日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




s1 がポイントしている文字列の中での, s2 がポイントしている文字列に含まれる文字のシーケンスの最初のオカレンスを探します。

形式

#include <string.h>

char *strstr (const char *s1, const char *s2);

関数バリアント strstr関数は,それぞれ 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズで使用するための _strstr32_strstr64という名前のバリアントを持っています。ポインタ・サイズ固有の関数の使用方法については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.10 節を参照してください。


引数



s1, s2

文字列へのポインタ。



戻り値

ポインタ 発見された文字列へのポインタ。
NULL 文字列が発見されなかったことを示します。



#include <stdlib.h> 
#include <stdio.h> 
#include <string.h> 
 
main() 
{ 
    static char lookin[]="that this is a test was at the end"; 
    
    putchar('\n'); 
    printf("String: %s\n", &lookin[0] ); 
    putchar('\n'); 
    printf("Addr: %s\n", &lookin[0] ); 
    printf("this: %s\n", strstr( &lookin[0] ,"this") ); 
    printf("that: %s\n", strstr( &lookin[0] , "that" ) ); 
    printf("NULL: %s\n", strstr( &lookin[0], "" ) ); 
    printf("was: %s\n", strstr( &lookin[0], "was" ) ); 
    printf("at: %s\n", strstr( &lookin[0], "at" ) ); 
    printf("the end: %s\n", strstr( &lookin[0], "the end") ); 
    putchar('\n'); 
    
    exit(0); 
} 

この例は,次の結果を生成します。


$ RUN STRSTR_EXAMPLE
String: that this is a test was at the end
Addr: that this is a test was at the end
this: this is a test was at the end
that: that this is a test was at the end
NULL: that this is a test was at the end
was: was at the end
at: at this is a test was at the end
the end: the end
$ 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項