日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




小文字を大文字に変換します。

形式

#include <ctype.h>

int _toupper (int character);




引数



character

この引数は小文字でなくてはなりません。

説明

_toupperマクロは,引数が小文字でなくてはならない (大文字や EOF であってはならない) ことを除けば, toupper関数と等価です。

OpenVMS Version 8.3 では, _toupperマクロの仕様が C99 ANSI 標準と X/Open 仕様に準拠するように変えられて,特に指定しない限りはパラメータを複数回評価しないようになっています。その結果, _toupperマクロは toupper関数を単に呼び出すだけとなり,式を評価する回数をユーザが指定できる場合の副作用 (i++ や関数呼び出しなど) を回避できるようになりました。

_toupperマクロの動作を最適化された古い仕様のままで維持したい場合は, /DEFINE=_FAST_TOUPPER を指定してコンパイルします。そうすれば, _toupperの呼び出しが以前のリリースと同じように最適化されるので,実行時の呼び出しオーバヘッドを避けることができます。ただし,その場合はパラメータがチェックされて計算方法が決定されるので,予期しない副作用が発生することがあります。そのため,/DEFINE=_FAST_TOUPPER を指定してコンパイルした場合は,副作用を引き起こしそうな引数を _toupperマクロで使用しないでください。たとえば,次の例のようにこのマクロを使用しても,期待した結果は得られません。


d = _toupper (c++); 




戻り値

x 引数に対応する大文字。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