日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイルからバイトを読み込み,それらをバッファに格納します。

形式

#include <unistd.h>

ssize_t read (int file_desc, void *buffer, size_t nbytes); (ISO POSIX-1)

int read (int file_desc, void *buffer, int nbytes); (Compatability)




引数



file_desc

ファイル記述子。指定されるファイル記述子は,現在読み込みのためにオープンされているファイルを参照していなくてはなりません。

buffer

入力データが格納される連続したストレージのアドレス。

nbytes

読み込み操作に関わるバイト数の上限。

説明

read関数は,読み込んだバイトの数を返します。戻り値は必ずしも nbytes に等しくはなりません。たとえば,入力がターミナルからである場合には,たかだか 1 行分の文字しか読み込まれません。

注意

read関数はレコード・ファイルの中のレコード境界を越えないため,たかだか 1 つのレコードしか読み込みません。各レコードに対し,個別に読み込みを行う必要があります。




戻り値

n 読み込まれたバイト数。
-1    読み込みエラーを示します。物理的な入力エラー,不正なバッファ・アドレス,保護違反,未定義のファイル記述子などの理由が考えられます。



#include <unistd.h> 
#include <stdlib.h> 
#include <stdio.h> 
#include <fcntl.h> 
 
main() 
{ 
    int fd, 
        i; 
    char buf[10]; 
    FILE *fp ;          /* Temporary STDIO file */ 
 
    /* Create a dummy data file  */ 
 
    if ((fp = fopen("test.txt", "w+")) == NULL) { 
        perror("open"); 
        exit(1); 
    } 
    fputs("XYZ\n",fp) ; 
    fclose(fp) ; 
 
    /* And now practice "read" */ 
 
    if ((fd = open("test.txt", O_RDWR, 0, "shr=upd")) <= 0) { 
        perror("open"); 
        exit(0); 
    } 
 
    /* Read 2 characters into buf.  */ 
 
    if ((i = read(fd, buf, 2)) < 0) { 
        perror("read"); 
        exit(0); 
    } 
 
    /* Print out what was read.  */ 
 
    if (i > 0) 
        printf("buf='%c%c'\n", buf[0], buf[1]); 
 
    close(fd); 
}                                                           


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