日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引





COPY/FTP

FTP ユーティリティを起動して, TCP/IP 接続経由で異なるファイル・システムを持つホスト間でファイルを転送します。



形式

COPY/FTP 入力ファイル指定   出力ファイル指定




パラメータ



入力ファイル指定

既存のファイル (コピー元ファイル) の名前を指定します。

出力ファイル指定

出力ファイル (コピー先ファイル) の名前を指定します。



説明

COPY/FTP コマンドは,ファイル転送プロトコル (FTP) を使用して,リモート・ノードからファイルをコピーします。このコマンドが提供するサービスは, FTP のアーキテクチャに基づく機能のサブセットです (提供される FTP プログラムの使用法については,ベンダのマニュアルを参照してください)。

OpenVMS 間の転送

両方のマシンがOpenVMS構造化転送をサポートしている場合,/BINARY,/ASCII,および /FDL 修飾子は無視されます。協調動作する OpenVMS FTP のクライアントとサーバは,正しいOpenVMS属性を使用して自動的にファイルを転送します。

COPY/FTP では,一般にリモート・ファイル指定でアスタリスク・ワイルドカード文字 (*) がサポートされています。




修飾子



/ANONYMOUS

単一または複数のノードに匿名アクセスします。/ANONYMOUS は,省略時のリモート・アクセスです。リモート・ノードに対するパスワードの形式は, "user@fullyqualifiednodename" でなければなりません。

/ASCII

ASCII ファイル (テキスト・ファイル) を識別するために使用します。 /ASCII は,省略時の設定です。

/BINARY

バイナリ・ファイルを識別するのに使用します。

/FDL

この修飾子はオプションです。FDL(ファイル定義言語) ファイルを伴った対話を行います。ローカルな OpenVMS システムにファイルがコピーされる時は,リモート FDL ファイルが検索され,解釈されます。ファイルがローカルな OpenVMS システムの外にコピーされる時は,要求されたファイルに加え,FDL ファイルが作成され,コピーされます。 /FDL が指定されてもベンダのアプリケーションがサポートしていない場合は,警告メッセージが出力される可能性があります。

/LOG

ファイルが転送された際に,SYS$OUTPUT にメッセージを表示します。

/NOSTRUVMS

STRU OpenVMS 転送の試行を明示的に無効にするために使用します。そうでない場合,サーバによっては試行時にすぐに停止する可能性があります。

/PASSIVE=オプション

FTP クライアントとサーバのどちらがデータ接続を開始するかを制御します。この修飾子を指定しなかった場合は,Internet Protocol に応じた値が使用されます。 IPv4 の場合は OFF,IPv6 の場合は ON が使用されます。

/PASSIVE オプションは,次の表のとおりです。

オプション 説明
OFF FTP サーバがデータ接続を開始します。
ON (省略時の値) FTP クライアントがデータ接続を開始します。

これは,FTP クライアントとサーバ間にファイアウォールがあるためにサーバからの接続ができない場合に使用されます。

ON が省略時の値となるのは,/PASSIVE が指定された場合のみです。

この修飾子が機能するためには,基盤となる TCP/IP ネットワーク製品がこの修飾子を認識し, FTP パッシブをサポートしている必要があります。

/PASSIVE 修飾子は FTP PASV コマンドと等価です。

/VERBOSE



/NOVERBOSE

すべてのメッセージ (バナー・メッセージを含む) が端末に表示されるかどうかを指定します。省略時の設定では,メッセージは表示されません。





#1

$ COPY/FTP/FDL/ANON rms_indexed_file.idx -
    remotehst5::"/public/rms.idx.file"

この例では,TCP/IP 接続を介して,OpenVMS RMS ファイル rms_indexed_file.idx から remotehst5 上のリモート・ファイル public/rms.idx.file へ転送を行います。リモート・ノードへのアクセスは匿名で行われ,FLD ファイルが作成され, rms_indexed_file.idx とともにコピーされます。

#2

$ COPY/FTP/VERBOSE sys$login:login.com -
    xdelta.zko.dec.com"username password"::sys$login:login.tmp

この例では,TCP/IP 接続を介して, OpenVMS RMS ファイル sys$login:login.com からリモート・ファイル sys$login:login.tmp へ,リモート・システムのユーザ名とパスワードを指定して転送を行います。

#3

$ COPY/FTP/LOG RESULTS.LOG -
_To: grad.uq.edu.au"JONES BYRONBAY"::DKA200$:[JONES.DATA]

この例では,COPY/FTP コマンドで RESULTS.LOG ファイルを, uq.edu.au インターネット・ドメイン内にある grad ノード上のユーザ・アカウント JONES とパスワード BYRONBAY を指定して DKA200$:[JONES.DATA]RESULTS.LOG へ転送を行います。




