日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル >  V8.3ライブラリ

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
DCL ディクショナリ


前へ 次へ 目次 索引


Files-11 オンディスク構造レベル 2 およびレベル 5 のディスク上のファイルは,アルファベット順にファイルを連結されます。ファイル・バージョン・フィールドにワイルドカード文字を指定した場合には,ファイルはバージョン番号の大きい順にコピーされます。 Files-11 オンディスク構造レベル 1 ディスク上のファイルは,ランダムな順序で連結されます。

/CONFIRM



/NOCONFIRM (省略時の設定)

各コピー操作の前にそのファイルのコピーの実行について確認を求めるかどうかを制御します。確認に対する応答は次のいずれかです。

YES NO QUIT
TRUE FALSE Ctrl/Z
1 0 ALL
  [Return]  

応答として単語を入力する場合には,大文字と小文字を任意に組み合わせることができます。単語による応答は,曖昧にならない範囲で短縮できます (たとえば,TRUE は,T,TR,または TRU)。肯定応答は,YES,TRUE,および 1 です。否定応答は NO,FALSE,0,Return です。QUIT または Ctrl/Z は,その時点でコマンドの処理を停止することを示します。 ALL と応答すると,コマンドは処理を継続しますが,その後プロンプトは表示されなくなります。上記のリストに含まれていない応答をタイプすると, DCL がエラー・メッセージを出力し,プロンプトが再表示されます。

/CONTIGUOUS



/NOCONTIGUOUS

ファイルが連続する物理ディスク・ブロックを使用するかどうかを指定します。省略時の設定では,COPY コマンドは,対応する入力ファイルと同じ属性の出力ファイルを作成します。また,省略時設定では,連続したディスク・ブロックが十分にない場合でも,エラーを報告しません。属性の異なる複数の入力ファイルをコピーする場合には,出力ファイルは連続した領域にコピーされるとは限りません。確実に連続した領域にファイルをコピーするためには, /CONTIGUOUS 修飾子を使用します。

ファイルをテープに,またはテープからコピーする場合には, /CONTIGUOUS 修飾子は無効です。これは,テープ上のファイル・サイズは,ディスクにコピーされるまで判断することができないためです。テープからファイルをコピーする時に,そのファイルを連続した領域にコピーしたい場合には, COPY コマンドを 2 度使用します。つまり,ファイルをテープからコピーするための COPY コマンドと,連続したファイルを作成するための COPY コマンドです。

/CREATED (省略時の設定)

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,作成日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/EXPIRED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/EXCLUDE=(ファイル指定[,...])

指定したファイルに一致するファイルを,コピー操作から除外することを指定します。ファイル指定にディレクトリを含むことは可能ですが,装置を含むことはできません。ファイル指定にはワイルドカード文字 (* と %) が使用できます。しかし特定バージョンを除外するために相対バージョン番号を使用することはできません。 1 つのファイルだけを指定する場合には,括弧は省略できます。

/EXPIRED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,満了日時をもとにファイルを選択します (満了日は,SET FILE/EXPIRATION_DATE コマンドで設定します)。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /MODIFIED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/EXTENSION=n

ファイルが拡張される際に出力ファイルに追加されるブロックの数を指定します。 /EXTENSION 修飾子を指定しない場合には,出力ファイルの省略時の拡張属性は,対応する入力ファイルの拡張属性によって決定されます。

/LOG



/NOLOG (省略時の設定)

COPY コマンドが,コピーされた各ファイルのファイル情報を表示するかどうかを制御します。

/LOG 修飾子を指定すると COPY コマンドは,各コピー操作を実行するたびに次の情報を表示します:

  • 入力ファイルと出力ファイルのファイル指定

  • コピーされたブロック数またはレコード数(コピーがブロック単位かレコード単位かによる)

