日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
第 1 章:リファレンス・セクション
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




環境変数を設定します。

形式

#include <stdlib.h>

int putenv (const char *string);




引数



string

name=value 文字列へのポインタ。

説明

putenv関数は,既存の変数を変更するか,新しい変数を作成することによって,環境変数の値を設定します。 string 引数は name=value の形の文字列をポイントします。 name は環境変数, value はその環境変数の新しい値を示します。

string がポイントする文字列は環境の一部になるので,この文字列を変更すると環境が変更されます。新しい文字列定義名が putenvに渡されると, string が使用していたスペースは使用されなくなります。

注意

putenv関数は environ外部変数がポイントしている環境を操作するもので, getenvと組み合わせて使用することができます。ただし,main 関数の第 3 の引数 (環境ポインタ) は変更されません。

putenv関数は, malloc関数を使用して環境を拡大します。

putenvの呼び出しでは,引数として自動変数を使用し, string がまだ環境の一部である間に呼び出し元関数を終了すると,エラーが発生することがあります。




戻り値

0 成功を示します。
-1    エラーを示します。 errno は ENOMEM に設定されます。環境リストを拡大するためのメモリが十分にありません。


説明

putenv関数は 64 ビット・アドレスを取ることができません。『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1.10 節を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