日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引





DECRYPT

ENCRYPT コマンドで暗号化されたファイルを復号化します。 /KEY_ALGORITHM 修飾子で別のアルゴリズムを指定しない限り, DES が省略時のアルゴリズムとなります。指定するキーはアルゴリズム (DES または AES) と一致しなければならず,暗号化で使用されたキーと同じキーを復号化に使用しなければなりません (シンメトリック・キー・アルゴリズム)。



形式

DECRYPT 入力ファイル キー名 [修飾子]




パラメータ



入力ファイル

復号化するファイルのファイル名です。ワイルドカード文字を使用する場合は,ディレクトリ・ファイルや不正ブロックのあるファイルを含めないでください。

キー名

ENCRYPT /CREATE_KEY コマンドで,以前にキー格納テーブルへ格納されたキー名です。



修飾子



/BACKUP[=時刻]

最新のバックアップ日付に従ってファイルを選択します。

この修飾子は,/BEFORE 修飾子または /SINCE 修飾子とともに使用した場合だけ意味があります。また,/BACKUP は /EXPIRED や /MODIFIED とともに使用しないでください。

時刻を省略すると,TODAY が使用されます。時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/BEFORE[=時刻]

作成時刻が,指定した時刻よりも前のファイルを選択します。

時刻を省略すると,TODAY が使用されます。時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/BY_OWNER[=uic]



/NOBY_OWNER

指定した所有者 UIC を持つファイルを選択します。

uic を省略すると,現在のプロセスの UIC が使用されます。 UIC の指定形式の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/CONFIRM



/NOCONFIRM

各ファイルの復号化を実行する前に確認を要求するかどうかを制御します。確認の内容は次のとおりです。

応答 意味
YES ファイルを復号化します。
NO または [Return] ファイルを復号化しません (省略時の設定)。
QUIT または [Ctrl/Z] このファイルとこれ以降のファイルを復号化しません。
ALL このファイルとこれ以降のすべてのファイルを復号化します。



/DELETE



/NODELETE

省略時の設定: /NODELETE。

復号化操作が完了し,出力ファイルが書き込まれてクローズされた後に,入力ファイルを削除するかどうかを制御します。

/ERASE



/NOERASE

入力ファイルを削除する前に,データ・セキュリティ・パターンを使用してファイルの内容を消去するかどうかを制御します。省略時の設定では,データが格納されていた場所に対する,データ・セキュリティ・パターンでの上書きは行われません。 /ERASE 修飾子は,/DELETE とともに使用しなければなりません。

/EXCLUDE=ファイル指定



/NOEXCLUDE

指定したファイルを,復号化操作から除外します。ワイルドカード文字も使用できます。ファイル指定全体を入力する必要はありません。省略したフィールドには,入力ファイルの指定が使用されます。

ディレクトリ・ファイルは暗号化されないため,指定する必要はありません。

/EXPIRED[=時刻]

満了日に従ってファイルを選択します。

この修飾子は,/BEFORE 修飾子または /SINCE 修飾子とともに使用した場合だけ意味があります。また,/EXPIRED は /BACKUP や /MODIFIED とともに使用しないでください。

時刻を省略すると,TODAY が使用されます。時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/KEY_ALGORITHM=

  • DESCBC (省略時の設定)

  • AESmmmkkk

mmm は,モード CBC,ECB,CFB,または OFB です。 kkk は,128,192,または 256 ビットです。 CBC (Cipher Block Chaining) と ECB (Electronic Code Book) は 16 バイト・ブロック・モードであり,暗号化時に必要に応じて,ブロックが 16 バイトになるようにパディングされます。パディングは,復号化の際に削除されます。 CFB (Cipher Feedback) と OFB (Output Feedback) は, 8 ビットの文字ストリーム・モード・エミュレーションであり,データ通信や,パディングが不要な場合に役立ちます。 /KEY_ALGORITHM=AES は,AESCBC128 という指定の簡略形です。

