日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ジョブ制御のプロセス・グループ ID を設定します。

形式

#include <unistd.h>

int setpgid (pid_t pid, pid_t pgid);




引数



pid

プロセス・グループ ID を設定するプロセスのプロセス ID。

pgid

プロセス・グループ ID として設定する値。

説明

setpgid関数は,既存のプロセス・グループに参加したり,呼び出し元プロセスのセッション内に新しいプロセス・グループを作成するために使用します。セッション・リーダのプロセス・グループ ID は変更されません。

成功して終了すると,プロセス ID が pid であるプロセスのプロセス・グループ ID として, pgid が設定されます。特別なケースとして,pid が 0 の場合は,呼び出し元プロセスのプロセス ID が使用されます。また,pgid が 0 の場合は,指定したプロセスのプロセス・グループ ID が使用されます。




戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。この関数は,以下のいずれかの値を errno に設定します。

  • EACCES -- pid 引数の値が,呼び出し元プロセスの子プロセスのプロセス ID と一致し,その子プロセスが exec ファミリ関数のいずれかを正常に実行していました。

  • EINVAL -- pgid 引数の値が 0 より小さいか,実装でサポートされていない値でした。

  • EPERM -- pid 引数で指定されたプロセスは,セッション・リーダです。 pid 引数の値が,呼び出し元プロセスの子プロセスのプロセス ID と一致し,その子プロセスが,呼び出し元プロセスと同じセッションに属していません。 pgid 引数の値は有効ですが, pid 引数で指定されたプロセスのプロセス ID と一致していず,呼び出し元プロセスと同じセッション内に, pgid 引数の値と一致するプロセス・グループ ID を持つプロセスがありません。

  • ESRCH -- pid 引数の値が,呼び出し元プロセスのプロセス ID,呼び出し元プロセスの子プロセスのプロセス ID のどちらとも一致しません。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項