COPY/RCP

RCPユーティリティを起動して,TCP/IP接続経由で,ホスト間でファイルをコピーします。



形式

COPY/RCP 入力ファイル指定   出力ファイル指定




パラメータ



入力ファイル指定

既存のファイル(コピー元ファイル)の名前を指定します。

出力ファイル指定

出力ファイル (コピー先ファイル) の名前を指定します。



説明

COPY/RCP コマンドは,RCP ユーティリティを使用して,リモート・ホストとの間で 1 つまたは複数のファイル (またはディレクトリ階層) をコピーします。

TCP/IP 用の OpenVMS DCL コマンドは, DECnet ネットワーク接続用の DCL コマンドと同じリモート・ファイル指定書式をサポートしています。一部のファイル・トランザクション・アプリケーションのインプリメントでは,コピー元ファイルとコピー先ファイルがともにリモートのファイル指定であるファイル転送がサポートされています。

完全なリモート・ファイル指定形式は,次のとおりです。


node"username password account"::filename.ext 

ファイルが OpenVMS 以外のシステムに存在する場合,ファイル名を二重引用符で囲みます。たとえば,U32 という Tru64 UNIX ノード上の /usr/users/user/Orders というファイルにアクセスするには,次のように指定します。


U32"user password"::"/usr/users/user/Orders" 

UNIX® システムは,大文字と小文字を区別するファイル指定をサポートしていることに注意してください。




修飾子



/AUTHENTICATE

リモート・ノードへのアクセスを確保するのに Kerberous 認証が利用されることを指定します。

/LOG

ファイルが転送されたときに,SYS$OUTPUT にメッセージを表示します。

/PRESERVE

ファイルの保護コードを保持します。

/RECURSIVE

ザブディレクトリのコピーを要求します。

/TRUNCATE=USERNAME

ユーザ名を 8 文字で切り捨てます。

/USERNAME=ユーザ名

リモート・ユーザ名を指定する省略可能な修飾子です。省略時の操作では,ローカル端末のユーザ名と同じユーザ名を用いて,リモート・システムにログインします。このコマンドは, /USERNAME の値として引用符に囲まれたパラメータをサポートします。





#1

$ COPY/RCP local_file.c remotehst4"Smith smpw"::rem_file.c
 

この例では,TCP/IP 接続を介して, local_file.c をリモート・ホスト remotehst4 上の rem_file.c へコピーします。




CREATE

順編成ディスク・ファイル,または順編成ファイルを作成します。



形式

CREATE ファイル指定[,...]




パラメータ



ファイル指定[,...]

作成する1つまたは複数の入力ファイルの名前を指定します。ワイルドカード文字は使用できません。ファイル名,またはファイル・タイプを省略しても CREATE コマンドからは省略時の設定は与えられないため,ファイル名やファイル・タイプは,空文字列になります。既存のファイル名を指定した場合には,新しいバージョンが作成されます。



説明

CREATE コマンドは,新しい順編成ディスク・ファイルを作成します。会話型モードでは,コマンド行の入力後に入力する行は,新しく作成されるファイルのレコードになります。ファイル入力を終了するには,Ctrl/Z を押します。

コマンド・プロシージャ・ファイルから CREATE コマンドを入力する場合,システムは,レコードの最初の位置がドル記号 ($) になるまで,コマンド・プロシージャ・ファイル以降のすべてのレコードを新しいファイルに読み込みます。ファイル入力は,レコードの最初の位置がドル記号になるか,コマンド・プロシージャの終了とともに終了します。

CREATE コマンドで既存のファイル指定を使用すると,新しく作成されるファイルのバージョン番号は,同じ指定を持つ既存ファイルより大きいバージョン番号になります。

CREATE コマンドを使用して論理名サーチ・リストにファイルを作成すると,ファイルは論理名変換で生成された最初のディレクトリだけに作成されます。

通常,出力ファイルの所有者は,出力ファイルの作成者と同じです。ただし,拡張特権を持つ利用者が出力ファイルを作成すると,所有者は親ディレクトリの,または出力ファイルの前バージョンの所有者になります。

拡張特権には,次の特権が含まれます。

  • SYSPRV (システム特権) または BYPASS

  • システム利用者識別コード (UIC)

  • GRPPRV (グループ特権)。親ディレクトリ (または出力ファイルの前バージョン) の所有者が新しい出力ファイルの作成者と同じグループに属する場合

  • 親ディレクトリ (または出力ファイルの前バージョン) の所有者を表す識別子 (リソース属性付き)




修飾子



/LOG (省略時の設定)



/NOLOG

コマンド実行として作成される新しい各ファイルのファイル指定を表示します。

/OWNER_UIC=uic

自分の UIC と異なる UIC を指定するためには, SYSPRV(システム特権)特権が必要です。

作成するファイルの所有者の利用者識別コード (UIC) を指定します。 UIC は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』に説明されている,標準的な UIC 形式を使用して指定します。

/PROTECTION=(所有区分[:アクセス・コード][,...])