暗号化されたファイル内でランダムなキーと初期化ベクタを保護するためのアルゴリズムです。省略時の設定 (DESCBC) でない場合は,ファイルを暗号化し,キーを作成するときに使用したアルゴリズムと同じアルゴリズム (AES または DES) を指定します。

/MODIFIED[=時刻]

最後にファイルが変更された日付に従ってファイルを選択します。

この修飾子は,/BEFORE 修飾子または /SINCE 修飾子とともに使用した場合だけ意味があります。また,/MODIFIED は /BACKUP や /EXPIRED とともに使用しないでください。

時刻を省略すると,TODAY が使用されます。時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/OUTPUT=ファイル指定

復号化操作の,代替出力ファイルの名前です。

省略時の設定では,復号化された各入力ファイルは,入力ファイルと同じ名前で 1 つ高いバージョンとして,別の出力ファイルに書き込まれます。 /OUTPUT 修飾子を使用すると,ファイル指定の各フィールドを省略時の設定とは異なる内容にすることができます。ファイル指定全体を指定する必要はありません。省略したフィールドに対しては,入力ファイル指定のフィールドが使用されます。

/SHOW=(キーワード・リスト)

復号化操作の以下の情報が SYS$COMMAND に表示されるかどうかを制御します。

キーワード 意味
FILES 入力ファイルおよび出力ファイルの名前を SYS$COMMAND に表示します。
STATISTICS 暗号化ストリームの統計情報を表示します。

  • 処理したバイト数

  • 処理した内部レコード数

  • 暗号化アルゴリズムで使用した CPU 時間



/SINCE[=時刻]

作成日が,指定した時刻よりも前のファイルを選択します。

時刻を省略すると,TODAY が使用されます。時刻指定の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/STATISTICS

/SHOW と同じです。ただし, /SHOW はファイルと統計情報のどちらかだけを表示するようにカスタマイズできますが,/STATISTICS は両方を表示します。





#1

$ DECRYPT BOSTON MYKEY
 

BOSTON というファイルを, DES キー MYKEY と DESCBC アルゴリズムを使用して復号化します。

#2

$ DECRYPT CHIGAGO.ENC KEY2 /KEY=AESECB256 /OUT=CHICAGO.DEC
 

CHICAGO.ENC というファイルを, AES キー KEY2 と AESECB256 アルゴリズムを使用して復号化し,復号化された出力ファイルを CHICAGO.DEC という,オリジナルのプレーン・テキスト・ファイルの名前に変更します。




DEFINE

論理名に等価名を対応させます。



形式

DEFINE 論理名等価名[,...]




パラメータ



論理名

論理名文字列を指定します。論理名文字列には,1 文字から 255 文字までを含むことができます。次の規則が適用されます。

  • 論理名が,プロセスまたはシステムの論理名ディレクトリ・テーブル (LNM$SYSTEM_DIRECTORY および LNM$PROCESS_DIRECTORY) に入力された場合,論理名は 1 文字から 31 文字までの英数字 ( ドル記号 ($) とアンダースコア (_) 文字を含む ) だけで構成されます。論理名が論理名テーブル名に変換される場合は,名前の中の英文字はすべて大文字である必要があります。

  • 論理名の最後にコロン (:) を指定した場合,DEFINE コマンドは,そのコロンを論理名の一部として保存します。( この点は,ASSIGN コマンドと異なっています。 ASSIGN コマンドでは,論理名テーブルに名前を登録する前に,コロンが削除されます。) 省略時の設定では,論理名はプロセス論理名テーブルに登録されます。

  • 文字列に英数字,ドル記号,またはアンダースコア以外の文字が含まれている場合には,その文字列を引用符 (" ") で囲みます。論理名に引用符が含まれる場合には,論理名全体を引用符で囲み,論理名の中で引用符 (") が必要な位置に連続する 2 つの二重引用符 ("") を指定します。論理名を引用符で囲む場合には,英字の大文字と小文字の区別もそのまま保存されます。



等価名[,...]

