終了できなかったジョブだけを保留します。

PRINT,SUBMIT,または SET ENTRY コマンドに /RETAIN 修飾子を指定すると,ジョブに対するジョブ保持オプションを要求できます。ただし,キューに指定したジョブ保持オプションは,そのキューに要求されたすべてのジョブの保持オプションを無効にします。

/SCHEDULE=SIZE (省略時の設定)



/SCHEDULE=NOSIZE

出力キューで待ち状態にあるジョブが,ジョブの大きさに基づいてスケジュールされてプリントされるかどうかを指定します。省略時の設定の修飾子 /SCHEDULE=SIZE が有効な場合は,小さいジョブから大きいジョブの順にプリントされます。

/SCHEDULE=NOSIZE 修飾子が有効な場合には,サイズに従ったジョブのスケジュール化は行われません。

キューのいずれかに待ち状態のジョブがあるときにこのコマンドを実行すると,その後のジョブの順序は予測できなくなります。

/SEPARATE=(オプション[,...])



/NOSEPARATE (省略時の設定)

出力実行キューに必須のキュー・オプション,またはジョブ区切りオプションを指定します。ジョブ区切りオプションは,PRINTコマンドでは変更できません。

/SEPARATE 修飾子と /GENERIC 修飾子は,同時に使用できません。

ジョブの区切りに関するオプションは次のとおりです。

[NO]BURST バースト・ページのバーを各ジョブの先頭にプリントするかどうかを指定します。
[NO]FLAG ジョブのフラグ・ページを各ジョブの先頭にプリントするかどうかを指定します。
[NO]TRAILER ジョブのトレーラ・ページを各ジョブの末尾にプリントするかどうかを指定します。
[NO]RESET=(モジュール[,...]) このキューで使用するジョブ・リセット・シーケンスを装置制御ライブラリ (SYS$LIBRARY:SYSDEVCTL) の中から指定します。指定されたモジュールが装置制御ライブラリから取り出されて,各ジョブの終わりに装置をリセットします。リセット動作はファイル・トレーラの後とジョブ・コントローラの前に行われます。したがって,ジョブの区切りのためのページはすべて,装置がリセット状態においてプリントされることになります。

/SEPARATE=BURST 修飾子を指定すると,[NO]FLAG オプションは,ジョブの前にプリントされる 2 つのフラグ・ページに対して,影響を及ぼしません。

変更できるキュー・オプションの設定についての詳細は, /DEFAULT 修飾子の説明を参照してください。

必須のキュー・オプションの指定についての詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』のキューの章を参照してください。

/START



/NOSTART (省略時の設定)

INITIALIZE/QUEUE コマンドでキューを初期化し,そのキューを起動します。

自動起動キューの場合,この修飾子は,キューを自動起動として動かします。キューを動作できるいずれかのノードで,ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドを使用して自動起動を有効にすると,キューはジョブの処理を開始します。

/WSDEFAULT=n

バッチ・ジョブに対して,ワーキング・セットの省略時の設定の値,つまりジョブが使用できる物理ページ数の省略時の設定の値を定義します。

この修飾子を指定すると,UAF に指定された値は使用されず,修飾子の値が使用されます。

Alpha システムの場合はページレット単位 (1 ページレットは 512 バイト) で, VAX の場合はページ単位 (1 ページは 512 バイト) で, nの値を指定します。この値は,内部でページ単位に切り上げられるため (1 ページの大きさは, CPU によって異なることがあります),Alpha システムでは,実際に使用できる物理メモリの量は指定したものより大きくなることがあります。詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

0 または NONE を指定すると,UAF または SUBMIT コマンドで指定した値 ( 指定している場合 ) がワーキング・セットの省略時の設定の値になります。

この修飾子は,出力実行キューにも指定できます。その場合,シンビオント・プロセスが作成されるときに, /WSDEFAULT 修飾子は,実行キューのシンビオント・プロセスに対するワーキング・セットの省略時の値を設定します。

ワーキング・セットの省略時の設定の値による,バッチ・ジョブへの影響についての詳細は, 表 DCLI-2 を参照してください。

/WSEXTENT=n

バッチ・ジョブに対して,ワーキング・セット超過値,つまりジョブが使用できる物理メモリの最大値を定義します。システムにフリー・ページが十分にある場合にのみ,ジョブは最大量の物理メモリを使用します。この修飾子を指定すると, UAF に指定された値は使用されず,修飾子の値が使用されます。

Alpha システムの場合はページレット単位 (1 ページレットは 512 バイト) で, VAX システムの場合はページ単位 (1 ページは 512 バイト) で, n の値を指定します。この値は,内部でページ単位に切り上げられるため (1 ページの大きさは, CPU によって異なることがあります),Alpha システムでは,実際に使用できる物理メモリの量は指定したものより大きくなることがあります。