  • 作成された新しいファイルの総数



/MODIFIED

/BEFORE または /SINCE 修飾子を適用する時刻属性を指定します。この修飾子を指定すると,最新の変更日時をもとにファイルを選択します。この修飾子は他の時刻属性を指定する修飾子,/BACKUP,/CREATED,および /EXPIRED 修飾子とは同時に指定できません。これら 4 つの修飾子のいずれも指定しない場合には,省略時の設定として /CREATED 修飾子が使用されます。

/OVERLAY



/NOOVERLAY (省略時の設定)

ファイルに新しい領域を割り当てるのではなく,入力ファイルのデータを既存の出力ファイルにコピーして,既存のデータを上書きすることを要求します。ディスク上のファイルの物理的な位置は変更されません。ただし,RMS索引順編成ファイルと相対編成ファイルでは,出力ファイルに入力ファイルよりも少ないブロックしか割り当てられていない場合には,EMS-E-EOF エラーでコピーは失敗します。

ファイル構造を持たない装置に出力ファイルが書き込まれる場合には, /OVERLAY 修飾子は無視されます。

/PROTECTION=(所有区分[:アクセス・コード][,...])

出力ファイルに対して適用される保護を定義します。

  • 所有区分パラメータは,システム (S),所有者 (O),グループ (G) またはワールド (W) から指定します。

  • アクセス・コード・パラメータは,読み込み (R),書込み (W),実行 (E) または削除 (D) から指定します。

出力ファイルが存在する場合には,指定されていない保護属性は,そのファイルの現在の保護設定から適用されます。出力ファイルが存在しない場合には,現在の省略時の保護設定が使用されます。

保護コードの指定についての詳細は,『OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

/READ_CHECK



/NOREAD_CHECK (省略時の設定)

入力ファイルが正しく読み取られたことを確認するために,入力ファイルの各レコードを 2 回ずつ読み取ります。

/REPLACE



/NOREPLACE (省略時の設定)

出力ファイルと同じファイル指定のファイルが既に存在する場合には,既存のファイルが削除されることを要求します。 COPY コマンドは,出力ファイルに対して新しい領域を割り当てます。一般に,/REPLACE 修飾子を使用する場合には,ファイル指定にバージョン番号まで指定します。省略時設定では,同じファイル指定のファイルがすでに存在する場合には, COPY コマンドはバージョン番号が1だけ大きな新しいバージョンのファイルを作成します。 /NOREPLACE 修飾子が指定されている場合には,同じバージョン番号のファイルが存在すると,エラーとなります。

/SINCE[=時刻]

指定された時刻以降の時刻属性を持つファイルを選択します。絶対時刻,または絶対時刻とデルタ時間の組み合わせを指定します。また,BOOT,JOB_LOGIN,LOGIN,TODAY (省略時の設定),TOMORROW,および YESTERDAY というキーワードも指定できます。適用する時刻属性は,/BACKUP,/CREATED (省略時の設定),/EXPIRED,または /MODIFIED 修飾子のいずれかで指定します。

時刻指の詳細は,『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』,またはオンライン・ヘルプのトピック Date を参照してください。

/STYLE=キーワード

表示するファイル名の書式を指定します。

この修飾子のキーワードは CONDENSED および EXPANDED です。意味は次の表のとおりです。

キーワード 説明
CONDENSED
(省略時の設定)
ファイル名を 255 文字長の文字列に適合するように表示します。この場合,ファイル指定には DID あるいは FID 短縮形が含まれることがあります。
EXPANDED ファイル名をディスクに格納されているとおりに表示します。この場合,ファイル指定には DID あるいは FID 短縮形は含まれません。

キーワード CONDENSED と EXPANDED を同時に指定することはできません。この修飾子は,確認が要求された場合に,出力メッセージに表示されるファイル名の書式を指定します。

EXPANDED キーワードが指定されていない場合,ファイル・エラーは CONDENSED ファイル指定で表示されます。

詳細は『OpenVMS ユーザーズ・マニュアル』を参照してください。

/SYMLINK



/NOSYMLINK (省略時の設定)