1 文字から 255 文字までの文字列を指定します。

  • 文字列に英数字,ドル記号,またはアンダースコア以外の文字が含まれる場合には,文字列全体を引用符で囲まなければなりません。等価文字列に引用符が含まれる場合には,文字列全体を引用符で囲み,引用符 (") が必要な位置に連続する2つの二重引用符 ("") を指定します。 2 つ以上の等価名を指定すれば,サーチ・リストを作成できます。 1 つの論理名は,最大 128 個までの等価名を持つことができます。

  • ファイル指定として使用される等価名を指定する場合には,その等価名が直接使用されるときに必要となる区切り文字 ( コロン,かぎ括弧,ピリオド ) も含まなければなりません。したがって,等価名として装置名を指定する場合には,等価名の最後にコロンを指定します。

DEFINE コマンドでは,同じ論理名を複数の等価名に割り当てることができます。たとえば,同じ論理名を使用して異なるディスクの異なるディレクトリを,アクセスすることができ,また異なるディレクトリの異なるファイルをアクセスできます。




説明

DEFINEコマンドは,1 つまたは複数の等価名を表わす論理名を定義して,論理名テーブル内のエントリを作成します。等価名には,装置名,別の論理名,ファイル指定,または他の文字列を使用できます。

論理名の使用を,特定のプロセス,特定のジョブ,特定のグループに制限することができます。また,論理名をシステム全体あるいは OpenVMS Cluster システム全体で使用することもできます。これは,論理名が作成されるテーブルに依存します。テーブルを指定するには, /PROCESS,/JOB,/GROUP,/SYSTEM,/TABLE の修飾子のいずれかを使用します。

最初の 4 つの修飾子は,それぞれプロセス,ジョブ,グループ,システムの論理名テーブルを表わしています。/TABLE 修飾子は,任意のタイプのテーブルを指定するために使用されます。/TABLE 修飾子は,クラスタ全体の論理名テーブルを指定する場合に使用される唯一のものです。

/PROCESS,/JOB,/GROUP,/SYSTEM,/TABLE の修飾子の複数を指定した場合は,最後に指定した修飾子だけが有効となります。これらの修飾子のいずれも指定しない場合は,論理名はユーザのプロセス論理名テーブルに追加されます。

作成する論理名のアクセス・モードを指定するには,/USER_MODE, /SUPERVISOR_MODE,または /EXECUTIVE_MODE 修飾子を使用します。複数の修飾子を指定した場合は,最後に指定した修飾子だけが有効です。アクセス・モードを指定しないと,スーパバイザ・モード名が作成されます。名前を入れるテーブルと同じモードまたは外側のモードで,論理名を作成できます ( 利用者モードが一番外側のモードで,エグゼクティブ・モードが一番内側のモードです )。

それぞれの論理名のアクセス・モードが異なる限り,同じ論理名テーブルに同じ名前を持つ複数の論理名をいれることができます ( ただし,テーブル内の既存の論理名が NO_ALIAS 属性を持つ場合は,このテーブルで同じ名前を使用して外側のモードの論理名を作成できません )。

既存の名前と同じモードで,同じテーブルに同じ名前を持つ論理名を作成すると,新しい論理名で既存の論理名が置き換えられます。

ASSIGN コマンドを使用して,論理名を作成することもできます。テーブルから論理名を削除するには,DEASSIGN コマンドを使用します。

注意

SYS$SYSTEM: 内の実行可能イメージのファイル名と同じ論理名を割り当てないでください。そのイメージが起動できなくなります。

等価名を指定しない ( すなわちインデックスを指定しない ) で論理名を作成する場合は,$CRELNM システム・サービスを使用します。

等価名として ODS-5 ファイル名を指定する場合は,『OpenVMS システム管理者マニュアル (上巻)』を参照してください。

アプリケーションでの使用を除く,論理名および論理名テーブルについての完全な説明については,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。アプリケーションでの論理名の使用については,『HP OpenVMS Programming Concepts Manual』を参照してください。クラスタ全体の論理名の管理については,『OpenVMS Cluster システム』を参照してください。また,論理名の変換に使用されるレキシカル関数 F$TRNLNM についての本書の説明も参照してください。




