日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




指定されたワイド文字列の中でワイド文字をスキャンします。

形式

#include <wchar.h>

wchar_t *wcschr (const wchar_t *wstr, wchar_t wc);

関数バリアント wcschr関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _wcschr32_wcschr64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.10 節を参照してください。


引数



wstr

null で終了するワイド文字列へのポインタ。

wc

wchar_t型の文字。

説明

wcschr関数は,null で終了するワイド文字列の中の,指定されたワイド文字の最初のオカレンスのアドレスを返します。終端の null 文字は文字列の一部と見なされます。

wcsrchrも参照してください。




戻り値

x 指定されたワイド文字の最初のオカレンスのアドレス。
NULL ワイド文字が文字列中に存在しないことを示します。



#include <stdlib.h> 
#include <stdio.h> 
#include <wchar.h> 
#include <string.h> 
 
#define BUFF_SIZE 50 
 
main() 
{ 
    int i; 
    wchar_t s1buf[BUFF_SIZE]; 
    wchar_t *status; 
 
    /* Initialize the buffer */ 
 
    if (mbstowcs(s1buf, "abcdefghijkl lkjihgfedcba", BUFF_SIZE) 
 
        == (size_t)-1) { 
 
        perror("mbstowcs"); 
        exit(EXIT_FAILURE); 
    } 
 
 /* This program checks the wcschr function by incrementally */ 
 /* going through a string that ascends to the middle and    */ 
 /* then descends towards the end.                           */ 
 
    for (i = 0; (s1buf[i] != '\0') && (s1buf[i] != ' '); i++) { 
        status = wcschr(s1buf, s1buf[i]); 
        /* Check for pointer to leftmost character - test 1. */ 
        if (status != &s1buf[i]) { 
            printf("Error in wcschr\n"); 
            exit(EXIT_FAILURE); 
        } 
    } 
 
    printf("Program completed successfully\n"); 
} 

この例のプログラムを実行すると,次の結果が生成されます。


Program completed successfully 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項