入力ファイルがシンボリック・リンクの場合,シンボリック・リンクが参照しているファイルがコピーされます。

/SYMLINK 修飾子は,シンボリック・リンクについてはそれ自身をコピーするように指示します。

/TRUNCATE (省略時の設定)



/NOTRUNCATE

COPY コマンドが,コピー時に出力ファイルをファイルの終端 (EOF) で切り捨てるかどうかを制御します。この操作は順編成ファイルにのみ使用できます。

省略時の設定では,出力ファイルのサイズは入力ファイルの実際のサイズで決定されます。 /NOTRUNCATE を指定すると,出力ファイルのサイズは入力ファイルの占有サイズで決定されます。

/VOLUME=n

出力ファイルを,マルチボリューム・セットの指定の相対ボリューム番号に配置します。省略時設定では,ファイルは,マルチボリューム・セットの任意の位置に作成されます。

/WRITE_CHECK



/NOWRITE_CHECK (省略時の設定)

出力ファイルの各レコードを書き込んだ後に読み込み,レコードが正しくコピーされたこと,およびそのファイルが正しく読み込めることを確認します。

注意

TK50 テープ・ドライブのように,ハードウェア装置の中には,そのハードウェア機能の一部としてデータの一貫性をチェックするものがあります。そのような装置では,/WRITE_CHECK を使用する必要はありません。どの装置が自動書き込みチェックを提供しているかについては,使用しているハードウェアのドキュメントを参照してください。






#1

$ COPY TEST.DAT NEWTEST.DAT
 

この COPY コマンドは,省略時のディスクおよびディレクトリの TEST.DAT というファイルの内容を,同じディスクおよび同じディレクトリの NEWTEST.DAT という名前のファイルにコピーします。NEWTEST.DAT という名前のファイルがすでに存在する場合には,新しいバージョンを作成します。

#2

$ COPY ALPHA.TXT TMP
$ COPY ALPHA.TXT .TMP
 

最初の COPY コマンドは, ALPHA.TXT というファイルを TMP.TXT という名前のファイルにコピーします。 COPY コマンドは,出力ファイルのファイル・タイプとして入力ファイルのものを使用します。 2 番目の COPY コマンドは,ALPHA.TMP という名前のファイルを作成します。この COPY コマンドでは,入力ファイルの名前を出力ファイルのファイル名として使用します。

#3

$ COPY/LOG TEST.DAT  NEW.DAT;1/REPLACE
%COPY-I-REPLACED, DKA0:[MAL]NEW.DAT;1 being replaced
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]TEST.DAT;1 copied to DKA0:[MAL]NEW.DAT;1 (1 block)
 

この例では /REPLACE 修飾子を指定して,出力ファイルの既存のバージョンと新しいファイルを置き換えるよう COPY コマンドに要求しています。 COPY コマンドからの最初のメッセージは,既存のファイルを置き換えたことを示しています。出力ファイルのバージョン番号は,明示的に指定しなければなりません。明示的に指定しないと COPY コマンドは,ファイル NEW.DAT の新しいバージョンを作成します。

#4

$ COPY *.COM [MALCOLM.TESTFILES]

この例の COPY コマンドは,現在の省略時のディレクトリ内で,ファイル・タイプが .COM であるファイルの最新バージョンを,サブディレクトリ [MALCOLM.TESTFILES] にコピーします。

#5

$ COPY/LOG *.TXT *.OLD
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]A.TXT;2 copied to DKA0:[MAL]A.OLD;2 (1 block)
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]B.TXT;2 copied to DKA0:[MAL]B.OLD;2 (1 block)
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]G.TXT;2 copied to DKA0:[MAL]G.OLD;2 (4 blocks)
%COPY-S-NEWFILES, 3 files created
 

