日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




引数リストに基づいて,書式付きの入力を読み込みます。

形式

#include <stdio.h>

int vsscanf (char *str, const char *format, va_list ap);




引数



str

sscanfへの入力テキストを提供する文字列のアドレス。

format

書式指定を含んだ文字列へのポインタ。

ap

結果として得られる型が,書式指定で与えられた変換指定に対応する式のリスト。

説明

vsscanf関数は sscanf関数に似ていますが,可変個の引数を指定して呼び出される代わりに, va_start( また,おそらくはそれ以降の va_arg呼び出し ) によって初期化された引数リストを指定して呼び出される点が異なります。

また, vsscanf関数は,第 1 引数がストリームではなくワイド文字列を指定するという点を除けば, vfscanf関数と等価です。ワイド文字列の終端に達するのは, vfscanf関数で EOF を検出することに対応します。

書式指定および変換指定とそれぞれに対応する引数の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。

vsscanfおよび sscanfも参照してください。




戻り値

n 照合に成功し,代入が行われた入力項目の数。
EOF 変換が行われる前に読み込みエラーが発生したことを示します。関数は errno を設定します。この関数が設定する値のリストについては, vfscanf を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項