日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




シグナル・セットを初期化して,すべてのシグナルを除外します。

形式

#include <signal.h>

int sigemptyset (sigset_t *set);




引数



set

シグナル・セット。

説明

sigemptyset関数は, set がポイントするシグナル・セットを初期化して,すべてのシグナルを除外します。 sigset_t型のオブジェクトを他の用途に使用するためには,この型のオブジェクトに対して sigemptysetまたは sigfillset関数の呼び出しを少なくとも 1 回は行わなくてはなりません。

この関数は,アプリケーションからアドレス指定できるデータ・オブジェクトに作用するものであり,システムが把握している任意のシグナルのセットに適用できるわけではありません。たとえば,この関数は,プロセスへの配信がブロックされているセットや,プロセスに対して保留中となっているセットには適用できません。

sigfillsetも参照してください。


次の例は,SIGINT シグナルのみの配信をブロックするシグナル・マスクを生成し,使用する方法を示しています。


       #include <signal.h> 
       int return_value; 
       sigset_t newset; 
         . . . 
       sigemptyset(&newset); 
       sigaddset(&newset, SIGINT); 
       return_value = sigprocmask (SIG_SETMASK, &newset, NULL); 




戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。グローバルな errno が,エラーを示す値に設定されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項