この例の COPY コマンドは,ファイル・タイプが .TXT であるファイルの最新バージョンを,新しいファイルにコピーします。新しいファイルのファイル名は,既存のファイルのファイル名と同じです。ただしファイル・タイプは .OLD です。 COPY コマンドからの最後のメッセージは,新たに 3 つのファイルが作成されたことを示しています。

#6

$ COPY/LOG  A.DAT,B.MEM C.*
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]A.DAT;5 copied to DKA0:[MAL]C.DAT;11 (1 block)
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]B.MEM;2 copied to DKA0:[MAL]C.MEM;24 (58 records)
%COPY-S-NEWFILES, 2 files created
 

2 つの入力ファイル指定はコンマで区切られています。出力ファイル指定のアスタリスク (*) ワイルドカード文字は, 2 つの出力ファイルを作成することを指定しています。各コピー操作において COPY コマンドは,入力ファイルのファイル・タイプを使用して,出力ファイルのファイル・タイプを決めます。

#7

$ COPY/LOG *.TXT TXT.SAV
%COPY-S-COPIED, DKA0:[MAL]A.TXT;2 copied to DKA0:[MAL]TXT.SAV;1 (1 block)
%COPY-S-APPENDED, DKA0:[MAL]B.TXT;2 appended to DKA0:[MAL]TXT.SAV;1 (3 records)
%COPY-S-APPENDED, DKA0:[MAL]G.TXT;2 appended to DKA0:[MAL]TXT.SAV;1 (51 records)
%COPY-S-NEWFILES, 1 file created
 

この例の COPY コマンドは,ファイル・タイプが .TXT であるすべてのファイルの最新バージョンを, TXT.SAV という 1 つのファイルにコピーします。最初の入力ファイルがコピーされた後,COPY コマンドは,他の入力ファイルはその出力ファイルに追加されることを示すメッセージを表示します。

この例で /NOCONCATENATE 修飾子を使用すると, COPY コマンドは各入力ファイルに対して 1 つずつ TXT.SAV を作成します。各 TXT.SAV ファイルは,バージョン番号が異なります。

#8

$ COPY MASTER.DOC DKA1:[BACKUP]

この例の COPY コマンドは,ファイル MASTER.DOC の最新バージョンを装置 DKA1 にコピーします。ディレクトリ [BACKUP] に MASTER.DOC という名前のファイルがない場合は, COPY コマンドは入力ファイルのバージョン番号を出力ファイルに割り当てます。このコマンドを実行するためには,装置 DKA1 上の [BACKUP] ディレクトリへの書き込み (W) アクセス権が必要です。

#9

$ COPY SAMPLE.EXE DALLAS::DISK2:[000,000]SAMPLE.EXE/CONTIGUOUS

この例の COPY コマンドは,ローカル・ノードにあるファイル SAMPLE.EXE を,リモート・ノード DALLAS 上の SAMPLE.EXE にコピーします。/CONCATENATE 修飾子が指定されているので,出力ファイルは物理的に連続したディスク領域に作成されます。このコマンドを実行するためには,リモート・ノード DALLAS の装置 DISK2 への書き込み (W) アクセス権が必要です。

#10

$ COPY *.* PRTLND::*.*

この COPY コマンドは,ローカル・ノードのユーザ・ディレクトリ内にあるすべてのファイルを, PRTLND というリモート・ノードにコピーします。新しいファイルには,入力ファイルと同じ名前が与えられます。このコマンドが正しく機能するには,PRTLND というリモート・ノードの省略時のディレクトリに対して,書き込み (W) アクセス権が必要です。

#11

$ COPY BOSTON::DISK2:TEST.DAT;5
_To: DALLAS"SAM SECReturn"::DISK0:[MODEL.TEST]TEST.DAT/ALLOCATION=50
 

この COPY コマンドは,ノード BOSTON の DISK2 という装置の TEST.DAT;5 というファイルを DALLAS というリモート・ノードの TEST.DAT という名前の新しいファイルにコピーします。 /ALLOCATION 修飾子は,ノード DALLAS の TEST.DAT という新しいファイルに対して,最初に 50 ブロックを割り当てます。リモート・ディレクトリにアクセスするために, "SAM SECReturn" というアクセス制御文字列を使用しています。