0 または NONE を指定すると,UAF または SUBMIT コマンドで指定した値がワーキング・セットの省略時の設定になります(WSEXTENT値が含まれている場合)。

この修飾子は,出力実行キューにも指定できます。その場合,シンビオント・プロセスが作成されるときに, /WSEXTENT 修飾子は出力実行キューのシンビオント・プロセスに対するワーキング・セットの省略時の値を設定します。

ワーキング・セット超過値によるバッチ・ジョブへの影響についての詳細は, 表 DCLI-2 を参照してください。

/WSQUOTA=n

バッチ・ジョブに対して,ワーキング・セット制限値,つまりジョブに対して保証される物理メモリの量を定義します。

この修飾子を指定すると,UAF に指定された値は使用されず,修飾子の値が使用されます。

OpenVMS Alpha の場合はページレット単位 ( 1 ページレットは 512 バイト) で, OpenVMS VAX の場合はページ単位 ( 1 ページは 512 バイト ) で, n の値を指定します。この値は,内部でページ単位に切り上げられるため ( 1 ページの大きさは,CPU によって異なることがあります ), Alpha システムでは,実際に使用できる物理メモリ量は指定したものより大きくなる可能性があります。詳細は,『OpenVMS システム管理者マニュアル』を参照してください。

0 または NONE を指定すると,UAF または SUBMIT コマンドで指定した値がワーキング・セットの省略時の設定の値になります (WSQUOTA値が含まれている場合)。

この修飾子は,出力実行キューにも指定できます。その場合,シンビオント・プロセスが作成されるときに, /WSQUOTA修飾子は出力実行キューのシンビオント・プロセスに対するワーキング・セットの省略時の値を設定します。

ワーキング・セットの省略時の設定の値,ワーキング・セット制限値,およびワーキング・セット超過値は,システム UAF の各ユーザ・レコードに含まれています。ワーキング・セット値は,与えられたキューの各ジョブまたはすべてのジョブに指定できます。ワーキング・セット値を含むさまざまな組み合わせの指定と,その処理を 表 DCLI-2 に示します。

表 DCLI-2 ワーキング・セット省略時の値,超過値,および制限値の決定
SUBMITコマンドによって値が指定されている キューに値が指定されている 処理
No No UAF値を使用します。
No Yes キューの値を使用します。
Yes Yes 2つの値のうち小さい方を使用します。
Yes No 指定した値とUAFを比較して,小さい方を使用します。






#1

$ INITIALIZE/QUEUE/PROCESSOR=TELNETSYM -
_$ /ON="192.168.1.101:9100" SYS$PRINT

この例では,プリント・シンビオント TELNETSYM を指定し, IP アドレス 192.168.1.101,TCP ポート 9100 でプリント・キュー SYS$PRINT を初期化します。 TELNETSYM についての詳細は,『HP TCP/IP Services for OpenVMS Management Guide』を参照してください。

#2

$ INITIALIZE/QUEUE/BATCH/START -
_$ /AUTOSTART_ON=(DATA::, WARF::, DEANNA::) BATCH_1

この例で INITIALIZE/QUEUE コマンドは,バッチ・キュー BATCH_1 を作成し,それをノード DATA,WARF,または DEANNA で実行できる自動起動キューとして指定します。 /START 修飾子を指定すると,自動起動キューが有効になります。このキューは,ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドが実行される最初のノード ( 指定されたノードのリストにある ) で実行を開始します。

BATCH_1 を実行しているノードが OpenVMS Cluster からはずれると,キューはそのノードで終了し,キュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER の自動起動が有効になっているノードのリスト中の,使用できる最初のノードにフェイルオーバします。

リストにあるノードの 1 つで自動起動が有効になっている限り,このキューを起動してバッチ・ジョブを実行できます。例にある 3 つのノードがすべてシャットダウンされている場合,または自動起動が無効な場合は,ノード・リストにある 3 つのノードの 1 つが,クラスタに参加して ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドを実行するまで,キューは終了したままになります。

/NAME_OF_MANAGER 修飾子が指定されていないために, ENABLE AUTOSTART/QUEUES コマンドと INITIALIZE/QUEUE コマンドは,省略時の設定のキュー・マネージャ SYS$QUEUE_MANAGER が管理するキューにだけ作用します。

