日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




擬似乱数ジェネレータ randomを初期化します。

形式

#include <stdlib.h>

int srandom (unsigned seed);




引数



seed

シードの初期値。

説明

srandom関数は,引数を,それ以降の randomの呼び出しで返される擬似乱数の新しいシーケンスのシードとして使用します。この関数は srand関数と実質的に同じ呼び出しシーケンスと初期化特性を持っていますが,よりランダムなシーケンスを生成します。

srandom関数は,現在の状態をシードの初期値で初期化します。 srandom関数は, srand関数とは異なり,使用される状態情報の量が 1 ワードよりも多いため,以前のシードは返しません。

randsrandrandomsetstate,および initstateも参照してください。




戻り値

0 成功を示します。状態のシードを初期化します。
-1    エラーを示します。エラーの具体的な内容はグローバルな errno で示されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項