#12

$ MOUNT   TAPED1:   VOL025   TAPE:
$ COPY  TAPE:*.*   *
 

この例で MOUNT コマンドは,ラベルが VOL025 であるボリュームを,磁気テープ装置 TAPED1 にマウントし,その装置に論理名 TAPE を割り当てるよう指定しています。

COPY コマンドは,入力ファイル指定に論理名 TAPE を使用して,磁気テープ上のすべてのファイルを,現在の省略時のディスクおよびディレクトリ上にコピーするよう要求しています。コピーされたファイルはすべて,ファイル名とファイル・タイプを保持します。

#13

$ ALLOCATE CR:
  _CR1: ALLOCATED
$ COPY CR1: CARDS.DAT
$ DEALLOCATE CR1:
 

この例の ALLOCATE コマンドは,排他的なカード・リーダの使用を要求しています。 ALLOCATE コマンドからの応答は,カード・リーダ CR1 の装置名を示しています。

カード・リーダを占有したら,カードのデックをリーダに入れ,入力ファイルとしてカード・リーダを指定して COPY コマンドを入力できます。 COPY コマンドはカードをファイル CARDS.DAT に読み込みます。カード・デックの終端 (EOF) は, EOF カード (12-11-0-1-6-7-8-9 overpunch) により示されていなければなりません。

DEALLOCATE コマンドは,カード・リーダを解放します。

#14

$ COPY [SMITH]MONKEY.DIR [JONES]
$ COPY [SMITH.MONKEY]*.* [JONES.MONKEY]*.*
 

この例では,COPY コマンドを用いて, [JONES]MONKEY.DIR ディレクトリ・ファイルとして登録される新しい空のディレクトリ [JONES.MONKEY] を作成します。 COPY コマンドで [JONES]MONKEY.DIR ディレクトリ・ファイルを作成したら, [JONES.MONKEY] ディレクトリ上にファイルをコピーあるいは作成できます。

例中の 2 番目の COPY コマンドは, [SMITH.MONKEY] ディレクトリから [JONES.MONKEY] ディレクトリにファイルをコピーします。

#15

$ COPY [SMITH]CATS.DIR [SMITH]DOGS.DIR
 

この例では,COPY コマンドを用いて,新しい空のファイル [SMITH]DOGS.DIR を作成します。 [SMITH]CATS.DIR ファイルと同じ属性を持つディレクトリ・ファイルを作成するには,この COPY コマンドを使用してください。この例のコマンドは,次のコマンドを入力するのと同じ効果があります。


$ CREATE/DIRECTORY [SMITH.DOGS]

#16

$ COPY [SMITH]TIGER.DIR [SMITH.ANIMALS]
$ COPY [SMITH.TIGER]*.* [SMITH.ANIMALS.TIGER]*.*
$ DELETE [SMITH.TIGER]*.*;*
$ SET SECURITY/PROTECTION=(WORLD:DELETE) TIGER.DIR
$ DELETE TIGER.DIR;
 

この例ではまず,COPY コマンドを用いて新しい空のディレクトリ・ファイル [SMITH.ANIMALS]TIGER.DIR を作成します。続くコマンドでは, [SMITH.TIGER] ディレクトリから [SMITH.ANIMALS.TIGER] ディレクトリへファイルをコピーし,さらに元の TIGER.DIR ディレクトリを削除します。 TIGER.DIR はディレクトリ・ファイルなので,これを削除する前に,保護コードの DELETE を設定しておかなければなりません。


前へ 次へ 目次 索引



         印刷用画面へ

プライバシー 本サイト利用時の合意事項