#3

$ INITIALIZE/QUEUE/START/BATCH/JOB_LIMIT=3 SYS$BATCH
$ INITIALIZE/QUEUE/START/BATCH/JOB_LIMIT=1/WSEXTENT=2000 BIG_BATCH
 

この例で最初の INITIALIZE/QUEUE コマンドは,すべてのバッチ・ジョブに使用できる SYS$BATCH というバッチ・キューを作成します。 /JOB_LIMIT 修飾子を使用して, 3 つのジョブを同時に実行できるよう指定します。 2 番目の INITIALIZE/QUEUE コマンドは,大きなジョブに使用する BIG_BATCH という 2 番目のバッチ・キューを作成します。一度に 1 つのジョブだけを実行できます。ワーキング・セット超過値は, OpenVMS Alpha ( 8KB ページを備えたシステム ) では 125 ページまで, OpenVMS VAX では 2000ページまでになることがあります。

#4

$ INITIALIZE/QUEUE/START/DEFAULT=(FLAG,TRAILER=ONE)-
_$ /ON=LPA0: LPA0_PRINT
$ INITIALIZE/QUEUE/START/DEFAULT=(FLAG,TRAILER=ONE)-
_$ /BLOCK_LIMIT=(1000,"")/ON=LPB0: LPB0_PRINT
$ INITIALIZE/QUEUE/START/GENERIC=(LPA0_PRINT,LPB0_PRINT) SYS$PRINT
$ INITIALIZE/QUEUE/START/FORM_MOUNTED=LETTER-
_$ /BLOCK_LIMIT=50/ON=TXA5: LQP
 

この例で最初の 3 つの INITIALIZE/QUEUE コマンドは,プリント・キューを設定します。キュー LPA0_PRINT と LPB0_PRINT は,ジョブ内の各ファイルの前にフラグ・ページを,ジョブの最後のページの後にトレーラ・ページを配置するように設定されています。さらに,LPB0_PRINT には最小ブロック・サイズの 1000 が指定されています。したがって,そのキューでは,1000 ブロック以上のプリント・ジョブだけを実行できます。 SYS$PRINT は,LPA0_PRINT または LPB0_PRINT のいずれかにジョブを転送できる汎用キューとして設定されます。小さすぎて LPB0_PRINT で実行できないジョブは, SYS$PRINT から LPA0_PRINT に登録されます。

最後の INITIALIZE/QUEUE コマンドは,TXA5で端末キューを設定します。プリント形式 LETTER のストック・タイプ以外のストック・タイプのプリント形式でキューに登録されたジョブは,同じストック・タイプの形式がキューにマウントされるか,またはエントリがキューから削除されるか,別のキューに移動されるまで,キューで待ち状態となります。 LETTER は,専用のレターヘッド紙を示すよう,このサイトで設定されています。ブロック・サイズの上限は 50 で,このキューが 51ブロックより小さいジョブのために用意されることを示します。

#5

$ INITIALIZE/QUEUE/ON=QUEBID::/BATCH/RAD=0   BATCHQ1
 
$ SHOW QUEUE/FULL BATCHQ1
Batch queue BATCHQ1, stopped, QUEBID::
 /BASE_PRIORITY=4 /JOB_LIMIT=1 /OWNER=[SYSTEM]
 /PROTECTION=(S:M,O:D,G:R,W:S) /RAD=0
 

この例は,ノード QUEBID 上で実行されるバッチ・キュー BATCHQ1 を作成または再初期化します。このキューに割り当てられたジョブはすべて,RAD 0 上で実行されます。




INQUIRE

値を SYS$COMMAND ( 通常は,会話型モードのターミナル,または主コマンド・プロシージャの次の行 ) から読み込んで,シンボルに割り当てます。



形式

INQUIRE シンボル名   [プロンプト文字列]




パラメータ



シンボル名

値を割り当てる,1 〜 255 文字までの英数字シンボルを指定します。

プロンプト文字列

INQUIRE コマンドを実行するときに表示されるプロンプトを指定します。文字列は,自動的に大文字に変換されます。また,先行スペースと先行タブおよび後続のスペースと後続のタブは削除され,文字の間の複数のスペースおよびタブは1 つのスペースに圧縮されます。

プロンプトに,小文字や句読点,複数のスペースとタブ,アット・マーク(@) が含まれる場合には,文字列を二重引用符 (" ") で囲みます。プロンプト文字列に二重引用符を使用する場合には,文字列全体を二重引用符で囲み,文字列の中で二重引用符が存在する場所に連続する 2 つの二重引用符 ("")を指定します。

システムがプロンプト文字列をターミナルに表示する場合,通常は文字列の最後にコロン (:) とスペースを表示します ( /PUNCTUATION 修飾子を参照してください )。