修飾子



/CLUSTER_SYSTEM

この修飾子を使用するためには, SYSTEM アカウントでログインするか, SYSNAM (システム論理名) または SYSPRV (システム) 特権を持っている必要があります。

LNM$SYSCLUSTER テーブルにクラスタ・ワイド論理名を定義します。

/EXECUTIVE_MODE

エグゼクティブ・モードの論理名を作成するためには, SYSNAM(システム論理名)特権が必要です。

指定したテーブルに,エグゼクティブ・モードの論理名を作成します。

/EXECUTIVE_MODE 修飾子を指定しても,SYSNAM 特権を持たない場合には, DEFINE コマンドはその修飾子を無視し,スーパバイザ・モードの論理名を作成します。論理名のアクセス・モードは,論理名を登録するテーブルのモードと同じか,それより低いものでなければなりません。

/GROUP

グループ論理名テーブルに論理名を登録するためには, GRPNAM(グループ論理名)特権または SYSNAM(システム論理名)特権が必要です。

論理名をグループ論理名テーブルに登録します。登録者の UIC ( 利用者識別コード)のグループ番号が同じである他の利用者は,この論理名をアクセスできます。 /GROUP 修飾子は,/TABLE=LNM$GROUP 修飾子の同意語です。

/JOB

論理名を,ジョブ論理名テーブルに登録します。この論理名を作成したプロセスと同じジョブ階層構造に含まれるプロセスはすべて,この論理名をアクセスできます。/JOB 修飾子は,/TABLE=LNM$JOB 修飾子の同意語です。

/LOG (省略時の設定)



/NOLOG

既存の名前を無効にする論理名の定義時に,メッセージを表示するか否かを制御します。

/NAME_ATTRIBUTES[=(キーワード[,...])]

論理名に対して,属性を指定します。省略時の設定では,属性は設定されません。属性に対して指定できるキーワードは,次のとおりです。

CONFINE 論理名が,SPAWN コマンドによって生成されたサブプロセスにコピーされないことを指定します。このキーワードは,プロセス固有のテーブルに論理名を作成する場合にだけ意味を持ちます。

CONFINE 属性は,論理名が登録される論理名テーブルの属性からも与えられます。論理名テーブルが "CONFINE" 属性を持つ場合には,そのテーブルに含まれる論理名もすべて "CONFINE" 属性を持ちます。

NO_ALIAS より低い特権の(外側の)アクセス・モードでは,同じ名前の論理名をこのテーブルに登録できないことを指定します。同じ名前を持つ他の論理名が,より低い特権のアクセス・モードで,このテーブルにすでに登録されている場合には,その名前は削除されます。

キーワードを 1 つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。また,指定した属性だけが設定されます。

/PROCESS (省略時の設定)

論理名を,プロセス論理名テーブルに登録します。 /PROCESS 修飾子は,/TABLE=LNM$PROCESS 修飾子の同意語です。

/SUPERVISOR_MODE (省略時の設定)

指定したテーブルに,スーパバイザ・モードの論理名を作成します。論理名のアクセス・モードは,論理名を登録するテーブルのモードと同じか,それより低いものでなければなりません。

/SYSTEM

システム論理名テーブルに名前を登録するためには,書き込み (W) アクセス権または SYSNAM(システム論理名)特権が必要です。

論理名をシステム論理名テーブルに登録します。システム上のすべてのユーザが,この論理名をアクセスできます。/SYSTEM 修飾子は, /TABLE=LNM$SYSTEM 修飾子の同意語です。

