日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




1970 年 1 月 1 日の 00:00:00 からの (協定世界時での) 経過秒数を返します。

形式

#include <time.h>

time_t time (time_t *time_location);

関数バリアント _DECC_V4_SOURCE および _VMS_V6_SOURCE 機能テスト・マクロを定義してコンパイルすると, OpenVMS Version 7.0 より前の動作と等価な, time関数へのローカル時刻ベースのエントリ・ポイントが使用可能となります。


引数



time_location

NULL,または返された時刻が格納される場所へのポインタ。 time_t型は, <time.h>ヘッダ・ファイルに次のように定義されています。


typedef unsigned long int time_t; 




戻り値

x Epoch からの経過秒数
( time_t )(-1)    エラーを示します。 SYS$TIMEZONE_DIFFERENTIAL 論理名の値が間違っている場合,関数は実行に失敗し, errno は EINVAL に設定されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