日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




呼び出し元プロセスのシグナル・マスクに,指定されたシグナルを追加します。

形式

#include <signal.h>

int sighold (int signal);




引数



signal

シグナル・マスクに追加するシグナル。 signal 引数には,SIGKILL と SIGSTOP を除き, <signal.h>ヘッダ・ファイルで定義されている任意のシグナルを指定できます。

説明

sigholdsigrelse,および sigignore関数では,簡易なシグナル管理を行うことができます。

  • sighold関数は,呼び出し元プロセスのシグナル・マスクに signal を追加します。

  • sigrelse関数は,呼び出し元プロセスのシグナル・マスクから, signal を削除します。

  • sigignore関数は, signal の処理方法として SIG_IGN を設定します。

sighold関数を sigrelseおよび sigpauseと合わせて使用すると,コードのクリティカル・セクションでシグナルの配信を一時的に保留させることができます。

成功すると, sighold関数は値 0 を返します。失敗すると,値 - 1 を返し,エラーを示す値を errnoに設定します。

注意

これらのインタフェースは,互換性のためにのみ用意されています。新しいプログラムでは, sigactionsigprocmaskを使用してシグナルの処理方法を制御してください。




戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。 errno には,次の値が設定されます。

  • EINVAL -- signal 引数の値が不正なシグナル番号,または SIGKILL です。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項