ファイルに適用される保護を定義します。

  • 所有区分は,システム (S),所有者 (O),グループ (G) またはワールド (W) から指定します。

  • アクセス・コードは,読み込み (R),書込み (W),実行 (E),または削除 (D) から指定します。

各アクセス・カテゴリの値を指定しない場合や,/PROTECTION 修飾子を省略すると, CREATE コマンドは,指定されていない各カテゴリごとに以下の保護を適用します。

ファイルが既に存在している 適用される保護
Yes 既存ファイルの保護
No 現在の省略時の保護

注意

アクセスを指定しないでファイルを作成しようとすると,そのファイルにはシステムの省略時の RMS 保護値が適用されます。アクセスを指定しないファイルを作成するには, SET SECURITY/PROTECTION コマンドを使用してください。

保護コードの指定についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

/SYMLINK="テキスト"

指定したテキスト (囲んでいる引用符なし) に対するシンボリック・リンクが作成されます。作成されたシンボリック・リンクがその後ファイル名の処理中に検出されると,シンボリック・リンクの内容が読み取られ, POSIX パス名の指定として扱われます。シンボリック・リンクでは,最新のバージョンのみが有効です。

/VOLUME=n

各ファイルが,マルチボリューム・セットの指定された相対ボリューム番号に作成されます。省略時の設定では,ファイルは,マルチボリューム・セットの任意の場所に作成されます。





#1

$ CREATE MEET.TXT
John, Residents in the apartment complex will hold their annual 
meeting this evening.  We hope to see you there, Regards, Elwood 
[Ctrl/Z]
 

省略時のディレクトリにテキスト・ファイル MEET.TXT を作成します。このテキスト・ファイルには,Ctrl/Z が入力されるまでの行が入っています。

#2

$ CREATE A.DAT, B.DAT
Input line one for A.DAT...
Input line two for A.DAT...
   .
   .
   .
 
[Ctrl/Z]
 
Input line one for B.DAT...
Input line two for B.DAT...
   .
   .
   .
 
[Ctrl/Z]
$
 

ターミナルから CREATE コマンドを入力した後では,システムは CTRL/Z によって最初の入力を終了するまで, A.DAT という順編成ファイルに入力行を読み込みます。次の入力データは,B.DAT という 2 番目のファイルに入力されます。この場合も,CTRL/Z により入力は終了します。

#3

$ FILE = F$SEARCH("MEET.TXT") 
$ IF FILE .EQS. "" 
$ THEN CREATE MEET.TXT 
  John, Residents in the apartment complex will hold their annual 
  meeting this evening.  We hope to see you there, Regards, Elwood 
$ ELSE TYPE MEET.TXT 
$ ENDIF 
$ EXIT 
 

この例では,省略時のディスクとディレクトリにファイル MEET.TXT があるかどうか検索します。ファイルが存在しなければ, CREATE コマンドを使って MEET.TXT というファイルを作成します。

#4

$ SET DEFAULT DKA500:[TEST] 
$ SET PROCESS /CASE=CASE_LOOKUP=SENSITIVE /PARSE_STYLE=EXTENDED 
$ CREATE COEfile.txt 
[Ctrl/Z]
$ CREATE COEFILE.TXT 
[Ctrl/Z]
$ CREATE CoEfIlE.txt 
[Ctrl/Z]
$ DIRECTORY 
 
Directory DKA500:[TEST] 
 
CoEfIlE.txt;1 
COEFILE.TXT;1 
COEfile.txt;1 

この例では,DKA500 は ODS-5 ディスクです。プロセスを CASE_LOOKUP=SENSITIVE に設定し,大文字大文字小文字の区別が異なるだけで名前は同じ複数のファイルを作成すると, DCL は 2 つ目以降のファイルを新しいファイルとして処理し,この例のようにリストします。




CREATE/DIRECTORY

1 つまたは複数の,新しいディレクトリまたはサブディレクトリを作成します。/DIRECTORY 修飾子は省略できません。

第 1 レベル・ディレクトリを作成する場合は,マスタ・ファイル・ディレクトリ (MFD) への書き込み (W) アクセス権が必要です。システム・ボリュームでは,一般に SYSTEM ユーザか, SYSPRV 特権または BYPASS 特権を持つユーザのみが MFD への書込みアクセス権を持っています。

サブディレクトリを作成しようとするディレクトリへの書込み (W) アクセス権が必要です。




形式

CREATE/DIRECTORY ディレクトリ指定[,...]