プロンプト文字列を指定しない場合には,コマンド・インタプリタは,値を要求するプロンプトとしてシンボル名を使用します。




説明

INQUIRE コマンドは,プロセスの作成時に確立された入力ストリームにプロンプト・メッセージを表示し,入力ストリームからの応答を読み取ります。つまり,INQUIRE コマンドは,会話型で実行されているコマンド・プロシージャで実行される場合,コマンド・プロシージャのネスト・レベルにかかわらず,プロンプト・メッセージは常に端末に表示されます。コマンド・プロシージャの INQUIRE コマンドの入力は,RECALL バッファに入ることに注意してください。

プロンプト文字列に対する応答を入力した場合,その値は,指定されたシンボルに文字列として割り当てられます。小文字は自動的に大文字に変換され,先行および後続のスペースとタブが削除され,文字の間の複数のスペースとタブが単一のスペースに圧縮されます。大文字への変換を禁止し,スペースとタブをそのまま残す場合は,文字列を二重引用符で囲みます。

プロンプト文字列に対する応答を入力する場合,シンボルまたはレキシカル関数を使用するためには,単一引用符 (` ') を使用してシンボルの置換を要求します。

端末から会話型でデータを取得するには,READ コマンドも使用できることに注意してください。READ コマンドは,ユーザが入力したとおりにデータを受け付けます。文字は,自動的には大文字に変換されず,スペースは圧縮されません。ただし,一重引用符を使用してシンボルの置換を要求しても,シンボルとレキシカル関数は変換されません。

バッチ・ジョブに INQUIRE コマンドを入力すると,コマンドは,コマンド・プロシージャの次の行から応答を読み取ります。プロシージャがネストしている場合,第 1 レベルのコマンド・プロシージャから応答が読み取られます。バッチ・ジョブのコマンド・プロシージャの次の行がドル記号 ($) で始まる場合,その行は INQUIRE に対する応答でなく,コマンドとして解釈されます。次に INQUIRE コマンドは,指定されたシンボルに空文字列を割り当て,バッチ・ジョブは INQUIRE コマンドの次の行のコマンドから処理を続けます。




修飾子



/GLOBAL

シンボルが,グローバル・シンボル・テーブルに登録されることを指定します。 /GLOBAL 修飾子を指定しない場合には,シンボルはローカル・シンボル・テーブルに登録されます。

/LOCAL (省略時の設定)

シンボルが,現在のコマンド・プロシージャのローカル・シンボル・テーブルに登録されることを指定します。

/PUNCTUATION (省略時の設定)



/NOPUNCTUATION

ターミナルにプロンプトが表示されるときに,そのプロンプトのあとにコロン(:) とスペースが出力されるかどうかを制御します。コロンとスペースを出力しない場合には,/NOPUNCTUATION を指定します。





#1

$ INQUIRE CHECK "Enter Y[ES] to continue" 
$ IF .NOT. CHECK THEN EXIT 

この INQUIRE コマンドは,ターミナルに次のプロンプト・メッセージを表示します。


Enter Y[ES] to continue: 

INQUIRE コマンドは,上記のようなプロンプトを表示し, CHECK というシンボルに割り当てられる値を要求します。 IF コマンドは,シンボル CHECK に割り当てられた値を評価します。 CHECK に割り当てられた値が真 ( つまり,奇数の数値,T,t,Y,y から始まる文字列,あるいは奇数の数字列 ) の場合には,プロシージャは実行を継続します。

CHECK に割り当てられた値が偽 ( つまり,偶数の数値,T,t,Y,y 以外の文字から始まる文字列,あるいは偶数の数字列 ) の場合には,プロシージャの実行は終了します。

#2

$ INQUIRE COUNT 
$ IF COUNT .GT. 10 THEN GOTO SKIP 
  . 
  . 
  . 
$ SKIP: 

この INQUIRE コマンドは,次のメッセージを表示し, COUNT に割り当てられる値を要求します。


COUNT: 

このあと,このコマンド・プロシージャは, COUNT というシンボルに割り当てられた値を評価し,次に続くコマンドを実行するのか,あるいは制御を SKIPというラベルの行に渡すのかを判断します。

#3

$ IF P1 .EQS. "" THEN INQUIRE P1 "FILE NAME" 
$ FORTRAN 'P1' 

この IF コマンドは,P1 というシンボルが空文字列であるかどうかを調べることで,パラメータがコマンド・プロシージャに渡されたかどうかを調べます。このシンボルの値が空文字列の場合には,パラメータが指定されていないので, INQUIRE コマンドを実行してパラメータを要求します。 P1 が指定されていた場合には,INQUIRE コマンドは実行されず, Fortran コマンドがパラメータに指定された名前のファイルをコンパイルします。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