/TABLE=テーブル名

共有可能な論理名テーブルの名前を指定するには,テーブルへの書き込み (W) アクセス権が必要です。

論理名を登録する論理名テーブルの名前を指定します。/TABLE 修飾子を使用すれば,利用者定義論理名テーブル (CREATE/NAME_TABLE コマンドによって作成されたもの ) を指定できます。また,プロセス論理名テーブル,ジョブ論理名テーブル,グループ論理名テーブル,システム論理名テーブル,クラスタ論理名テーブルと,プロセスまたはシステムの論理名ディレクトリ・テーブルを指定できます。

複数の等価文字列が与えられている論理名を使用して,テーブル名を指定する場合には,論理名は最初に検出されたテーブルに登録されます。たとえば,DEFINE/TABLE=LNM$FILE_DEV を指定し,LNM$FILE_DEV が LNM$PROCESS,LNM$JOB,LNM$GROUP,および LNM$SYSTEM と等しいと定義されている場合には,その論理名は LNM$PROCESS に登録されます。

省略時の設定では,/TABLE=LNM$PROCESS が使用されます。

/TRANSLATION_ATTRIBUTES[=(キーワード[,...])]

等価名修飾子。

論理名の等価文字列に,1 つまたは複数の属性を指定します。変換属性に対して指定できるキーワードは,次のとおりです。

CONCEALED 等価文字列が隠し装置名であることを示します。隠し装置名を定義した場合,システムは,その装置を参照するメッセージの中で,等価文字列ではなく,論理名を表示します。
TERMINAL 等価文字列が,反復変換されないことを示します。したがって,論理名変換は,現在の等価文字列の変換で終了しなければなりません。

キーワードを 1 つしか指定しない場合には,括弧を省略できます。また,指定した属性だけが設定されます。

1 つの論理名に対して複数の等価文字列が存在する場合,各等価文字列は,それぞれ異なる変換属性を持つことができます。

/USER_MODE

指定したテーブルに,ユーザ・モードの論理名を作成します。

プロセス論理名テーブルに作成されたユーザ・モードの論理名は,ただ 1 つのイメージの実行のためだけに使用されます。たとえば,ユーザ・モードの論理名を作成すれば,コマンド・プロシージャ内で実行されるイメージに SYS$INPUT を再定義させることもできます。ユーザ・モードの論理名は,そのプロセス内で実行されるイメージが終了した時に ( つまり,イメージを実行する DCL コマンドやユーザー・プログラムが実行を終了した後に ),プロセス論理名テーブルから削除されます。また,ユーザ・モードの論理名は,コマンド・プロシージャを起動した時や終了した時にも自動的に削除されます。






#1

$ DEFINE/USER_MODE TM1 $DISK1:[ACCOUNTS.MEMOS]WATER.TXT

この例では,DEFINE コマンドで TM1 をファイル指定に等価なものとして定義しています。次のイメージ実行後に,論理名 TM1 は自動的に削除されます。

#2

$ DEFINE CHARLIE XXX1:[CHARLES]
$ PRINT  CHARLIE:TEST.DAT
Job 274 entered on queue SYS$PRINT

この例では,DEFINE で論理名 CHARLIE を,ディスク XXX1 のディレクトリ名 [CHARLES] に関連付けています。 PRINT コマンドは,ファイル XXX1:[CHARLES]TEST.DAT のコピーをシステム・プリンタのキューに登録します。

#3

$ DEFINE PROCESS_NAME  LIBRA
$ RUN WAKE

この DEFINE コマンドは,PROCESS_NAME という論理名をプロセス論理名テーブルに登録し,LIBRA という等価名に割り当てます。この論理名は,スーパバイザ・モードで作成されます。 WAKE というプログラムは,PROCESS_NAMEという論理名を変換し, LIBRA という名前のプロセスに対して特殊な動作を実行します。

#4

$ DEFINE TEMP:  XXX1:
   .
   .
   .
$ DEASSIGN TEMP::


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項