パラメータ



ディレクトリ指定[,...]

作成する 1 つまたは複数のディレクトリ,あるいはサブディレクトリの名前を指定します。装置名 ( およびコロン [:]) を指定することもできます。省略時の設定は,現在の省略時のディレクトリです。ワイルドカード文字は使用できません。サブディレクトリを作成する場合には,ディレクトリ・レベルの各名前をピリオド (.) で区切ります。

1 つの CREATE/DIRECTORY コマンドで,一連のネスティングしたサブディレクトリを作成できます。たとえば,コマンドの入力時には [a.b] も [a] も存在しない場合でも,[a.b.c] というサブディレクトリを作成することが可能です。各サブディレクトリは,最上位レベルから順に下位レベルへ作成されます。




説明

CREATE/DIRECTORY コマンドは,新規にディレクトリとザブディレクトリを作成します。新しい第 1 レベルのディレクトリを作成するには,特殊な特権が必要です ( 上記の制限を参照 )。一般に各利用者は,そのディレクトリにザブディレクトリを作成するための特権は持っています。ディレクトリ間を移動するには,SET DEFAULTコマンドを使用します。



修飾子



/ALLOCATION=n

指定したディレクトリに割り当てる初期ブロック数を指定します。省略時の設定では,割り当ては 1 ブロックです。

この修飾子は,MAIL.DIR;1 などの大きなディレクトリを作成するのに便利です。後に必要となる,ディレクトリの動的拡張をしなくて済むため性能が向上します。

この修飾子は Files-11 ODS-1,ODS-3,ODS-4 ボリュームには適用されません。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

CREATE/DIRECTORY コマンドが各ディレクトリを作成したあと,作られた各ディレクトリを表示するか否かを制御します。

/OWNER_UIC=オプション

自分以外のユーザ識別コード (UIC) を指定するには, SYSPRV(システム特権)特権が必要です。

作成されているディレクトリを所有する利用者識別コード (UIC) を指定します。省略時の設定は,作成者の UIC です。UIC の指定位置にキーワード PARENT を指定すると,一段上の親ディレクトリの UIC がコピーされます。特権を持ったユーザがサブディレクトリを作成する場合,省略時の設定では,親ディレクトリ ( トップ・レベルディレクトリの場合は MFD) の所有者がそのディレクトリの所有者となります。ディレクトリの作成時に /OWNER_UIC 修飾子を指定しない場合には,このコマンドは,次に示すように所有者を割り当てます。

  • 英数字形式またはサブディレクトリ形式でディレクトリ名を指定する場合には,省略時の所有者は作成者の UIC となります (UIC の省略時の値が,親ディレクトリの UIC になるような特権を作成者が持つ場合を除きます )。

  • UIC 形式でディレクトリ名を指定する場合には,省略時の所有者はディレクトリ名に指定されている UIC となります。

UIC は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』に説明されている標準的な UIC 形式を使用して指定してください。

/PROTECTION=(所有区分[:アクセス・コード][,...])

ディレクトリに適用される保護を定義します。

  • 所有区分は,システム (S),所有者 (O), グループ (G) またはワールド (W) から指定します。

  • アクセス・コードは,読み込み (R), 書込み (W), 実行 (E),または削除 (D) から指定します。

省略時の保護は,親ディレクトリ ( 一段上のディレクトリ,またはトップ・レベル・ディレクトリのマスタ・ディレクトリ ) の保護から削除 (D) アクセスを除いたものです。

第 1 レベル・ディレクトリを作成している場合には,その 1 つ上のレベルのディレクトリは,MFD です (MFD の保護は,INITIALIZE コマンドによって設定されます )。

保護コードの指定についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

/VERSION_LIMIT=n

ディレクトリに存在できるファイルのバージョン数を指定します。ここで指定した制限を超えると,最小バージョンが自動的に削除されます。/VERSION_LIMIT=0 と指定する場合には,バージョン・リミットは設定されません。指定できるバージョンの最大数は,32,767 です。省略時の設定では,親ディレクトリ (1 つ上のレベルのディレクトリ ) に対して設定されているバージョン数が使用されます。

バージョン・リミットの設定を変更すると,新しいリミットは,設定が変更されたあとで作成されたファイルに対してだけ適用されます。変更する前に作成されたファイルの新しいバージョンに対しては,前のバージョン・リミットが適用されます。

/VOLUME=n

ディレクトリ・ファイルを,マルチボリューム・セットの内の指定された相対ボリューム番号に書き込むことを要求します。/VOLUME 修飾子を省略した場合には,ファイルは,マルチボリューム・セットの中の任意の場所に書き込まれます。





#1

$ CREATE/DIRECTORY/VERSION_LIMIT=2 $DISK1:[ACCOUNTS.MEMOS]


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項